2012年4月撮影
プロフィール

 
菊地通介(みつよし)
1957年神奈川県生まれ
ギターを独学の後、翁川元治、七戸国夫に師事
1975年神奈川ギター協会主催第4回新人ギタリストオーディション首席合格
同年日本ギタリスト協会主催第6回クラシカルギター・コンクール第一位
1980年青山タワーホールにてデヴューリサイタル
1981年渡西、J.R.ロドリーゴ、J.R.ゴンザレス、A.セゴビアに師事
1992年、J.S.バッハのリュート組曲全曲演奏会にてバッハ作品への理解力、精神的な音楽性にて好評を得る。
そのため一時バッハ弾きのギタリストとレッテルを貼られたが、本人はミラン、ナルバエス、ダウランドのルネサンス時代から、ブリテン、ウォルトン等の現代にいたる作品を演奏するオールラウンドのギタリストである。
10弦ギターも演奏し、古楽器のリュート作品や、19世紀のコスト、メルツの多弦ギター作品ではオリジナルの楽譜を使い演奏する。普段は独奏を中心に活動しているが、二重奏、三重奏の演奏も共演者として参加多数。邦人作曲家からの依頼で録音、幾つかの初演にも関わってきた。
現在、各地にて演奏会、後進の指導を行う。
日本ギタリスト協会の役員を25年以上、7年前より委員長に就任
毎年クラシカルギター・コンクールの審査委員長を務める。