先生の独り言

2017年

6月21日

昨日レッスンが終わってから母親の面倒を見に行く。
誰もいない日なので、一人にさせるのが心配ですから。
とは行っても、夜中に着いたのでもう寝ていた。

起こすわけにもいかないので、私も寝たのだがなにせ普段より早いので寝られない。
何が起こるか予測が付かないので、起きておいてちょうど良いか・・・

朝になって、朝食を食べさせてから教室に戻ってきました。
そして今日も実家に。
「夜また来るよ。」
と言ったら安心していたような、でもそれも忘れてしまいますがね。

明日、午前中にデイサービスに送った後戻ってきます。
レッスンに支障がないように、今日は寝られたら良いのですが。
そういえば、酒を久しぶりに飲まなかったから寝られなかったのかな?


6月2日

新しい外付けHDが届いて、パソコンから移動する。
随分軽くなったので、一人ひとりにDVDとCD-Rに記録していく。

小さくなったのに容量が大きくなったHD、もうこれ以上新しくは買いたくないなあ。


一昨日から生徒さんに配り始め、今日で全ての編集作業終わりです。


5月27日

来月、エチュードの会は6月25日(日)菊地ギター教室内です。

編集ができないので、動画を自宅のパソコンに取り入れて演奏者ごとに分割してみた。
そうしたら無理なく動作してくれた。

これを外付けハードデスクにダビングして、教室用のパソコンに取り込もうとしたら。

手前が自宅用

外付けHD


もうHDはパンパン!使用領域が赤くなっていた。

ついでに外付けHDもパンパンになっていました。

そんなわけで、急遽amazonで外付けHDを注文。
パソコンから移動して軽くなってから次の作業に入ります。

しかしなあ、windows7のサポート期間まではHDがなくなるとは思わなかった。


5月24日

発表会も終わり、出演された生徒の皆さんお疲れ様でした。

これから編集作業と思いきや、パソコンが思ったように動かない。
HDも一杯になってきたからか、別の方法がないか考えよう。

ですからしばらくお時間をください。


5月19日

21日の為に買出しに。
いつものように、終わった後の懇親会用にお菓子類です。

明日はレッスンが一杯なので、当日に慌てないために用意しておくのです。
数年前にエチュードの会で、生徒さんから気に入られたお煎餅を買ってみました。

住んでいるところの生田にあるお煎餅屋さんで、人気のお煎餅。

「黒胡椒せん」と「葱みそせん」
黒胡椒は姫路菓子博名誉総裁賞、葱みそはひろしま菓子博で名誉総裁賞を受賞。
なんて、賞よりも食べてみて美味しければいいじゃない。

黒胡椒は引き締まった味で、たまに食べたくなる。
家庭用でわれせんも入ったお徳用パックです。


5月15日

コンクールも終わり、事後処理に追われるもようやく落ち着いてきた。
久しぶりの書き込みです。

昨日はエチュードの会も終了。
アンサンブルも、生徒さんだけて安心して任せられることを確認。
(しなくたって出来るのは分かりきっている。)

こんどの日曜日が発表会です。


4月30日

明日から5月、大型連休になる人もいて平日のレッスンもお休みの生徒さんが多い。
レッスンの空いた時間、発表会のプログラム作り。

加えて母親の面倒を見に、昨日も夕方から泊りがけ。

コンクールの問い合わせがあったりと、連休中とはいえ普段とは違う忙しさであります。

そのためではないけれど、運動もさぼり気味。
血圧が高くなってきたかな、夕方は多摩川を走る。

コンクールが終わったら、できるだけ有酸素運動をやろう。
歳をとると健康のための時間が必要になるとは、まさかこんな自分になるとは思っていなかった。

3日までは気を抜けないなあ、もうひと踏ん張りです。


4月16日

ホワイトボードの続き

A4のマグネットシートを見た生徒さんから「先生これなんですか?」と聞かれたので、コンクール用のと説明。
封を開けて教室の五線紙のホワイトボードに貼り付けてみる。

当たり前だけどついた。
amazonのレビューではつきが悪いという書き込みもあったけれど、これなら大丈夫そうだ。
なぜか二人とも感動の声、たいしたことないんですけど。

封を開けたのをきっかけに、参加者の名前を印刷してカットした。
アナウンス用にだけはヨミガナもふって。

こんな感じ、38名分のマグネットシートをプログラム順にならべてみる。
この人たちが(小さくて見えないかな)、5月3日、日本橋公会堂にて演奏をいたします。

当日券(2,500円)もあります、時間と興味がある方はどうぞご来場ください。


4月11日

今日は午後からコンクールに必要な備品作り。

当日の抽選後、演奏順を張り出す備品。
昨年から、ホワイトボードに名前を書いたマグネットシールを貼り付けるもの。

ホワイトボードに罫線を引く作業。
昨年作ったのはホワイトボードマーカーで書かれていたらしい。

それだと触ると消えてしまったらしい。

今回は私が作ることになったので、触っても消えないように罫線テープを用意した。。

A2サイズのホワイトボード


2ミリ幅の罫線テープ
これで表の枠を作ります。


こんな感じ
小さい枠に演奏順、大きい枠に演奏者の氏名とよみがなを書いたマグネットシートを貼り付けます。


全部で3セット用意しました。

マグネットシートに名前を印刷して、必要な大きさにカットする。

これは後日です。


3月26日

今日は雨、それも気温が低い。
そんな日にエチュードの会、無事に終了。

やや早めに終わったけれど、内容は充実していたと思う。
楽器を弾き比べたり、終わった後のお茶での話も面白かった。

その時の話の補足を

練習前の指のストレッチ
一箇所に時間をかけて、ゆっくり伸ばすストレッチ(スタティックストレッチ)は、やりすぎないように(というかやらない)
伸ばしすぎると反応が鈍くなるし、力が入りにくくなります。
やるなら反動をつけたダイナミックストレッチ、それもやりすぎないように。

私は朝、下半身から上半身にかけて、ダイナミックストレッチを全部で3分くらい。
血行を良くするには下半身から、そして次に上半身が理にかなっています。

ギターは指が大事だからと、指だけをターゲットにはしません。
どんな楽器でも、身体全体を使って演奏しているからです。

少しだけ話題になったけれど、姿勢のこと。
私の演奏姿勢が良いとのことで気を良くしたからですが。

その前に拮抗筋というのを知っておいてください。
たとえば指なら握る筋肉に対して、開く筋肉は拮抗筋であるといいます。

筋肉の強いほうに引っ張られるという、生物学的な性質があります。
背中が丸まって演奏している人は、身体の前側の筋肉のほうが発達しているのかもしれません。
逆に背筋が真っ直ぐな人は、後ろ側が発達している。

アジア人とりわけ日本人は、欧米人よりも後ろ側の筋肉量は少ないのです。
逆に前側が発達しているのです。
もしかしたら、前かがみで演奏しやすいのかもしれません。
だからといって、無理やり背筋を伸ばそうとすると腰を痛めるかも。

痛めないで背筋を伸ばしたければ、僧帽筋や広背筋、脚の後ろ(ハムストリング)の筋肉を発達させると効果が期待できるかも。
精神的にかがんでしまうこともあるので、人によってですけど。

そうそう、ハムストリングが硬くなっていると骨盤が後傾してしまい、前かがみにもなります。
(身体の硬い私が言うのもなんですが。)


3月19日

明日は日本ギタリスト協会の委員会です、それも菊地ギター教室で。
でもって教室の掃除、でも相変わらず変わらない。

なぜか見えるところよりも見えないところばかり。
今日はクローゼットに溜まっている、ゴミとおぼしきダンボールや紙袋の整理。

それよりもテープルを自宅から持ってきたり組み立てたり。
人数分足りているけれどこの部屋が狭く感じるか。
昨年も同じようにやったのだから大丈夫だろう。

エチュードの会やら委員会が教室であるからこそ、苦手でも掃除をやるのだろうなあ。
いやいや教室を運営しているのだから、普段からやっているのが当然。

発送作業前に必要な事務的なことは終わらしたと思う。
それでもどこかでポカをやる私、明日は大丈夫か。


3月14日

今日は母親の通院日。
車椅子で連れて行きました。

朝から雨で昼にはやむという天気予報なのに、12時過ぎても小ぶりながらまだ降っていた。
予約時間は1時〜1時30分。

老人だから、濡れて体調が悪くなったら大変なので傘を持たせて。
そんなに降っていないので私はそのまま。

採血したあと、1時間くらい診療を待たされるので一旦自宅に。
それに75分遅れと電光掲示板に表示されている。

30分くらい家に居させました。

教室に帰ってきたら、郵便ポストが元の場所に取り付けられていました。
これで郵便物が取りやすくなりました。


3月9日

還暦祝い第2弾。
また生徒さんからお酒を頂きました。


TIO PEPE
スペインのシェリー酒です。

久しぶりのTIO PEPE。
スペイン産のお酒は美味しい。
いつも呑んでいる赤ワインもスペイン産。

いや他の食材だって美味しい。
スペイン産はなかなか手に入らないけれど。
スペイン産のハモンセラーノ(生ハム)なんて最高です。

サングリアだけは自分で作るものが好きですが、普通のワインがあったら作るよりそのまま呑むのが好き。

還暦になって良かったなあ。


3月5日

今日は母親の面倒を見に実家に行くことに。
カミさんが途中までしか居られないということで、後半は私と決まっていたから。

その前に教室に行ってから。
建物に入ろうと階段に・・・

見慣れぬ光景が、金属の物体が階段をさえぎっている。

見たら建物の郵便ポストが壁から剥がれ落ちていた。

階段の端において管理会社に電話。
明日すぐに直しにくるという。


落ちたポスト


無残な壁

しかし何にもしないで落ちるものなのか。

実は管理会社、実家の近くなのです。
それも小田栄駅から徒歩3分。
ついでですから、写真を撮って印刷して持っていった。

実家に着くと、車椅子が届いているので使い方の指導を受ける。

一通り理解して、母親を乗せて近くのスーパーに。
段差があるところでの乗り越えと、歩道は端を歩き、横から急に自転車や車が来るのを注意するようにとのこと。
初めてなので緊張して、上腕三頭筋に力が入る。

次からは慣れるでしょう。
これから病院には、この車椅子で通うつもりです。


2月27日

エチュードの会、次回は3月26日。
菊地ギター教室内です。

中野島会館に行って空いている日を調べるも、全然空いていない。
どうやら、ある団体(宗教)が毎週のように日曜日を借りている。

自分たちの施設を持たずに、借り会場での活動する団体。
どこの会場でも似たようのことがあるらしい。

今日は税金の申告が終えてきました。。
申告会の場所が変わったというので、早めに出かける。

新しい場所は「分かりにくいですよ」と言われたので、ストリュートビューで見てみる。
なるほど、番地を打ち込んでも出てこない。
ここいら辺かなというくらいまでなら分かっていた。

大方の予想で行ってみたら、迷わず到着。
今までよりも広くなっているので快適というか新しいので綺麗。

すぐに終わりました。
所得税の申告、仕事しているからには義務ですからまだまだ続きます。


2月20日

LECGCの演奏会も終わりました。
楽しい演奏会だったらしい、もしかしてトークが面白かった?

お花ももらったし。

花瓶に入れ替えました。

演奏が終わっても引き続きコンクールの準備で忙しい。

レッスンでは生徒さんから還暦祝いを頂いた。
自分では予想外、お祝いされるものとようやく認識。

これは明らかに


日本酒ですね。


ありがとうございます。


2月14日

いつも教室に行く途中、高校の通学路を通るのです。
午前中の8時30分ころだと、向かいから高校生がいっぱい歩いてくる。

今日は女の子の様子が違う。
何人かに1人は紙バックか小さい子袋をもっている。

バレンタインか・・・

チョコレートです!って完全に分かる子が多い。
気づかれないようにカバンに入れている子もいるだろうけれど。

これって周りからどう思われるのかな?
誰に渡すの?いつ?・・・って。

青春だなあって思ったり、度胸あるよなあなんて思ったり。
一人の男子生徒に集中してりして。
先を越されたら、いまさら・・・なんて。

もしかして義理チョコなのかな。

そんなことを想像するのがオジサンなんでしょうね。


2月13日

とうとう60歳、還暦です。

といっても何にも変わらない、変わっても困るし。

昨日はクラシカルギター・コンクール第1次審査でミューザ川崎に。
合否が決まって、今日から準備で忙しい。
朝から夕方まで、ずっとコンクール関連の仕事。

今度の日曜日は演奏の仕事なのに、どうしたの?って感じです。
ここは踏ん張るしかない。

無理やり区切りをつける、これから練習です。


2月7日

第37回の発表会を5月21日(日)中野島会館を予定しています。
まだどのような会にするか、考えていないのですが練習の成果を試すときです。
生徒の皆さんの積極的な参加を期待いたします。

前腕のしびれ、ネットで調べたら円回内筋症候群という症状にぴったり当てはまりました。
前腕の筋肉を酷使する仕事の人に多いのだそう。

治療法はというと、ストレッチやマッサージらしい。
とにかく病気ではなさそうで一安心。

ストレッチとマッサージは日ごろからやっている。
私的には今年からジョギングの量がめっきり減っている、筋肉の疲労物質を排出する有酸素運動ができていない。
これは1月郵便物が届くので教室に待機していたからですが。

これからまた走り始めます、演奏での持久力はもちろん健康の面でも必要ですから。


2月6日

ギターのネックの反りがどのくらいか確認してみる。
写真ではあまり分からないですが。

まず教室でのレッスン用のギター

ポジションマークが少し剥がれていますが、反りは許容範囲でしょう。

レッスンの時いつも私が弾いているギター

現在真っ直ぐ、申し分なし

余り弾いていないけれど弾きやすく音量があるギター

実は5フレットでわざと逆反りのように角度をつけています。
だからローポジションでは弦高が低くなり張力が弱くなるのです。
考えたなあ。

そしてオールドギター

フレットの隙間からむこうが見える。

このギターを弾くのに、力の弱い人には無理でしょう。
指板を取り替えるのは怖いので、私はこのままにしておきます。

一応へこたれていないので、まだまだ弾きこんでみます。


2月3日

コンクールの応募も昨日で届ききったようで。
31日消印有効なので、2日後に届くものも。
昨年より若干多め、それだけ1次予選が厳しいものとなるのですが。

最近ギターを弾いていて(弾いていない時も)左腕の前腕がしびれるときがある。
右腕と比べるとなんか太い、腫れているようにも見える。
この太くなった上の部分(筋肉のみ)だけがしびれるのです。

練習にはまったく支障がないのですが。
以前はこんなこと無かったのになあ、気のせいかな?と思ったので写真に撮ってみる。

後ろは五線紙のホワイトボード。

前腕の上の部分、撓骨側の筋肉が腫れているような・・・
でも汚ね〜!腕、上腕の下から日に焼けているのが定着している。

右腕も撮ってみる、血管の出かたも(細くてまばら)全然違う。

左腕と比べてみると、う〜ん!やっぱり違うかなあ?
気のせいか?

1週間くらい前からお風呂でマッサージしてから、少ししびれも治まったようですが。

考えられる原因はというと、今弦高の高いオールドギターを弾いているくらいしかない。
3〜5フレットあたりまで順反り、これ設計の段階でそうなっているみたい。
サドルも下げられるだけ下げてある。
音が良いので今回はオールドギターに決めたのです。

練習で疲れが溜まっているのか。
19日の演奏が終わったらまた元に戻します。
それでしびれが治まると良いのですが。

これからいろいろと身体に変化が現れるかもしれませんね。


2月1日

昨日は母親の病院に連れて行く。
退院した直後は元気が良かったのだが、病院での待ち疲れで帰ってきてから寝込んでしまった。
本人は体力がなくなったと盛んに言っている。

たしかに体力が日ごとになくなっているのが分かる。
自分でも思ってもいなかった衰え、これが歳をとるということなのですね。

今日はクラシカルギター・コンクールの応募者から届いたものの整理。

封筒の中に入っているものの確認、申込用紙と録音物、返信用封筒等々・・・
申込用紙をスキャンして、住所録を作る。

結構時間がかかってしまった、以前に比べのろくなったなあ。
これも歳をとったということか。

まだ明日もくるかもしれないので、教室に待機しています。


1月27日

母親のインフルエンザ、薬を飲み終わったのだが再度体調が悪くなる。
昼間寝ていてばっかり、夕飯を食べさせようとしたら立ち上がれない。
声かけの反応がどんどん鈍くなる。

これ19日日曜日の話でした。

救急車を呼んでかかりつけの病院に。
日曜の夜なので、当然対応は緊急で待機している若い医師。
検査の間中、横の部屋で兄と待機。

電話が鳴って看護士さんの対応も聴こえる。
熱が下がらない→関節とか痛くないですか(インフルエンザかも、検査にきた)
目が痛い→眼科の先生と連絡が取れない(シャンプーが目に入ったのが原因、見たら目が赤かった。)
等々・・・
日曜日だから忙しそうに対応に追われている。

2時間くらい経ち
CTを見て、軽い肺炎と診断。
入院しますか?と聴く医師。
入院すると認知症が進む、生活での体力がなくなるとリスクを言うけれどそんな場合じゃないでしょ。

ということで入院させました。
入院の次の日も点滴して眠り込んでいた。
あのまま帰宅させたらいまごろどうなっていたか。

元気になったらしく明日退院です。

介護認定の結果も出て、要介護2から3になりました。
軽くなると思ったのだが、予想外の結果でした。

私のように親の介護に携わる人も多いです。
体調が悪くなって緊急の場合、本人は体調悪いのに元気を装う高齢者もいます。
そんな患者を診て、医者も「いつもとどうです?」と疑わしく聞いてくる。
調子の良いとき観察しているので、普段と違うことをアピールしたほうがよいと今回感じました。


1月20日

2月19日(日)の私が出演する演奏会のチラシが届きました。


1月17日

昨日実家の母親がインフルエンザになりまして。
どこでもらってきたのやら。

デイサービスから連絡があり、熱があるとのこと。
会社にいた兄が病院につれていく、そこでインフルエンザと判明。

高齢者のインフルエンザはそうとう危険ならしい。

昼間は誰もいないので心配、安静にして寝ているだろうか。
レッスンの始まる前、午前中だけでも様子を見に行こうと思ったのだが
「予防接種していないでしょ!」
というカミさんの言葉に

「うん、していない。」
「うつって他にまきちらしたらどうするの。」

私も兄も予防接種をしていないのでした。
そこで午後、唯一予防接種しているカミさんが実家にいくことになりました。

そうか、こんな時のためにも予防接種しておかないといけなかったかな?
なんて今からでは遅すぎか。


1月13日

今月末にクラシカルギター・コンクール応募締め切りです。
この頃になると、書留が届くようになります。

郵便配達員の人も、階段を上がって来てくれるのでなるべく教室に居るようにしています。
配達はだいたい午前中、週に3回くらいの多摩川ジョギングもしばしお休み。

不在だと不在通知が入っていて、後で再配達以来をするのですがそれが面倒で。
それに配達員の人も2度も上がるのは手間だろうし。

今日も12時を過ぎたけれど、応募者からの書留が届きました。
1月一杯、平日は外出せずに教室に居ます。


1月12日

エチュードの会で団体登録している生田中学特別創作センター。
年があけてすぐに更新の次期となります。

いつも書類を取りに来るようにと、わざわざ電話連絡してくれるのに恐縮していまして。
今年は連絡がまだ来ないので、話が来る前に伺いました。
昨年は一回も借りていないので、連絡が来ないのかなんて思いながら。

そうたら今年から内容に少し変更があるとのことで遅れている、それが決まったら連絡するとのこと。
料金が少し値上がりするくらいらしいです。
私の顔をみて、平日の職員さんでしたが団体名を覚えていてくれていました。
昨年の1月に1回会っただけなのに、凄い記憶力。
書類だけを受け取り、教室にたどり着く。

しばらくしたら電話が入り、その職員さんから
「今、パンフレットが届きました。FAXがありましたら送りますけれど。」

FAXはないので、また行きますと応えておきました。

律儀に連絡を頂いたのに、このまま部屋を借りないのも申し訳なく思いつつ。
なにか借りるあてがないかな〜なんて考えても案が浮かばない。

会場としては広い敷地にポツンと建っている建物。
雰囲気は良い、けれど駅から坂道を歩く。

自宅からは近いのに、全然使っていなくてもったいない。
何か良い案がないだろうか、とここにくる度に思うのです。


1月11日

インターネットで楽譜をダウンロード購入できるのは知っていたけれど。
生徒さんが海外の出版社からダウンロード購入した楽譜を見て、カルチャーショックでした。

自分は遅れている、と思うと同時にこのシステムにはついていけなさそうだ。

でも出来たら便利、品切れ入荷待ちなんて気にしなくてよくなる。
うらやましい!

そこで今日は海外の楽譜出版社のサイトをのぞいてみる。

手短にあった楽譜からChanterelleのアドレスを打ち込んでサイトへ。
そうしたらZimmermannのサイトになっていた。

吸収されてしまったのかな、近年よくあることです。
ダウンロード出来そうな感じだけれど、深入りせず別のサイトも。

今日見た限りでは、海外大手ではどこがダウンロード販売しているか分からなかった。
そうはいっても数年のうちにどこの出版社もダウンロード販売するはず。
日本でも始まってますから。

電子書籍と同じように楽譜も入手方法が変われば、書棚なんていらなくなるかも。
部屋の中もすっきりする、引越しも楽そう。

最近断捨離というものがが流行っているらしいけれど、私のような人間は無理だと思っている。
楽譜や専門書、楽器の備品が多くて捨てる訳にはいかない。
アナログ時代からの積み重ねで生きてきた人間ですから。

これからの若い人たちはパソコンのハードディスクに入れておけば、タブレットを見ながら演奏(実際に演奏会でもう始まっている。)だろうなあ。
譜面台にタブレット置いてレッスン、という時代がやってくるかもしれない。


1月9日

最近姿勢が良くなってきたような。
というのも50歳を過ぎてから、演奏会での写真に写る自分のを見ていて

前かがみになってきた
肩が上がっている
唇がゆがんでいる
顔がブサイク(これは元からか)

若いときはもっと上半身は真っ直ぐになっていたのに、気が付いたら身体が歪みっぱなし。
姿勢を正そうと思っていても、思ったくらいではだめ。

身体は筋肉が強いほうに引っ張られるという法則がある。
これはあきらかに身体の背面が弱まっていることを意味する。

1年くらい前から背面を重視してトレーニングをしてきた。
背中の広背筋、お尻の大臀筋、腿の後ろのハムストリングあたりを中心に。

腰が曲がっているからといって、腰をめがけて鍛えたってあまり効果はないです。
というより怪我をしないように保護するべき部分だと思う。
それより大臀筋、ハムストリングが重要、ここのストレッチも。

ようやく気にしなくても姿勢の維持ができたようだ。
その気になっているだけかもしれないけれど、なんとなく力みが減っているようだ。


1月4日

明日から平常どおりのレッスンが始まります。

今日から会社の人もいるみたいで、お昼には身分証明を首からぶら下げた背広姿の人たちが、お弁当屋さん等に入っていました。
まだ周りのお店は正月休みのところもあるのですが、年々正月らしさがなくなって来ていますね。


1月3日

新年明けましておめでとうございます

正月らしくない正月を過ごしております。
1日、2日は実家に、母親の面倒を見がてらだから正月らしくなんてできません。

初詣なんてこの何年も行っていないなあ。
お願いしてもやはり自分が行動しないと、と思うからかな。

今年の抱負・・・
ギターの演奏は勿論、頼まれたら断りませんよ。
早速来月も頼まれているし。
詳細は後日(まだよく決まっていない。)お知らせします。

逆に、少し運動の量を減らそうと思っているのです。
(抱負になっていない。)
今までやりすぎたとは思ってはいないのですが、毎日の時間配分を効率よくしたいからですが。

そう思っていたのに今日走ったら、多摩川に出たら10キロ走ってしまった。
脚が走りたがっていたからか。

ランニングが減らせないなら、スポーツセンターの量を減らそうとは思うのですが・・・

やり過ぎないように気をつけるのが今年の願い事かな。


2016年

12月27日

今年もあと5日。
今年最期の独り言です・・・かも。

いろいろあった一年でした、自分ではなく身内に。
実家の行き来が多くなりました、それは来年以降も。

2017年は酉年、私の干支なのでとうとう60歳になります。
還暦か・・・この言葉、なんか年寄りくさいなあ。

普通だったら定年退職、でも今は嘱託社員という制度で65歳以上になっても仕事をしている人も多い。
給料は減額されるようですが、健康ならまだまだ仕事はできます。

そうはいっても人それぞれですから、60歳から数年でリタイヤするのもありです。

私の場合まだまだやります、なりたくてなった仕事ですから。

ただギターをもっと弾ける環境にするにはどうしたらよいかを考えたい。
そのために身の回りは軽くしておきたい。
必要のないものは捨てる、止める(辞める)。

いろいろな付き合いも簡素にしたい、人付き合いが得意とはいえないし。
どちらかというと私は一人で練習している時間が好きだから。
クラシックギターは独奏が基本ですからね、自分の性格に合っているのです。

ランニングも基本は一人きりで走るもの、これも自分に合っている気がする。
仲間と一緒にとか走遊会に入るのは考えられない。
もしかしたらチームプレイの運動は駄目かもしれない。

読書、これも一人で読むものだし。

60歳、もしかしたら私には自分を見つめなおす歳なのかもしれません。


12月21日

カポタストで音が変わる。

生徒さんがクリスマスに演奏するというので、クリスマスの曲をレッスンしていました。
楽譜にはカポタスト使用の指示。

別になくても良いのでしょうが、本人はカポタストを購入してレッスン。
最期のレッスンで、カポタストの力が弱いのか開放弦にビレるところが。
クリップ式だからかなあ。

そこで私の持っているカポタストを装着して弾いたもらいました。


弾き始めたとたん、あれ?音が違う。

明らかに鳴りが良くなった。
弾いている生徒さんも、はっきり感じたという。

まさかカポタストで音が変わるなんて思いもしていなかった。

クラシックギタリストがカポタストを使うときって、ビウエラやリュートの編曲物か、たまに歌の伴奏をする時くらい。
それに幾つも持っている訳ないから、カポタスト比べなんて考えたこともない。

長い間ギタリストやっていて、ようやく気が付いたのです。
日数がないので、生徒さんには私のカポタストを貸してあげました。

いやいや、たかがカポタストとあなどってはいけない。
これから買おうと思っている人は、よく調べてから(使いやすさ、ギターを傷つけないか等も)にしましょう。


12月18日

この一週間は実家に3度行く。

まずカミさんが早く帰るので、その引継ぎ。
月一回の病院へ付き添い。
介護の認定調査日に立ち会い。
この3日。

母親の認定調査員の人への受け答えが笑ってしまう。
もう20年以上前の自分のつもりで喋っている。
一人でなんでもやっていますと。

まあ、それが認知症なのでしょう。

持っていったエアーポットは使えず、教室に戻ってきました。
しょうがない、使ったことがないものはどんなに簡単でも使えないのです。

別の話
昨日のニュースで「あべのハルカス」(大阪)というところで垂直マラソン大会なるものが催されたようです。
あべのハルカスというビルの階段(エントリーランナー1670段、一般ランナー1610段)を一気に登るというマラソン。

20分くらいで終わってしまうというから、あっという間ですね。
でも面白そう、神奈川でもやらないかな。


12月8日

午前中、自宅近くの配水池階段の昇り降りを10往復してみる。
先月一杯改装工事で、入ることが出来なかったので久しぶり。

44分くらいかかったけれど、ちょうど良い運動です。
ジョギング、筋トレに続いて新しく運動メニューに入れておきたい。
自宅に戻り、荷物をもって教室に。

そういえば、昨日のニュースで取り上げられている多摩川での溺死事件は、良く走るジョギングコースの途中でありました。
ニュースの画像ではどこだかわからなかった、今朝になって場所の地図が写しだされてもこんなところあった?でした。

不可解な事件ですが、一刻も早く解明されてほしいものです。


12月7日

マイナンバー証明カードを発行してもらう。

来年の所得税申告時に必要なので、それまでにはと思っていたが思ったより早く発行してくれました。
証明写真は自撮りして、パソコンで必要なサイズに。
裏に生年月日と名前を書いて、必要書類に添付したのが11月の最初だったかな。

11月後半には引き換えのハガキが届いて、区役所に来館予約する。
パスワードと暗証番号を決めて、呼ばれたら端末の前に座らされて自分で打ち込んでいく。

詳しい説明もしてくれないので、パソコンに慣れていないと先に進めなくなると感じた。
要はパスワード「決定」を押しても確認で再打ち込みにカーソルが移動するだけ。
これが暗証番号でも。

普通「決定」ならそれで終わりでしょ。
少なくとも画面にそれなりの表示をして欲しい。

これ、パソコンが苦手な人や高齢者には不親切だと思う。
皆が出来ると思っているのかなあ。

まあ相手を見て大丈夫だと思われたのかもしれない。

パソコン導入で手間がかからなくなって便利にはなっている。
でも分からない人に分かりやすく案内をする、という配慮がどんどんなくなっているような気がします。

関連した話です。
教室の電気ポット、実家に一時的にもって行きました。
手で押して出すエアーポンプ式。

母親が今あるボタンを押せば自動でお湯が出るポットが使えないから。
ためしです。

最近流行の、少量の水からすぐにお湯になるテファールのポットなんて論外。
どうしてこうなるのという機械は駄目なのです。

押した分だけお湯が出るという、見た目でも理解できるものでならもしかして使えるのではという期待を持って。
使ってくれるとありがたい。

LPレコードとカセットテープの復活も、もしかしたらこんな所があるかもしれない。


12月3日

NAXOSミュージックライブラリーを一旦退会しました。

理由は
毎朝ライブラリーの新着タイトルの確認に時間がとられる。
ギターだけでもと聴くが、時間が足りない。
がいつも気になっていた。

そしてアナログチューナーを自宅と教室で聴くのだが、音質に歴然と差を感じていた。
感度が悪いのでFMはモノラルで聴くけれど、それでも差がわかる。

ラジオをパソコンから通して同じアンプで聴いてもはっきりとわかる。
そうすると、だんだん不満が積もってきたのです。

近頃カセットテープとLPレコードが復活して生産が間に合わないほど人気が出てきたらしい。
レトロ感とデジタルにない音質が気に入られているとか。

これに関してはちょっと眉唾っぽいと思う。

なぜなら私の場合、音質に関してはチューナーで聴くFMのほうが良いと思うから。

FM放送局での機材のほうが、断然自分の持っている機材よりもハイレベルなのは承知しています。
それを電波に乗せて聴くのだから良いに決まっている。

ただその時聴きたい曲が聴ける訳ではないのですが。

資料として、曲探しにはNAXOSは入会していたほうが良いと思うのです。
また必要性を感じたら復活しますが、しばらくチューナーの音を楽しんでいきます。


11月28日

エチュードの会も無事終了。
今回は新人の生徒さんが参加、これからも積極的に参加していただくとありがたいです。

来月は25日以外の日曜日は実家に行かなければならなさそうで、ということは昨日で今年のエチュードの会は終了でした。
実家にいる兄が母親と毎日関わっているので、一番大変だと思うのです。
それにカミさんが休みの日は一週間分の料理やデイサービスの支度、ケアマネージャーさんとの連絡と忙しい。

私はというと、一ヶ月に一回病院の付き添いだけ。
一番負担のかからない状態なのです。

ちょっとカミさんが午後から出かけなければならないので、途中でバトンタッチ。
来月の日曜日は休ませて頂きますが、もしレッスンの振替が日曜日に希望の場合は午前中か夜の最後の時間になります。


11月25日

脳が衰えないために、新しいことを記憶するものが良いそうで。

音楽やっていたら弾いている曲が昔から覚えているものばかりではなく、新曲を常に暗譜して弾くのが良いのかなと勝手に判断していまして。
エチュードの会ではできるだけ新曲を披露しております。

明後日のエチュードの会でも2曲ほど。


生徒さんが受けるかもしれない、オーディション予選自由曲になにか良いのはないかなと探している途中で見つけた曲。
別にこれを弾いてというつもりはありません、たまたま練習してしまっただけ。

余り弾かれていない曲だと思う。
ストップウォッチで時間を計り、3分以内か確認済み。
まだ暗譜が危なっかしいけれど、なんとか明後日の朝までには安定するかな。

こうやって自分自身の為、脳に刺激を与えるためにエチュードの会を活用しております。


11月20日

川崎国際多摩川マラソン、走って帰ってきました。
スタートからすぐに前が詰まって立ち止まってしまったけれど。
その後も前にふさがれてノロノロとジョギング。

天気が良いので水分補給を気をつけるようにと開会式の挨拶で言われたけれど、終始暑くもなく寒くもなくちょうど良い気温でした。
スピードよりもフォームに気をつけながら走る、そのおかげか初めて脚が攣ることもなく最期まで快適に走れた。
後半は抜かれもしたけれど、抜くことのほうが多かった。

ゴール1キロ手前で、男性が倒れていて胸になにやらパットみたいなのを装着されていた。
これからAED(電気ショックで心肺蘇生を試みる。)をやるのだと思う。
無理しては駄目、体調が悪かったら棄権する勇気も必要。
倒れた人が無事に生還するのを祈りつつ、スタジアムに入りゴール。

結果は

1時間55分36秒、スタート地点からだと1時間54分18秒。
スタートでの立ち止まりを考えると予想通り。
前回よりも遅くなっているけれど、久しぶりだからこんなものでしょう。

ゼッケンナンバーが5959(ゴクゴク)というのは、なにか意味深。
水分補給を気をつけてゴクゴクか・・・お酒はゴクゴクと飲みなさいということか。
偶然だけれど、良いほうに解釈したくなるのでした。

記念品のTシャツ

これを着て走ったのでまだ汗でぐっしょり。
気持ちが悪い人はすぐ下にスクロールしてください。

お土産に

ご飯のパック、スポンサーからでしょうかねえ。
マラソン大会からすると、走る前には炭水化物を取りましょうということか。

今年はフォームに気をつけて走った、というか気をつけられた。
背中側の筋肉のトレーニングをしていたからだと思う。

欧米人に比べ日本人は背中側の筋肉が30パーセントくらい少ないそうだ。
今までは前かがみになって背中を丸めていたと思う。
骨盤も後傾していただろう。

ようやく今年になってから意識してできるようになった。
最期までバテずに(遅かったからか?)余力を残してフィニッシュ。

筋トレにもフォームを気をつけているけれど、やはりトレーニング効果を出すにはフォームは大事なのです。
でも難しい、自分でやっているつもりでもできていないことばかり。

ランニング、筋トレからギター演奏にも取り入れているのだけれど、もしかして一番難しいフォーム作りはギターかもしれない。
練習していると気が付いたら崩れているし、本番では緊張で予想がつかなくなってくるのですよ。


11月18日

昨日多摩川を走っていたら、向かいからサンダルで走ってきたランナーに遭遇。
書籍「BORN TO RUN走るために生まれた」を読んだ人だろう、親指と中指の間の紐で支えるサンダルで走っていた。
紐が切れたらどうするのだろう、と思いつつランニング専用のサンダルだから頑丈なのだろうな。

明後日が多摩川マラソンなので、今日からは休息日です。


11月13日

来週の日曜日は川崎国際多摩川マラソンだ。
インターバルトレーニングは3日でやめた。
(3日坊主?)
きついんですよ。

それでも5キロ10キロならば、少しずつタイムが縮んできた。
最大酸素摂取量が増えてきたのだろうと思うのですが。

それに合わせてギターを弾くスタミナが付いてきたような、気のせいかもしれないけれど。

4日くらい前には走るのを休ませないといけないので、あと3日くらいしか走りこめないのです。
これがギター練習とは違うところ、怪我をしないためにも休養が大事です。


11月10日

来年のクラシカルギター・コンクール第一次予選会場ミューザ川崎を借りようと予約しようと思ったら、申込に必要な市民カード「ふれあいネット」の有効期限が過ぎておりました。
日にちは決まっているのだが、ボヤボヤしていると埋まってしまうから、今日更新してまいりました。



多摩市民館で手続き完了、教室に帰ってからすぐにネットで申込。
お目当ての会議室をクリックしたら、先約が入っていた。
一昨日までは空いていたのに。

急いで別の会議室を調べる、空いていた部屋を見つけ申込完了。

危なかった〜。
すぐにミューザ川崎に電話をして、機材の申込。

後でゆっくり調べたら、他は全部ふさがっていた。
ひやりとした日でした。


11月4日

10弦ギターのケースハンドルが破損する。


10弦ギターを弾こうと思って持ち上げたら、ハンドル(取っ手)がブチンと切れてしまいました。
取り替えたいのだけれど、最近この手のハンドル売っていないんだよなあ。

1970年製作のギターだから、ケースだっても46年頑張ってきたのでした。

あまり落ち運びしないので、良いものが見つかるまで探してみます。


10月31日

パソコンのウイルスソフトサポート期間が終わるので、今度は新しいウイルスソフトにしてみる。

今までウイルスバスターを使っていたのですが、3台まで可能というのだが自宅あわせても2台。
1台分というのが見当たらない。
3台あればよいのだが、無駄な部分は必要なし。

ということで

ソースネクストの製品。
インストールすると、そのパソコンが壊れるか、Windows7のサポート期限が切れるまで使える。

金額的にも安上がりになりました。
問題はこれから使いかってを確認してみます。
いまのところ問題なし、というかこちらのほうが気に入ったかも。

よければ自宅もこれにしてみようと思っております。


10月26日

最近の自分はどのくらい練習しているのか、時間なんて計っていないなあとふと思う。
とにかく練習できる時間があれば練習しているつもりなのだが、もしかしたらそんない練習していないのかもしれない。
そこで昨日と今日は練習時間を計ってみた。

午前中、ウォーミングアップ。
左手から弦の押さえ方から始まり、スラー、重音。
右はスケールやアルペッジョ。
それからバッハを弾く。

今日はその後、休憩してからエチュードも。

だいたい1時間30分〜2時間。
昔だったらぶっ続けで3時間は弾いていたのに、体力が続かない。

午後に休憩を挟みながら、というかレッスンの合間も練習していたり。
計3時間〜4時間でした。
若いときはもっと練習していたのに、体力がもたない。

その上、雑用というかパソコンでメールチェックしたり、ネットで調べ物したり。
これが時間をなくしている原因だと思う。

事務作業もありますからね。
もっと時間を有効に使うよう考えねばです。


10月24日

11月のエチュードの会、27日(日)菊地ギター教室内に決めました。
中野島会館は来月も日曜日は一杯で、どうやら教室内が定着しそうです。

川崎国際多摩川マラソンの郵便物が届く。


パンフレットと一緒に、ゼッケンやランチップ(シューズに装着してタイムを計測する)
また走る前と後に飲むプロティン、スポンサーの宣伝物と思われるもの各種。

ハーフの距離は走れるのだが、今現在とにかく遅い。
今日からインターバルトレーニングを始めてみる。
(一回のジョグでゆっくり走ったり、自己ペースより速くだったり。)

それでも自己ペースより速くても、3年前より遅い。
最大酸素摂取量が減っているのだろう、持久力がなくなってきた証拠。
インターバルトレーニングで持久力を上げていかないと。

これ、ギターの練習での持久力と関係がありそうな気がする。
20歳代に比べ、50歳代では最大酸素摂取量は3分の2くらいに減るようです。
どうりで昔のように長時間ぶっ続けで練習出来なくなってきたのもうなずける。
(ぶっ続けで練習なんて良くありませんが、パワー系の曲が途中でへたるのも困るし。)

パソコンのエクセルでカレンダーを作りました。


実家のカレンダーが破れてしまった。
破れたカレンダーには一ヶ月の予定を書いておいてあげている、これを見ればデイサービスや病院とかその日に何があるのか分かるから。

A3のプリンターで上質紙に印刷、これなら大きくて良く見えると思う。
予定も印刷したので写真では下をカットしてあります。

カミさんにも見せたら、これはいいということで実家に持っていきます。


10月21日

教室の家賃更新時期が今年の終わりに控えている。
面倒ですが、賃貸契約をしている人たちには必須な手続きです。
事務所として借りているのですが、今回は懸案事項あり。

それは保証人が母親だったので、これからは保障会社に変更しようかと管理会社に電話したのです。
認知症じゃあねえ、サインだけなんとか書いてもらって判子押せばってものではないし。

そうしたら「菊地先生は家賃滞納したことないし、人柄も分かっているから。」ということで同居家族でもいいなんてことになりました。
て事はカミさんでも良いのでした。
管理会社からすると、契約者に何かあった時(最近は部屋で亡くなっていたといことが多いらしい。)連絡つく人が居て欲しいとの事。

やったね!これで余計な出費がかからなくて済んだ。


10月19日

熊本震災支援チャリティー・ギターコンサートも終わり、出演された演奏者の皆さんお疲れ様です。

私は次の日に母親を病院に連れて行く係りになっていたので、体力温存のため打ち上げはパス。
結果的にそれが良かった。

病院で体調を崩し、緊急事態。
車椅子を借りて応急処置室まで、そこのッドで休む。
もしかしたらまた入院か?と本人が気にしていた。

熱はあったけれど、診察して異常がないので無事帰宅。
様子見にしばらく在宅しておりました。

レッスンを調節できる生徒さんは全部替えてもらっていたから助かった。
ラストの時間だけレッスンだったので教室に帰る。

実家のある路地で古くからいるオバさんたちも、高齢者になって皆介護状態。
息子たちも帰ってきて同居していたり。
長寿社会になって、これから誰でも介護を経験するようんいなるのだろうなあと思う。

さてさて、どの様に日本の高齢化社会は変わっていくのでしょう。


10月13日

階段の話
スポセンでよく会うおばさんも、配水池の階段を知っていた。

何度か上ったらしく、218段というのも確認していたのでした。
隣駅からなので、バイクで来るという。
立派な階段ですからねえ、やはり気になってしまう階段でした。

今日はお昼ころ、階段昇降してみました。
身が軽いほうが昇り降りが楽なので、教室に行って荷物を降ろしてからです。

私が昇り降りしていると、わらわらとトレーニングウエアを着たおじさんたちが。
そうはいっても皆、私より若そうだ。

なんでと思ったけれど、そういえば生田浄水場の職員たちはお昼の休憩時間に浄水場の周りを走っているのです。
その人たちが階段昇降に来たのでしょう。

2段おきに登っていく人ばかり、追い越されてしまった。

まあ、私はあわてずに登ろう。
今日は荷物がないこともあって、8往復。

今月17日はチャリティーコンサート、来月は多摩川マラソン。
体力作りです。


10月6日

天気がよくて特別運動しない日は、生田配水池の階段を登ろうと思う。
そして今日がその日。


ネットでは同じ時間ジョギングをしたのと同じ消費カロリーらしい。
そしてダイエットにはかなり効果的とのこと。

ダイエットは別として、ジョギングと同じならどんな感じかなと思いそれなりの時間を使ってみる。
最近は5キロ走ると30分近くかかる、階段を1往復してみたら5分弱だった。

それならばと5往復してみる、教室へ行く途中なので、荷物を持ちながら。
タイムは24分30秒くらい。

脚の筋肉はジョギングよりきつい!
大腿四等筋(太ももの前側)への負荷が強い、結構汗もでる。

人間の身体の筋肉の6〜7割で、一番大きい筋肉が脚に集中しているのと。
ここを鍛えれば基礎代謝が高まり痩せやすい身体になるのです。
だから、階段昇降はダイエットに効きそうですよ。

近所の人も登っている、健康の為と登りきったら眺めが良いからだろうなあ。
お気に入りの場所になってしまいました。


10月5日

ストップウォッチ付き腕時計が届いた。


箱から出して伸ばすと

ベルトがゴムなので汗にも強い。
ボタンの反応も早く、表示も見やすい。

前のより小型になったけれど、使いやすさは変わらない。
ストップウォッチもカシオだけれど、音が出ないのでコンクールのタイム計測には重宝しております。
電池の持ちも他のメーカーよりもすごく長い。

カシオ製品、私には使い勝手がよいというイメージがあります。

今日は午前中の生徒さんが休みなので、さっそく多摩川を走ってみる。

先月から少しずつ距離をのばしてきたけれど、今日は22キロを走る。
2014年から22キロなんて走っていなかったから、まずはゆっくりと。
来月の川崎多摩川国際マラソンにエントリーしているから、それまでに復調しておきたい。

タイムを見ながら、これからの自分が走るペース配分を考えながら。
遅かったけれど、なにより故障した足裏の痛みが出てこないのがうれしい。

これからギターの練習とレッスン。
気分良く出来そうです。


10月4日

amazonからICレコーダーも届き、解説書を読んで設定したり使い方を試してみたり。

買ったのはパナソニック製。
前機種であるサンヨーの技術を踏襲したというのでパナソニックに決めました。

上位機種はラジオとUSBからエネループへの充電が出来るようです。
小型ラジオをもっているのでいらないし、充電は私が充電(充電器で)の係りにされるのだから必要ないので決めたのはこちら。

でも再生はMP3とWAV形式のファイルのみ。

デスプレイに曲目は表示されない、日付か番号のみ。

サンヨーのICレコーダーとは随分と違う。
そうはいってもTASCAMのPCMレコーダーだってそうなのだから、今はこれが主流なのでしょうね。

カミさんに渡して録音ボタンを押すと録音、停止ボタンで停止と教える。
(細かいことは必要ないので、めっちゃカンタン)

カミさん「前のと同じジャン。」
(前のよりもっと簡単だけど・・・でもこれなら使える。)

音声ガイドは消してと言われたので、音声は出ないようにする。
使って問題があれば、その時に操作手順を教えればいいし。
(多分私がやるのだろうけれど。)
CDの音源も、MP3に私が変換するようになるだろうなあ。

(いきなり関係ない話。)
数日後、心拍数計ウォッチが壊れる。
まえから正確に心拍数が出なくなったし、ストップウォッチがリセットできなくなった。
あまり心拍数には必要性は感じていなかったけれど、タイムだけは計測しておきたい。

以前使っていたカシオのストップウォッチ付きの腕時計を出したけれど、暗いところに置いてあったのでソーラーが効いていない。
しばらく日にあててデスプレイが表示されたけれど、時間変更が出来なくなっていた。

(右:壊れた心拍数計ウォッチ、左:カシオ腕時計)
これも壊れたのかと思い、次の日amazonで注文。

その後、もう一度時刻設定できるかと思ってボタンを長押ししたら動いた。
注文しなくてもよかったのに、とは思ったけれどベルトがボロボロだから新しいものにしよう。

amazon依存症になっているようだ。


10月2日

エチュードの会、今日は人数も多く活気がありました。
外は晴れていたのでしょう、写真が逆光で良く撮れていないのが残念。
まあ、私の腕ではこんなもんです。

今月は熊本震災支援チャリティー・ギターコンサートがあって、それに出演します。
10月17日16:00開演
料金
前売り4,000円
当日5,000円です。
会場は四谷区民ホール


チケットは菊地ギター教室にありますので、ご来場くださる方はご一報ください。


9月30日

毎朝、教室に行くのにいくつかのコースがあります。
一山超えるときに離れて3本道路があり、いつもは右端の道路。

一昨日真ん中の道路を通る、途中小さな公園があり、たまに入るのです。
そこから左端の道路から繋がっている生田浄水場の配水池に上がる階段が見える。

新設工事でいつできるかと気にはなっていたけれど完成したみたい。
以前はボロボロで階段の手前で立ち入り禁止の立て札があったけれど、新しく作った階段は自由に昇り降りできるようになるらしい。

頂上に人が居るようなので、もう開放しているのか。


で、左端の道路に行ってみました。
立ち入り禁止でもないし、柵もない。
こんな看板が。

どうやら入れるみたい。


上ったら218段あった。
昨日はここを走って上がろうと思ったら3分の1くらいで挫折。
とぼとぼと歩いて上がりました。
運動がてら3往復してみたけれど、きつかった。

上がりきって下を見るとこんな感じ。
これよい運動になる、普通の人だったら上がるの嫌になるだろうけれど。

そう思ったら、横からなだらかな坂道もありました。

階段が無理な人はこちらからがお勧め。
犬の散歩で上がってきた人もいます。


ベンチもあります。
右は配水池、まだ工事中。
池の上がふさがれていてソーラーパネルが並んでいた。

頂上からの眺め、東京タワーもスカイツリーも見えます。

足腰鍛えるには階段はいいぞと思った。
上がりきると眺めもよいし。

興味のある人はご案内しますよ、教室から20分くらい歩きますが。


9月26日

22日に日本ギタリスト協会の総会があり、いつものように会計報告、事業報告、次期事業案、役員改選等・・・
いつものように無事に終えました。

昨日は実家に、だんだんと介護に慣れてきたか・・・いやいや、そんなことはないです。

今日はamazonにICレコーダーを注文する。
自分のではなくカミさん用に。

カミさん専用に使っていたものが、マイクが壊れて私のを譲ったのですが。
USBがパソコンに反応しなくなってしまい、これまた壊れ別のものが必要になりました。

TASCAMのPCMレコーダーを見せたら、でかいのと操作が難しそうと思ったのでしょうか。
小さくて軽量、そしてなにより簡単で使いやすいICレコーダーを探すことになりました。

ネットでしらべると、デスプレイにパソコンで打ち込んだ曲名が表示されるものがなくなっていた。
そういえばTASCAMのPCMレコーダーも曲目表示ができなかったんだ。

それをカミさんに説明して、機種を決める。

一般のギター愛好家でも大きくて重たいレコーダー(それでも昔のようなカセットデッキに比べればものすごく軽い)よりも軽くて小さいレコーダーで充分だと思う。
マイクさえ良ければ、そこそこの音質で録音できる。
(マイクが悪いと悲惨)

コンクールの録音なんてICレコーダーなら、安物のテープレコーダーより音質はよいし、回転ムラがないから音程も正確。

さて、注文したレコーダーのマイクの質はどうだろう。

明日が明後日に届く予定です。


8月14日

昨日はアマチュアギター・コンクールでした。
本選だけ聴こうと三鷹市芸術文化センターに。

生徒のMさんが出場しているので、会えるかなと思ってもいました。

ちょと電車で本を読んでいてたら、一駅乗り過ごしてしまった。
慌ててホールに着くと本選開始直前。

本選出場者がどこに張り出されているのか分からない。
とにかくホールに入って席に着く。

Mさんを探したのだけれど見つからない。
真面目な生徒さんで、必ず出場したコンクールは最後まで聴いているのです。

当日予選で48名演奏し、本選には10人選ばれたようで順番に聴いていく。
最初から数人聴いてみると、もしかして・・・

前半が終わり休憩、もしやと思いつつ
9人目にMさんの名前が呼ばれた。

普段の音楽ができたなら、本選出場の可能性は高いと思っていたのですが落ち着いて弾けたのでしょう。
よかった〜というのが本音。

自由曲も出だしは良かった。
Mさんらしいしなやかな演奏、後半出にくい音はあったけれど終わった後の舞台の上での礼儀正しい振る舞いはさすがです。

舞台で映える、人柄がにじみ出ています。
おめでとう!

賞は貰えなかったけれど、それは他の出場者の方たちだって一生懸命練習してきたのですから、やはりコンクールは結果がシビアに出ます。
十八番のように弾いている方たちもいて、陶酔してアピールが強いくらいの人たちが上位入賞したのだと思います。

結果が出るまで舞台上で本選出場の方たちへのインタビューはなかなか面白かった。
歳をとると指が痛くなるとか疲れる、ギターを再開するために仕事をやめたとか。

指が痛くなる、うんうん自分もそうなるかもと人事ではない。
勉強になりました。

前日髪を切ったら前髪を切りすぎた、○○に住んでいますから誰か声をかけてくださいとか。
Mさんはやはり品のある礼儀正しい受け答えで、すっげ〜と感心。(私にはできない。)
みなさん個性豊かな本選出場者でした。

これからも楽しんでアマチュアギター界を引っ張っていく人たちでしょう。
みなさん、おめでとう!


8月10日

本日ホームページの移転完了。
古いniftyのホームページサービスが終了とのことで、9月26日までに新しくniftyの「ホームページミニ」に移動しなければなりませんでした。

しかし移転作業の説明が不親切だった。
無料FTPソフトをダウンロードするようにと書いてあるけれど、市販のホームページソフトに入っているのに必要ないでしょ。
移転完了の後、そのままでとアップロードできなくて、FTPの再設定をしなければならなかった。

それに気が付き不明な点を探し出す作業、何度も設定やりなおし。

そこの説明はniftyのホームページからは皆無。
これがきっかけで、混乱する人が出ているのではないでしょうか。

今、身の回りにいろいろな出来事があり、その処理最中でございます。
実家のある川崎区に行ったり来たり。

忙しい中なのにたまたま今日、昼間に時間があってホームページの移転作業をやる気になってしまった。
今日やらないと、9月に持ち込んでいつのまにか移転期限を過ぎてしまいそうだったから。

今週中に母親を多摩区に移動、今後の問題はこれから考えるとして。
今回の問題、もしかしたら私ども兄弟は血管系の病気になりやすいのかと自分自身に警戒心が出来てしまった。

いろいろと調べたら、予防に運動は必須みたい。
私が走り出したとき、「やりすぎだ。」(今はそれほどでもない)「皮膚がんになるぞ」と言うのもいたが、人は勝手なものだ。
9年前の自分がそのままだったら、不健康そのものでギターが弾けていたかどうか。

60歳を過ぎて身体に不調が来る前に習慣付けしておくべきことは。

タバコはやめる(私は吸ったことがない)
食生活はバランスよく健康的に
質のよい睡眠
定期的に適度な運動をする
健康診断で自分の健康状態を把握する

それでも病気になるときはなるけれど、これらを無視していたら罹患する確率は高くなるでしょう。

今度時間があるときは、ギタリスト協会総会案内の発送作業を進めなければ。


7月26日

久しぶりに川崎国際多摩川マラソンにエントリーする。
とはいっても前回は2013年に出場したのだから、2年のお休みでした。

川崎市民優先枠は先週の18日、この日は委員会でパソコンの前にはいられなかったのです。
昨日が一般枠の募集、夜の21時からネットでエントリー作業。

午前中に久しぶりに多摩川を走って、これならハーフは大丈夫だと予想できた。
そうなるとネットでの作業にもたもたしてエントリーに失敗しないようにしたい。

21時前にRUNNETにアクセス、21時ジャストにログイン。
なかなか繋がりませんでしたが、8分後に繋がった。
急いでカード番号入力やら氏名住所の確認、プチプチとキーを押していく。
無事エントリー完了。

11月20日(日)川崎の等々力競技場からスタートです。

今日も多摩川を走ってきたけれど、これから走るための体力をつけよう。


7月19日

昨日は海の日、そして日本ギタリスト協会の委員会でもありました。

私にとって長年の懸案事項だったことが、ようやく議題になって決定。
ほっとしております。

1989年から委員になって、もう27年か・・・
我ながらよく続いていると思う。

もう少し頑張らなければ。


7月14日

急ですけれどエチュードの会、今月の31日(日)菊地ギター教室内にて行ないます。
この日は出席できる人が多そうですよ、期待しています。

先日、「先生、最近走っていますか?」と聞かれました。
そういえば、最近運動ネタを書いていません。

書いていないのはもう走ってなかったりして、と思われても当然でしょうけれど。

安心してください、走っていますよ。
ただ以前よりは少なくなりました、多摩川よりもスポーツセンターのランニングコースばかりです。
それも週に2回だけ、短い距離を。

これから暑い夏がやってくるので、気温が高い時に日陰のない川沿いは危険かもしれませんから。
走る量が減ったのに、体重は更に減り、体脂肪も1桁台の6〜9を行き来しています。
自宅のタニタの体組成計は誤差は4くらいあるから、実質9〜13かな。

その要因はもしかしたら新しく導入されたスミスマシンかもしれない。
バーベルが一定の軌道で上下するマシンです。

それでスクワットを始めたらガクッ!と体脂肪が減った。
これしか変わったことがないので他には考えられないのです。
所要時間10分弱。
これでダイエットできるなら、なんてお手軽なんだろうと思った。

勿論、他の筋トレもやっていての話です。
もしかしたら、老化が進んで年寄り体質になっただけっだったりして。


7月3日

現在のホームページ、niftyからサービス終了の連絡が届きました。
それに伴い移行作業をするのが9月後半まで。

アドレスが変わりますが、自動転送されます。
いつやろう、夏の間に済ませたいと思っているのですが。

9月前はギタリスト協会総会の準備で忙しくなる。
おまけに今年の7月後半の、自宅マンションの総会後1年間理事をやらなければならないし。
1年で済むかな?


6月29日

問い合わせがありました。

話を聞くとクラシックではないけれど、クラシックギターでの演奏を望んでいる方のようです。

菊地ギター教室はクラシックのみの教室ですが、クラシックの奏法をマスターしておけば右はピックを使わず指での演奏ができます。
ポピュラーでも演歌でもまずはクラシックの奏法から、と考えているのですが。

だから弾けるようになるまではクラシックの教則本で、練習するのもクラシックの作品になります。
最初は教室で説明を受けてから入会を決めてもらっています。

問い合わせの方の話の中で、クラシックギターという名称を使わずガットギターという表現をされていました。

ネットで調べると、最初はガット(羊の腸から作られたもの)弦を使っていたからガットギターと言うらしいです。
ギタリストのくせに知らないの?と言われそうですが、私がギターを始めた頃からガットギターという呼称は聞いていいました。

スパニッシュギターとも言っていたけれど、ギターってスペイン以外は違うギターなの?他の国のギターは?とも思っていました。
つまりクラシックギターとガットギター、スパニッシュギターはどこか違いがあるのでは・・・と。
同じギターと知った後でも、しばらくは素朴になぜガットギター?と(ガット弦を張っていたことを知らなかった)思っていました。

だから私はギターもしくはクラシックギターとしか言ったことがありません。
これからもだろうなあ。

知識がついてくると日本にギターが入った大正時代では、ギターはスチール弦が張られていたらしい。
その後ナイロン弦がオーガスティンによって開発され、日本でもナイロン弦に替わったらしいです。

つまり、日本ではガット弦が主流だったことはなかったので、ガットギターという呼称は違和感があるのです。

でもクラシックを弾かない人にはクラシックというのは抵抗があるのかもしれません。
それでガットギターという表現になってしまうのでしょう。

アコースティックギター(本来クラシックも含む)、昔はフォークギター、ウエスタンギター、スーパージャンボギターと呼んでいました。
今でもそう呼ぶ人もいるかもしれないのと同じかもだから、ガットギターにもなれないと。

う〜ん、でもそれには歳(ギター歴が?)をとりすぎ。


6月18日

現代ギター臨時増刊「クラシックギター音楽ガイド」
約40年ぶりの改訂版、前回のアップデート版。



あれから新しい出版社、作品数も増えました。
残念ながら消えていった出版社もあるけれど。

その中で掲載する作品を選ぶのも大変だったと思う。
アンサンブル系の作品が多くなったような気がする。

ポピュラー系の編曲物は載っていないようです。
アンサンブル・レパートリーのように、まとまって巻数があるものとかも。

今どんな作品があるのか、手元に持っておくべき作品を調べるにも必須の本だと思うのです。
譜例、録音物の紹介は無くなり、楽譜蒐集家のエッセイもありません。
作品カタログに徹しているのが前回との違いでしょうか。

一曲ごとに簡単な解説があるのが重宝します。
作曲者と題名だけだとどんな曲だか分からないけれど、選ぶときに参考になるでしょう。

ざっと眺めたくらいですが、私が必要だと思うものは持っているみたいで、それの確認の為にも必要な本でした。

これに載っているのが全てでもないのですが、楽譜を探すときにあると便利な本です。


6月10日

発表会の時、今休んでいる生徒さん二人と久しぶりに会える。
以前と変わりなさそうだけれど、お二人とも相変わらず忙しそう。

「先生、また痩せました?」と言われたので、変わったのは私かとちょっとショック。
「いや、痩せてはいませんよ。」実は背広を変えたばかりで、それが今までのよりも細いからそう思われたのでしょう。

痩せてから買い替えしていたのだけれど、これから更に細い服に替えなければならない。
特に下半身。

探してもあまり見つからない。
昨年暮れの定期健診でも腹囲(ウエスト)が72センチとなっている。
いくらなんでもこれはないだろう、自分では76センチはあると思う。
スーツも細いのがなくて78センチのものにされたけれど、まあなんとか穿けている。

困るのは胴囲を細くすると、脚が入らなくなるのです。
ジーンズがそれで、いつも穿くのは良いのだけれど、脱ぐときが大変。
詰まって脱げない。

それでも生徒さんからはジーンズのほうが似合うと言われているので、これからジーンズに替えていこうかと思っているのです。
私自身、スラックスよりジーンズのほうが好きだからですが。


5月23日

昨日のエチュードの会、天気が良すぎて教室の室温が高くなりました。
暑い中での熱演、発表会前ですが皆さん昨年よりもレベルが上がった気がします。

今度の日曜日は発表会、中野島会館洋室で午後3時開演です。


ちょっと古い話ですが、レッスンで座っている私の椅子。
気がついている方もいると思いますが、すこし修理をしてみました。

以前は生徒さんが座っていたピアノ椅子です。
座面のラバーがボロボロで、上に黒い皮をひいていたのですがちょっとみっともなかった。
捨てるにも椅子はやはり欲しいので、自分で直して使えるのなら使っていこうと決断したのです。

タッカーというホチキスで止める工具を見つけました。

さてさて、上手く修理できるかな?

座面と脚の部分を離します。


これ、座面を高くしたとき、片側の木ネジ部分の木に亀裂が入ってしまいました。
ここはもう使えないでしょう、高さ調節は諦めるしかあいません。


座面の裏からラバーを固定しているホチキスを全部外しました。


表を見るとこんな感じ、痛々しい。


そして今までかぶせていた黒い皮(ラバーです。)をホチキスで止めていく。


表はちょっと年代物の皮らしくなっている。


脚を取り付けて完成。

今のところ至って快調、すわり心地も満点。


5月5日

コンクールも終わり、今は事後処理の真っ最中。
順位等は日本ギタリスト協会のサイトをご覧になって下さい。

さすがに次の日は疲れてグッタリとしていました。
これから少しずつ、いつものペースに戻さなければ。

久しぶりに住んでいる生田の街をぶらついてみみる。
小田急線の線路から中野島よりに住まいがあるのですが、今日は反対側の奥まで歩く。

生田中学あたりや、西三田小学校を超えて幼稚園、学童保育。
昔このあたりでギターの指導を頼まれて、中野島からギターを担いで歩いてきていた。

引っ越してきてからは、ここまで歩いたことがなかった。
良く知ってた道を確認しつつ歩く。

閑静な住宅街で祭日だからか、公園も多く歩いているだけでも気分が良くなってくる。
コンクールの疲れも早く癒されそう。

中野島のほうが人口密度が高い分、緑の場所が少ないように感じる。
いや、昔は畑も多くて人口も少なかったはず。
開発が進み終わったか、これからは緩やかな人口増加だと思います。

生田は畑というよりも川崎市の緑地もあるし、私有地での竹林が多い。
開発はまだまだでしょう。

更に奥に行くと山の頂上になり、川崎市の水道を一手に引き受けている長沢浄水場になります。
いつの間にかフェンスも新しくなり、中の施設もきれいになったみたい。

ここから折り返して途中のスーパーでお買い物。
なぜか教室に行く間のスーパーでは、ここが一番込んでいます。
お目当てのスペイン産赤ワインが、船便が遅れているので5月中旬でないと入荷しないを表示されていた。
もう1ヶ月くらい待っているのに、やむを得ず白ワインを買う。

白ワイン、味を忘れるくらい飲んでいない。
久しぶりに飲んでみよう。


5月2日

明日は第47回クラシカルギター・コンクールです。
場所は今までの武蔵野市民文化会館から、日本橋にある日本橋公会堂となりました。

新しいところなので、進行具合は上手くいくだろうかとか、何か忘れ物等は無いだろうかと心配ではあります。

そんな心配を吹き飛ばすように、連日問い合わせがあります。
これを書いている途中でも、ギタリスト協会の携帯が鳴ったりと。
チケットの売れ行きも良さそうです。

問い合わせの人との話でも、武蔵野に比べて駅から近いのが聴きにいこうと思うきっかけになったそうです。

それは生徒さんからも言われていたけれど、その生徒さんいわく。
東京で催されるコンクールでは、駅から一番近いコンクールになったのかもしれません。
明日は早起きだ。


4月25日

生田で教室開講と発表しました。
一時やっていた自宅教室の再開ということですが。
むか〜しのこと、半年もやっていなかった。

毎日中野島に来るのがなれると自宅でレッスンのスケジュールが面倒になってきたのです。
あれからもう15年は経っているのですが。

生田も随分変わったと思う、住んでいる人たちも。
駅前の店はいくつか変わっているし、ちょっと坂の上のいくつかの店は閉店してシャッターが閉まっている。

小田急線の線路沿いに貸し教室ができたりと。
それを思い出し、ネットで調べるとピアノ、フルート、ヴァイオリン等の先生たちが借りていたり。
ここでやろうかな?と思ったりもしたのですが、グランドピアノの部屋は4畳半、アップライトは3畳。
うむむ、狭い!

自宅のレッスン室も4畳半で狭いかなあと思ったのですが、ピアノがない分まだいいかな?
中野島教室の9畳に慣れてしまうと、狭く感じてしまうのです。
現在教室らしくするために荷物の整理をしています。

思ったより大変。
45年以上の現代ギターのバックナンバー、ギタードリーム創刊号から。
LPレコード、これにCDも置こうかと思っているのです。
勿論、教室として必要になるオーソドックスな曲集も揃っています。

開講は多分6月以降になると思います。


4月16日

日本ギタリスト協会主催の第47回クラシカルギター・コンクールも来月の3日。

今年は私のやっていたかなりの仕事を、各委員に振り分け受け持ってもらいました。
今のところ順調。

委員会で教室に来た委員の一人が「自宅では教室やっていないの?」と言われていた。
「やっていない。」と返事。

その後、そういえば自宅だって教室としてやるつもりで中野島から離れたところに決めたのを思い出した。
一時期はやっていたけれど、すぐに中野島だけになってしまったのです。
まあ、面道くさがり屋だからでした。

そろそろ再開しようかと思い始めています。
生田駅から6分、大通りに面したマンションです。

向ヶ丘遊園から小田急線沿いは山になっていて、中野島へは一山超えなければならいのでした。
バスは通っていない、自転車では迂回しないといけないし、ギターを持って歩く距離ではないです。
毎日私はここを越えて通っているのですが、普通はそんな人いません。
準備には数ヶ月かかると思うけれど、生田周辺と小田急線沿線の方には通いやすいところです。


3月22日

日本ギタリスト協会の委員会も無事に終了。

茨城県から来た人は、片道2時間かかったそうで申し訳なかったです。
それでも他の人は思ったより早く着いたし、駅から近いので驚いたとの声が多いのには少し安心。

東京方面への電車の便が、川崎市多摩区だと非常に良いと思うのです。
都心の演奏会にも行きやすい、それなのに神奈川県。

駅の横にある建物ですが、電車の音も気にならない。
録音審査も問題なし。
広くてきれいだし、これから委員会はここでもいいじゃんなんて言ってくれる人も。

でも年に2回は(録音審査と発送作業)やむ終えないとしても、遠くなってしまう人もいるからやはりメインは東京でしょう。

それに委員会用の準備が必要だし。

ホワイトボードに書いてあるものを消して、会議用に議題を書いておいた。
裏は無地、会議にはホワイトボードがあると便利。
逆にホワイトボードがあるから会議が出来るという考えもありか。


普通だったら本棚の本の前に置いてあるカポタストや筆記用具、ポジションマークのシール等を片付ける。
まあ、これは普段から整理しておくものだと言われればその通りですが。

コンクール課題曲選定では、曲を調べるには楽譜があると安心か・・・

昨日は発送作業もあっという間に終わり、今日クロネコヤマトで発送しました。
メインの発送物はこれ。

第47回クラシカルギター・コンクールのチラシ。

5月3日12時開演、今年は日本橋公会堂(水天宮前)です。
チケットぴあでも昨日から発売開始、教室でも販売しています。


3月20日

エチュードの会の後、テーブルやら椅子やらを出しまくる。
明日、ここで会議をすることになっているので、その準備です。

部屋を台所の間の戸を外し、これで縦一列にテーブル3、椅子が13。
実際は11人の予定。
大丈夫かな?

狭いのですが、教室からクロネコヤマトのDM便を発送しなければなりません。
2年くらい前から、私の事務作業がかなり時間がかかるようになってしまった。

ここはもう一人でやるよりも、皆に任せようと教室に来てもらうようにしました。
その作業をやってもらおうと、むりやり詰め込みです。

ですから明日はレッスンもそうですが、メールや電話での連絡等はできないと思います。


3月4日

遅くなりましたが、2月28日のエチュードの会無事終了。
生徒さん2人だけでしたが、よく弾いてくれました。

アンサンブルは一人人パートで、私が1st。
速く弾きすぎたかな?ご迷惑おかけしました。

コンクールの準備で忙しくなってきたのですが、いかんせん仕事がのろくなってきたので時間がかかる。
エチュードの会の後も原稿の校正をしようとしたのだけれど、集中できない。

ただでさえ物忘れも多くなってきた(前から?)ので、コンクールでの仕事のポカがないだろうか心配。
少しでも記憶力を落とさないようにと、エチュードの会では新曲のいくつかを暗譜するですが、効果のほどはいかがなものか。


2月13日

クラシカルギター・コンクールの第一次予選終了。
会場であるミューザ川崎の音響設備を使っているのですが、今年からMD デッキが撤去されてしまった。

私の持っているポータブルMDプレーやを、外部入力に繋いで聴くために持っていったのですが。

バックから取り出したら、ACアダプターの根元が剥けてしまった。
コードが接触すると、雑音を出し消えてしまう。

予備のプレーヤーを持ってきてくれた委員もいたのですが、コードの接触を気をつけながらなんとかやりきりました。

次の日にアダプターの根元をビニールテープで保護し、一応使おうと思えば使える。
しかし1年に一回しか使わなかったので、よほどのことがない限りもう使わないだろう。

別の話
教室に新しい高低椅子を用意しました。

小学生の生徒さんが入会したので、三段に調節できる椅子。
白いのが新しい椅子、黒いのは普通の高低椅子。
一番低くすると、この部屋での一番低い椅子になります。

新しい備品が入ったと思ったら、使えなくなる備品が出る。
物を増やさないようにしているから、これで良いのかも。


2月2日

今年の発表会の日程と会場が決まりました。
5月29日(日)中野島会館

次回エチュードの会
2月28日(日)菊地ギター教室

1月31日締め切りの、第47回クラシカルギター・コンクールの第一次審査用の録音物が届いています。
昨日から必要な封入物の確認、そして今日は朝から住所録作成。

ようやく終わったけれど、不明な点で本人に確認はこれから。

発表会用のアンサンブルパート譜の確認が終わっていない。
まあ、こういうのは打ち込んだ本人よりも他の人が見たほうが間違いを探しやすいものです。

訂正するところを見つけた生徒さん、連絡お願いいたします。


1月28日

ようやくアンサンブル2曲のスコアー、パート譜、そのパートを抜いた練習用の楽譜を作り上げる。
結構時間はかかったけれど、嫌いな作業ではないので苦にはならなかった。

追う少し確認作業をしてから生徒さんに配ります。

それよりも一昨日の母親の介護認定、思った以上に重症のもよう。
まあよく息子どもはいままで普通に会話(本当はしょうがないと思いつつ)していたものだ。

認定はあと1ヵ月後に結果が決まるのですが、認定調査員の人からすぐに介護入れてとかデイサービスをするようにと言い出した。
という訳で今日はデイサービスの初日、デイサービスデビューです。

朝早く満員電車にゆられで、毎日通勤の人たちって大変だと思いつつ実家に。

時間通りに送り出しに行ってきました。
うまくいくと良いのですが。

こんな訳で最近寝不足・・・それに運動もやっていない。
明日は久しぶりにスポセン行けるか、それとも休んでいるかのどちらにしようかです。


1月25日

アンサンブル曲のパート譜を製作しようと思い立ち、楽譜浄書ソフトで打ち込んでいます。
スコアーで音の確認ができる、それからパート譜に分けてから印刷しようかと。
元の楽譜は6ページ、1台の譜面台には広げられない。

fやpを書き込むとその通りに音量が調節されて、余計に聴きにくくなるので書きこまないつもりです。
パート譜にしてから書きこむかもしれませんが。

パソコンが使える生徒さんなら、これを使って自分のパート練習が自宅でできます。
なんて便利な世の中になったんんだろう。

明日、実家に持って行く電子レンジが届く。

母親はまるっきり使えない、なにせ電気ポットだって使えないのだから。
もっぱら介護する人間が使うため。
もしかして本人も使えるかもしれないという望みがあって単機能、タッチパネルは混乱するだけだしデスプレイが見えないかダイヤル式。
それもつまみが丸くなく動かしやすいレバー状のもの。

amazonでこの機種だけが目的にあった商品でした。
でもねえ、届く1時間前にamazonでタイムサービス商品になるなんて、なんかアンラッキーな気分。

朝の通勤時間帯、電車の混雑は大丈夫かな?


1月4日

どういう訳か、今朝から教室の大掃除をしています。
大掃除というと年末にやるものですがね。

別にやる気ではなかったのです。
昨日、少し楽譜の収納を変える為に100円均一でラックを数個買って整理。

中途半端なまま終わって、今朝からまた少し別の部分をやり始めたら止まらなくなってしまった。
小さな本棚をクローゼットに入れて部分的にCDと楽譜を入れる。


楽譜は横向き。
どちらかというと普段レッスン時に頻繁に出さないアンサンブル系の楽譜。

出してある楽譜もラックに入れて横向きにして入れたり、なにせ本棚の全てが縦置きにできる高さには調節できないものですから。
おかげで台所側の本棚の楽譜は全て移動。

すると台所がよく見えてしまうので、思い切って掃除をする。

おお〜!やれば出来るものだ。
もうキッチンの乱雑さは変わらないと思っていました。

でも1週間たったらもとに戻るかも。

お昼に休憩してまたガサガサと掃除を始める。

収納物が多く、なんとかならんかいと思いまた100円均一に。
寸法を測ってから収納できるサイズのラックを探すけれど、気に入ったものが中々見つからない。

小物入れにはいいかな、と思えるものを見つけた。
紙でできた収納箱、カラーボックスに入るらしい。


組み立てるとこんな感じ。

この以外にもA3用紙がはいる収納袋とか、とにかく今日は3回くらい100円均一に出かけた。
そうはいっても徒歩2分くらいのところだから大したことはないのですが、でも回数があるとくたびれた。

1日にレッスンは4日からと書いてしまいましたが、よく考えたら5日からでした。
明日来た生徒さん何て言うかなあ。

「どこが変わったんですか。」
かもしれない。
「いつもと同じく乱雑にもの置いていますね。」
だろうなあ。


21月19日

ギターの歴史が書いてある本って何かあります?
という生徒さんの質問に、いくつか本を取り上げてみる。
現在は全て絶版になっている。

インターネットはあんまり信用できないよと私。
ギターの発祥はまだ本当のことは解明されていないと説明する。

「じゃあ、リュートが祖先なんてのは嘘ですか?」
「嘘、そんなことはない。」

今クラシック以外では歴史本が2種類くらい出ているらしいので、それを買ってみると言っていた。

彼のように好奇心が旺盛なら、これからでも資料が手に入ると思う。
諦めないで欲しい。

ギターの歴史の本はいくつか読んできたけれど、書いている人の国にもようるだろうけれど疑問点がある。
それはどれもスペイン、ドイツ、イギリス、フランス、そしてアメリカが主で、ロシアのギターに関しては皆無だ。
ネックが2本の10弦ギター、ロシアのギター作曲家の名前なんて見たことがない。

ロシアの貴族、マカロフが主催した作曲(多弦ギターのみ)とギター製作のコンクールくらいどこかの本で書いていても良さそうなものなのに。
その時の一位メルツ、二位がコストは有名な話。

下はそのマカロフの演奏写真。
10弦ギターです、メルツも10弦だから同じギターです。


だからこれらも含めて、まだまだギターの歴史話は探せば出てきますよ。
20年(長い?)くらい探していれば、それらしい本が出版されたりするのではないかと思います。

私も40年以上かかっていますから。

ちなみに私が読んだその手の本はというと・・・
勿論これだけではなく、他の書物からも影響を受け続けてきましたが。


ギターを始めて1年くらい、中学生の時の本。
ギターが誕生するまでと、リュートに関して書いてあります。
複数の著者が書いている。
ここから演奏以外のことにも興味が沸いてしまったのです。


多分その1年後、高校生くらいに買ったのかな?
ギター音楽の歴史、これも複数の著者。


これも高校生の時、セゴビア・テクニックの中に簡単な概要が書いてあります。
ただし、読んですぐに信憑性はどうかと思ってしまった。
著者のボブリをギター歴史家なんて書いてあるサイトがあったけれど、この本で著者の経歴に歴史家とは書いてありません。


現代ギター1976年1月号の付録。
今までの復習みたい、ここでギターの歴史上名前や形態が似ていても別物の場合がある、憶測で決め付けないようにと注意している。

確かに、インターネットでは推測で書かれていることが定説となって書かれています。
私も初期の頃はそう信じていたときもありましたからこの手の本、よくよく吟味しながら読むようになりました。


現代ギター1978年の臨時増刊
16世紀からのギターが写真や解説でいっぱい。
ルネッサンスのギターのことも書いてあるので、興味深く読めました。


1985年の出版。
ルネッサンスのビウエラあたりから書いてあります。
ここいら辺から、もう知っていることばかりでちょっと気力が失せ始める。


1997年12月出版。
一番新しい歴史本、この段階でもやはりギター発祥は不明。


現代ギター2000年1月号の付録。
19世紀ギターの写真や表面版内部の写真も参考になりました。


ニューグローヴ音楽大事典、買ったのは2007年くらいだったか。
ギターのところでも10ページ、ほかにもリュートは15ページ、ビウエラやタブラチュア等を読めば膨大な量の資料です。

他にも民族楽器など、ギターに関係する楽器を調べるにはこれがベストだった。
まだんでいないものは何か・・・これを探すこと自体が必要。


付録っぽく、スペインにいた時に買った小冊子。
右のグラナダのギターは現代ギター1987年臨時増刊にて翻訳されています。

まだまだこれからも新刊本が出版されるでしょう。
興味ある人は読んでください。

先の彼が言った言葉「買える時に買っておかないと。」
頼もしい言葉です。


12月10日

今度の日曜日はエチュードの会。
いつもの中野島会館がふさがっているので、久しぶりに教室が会場になります。

少しでも広くしたいので、ギターケースをクローゼットに入れました。
クローゼットの中に置いてあったものも数日かけて処分したり、整理しなおしたり。

いつも置いてあるところがスッキリ。

椅子以外には、本棚、テーブル、それとホワイトボード、ラック2つがあるだけになりました。
部屋は9畳なので、あと扉を外せば広々とするだろうなあ。


12月7日

現代ギターのバックナンバー。
年に数度、バックナンバーの楽譜が必要になることに。


今回は1980年の12月号。
先月も2010年の1月号が必要になりました。

もう必要はないと思って自宅に移動したのに、なにかと必要になることに気が付く。
バックナンバー索引で、目当ての楽譜を調べてから教室に持ってくるのです。


12月2日

昨日の夕方、amazonでオーディオアンプを注文する。
なんと今日届いたのです。

LepyのLP-2024、LepayのLP-2020の後続機らしい。
(メーカー名が一字違う)

下はオーディオチューナー、上の小さい箱がアンプです。
今チューナーに繋いで聴いております。
インターネットでもラジオが聴けるのですが、ちょっとパソコンの音に疲れてきたようです。

教室に来ると一日中パソコンの電源を入れっぱなし。
毎朝メール、ナクソスの新着アルバムの確認するだけで結構な時間使ってしまいます。

音楽を聴くのもいつの間にかナクソスのミュージックライブラリーばかり、自分の気に入ったものだけを聴くようになってしまった。
昔ならチューナーで自分が選ばない音楽を聴いていたのに。

新聞もそうだけれど、自分が望まないものも目に入ってくることの必要性。
思わぬところで情報が入って視野が広がります。
ラジオだと合間にニュースもあるし、音楽以外の番組もあったり。

なぜかアナログチューナーの音は優しく感じます。

最近パソコンですぐに検索できる便利さに慣れてしまって、時間を無駄に使っている気がしてきています。
音楽生活スタイルを、昔に戻せたらと思う今日この頃です。


11月24日

1977年に発刊された現代ギター臨時増刊「ギター音楽ガイド」

内容はクラシックギターのレパートリー555曲、録音物(この時代はLPレコード)のカタログ。
文献、楽譜収集家の苦労話。(中野二郎氏の文は読み応えあり。)
等々・・・

クラシックギターのレパートリーを知るには必須の本でした。
若かりし頃ギターの作品を知らないとき、どれから仕入れてよいのやら。
とりあえずこの本を参考に少しずつ増やしていきました。

独奏作品は400曲くらい掲載されているだろうか、先ほど持っていないのを調べたら70曲弱。
8割方は持っていることになる。

そうはいっても、もう内容が古すぎて絶版もあるし、新しい作品が大量にあるのでもう使えないです。

現代ギター誌の12月号編集後記に「新ギター音楽ガイド(仮称)」が出版されると書いてあります。
現在入手可能な楽譜の総合カタログになるとのこと。
ギター作品555曲から一気に900曲に増えるということで、今から楽しみ。

一時私の所有楽譜を掲載しようと思ったけれど、こちらのほうが絶対に安心充実しているから取りやめます。
これからクラシックギターのレパートリーを増やしたい人全てに持って欲しい一冊です。

私もレッスンで「その曲何?」なんてならないように、出版されたら手元に置いておきます。


11月16日

雑誌の移動も終わり、これからは教室の不要品を捨てるものを物色中。
今日はダンボール。

部屋だけでなく、クローゼットの中にもあった。
毎日少しずつなにかしらを捨てるようにすれば、すっきりするかも。

話はかわって昔弾いておきたかった曲の一つ。

ラウロの「ベネズエラ組曲」
南米の曲だからノリがいい、それでいて飽きることがない。
この楽譜を見たときに、なんで頻繁に弾かれないのだろうと思っていた。
(自分が聴く機会がなかっただけだと思うけれど。)

いまこの版はないけれど、新版を探しても見当たらなくなっている。
時代の流れでしょうか。

ここいらへんで区切りをつけないと際限がなくなるので、一旦ここで打ち止め。
ある程度練習したら別の曲を選んでみよう。


11月14日

自宅への現代ギター移動も終わり、現在ギタードリームの移動中。

現代ギターは45年以上購読中、ギタードリームは創刊号から最終号まで。

ラックに二重に入れています、なんか教室みたい。
一応私の練習室です。

バックナンバーを見たい生徒さんには申し訳ありませんが、巻数が分かれば持ってきます。

その後は不要になったものの廃棄。
PC関係の本、古いソフト、使えない周辺機器の備品、読むこともない本、等々・・・


11月13日

急ですが、エチュードの会を12月13日(日)に決めました、場所は菊地ギター教室内です。
中野島会館がふさがっているので教室です。

とうとう100回、まあよく続いたものだ。

アンサンブルの練習もしっかりとやりたいと思います。


11月8日

昔から弾きたかった曲を弾いているという話の続き。
その一曲、バークリーの「主題と変奏」


一般には「ソナチネ」が知られています。
その上ブリームの新版が出て、コンクールでもまた復活の兆しが。

ところが「主題と変奏」はまるっきり弾かれていない。
個人的には好きな部類で、ブリームを演奏を聴いてその内向的ながら緊張感のある作品だと思っていた。

私の年代だと若い時には「ノクターナル」(ブリテン)「黄金のポリフェーモ」(ブリンドル)が演奏会で良く弾かれていました。
自分も演奏会で弾いたし、それに「エレジー」(ローソン)も好きで弾いていた。

これで大体私の好みの曲が分かってしまいますね。
「四つの小品」(マルタン)も人気で少し練習したけれど弾かずじまい。

その中でこの「主題と変奏」は陰に隠れてしまいました。
楽譜は持っている限り逃げないけれど、紙質によってはだんだん両端から日焼けしていくみたい。

朽ちてしまう前に弾かないと。


11月7日

最近自分の所有する楽譜を弾いている。
何を言っているのと思われそうですが、仕事でやっていると自分が弾きたい曲ばかりという訳にはいきません。

どうしても演奏会ではプログラムのバランスを考えるので。
自分の弾きたい曲=聴衆が聴きたい曲なら良いのですが。
私の場合そうでもなさそうです。

その中でも普通に受け入れられる曲、F.モンポウのコンポステラ組曲
この曲なら弾けば?となるのですが、手を出せなかったというのが本音。
たまには弾いてはいたけれど。

ピアノのアリシア・デ・ラローチャのモンポウを聴いてから、そのあまりにデリケートな演奏に接しギターでこのような演奏できるのかと思ってしまっていた。
モンポウもラローチャの演奏を特に認めていたらしい。
敷居が高すぎと尻込みしていました。

でも最近、今弾かなければこれからも弾かないだろうと思ってきたのです。

右がセゴビア編のコンポステラ組曲、この版で練習している。
ギタリストになりたてのころ買ったからもうボロボロ、もうこんな古い装丁では出版されてはいません。

左は原典版からのもの、今日はこちらも弾いてみる。
昨日のように自筆譜からのよりも良いかも、なにせ自筆譜のファクシミリ付きというのが安心できる。

良い作品にはできるだけチャレンジして、その感性を取り入れられるようにしたいものです。


11月6日

ポンセ、トゥリーナの自筆譜からによるという作品集、それと同じく自筆譜によるカステルヌォーヴォ=テデスコのソナタを久しぶりに弾いてみる。
多分久しぶりだ、譜読みした記憶がおぼろげながらあるから。

自分のレパートリーではセゴビア編。
そのセゴビア編でも音の確認をしたいところもあって手に入れたのだが、違いが多すぎる特にポンセはどのソナタも1楽章が。
確認したくてもその旋律がなかったりして。

でも持っているのだからたまには弾かなくてはと、日ごろの怠慢から心を入れ替えるつもりで。
う〜ん、でも違い過ぎる。

セゴビア編を長く弾いているからか、どうしてもセゴビア編のほうが良いと思ってしまう。
テデスコのソナタなんてこんなに難しくなる必要ないじゃん・・・なんて。
きっと弾いたことがない人が練習すれば違和感はないかも。

トゥリーナのセビリアーナだけはまともに弾いていなかったのでパス。
冒頭のラスゲアードの刻みが書かれていなくて和音のみ。
セゴビア編では細かく書かれているので、セゴビアのアイデアなのかなあ。
でももうこのセゴビア編のセビリアーナ、出版社がつぶれたのかどこにも見当たらない。

いまではインターネットで著作権の切れた作品もダウンロードできるものもある。
よく知られた作品を新たに自筆譜からの楽譜というのは、これからの新しい出版方法の一つかもしれません。


11月1日

自宅に移動中の現代ギター。
今日持っていけばあとこれだけ。


45年以上購読しているから半端な量ではありません。
とにかく楽譜と本で教室の本棚はパンク状態。
自宅もそうだけれど、もう別の棚にも(現代ギターも)置いてある。

自宅と教室それぞれ本棚4つずつあるけれど、もう限界はとっくに超えている。
もう駄目これから捨てる本を決めよう、まずPC関係か。

先日、出版社と作家らが図書館に新刊本は1年間貸し出しに猶予を求める文書を送付したという。
図書館で貸し出しした新刊の数パーセントでも買ってくれたら、再販できるくらい売上が伸びる本もあるということで。

けれど、実際にそうなったとしてどうなるでしょう。
今の時代シンプルライフとかいって、物を持たないように生活するのが流行だとか。

読書を勧めても、読んだ後の本はどうするか。
物を置きたくなかったら誰かにあげるか捨てるしかない。

いっそのこと本を読むのを止める?
読むものはパソコンからにする、実際そういう人が多くなっていますから。

新刊でないと旬を過ぎれば話題ないならない本なら、1年後には読みたいなんて思わないだろうし。
図書館で買い取ってくれるから数千部は見込める出版社もあるかもしれない。
そうなると、ベストセラーのない零細出版社は余計に倒産しやすくなる。

新聞も取らなくなっているくらいだから、余計に活字離れするかも。
やってみないと分かりませんが。

私としては文芸書は読まないので、新刊とかは関係ないのですがもう音楽以外の本は増やせない。
ですので、保管もしてくれている図書館のお世話になっております。


10月28日

先日26日、武蔵野市民文化会館にてツラディミール・ゴルバッチのギターリサイタルを聴いてきました。
武蔵野からの要請で、プログラムの4分の1はバッハ。

その後、ピアソラのブエノスアイレスの四季(アサド編)全曲。
リョベートのソルの主題による変奏曲。

バッハのデリケートな音から一転、凄いパワーで弾きまくっている。
アサド編のブエノスアイレスの四季・・・難曲だ。

アンコールの一曲に、テルツィのカリヨン。
プロフィールにMELBAYからテルツィの作品集を出版していると書いてあった。

テルツィも得意なんだな、と思いどんな曲が収録されているのか検索してみる。
あれれ、なんかリュート奏者って書いてある。

よくみるとMELBAYのはジョヴァンニ・アントニオ・テルツィ。
アンコールで弾いたのは、「雪のパストレーレ」でも知られているB.テルツィ。

カリヨンの入っているテルツィの作品集、ちょっと練習してみた。
アンコールの曲と同一でした。

ニューグローヴ音楽大事典にはJ.A.テルツィが掲載されている、一般音楽界ではこちらのほうが知られているのか。
しかしユニークなフェイントでした。


10月14日

注文していた楽譜が届く、の中からデビッド・ラッセルコレクション。

アルベニスの編曲3冊とグラナドスの編曲1冊。
生徒さんがいつかはやりたい、もう購入したというので私も購入。

アルベニスは各種の編曲を持っているなあ。
タレガ、リョベート、セゴビア、バルエコ、イエーツ、その他日本の出版社が数種類。

私自身のアルベニス、グラナドスはリョベートとセゴビアの編曲を使っているし、これから編曲を変える気はないのですが。
それでもレッスンで使うものは手に入れておかないと。

そしてここにラッセル。
これからラッセル編も、若い人たちに弾かれそうな予感がする。

さてグラナドスはというと、洋譜がないのに気が付いた。
(リョベート編はギタルラ社のを使っているから。)

始めて洋譜の棚にグラナドスが加わった。
これは以外でした。


10月12日

昨日はエチュードの会。
久しぶりに参加人数が多くて、アンサンブルの練習も急いで終わったような。

お茶会の後、レッスンもあったので急いで昨日写真をアップロードしました。
曲名、作曲者間違いなかったかな?

お茶会で、ギターを続けるモチベーションが話題に。
弾きたい曲がなかなか見つからない。
最初の頃の簡単な曲に戻ろうか・・・等

そういえばソルも自分の曲が難しいからといって、弾いてくれないのをボヤいている文も作品に書いているし。
現代は技術的にはソルのレベル以上の作品も多い、そりゃあ弾ける範囲の作品も限られてくる。

私などは買ったのに弾いていない曲がいっぱい。
弾きたい曲が見つからないどころか、多すぎて溺れそうです。
エチュードの会で弾くのを目的に練習するか。

そうか、楽譜がいやというほどあれば気に入った曲も見つかるかもしれない。

という訳で、そろそろ私の所有楽譜のカタログの掲載を再開しようかと思い始めています。
生徒さん専用です。

そこから興味がありそうだったら閲覧してみてください。
気に入って弾けそうだと判断してから手に入れれば、なんて思うのです。


9月24日

先月思い切って短くした中指の爪。
けっこう深爪だったようで、まだまだ弾ける爪にはなっておりません。



先端が(鷲爪のように)ラウンドしていて、少し中央から縦に亀裂が入っている。
それでも深爪の時は指先がフニャフニャだったので、思い通りに弦を弾けなかったことを考えるとましになってきたようです。

あと1週間くらいはまともな音が出せそうにありません。

ここまで爪がないのがストレスになるとは思ってもみませんでした。
今度の冬は指のケアをしっかりしないと。


9月22日

20日は以前生徒だった林祥太郎君のリサイタル。
以前からそうだったけれど、私が諦めるような音とりとリズムがこんがらがってしまう曲でもすんなりと弾いてしまう。

最後の曲がそうだったけれど、難なく弾ききってしまうのです。
それもノリノリで。

アンコールのエンデチャ・オレムス(タレガ)では、こってりした歌いまわし。
もう一曲もノリノリで、自分の顔をひっぱたくのも音楽に入っていた。
痛そう・・・

これから有望なギタリストがデビューしましたよ。

21日はお彼岸で三つ上の兄貴と、父親の二箇所の墓参り。
お互いが遠いので疲れました。

話は代わって現代ギターのカラダストレッチ2回目。

掲載されているストレッチと筋トレ、いまやっているものが一つも無い。
腹筋は嫌い、それでもランジはやっておきたいと思う。

私の場合楽器のためというよりも、体力がなくなって始めたものだから求めているものが違うようです。
その後コレステロールと血圧を正常にするために、日ごろの運動は必須になってしまった。

これは兄弟でも同じ、墓参りの後実家に寄って母親と長兄に会う。
長兄と話しているといつも運動の話に行き着いてしまう。

10代から運動を欠かさないと言っているから、もう45年以上のベテランです。

やはり今では健康の為でも意識しているそうで、コレステロールと血圧を下げるために走っているという。
体質は兄弟だから似ているのだなあと思う。

私の年代だと約45パーセントくらいの男性はコレステロールか血圧、もしくは両方が高い。
薬を飲んで下げている人も含めれば、本来ならもっと多いのでは。
自己管理が必要な年代なのです。


9月13日

生徒さんのギターの調整をする。

入会してから1年経つ女の子。
身体が小さいので子供用のギターでした。

そろそろ普通サイズのギターにということで、親戚の人から譲ってもらった大人用のギター。
使えるかどうか分からないので一度見せてもうらうことに。

弦も切れているというので、これから新しいものに取り替えます。
その前に、壊れていないかどうかをチェック。

切れている低音弦だけはとりあえず使い古したものを張りました。
チェックしていくと、どうも弦高がかなり高い。

ネックが反っているわけではないので、これはもとからナットとサドルの調整が悪い。

いつものように手を加える。

サドルを外すと、平行の棒のようでいて真ん中が低くなっていた。
こんなの初めて、誰かが先に手を入れていた?

一応、普通の形にラウンドをかけてみたけれどまだ高い。


見た目は下のほうが高そうですが、最初より3ミリから2ミリ低くしました。


そしてもうこれ以上低くはできないところまで調整。

弾いてみると、まだナットが高いと感じる。

ナット側の溝も少し削って低くする。
曲を弾いてみると、格段に弾きやすくなった。
これで調整終わり。

しかしこのメーカー、昔から弦の高さ調整が高め。
これから使う生徒さんは小柄で力も弱いからことを考えると、普通よりももっと弾きやすくしないと練習できるかどうか。

数日したら弦の交換です。


8月31日

今(9)月号の現代ギター誌の特集「ギター演奏のための“カラダストレッチ”」
以前読んだ「演奏家のカラダストレッチ」(ヤマハミュージックメディア)の著者が書いています。
5種類のストレッチが図解で掲載されているのですが。



そのうちの2種類ができない。

前屈とか開脚がまったくダメなのは分かっているけれど、まだダメなのがあった。
この身体の硬さ、なんとかならないのか。


8月30日

ティッシュとアロンアルファで固めていた爪。
レッスンで経験済みの生徒さんから
「やはりティッシュでもだめですよ。」
と言われた。

案の定その後、伸びてきてどんなにヤスリで磨いても傷ができる。

あと1、2ミリで正常な爪がうらやましく思う。
もう覚悟を決めて思い切ってそこまで削ってしまった。



小指も似たようなものなので削る。
少しでも爪があたると雑音が出るので、完全な指頭奏法になるまで削った。

弾いてみると、傷だらけの爪で弾くよりも良い音がする。
その代わりに深めにしっかりと弾かないとですが。

まともな爪が伸びてきた、らしばらくは雑音がでるけれどもう二枚爪を気にしなくて良い分ストレスがなくなった。

まともな音になるまでに、2週間くらいは必要かもです。


8月24日

ギターの弦を押さえる指の力の話。
実際は指だけではなく、腕や背中も押さえに関わっているのですが。

よく押さえる力は少なくて良いのだから、力まず楽に押さえらるという文章を目にすることがあります。
確かに弦に左指を軽く押し込んで、右手で弾くと音は出ます。

でも最初はどうだったっけ?
一生懸命に押さえても鳴らない!

それは押さえ方が悪くて力んでいるから、指の形が悪いからとか・・・と。

そうだろうか、本当は長く練習して押さえる力が付いたからではないだろうか。
それでもキツイ!指に弦の痕もつくし指先は硬くなってくる。

弦を押えるのに力は要りませんなんてホントか?
そうでなければ、力の弱い人は張りの弱いギターを選ぶなんてしないはず。

こんな素朴な疑問がありまして、今回こんな実験をしてみました。
一本の弦をフレットにどのくらいの圧力をかけたら、音が出る状態になるのか。

ちょうど学生だったら今は夏休み。
夏の自由研究と思って、ひんしゅくを買う覚悟でやってみました。

これは私のギターの場合ですのであしからず。
(弦はサバレスカンティーガノーマルテンションとプロアルテハードテンションを張った2台で実験)

ギターを横に寝かせます。


実験に必要なもの

ハカリ、水を入れたペットボトル、小型三脚


三脚の足先が滑らずに弦を押し込めそうだ。


まず三脚の重量を測る(130グラム)


まず130グラムの三脚で弦に乗せる。


1弦も同様に。
どちらもフレットまで下りない。
最初はこれで鳴ると思っていたのに、思惑が外れた。


ペットボトルに水を入れて計る。
まずは300グラム。


三脚の上にペットボトルを乗せて弾いてみる。
どちらかというと押え気味にして乗せる。

三脚(130グラム)とペットボトル(300グラム)で計430グラム。
ビリつきがひどい、音になっていない。


12フレットでもダメ。

水の重量を増やしてみる。
350グラムで1弦は弱く弾けばまあまあ、でも6弦はビリつく。

400グラムでようやく鳴るようになった。
つまり三脚(130グラム)+ペットボトル(400グラム)=530グラムないと音は鳴らない。
実際はこのように単純ではないでしょうけれど。

530グラムを軽いと思うか重いと思うかは、人それぞれでしょうね。
でも6本セーハして押さえるときは、3キロを超える力で押さえていることになる。

実験の結果、思った以上に弦に対する圧力が高いのに驚きました。
弦6本の張力の合計は40キロ近くになるのだから、これは当然でしょうけれど。

それよりも人間の身体って、その重さに耐えながら指を動かし続ける事が出来るのだと感心しました。


8月19日

今度の日曜日、このような会が。



一曲だけ伴奏者として出演します。

ところがアクシデント、右中指の爪が最悪状態。

横に亀裂、というか横に段ができるようなスジ。
根元から生えてきて、それがようやく指先まで伸びてきた。

で、先端に近くなってきたら二枚爪のように。
ペランペランになって、いつ割れるか。

付け爪も考えたけれど、二枚爪の上が剥がれたら一緒に剥がれるだろうし。
アロンアルファで早めに固めるのも、二枚爪が余計に剥がれやすくなった経験があるからNG。

決めたのはある程度指頭奏法で、いよいよという昨日にアロンアルファを塗ってその上からティッシュペーパーを重ねる。
そして更に上からアロンアルファの上塗り。
これはフラメンコの人がやる方法だとか。

ここから伸ばし始める、けれどあと4日。
間に合うだろうか。

(指先の爪の先端、色違いの部分は二枚爪で剥がれている。)

処置後、ギターを弾くと今までより楽に弾けた。
爪がしっかりしたから、弦の圧力を支えられるようになったからだと思う。

このような時は悪いことは考えない、というか間にあうとしか思わない。

初めてティッシュペーパーを使ってみましたが、なかなか補強としては良さそうです。


7月12日

コンクール講評も書き終わり、今朝送ってようやく終わり。
私が重奏のことを書くなんて、一番の不適任者だと思うのですが・・・

最近少し時間が作れたので、というか他の仕事を(怠慢で)サボって練習に時間を使う。
昔のレパートリーを弾いてみる、6、7時間分だろうか。
久しぶりだから指が動かない、ゆっくりと弾くしかない。

楽になる頃にはまた用事が増えて最初に戻りそうですが。

慌ててもどうしようもないので、初心者のようにフォームを意識し、身体のどこの筋肉を使っているかを確認しながら。

そういえば長く弾いていると(年月)、身体の軸が中心から外れているからだろうか、地球の重力の影響で頭は前に出るし、肩はいかり肩になるし口はゆがむしでこれを機会に修正しようと調整してみる。

で、気をつけてみたことはというと
足裏の床との着地面
骨盤の位置
左腕の肩を軸にしたときの背筋の意識
右腕を引っ張る背筋の意識
両肩の位置
頭部の位置

これ以上は頭脳が追いついていかないのでここまで。

まあ、やってみても自分の思っているのとは違うフォームに気が付かない場合もあります。
教えてくれる人がいると楽なのだけれど、これが教える側のプロの難しいところでしょうか。


6月29日

昨日、第27回日本ギター重奏フェスタというものがありまして。
前半にコンクール、後半がフェスティバルという構成でした。

そのコンクールの日本ギタリスト協会委員長として、特別審査員という名目で出席しました。
独奏のコンクールなら経験があるのだけれど、重奏なんて初めて。

だいいち作品にうとい、自分が重奏を頻繁にやっていない。
「アンサンブル分からないから。」と言ったのですが「そこが良いのです。」
と説得され出席することに。

更に、審査発表の時に講評も役目としてある。
ギターアンサンブルを主にやっている先生たちとの音楽的なズレがあるのは当然、アンサンブルはズレちゃ駄目だけれど。
そんなことに気後れすることはないと思って審査いたしました。

救いは参加団体が5組と少ないので、集中して審査できたこと。
これが30組くらいの参加だったら、もうお手上げだったと思います。

打ち合わせ時、コンクールが終わったらゲストはフェスティバルも聴いてコメントを残すように言われた。
私のコメントを参考にして、担当者(出演者でもあるので聴けない部分もあるから)が総評するという。
困ったなあ、作品を全然研究しておかなかった。

でも何とか書きました。

これからギター誌に載せるコンクールの講評も書かなければならないのです。
自分のメモと他の審査員のメモも参考にしつつ、提出日までに書かなければ。


6月12日

レッスンで生徒さんが、足台に足を乗せたらバキンと音がして。

高さ調節のストッパーが剥がれてしまった。
こういう壊れ方もあるか〜。


6月10日

入会することになった年配の女性のギター。

昨日、電話があって教室まで説明を受けに来ました。
家族で海外赴任の時期があり、そのときよったスペインで買ったギターがあるという。

状態を診てもらいたいというので興味がでてくる。

古いギターで全然弾いていないという。
どのくらい壊れているか、心配でもありました。

で、見せてもらいました。
弦も切れているし、裏がひび割れがあったけれど使えるでしょう。

弦を取り替えるので預からさせてもらいました。
その場で取り替えてすぐに渡せるでしょうけれど、調弦の問題で弦が安定してから渡したほうが良いと思ったので。

昨日すぐに取り替えられたのですが、あれれ・・

糸巻きが硬い!
それになんか指版の弦の位置がずれている。


写真だと分かりにくいですが、1弦がナット側より19フレットのほうが距離が短い。
棹がゆがんでいるみたい。
駒も少しゆがんでいる。

残っていた弦が張ってあった状態では棹は反っていなかったけれど、新しい弦6本張ると順反りになった。
これは許容範囲、でも弦高が高くなってしまったのでサドルを低く調整、
1弦の開放弦も変な音だったので、ナットの溝を少し角度をつける。


糸巻きもグリスを塗ってすべりもよくなり、しばらくしたら音出しして確認してみよう。
やはり預かっておいて良かった。


6月6日

セゴビア編によるソルの20の練習曲に入る生徒さん。
教室にもあるのですが、最近はamazonのほうが安く手に入るものがるのかもしれないので、自分で買ってもらうことにしました。

言った手前amazonにあるかどうか検索してみました、
そうしたら新品ではない、もしかして・・・

出版社のオクトが倒産していました。

この曲集、版権を引き継いでくれるからか3回くらい出版社が代わっています。

さて、今回はどうだろう。
どこか引き継いでくれる出版社があるだろうか。

教室にはあと2冊。
今回の生徒さんに渡したら、あと一冊。

それまでに再販して欲しい。


5月25日

発表会終了しました。

いつもの事ながら、失敗もしながらなんとかやり通せた。

生徒の皆さんの写真と演奏の録画をDVDにしてお渡しできるまで、ちょっと時間をください。
録音はアクシデントがありまして・・・充電したはずのエネループ電池が充電されていなかった。
という初歩的なミス、(でも充電器は充電中のランプが付いていた。)失敗しました。


5月23日

今日は駅の反対側の中野島小学校の運動会。
生徒さんの弟が参加しているはず、家族で応援に行っている。

さて明日は菊地ギター教室の発表会です。
午後3時開演
中野島会館
入場自由です。

準備はこれから、譜面台、足台、楽譜、録音機材、カメラ・・・等。

電池も充電中。


譜面台や録音機材を取り出し中。

楽譜を確認して・・・と。

会場は歩いてすぐのところですから、何回かに分けて運びます。
その間に必要なものに気が付いて、取りにくるというパターン。

生徒の皆さん、あしたはよろしく。


5月13日

ピアノ椅子が届きました。
届くの早!予定では明日以降だったのに。


ダンボールから取り出すと組み立てるようにと説明書き。


座面を裏返してコーナーに脚を取り付ける。


完成です。
今日から使います。


5月12日

ピアノ椅子が壊れてしまったので、新しいピアノ椅子を注文しました。

壊れた椅子です。

座面の前が落ち込んでしまった。


金具とそれを支えている木が落ちている。


目ねじがいつの間にか外れていました。
高低調節が必要な人もいるので、これは私が使おう。

明日か明後日に届くと思います。
新しい椅子でのレッスン、すわり心地はどうなるか。


5月1日

発表会のプログラムが出来たのですが、追加印刷しようとしたら大失敗。
両面とも同じものを印刷してしまいボツ。

別の色の上質紙に印刷したのですが、これでは全然たりない。



amazonで注文しました。
オレンジも注文したら、届くのが12日以降になると分かったのでキャンセル。
注文したのはブルーとグリーン、明日か明後日に届く予定です。

それにしても以前なら新宿の世界堂に行って買ってきていたのですが、いまではネットで購入するもの多い。
交通費と時間はバカになりません。


4月15日

今張っているのは3弦が巻弦。
金属を巻いているのではないのですが、素材がなんだかよく分からない。
ハイテンションなので体力がもつかとちょっと心配でしたが、なんとか普通に弾けています。


問題は音色、慣れるまで時間がかかりそう。

今までは3弦のナイロンの柔らかい音だったのが、巻弦のはっきりした音。
しばらく使ってみます。


4月11日

発表会の参加申込書を渡し忘れていた生徒さんがいて、用紙を印刷しようとしたらプリンターに不具合。
紙が送れない。

何度やっても紙が吸紙されない、壊れた!
明日のエチュードの会で渡すことにして、あとでもう1台のプリンターで印刷しようと・・・

でも何で壊れたのか。
説明書を見て紙が送れない時の対処法をいて、裏のところをいじっていたら。
吸紙するところの奥に消しゴムが。

これが詰まっていて紙が送れなかったんだ。

消しゴムを取ったら正常に作動しました。
よかった、また壊したのかと思った。

インクもストックを買ったばかりで、使う前に壊れたら買い損だと思ったのでちょっと嬉しくなった。


4月7日

教室の東側網戸が破れていたのを、付け替えました。
気になっていた生徒さん、もう大丈夫です。

網は自宅用にあったもの。



サッシに網と装着ゴムを専用ローラーで埋め込んでいきます。

自宅の装着ゴムがサイズ違いで、今日生田のホームセンターで買ってきました。
以前なら中野島にも金物屋があったのですが、なくなってしまったので不便でもあります。

白いのが自宅サイズ、黒いのが教室サイズです。

午前中に張替え終わり、取り付け完了。


3月29日

本日、第95回になるエチュードの会を終了しました。

出席された生徒さん、ご苦労様でした。

久しぶりだからか疲れました。
というか内容が濃かったかもしれません。

得にアンサンブルの練習。
全員初めての曲合わせ、最初からメトロノームから入り最後は出来上がりのテンポで。

音楽的な事も今日の段階で要求できたし。
これなら5月の発表会でのアンサンブルは大丈夫でしょう。


3月15日

演奏会も終わり、ロビーに飾っていた花も頂いてきました。



教室に帰ってくるとコンクール類の連絡メールがいくつか。
演奏会の余韻も吹っ飛び、メール打ち。

これから溜まっている事務仕事を、何日かかけて終わらせないとです。


3月13日

明日は王子ホールでのコンサート。
ヴァイオリンとの合わせもやるだけやった。

リハーサルコンサートもまずまずの結果。

午前中からゲネプロです。

2時開演。
楽屋は1人に1つ、大きい部屋とのこと。

これから忘れ物がないかチェックです。


2月24日

3月14日のコンサートに向けて、昨日は合わせの練習でした。
3人揃って2回目。

アンコール用の曲の編曲、ヴァイオリン2台用とピアノ。

ピアノ部分は独奏ヴァイオリン用から。

前回ヴァイオリン二段譜の楽譜、本番に向けて私が楽譜ソフトからパート譜にしたの持っていきます。
なんていって、それをお渡しして練習してみました。

「なんかこの音、変ですね。」

ギク!もとの楽譜と見合わせると、音程が違っている。
それも一箇所どころか何箇所も。

直してもらって練習再開。

なんてことだ、最初の楽譜はあっている。
きっと記号を挿入してドラッグするときに一緒に音程までドラッグしていたのだろう。

行き帰りの電車で本をかなり読めた。
ボケてたまるか!62歳記者年池沼早期治療実体験ルポ(山本朋史)
題名を見て人事とは思えず読んでみた。

著者にとって筋トレが一番効果がありそうですが、音楽もシビアな合わせの練習は刺激がいっぱい。


2月15日

アンプが壊れて、しばらくはPC用の富士通テンスピーカーで聴いていました。
コンクールの1次審査でパソコンでないと聴けないCD−Rがあるので、スピーカーごと会場に持っていき皆に聴いてもらいました。
そうしたら会場の音響器具のほうが絶対に良いと言われた。

そりゃそうだ、音楽専用の会場の機材と比較なんて無理だ。

それでも少しは悔しい。
物色してネット検索していたら、アマゾンで格安のアンプを見つけた。
その評価がものすごく高い、そのかわり偽物が届くときもあるという。

木曜日に注文して、土曜日に到着。
すぐに偽物か確認、どうやら本物でした。

横幅が20センチくらいの超小型のアンプ。
中国製のLepaiという会社、もう倒産しているのを在庫があるだけ販売しているもの。
ピンジャックが一組だけ、いたってシンプル。
パソコンとアンプに繋いで音楽を聴いてみる。



もう笑っちゃうくらいの素晴らしい音です。
今まで教室にこんなに良いアンプがあっただろうか。

演奏者の表情が細かく聴こえます。
更に、CDの録音技術の違いのようなところまで。

何万円もするアンプより良い音。
これでなんと3,190円でした。

レコードプレーヤーで聴くには、別にイコライザーが必要。
けれどもパソコンに繋ぐのが主だから、とにかく大きなスピーカーがまた使えるようになったのは嬉しい。


2月8日

パソコンに繋いでいたアンプが壊れてしまいました。
毎朝、パソコンと一緒に電源を入れているのですが、音だしが必要になり見てみるとランプ類が全て消えている。

チューナーは電源が入っている。
ということは壊れたということ。



教室にはこれ1台のみ。
マランツのも使うには限界なので、後は自宅のトリオのアンプのみ。

でも大きすぎてテーブルに乗らない、パソコンに繋ぐは無理だろうなあ。

今落ち込んでいる最中、もうしばらくしたら考えてみます。


1月22日

教室のラックに設置していたプレーヤー、アンプ、カセットテープデッキ、それにレコードを全て自宅に持ち帰れました。
毎日重い荷物を持っての移動は大変だった。

そうしたら今度はクローゼットにしまっていた雑誌「現代ギター」をラックの上に。
もうクレーゼットもいっぱいで、隙間に挟み込むように並べておりました。

ストックにするのはもう限界だと思う。

クローゼットに保管していた分。
2000年から15年間分、全体の3分の1くらい。

これ以前の号は本棚に入っています。
最初に購入したのは1972年。
高校1年生の時、横浜の書店で存在を知ってからずっと購入し続けています。
もう43年分の現代ギターです。

さてこれからどうしよう。


1月15日

教室に持ってきたアンプに、レコードプレーヤーを繋いでみる。

レコードをかけてみたら音が鳴らない、というか調子が悪い。
ボリュームを上げ下げすると、雑音がするのです。

これはPHONOだけみたい。
他に切り替えると雑音はしない。

きっとPHONOのイコライザーに不具合が起こったのだと思います。

ネットで調べると、外付けのフォノイコライザーが売っている。
昔は無かったのですが、今のアンプはPNONO端子のないものが多いらしいです。

そこに、にわかにレコード復活の話があるようで、新たにレコードプレーヤーが発売されているのですね。
フォノイコライザー搭載のレコードプレーヤーも。
だから古いプレーヤーの為にも、フォノイコライザーなるものが出現したと思われます。

でも教室では聴けなくなっても、自宅のアンプは健在。

現在はオンラインで音楽が聴き放題なので、しばらく自宅に移動しておきます。
毎日少しずつ、レコードを移動しています。


レコードを入れていた棚

CDもオンラインで聴けるものと、かなりかぶってきました。

これからハイレゾという音源が増えるので、CDの需要が減るかもしれません。
私はハイレゾ対応の機器を一つも持ってないので、使わないとは思いますが。

新機種のウォークマンやヘッドフォンは、ハイレゾ対応に変更されてきています。
一曲ごとネットで買うのに慣れている人は、ハイレゾに移行しやすいでしょうね。


1月7日

荷物が届きました。
クロネコの人が、菊地さんの荷物でいいですか?凄い量ですよ。
と、確認してみたらギター関係の発送用封筒。

2階の教室まで持ってきてもらいました。

うわ、重たい!

一つのダンボールに封筒500枚が4箱。
1箱約10キロ。

単純に計算しても40キロ。

もう一つは30キロくらいだと思う。

いや〜、腰悪くするなあ。
クロネコの配達員の人、大変な仕事です。


開けてみたらこんな感じで入っていました。


1月4日

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

トップページに来年の演奏会のチラシを貼りました。

さて、新年早々教室にあるオーディオタイマーが壊れる。
タイマー機能が壊れていたから、実際は時計代わりに使っていました。


アンプの上にあるのがオーデォタイマー。
このアンプと一緒に粗大ゴミです。

以前のレコードプレーヤー廃棄の時みたいに、粗大ゴミ回収の前に誰かに持っていかれないように気をつけないと。


2014年

12月31日

自宅から小型の(とはいえ今でなら普通の大きさ)アンプを持ってきた。
調子が悪かったはず(左右の音量のバランス)なので手入れをしてから。
蓋を開けてみる。



どうしようもない位ほこりが溜まっていた。
ハケとめん棒、そして掃除機でゴミを取り払う。


それからケイグ社の接点復活剤で、接触部分にスプレーしてレバーを動かす。
付けすぎると逆に故障の原因になるから注意して。


バランスが直ったかどうか、スピーカーからは怖いのでヘッドフォンで。
ミニプラグでは穴が太いので、中継用に接続プラグ。

なんとか直ったのでした。

余っているスピーカーに繋ぐ。
音がしっかり出てきた、やった甲斐がありました。

前のPC用スピーカーよりも良い音のような気がする。
接続が多い分、こもった音のようだけれど満足。

ついでに教室にあるアンプも、これのほうがもっと調子悪い。
開けるとそんなに汚れていなかった。

接点復活剤で手入れ。


更に悪くなったようで、もうボリューム部分の劣化が激しいのです。
接点復活剤を過信してはいけない例でした。
もうこのアンプは廃棄処分かも。

とにかくNAXOS音楽ライブラリー等、パソコンからの音楽を聴く事が多い毎日。
来年からはこの組み合わせで聴いていきます。

それでは皆さん、来年もよい年をお迎えください。


12月29日

パソコンのスピーカーを壊してしまった。
年末の忙しいときに何てことだ!

テーブルから床に落としてしまい、ヘッドと首の部分でポッキリと。

すぐにアロンアルファを頭をよぎる、しかしこの重量ではすぐに取れること必至。
なんとかならないかと分解してみる。

どうもらちが明かない。

土台からコードを外し。
ヘッドの首部分が邪魔。

コードがしっかりと首に付いているので、なんとか外して下に。



まず邪魔な部分が無くなっただけでも置きやすくなった。
でもなあ、これなんとかしないと。


12月22日

コナブルの「ボディ・マッピング」
アレクサンダーの「自分のつかい方」
読んでいたのに感想書けていませんでした。

アレクサンダーの講師であったコナブル氏、読んでみてアレクサンダーとは別と考えるべきかなと思ってしまいました。

ペドロ・デ・アルカンタラさんも本当のアレクサンダー・テクニークはアレクサンダーが教えたものだけ、というのもうなずける。


12月14日

久しぶりのエチュードの会。
教室内でしたが、生徒さんの会話もはずみました。

やはり、人前で弾くのが好きな人たち。
なによりギターが好き、音楽が好きという人たちです。



ジュリアン・ブリームの、この演奏と同じ楽器を使っている生徒さんの為にかけてみました。
やっぱり上手い!
音楽に品が漂う。


12月13日

晩成書房のF.M.アレクサンダーが書いた本「自分のつかい方」を手に入れる。

アレクサンダー自身が書いた本が邦訳であったなんて知らなかった。
というか気が付かなかった。

2010年9月発行。



amazonでは手に入らない。
ポイント問題で晩成書房が出荷を見合わせているみたい。

これから読みます。


11月29日

秋のコンサートの楽器店へのチケット清算ようやく終わり、これから事務系の処理で済むかもしれない。

そう思っていたところへ、著作権協会からの郵便物が。



当日演奏した楽曲を申告していたので、その支払い明細だと思う。
まだ開封していません。

書店で注文していた本も入ったけれど、読むのは(DVD付きだから観る)まだ先になりそう。



ボディ・マッピングというバーバラ・コナブル/エイミー・ライカー/著。

二人ともアレクサンダー・テクニークの教師らしいけれど、そういえばこの本のタイトルにアレクサンダー・テクニークと書かれていない。
脱アレクサンダー・テクニークか?まず読んでみないと。
とりあえず手に入れたというところです。


11月21日

楽譜の話になって、楽譜は資料として持っていたいという生徒さん。
三善晃の「エピターズ」って売っているんですか、と聞かれ。

「ここにあるよ。」
と、昔全音ギターピースで出ていたもの。


1977年出版だから、私が二十歳くらいに買ったはず。
邦人大御所が書き、話題になったので買ったのかな?もう憶えていません。
当時は楽譜を見ただけで、どうやって弾くの?でした。

それから全音ギターピースはなくなり、手に入らなくなる。
コンクールの課題曲になった時、主催元から発売されたようですが。

邦人作曲家の全音ギターピースまだあったよなあと思い、引っ張り出したけれどあと2曲持っていた。
楽譜はいつなくなるか分からないから、手に入れられる時に購入しておきたいと思うのです。

年取ったらもうこれから何十年後・・・なんて無いから、若い人たちに今出版されている楽譜を確保しておいて欲しいなと願うのです。


11月8日

まだまだコンサートの事後処理に追われているのですが。
そうこうしているうちに、次の演奏の仕事の準備。

コンサート用の写真とプロフィールを送らなければならないのに、まだ締め切り日になっていないと思っていました。
そうしたら自分から送ると言っていた日をオーバーしていたのです。

演奏写真はこの前のコンサートで、同じ出演者の方に撮ってもらっていました。
選んだのがこれ



それ以外の写真も必要で、「セーター着ている写真でいいですから」と言われたのですがそんな写真なんかありません。
チラシ裏面に使うのですが、冬場の演奏会だから暖かい服装をイメージなのでしょう。

部屋の中で撮っても指名手配写真みたいになるだろうと思い今朝、多摩川に行って撮りました。
自撮りです。



スマホは無いので、カメラを持っていって三脚を立てて。
人が入ってこない草むらの奥で撮りました。
今日は曇りなので逆光とかを心配せずに済みます。

帰ってきてから過去を思い出しながら長文のプロフィールを書き、写真も添付送信してホッと一息です。


11月5日

「日本ギタリスト協会会員による秋のコンサート」終わりました。
全体には好評だったようです。
出演した方たちからも、御礼の言葉を頂いたり。

聴きに来た頂いた皆さん、ありがとうございます。

主催側としてなにか手違いがないか、始まってみないと分かりません。
日本ギタリスト協会として始めての会なので、頭の中でシミレーションを何度もして気が付いたら用意するものが増えていく。
受付用具、張り紙、金銭の準備等、忘れ物があったら大変なので緊張していました。

予定と違うことがあったりもしましたが、なんとか本番の流れには影響されませんでした。

最後まで用意不足なものは無く、本番中に後片付け。
楽屋の椅子の倉庫への収納、ゴミの収集。
いつもコンクールで手伝ってくれる人は、こんなことをやっているのだなと思いながら。

次の日から荷物の整理、収支計算、楽器店へのチケット清算、著作権の連絡・・・
2日たった今も身体が疲れていますが、あと1〜2週間で落ち着くと思います。


11月2日

いよいよ明日、「日本ギタリスト協会会員による秋のコンサート」です。

準備はしたつもり。
出演者への連絡は逐一してきたし
会場での打ち合わせで借りる物のもれは無い筈。

チケット、物品販売のつり銭
ポスター、案内板、受付用品等々・・・
朝9:00からスタッフに指図して会場の準備

これで演奏もするのか・・・気が重くなる。
でもグズグズ言っている訳にはいかない。

私の出演は12組中8番目、16:00過ぎの演奏の予定です。

私の演奏するポンセ作曲イ短調組曲について。
(プログラムには解説かないのです。)

A.セゴビアとM.M.ポンセの関係ですが
セゴビアからのどんな作曲以来でも引き受けていたらしいです。

この長さでこんな曲・・・するとその通りにポンセは作曲していたらしい。
凄いですよね。

そこで「バッハのような組曲を作って欲しい。聴衆が飽きないようにこのぐらいの長さで。」
出来上がったのが明日演奏するイ短調組曲。

セゴビアはここでいたずらをします。
1日の演奏会がポンセの曲ばかりで埋まるのはまずい!

だれか別の作曲家の作品ということにして・・・

バッハは作品が知れ渡っているからすぐにバレてしまう。
ここで当時あまり作品が全て解明されていないヴァイスの曲にする事を思いつきます。

そこでヴァイス作曲「イ短調組曲」として演奏されていました。

ところがだんだんとヴァイスも作品も知れ渡り、イ短調組曲なるものはないぞ???となるのです。

とうとうセゴビアも、実はあの曲はポンセの作曲だと白状したのです。

バロックの巨匠の作品ではないと分かると一気に弾かれなくなりました。
これはきちんとした楽譜が最後まで出版されるこがなかったからか。

バロックの曲だから弾きたかったのに、というのもあったかもしれません。
私は良い曲ならそんなことは構わず、いつかは弾きたかった。

アブロニスというギタリストが耳コピの楽譜を出版して(勿論ヴァイス作曲として)いたので、セゴビアもいまさら出版する気が無くなったと言われていますが本当はどうだったか。
日本でも楽譜が出版されていますが、セゴビアの演奏から本当はこうだろうと音の修正をしている楽譜ばかりです。

私もその楽譜で弾いていました。
けれどJ.R.ゴンザレスがセゴビアから直にもらった楽譜というのが出版されまして、どちらかというとセゴビアのSPレコード時代のコピーとしかいいようのない楽譜です。
ミスプリも多い。

でも、この楽譜が一番信用性がある(と認めざるを得ない)ので、私の頭の中で楽譜の入れ替えをしました。
相当な時間がかかりましたが、明日初披露です。

なんとか会全体も成功させたいのですが、こればっかりは始まってみないと分からない。
お楽しみです。


10月27日

11月3日のコンサートの案内板とポスターを作りました。
コンクールと同じサイズ。
いつもながらポスターはA3用紙を8枚、案内板は5枚張り合わせる。

打ち上げ会場の案内地図も作ったし。
原稿を一から作ったから3時間以上かかってしまった。

この1週間コンサートに向けてやることがいっぱい。
練習時間を作るのが大変です。


8月22日

読書感想に書いたグッドール氏の本を読むと、音楽のあらゆるものを学習しなおさないとと思うようになる。
これは私個人の感想です。

以前から各種音楽書、辞典類で書いてあることがまちまちなのを読むたびに、正しいのはどちらだと調べていたりしていました。
それも結構楽しく、たまたま行った図書館にある事典でも調べたりするのも一興です。

これからは楽しみではなく、頭の中にある不用品は捨てて新しいものにチェンジしないととんでもないところで間違った説明をするかもしれません。
何年かかるかな、というよりこれからも新しい情報が公開されてくるでしょう。
つまり、これは一生続くのだろうと実感する次第です。

また「音楽の文章術」を読んで思うこと。
音楽家なら参考文献になる一次資料(原典譜、初版譜等)二次資料(辞典《事典》類、学術書、専門雑誌、録音物)は必要なのですね。

私なりにもまあまあ持ってはいますが、最近ではネットで閲覧できるところも利用したいところ。
インターネットの普及で参考文献の情報が昔にくらべたら格段に手に入れやすくなりました。

録音物もオンラインで聴けるサービスも加入しているから、CDを聴く機会が減った気がします。
(LPレコードはたまにしか聴かない、これからも聴くだろうか)

専門雑誌のバックナンバーは思った以上に使用頻度が上がっています。
ネットで生徒さんが調べてきて、何年の何月号にある記事・・・から即座に抜き出して閲覧すること多し。

保管場所が大変ですが、「音楽の文章術」を読むとこれからも購入していくべきなのだなと実感します。


8月5日

耐水ペーパーが底をつき、しばらくかけらのような部分を使っていました。
教室の近くの金物屋さんが昨年閉店し、現在その場所はデンタルクリニック。
その横に小さな合鍵屋さん、これが以前の金物屋なのです。

他にはどこに金物屋があったっけ?
そうだ!自宅のある駅の反対側に大型の園芸、建材、大工道具を置いている店があったのを思い出した。
開店時間が10時なので、教室に行く時間を遅めてから耐水ペーパーを買いに行きました。

余り通らない場所なのでちょっと多めに買う、1500番の耐水ペーパーを5枚。
以前は1200番を使っていたのですが、最近見なくなっています。


適当な大きさに切るのですが、私はペーパーカッターを使っています。
もう30年くらい使っている、事務仕事で結構使っているので便利なアイテムの一つ。


耐水ペーパーをヤスリの部分を下にしてカット


1枚のペーパーから16等分にしたもの。
私にとって使いやすい大きさです。


今、爪の調子は万全ではないけれど、調整グッズが揃っているだけで手入れをすればなんとかなる気になります。


7月30日

右指の親指の爪が折れてしまいました。
5月頃に横に一本段ができるように伸びてきていた。
よく見るとi、m、aの指にも軽く筋が入るように伸びている。

pとiは先端にアロンアルファを塗って補強していたのですが、先週の土曜日にpのアロンアルファが剥がれ落ちてしまった。
そろそろ先端に溝が移動してきたから折れるかなと思っていたのですが、爪の表面も一緒に取れてしまったみたいです。

昨日はi指のアロンアルファを爪も一緒にはがさないようにこそげ落としました。
p指のようにはなって欲しくない。

で、今はp指は爪なし、弾きづらい。
弦に爪があたらないというのでpだけ爪なしという生徒さんもいるけれど、こんなにも違うのか。

普段の曲が沢山練習できないので、今日はタブラチュア読みの練習も兼ねてダウランドとビウエラの曲を練習。
ダウランド、ミラン、ナルバエスが簡単という訳ではありません。
タブラチュアに慣れていないから、たどたどしく弾くので弾きづらさが感じにくいという理由からです。

タブラチュアの読み方が沢山あって、私には反応しにくい部分が幾つもあります。

ダウランドはフレット番号がアルファベット
ミランはタブ譜に近い6本線の上から1弦でフレットが数字
ナルバエスやムダラ等は6本線の下から1弦でフレットが数字
(ここまでならなんとかやっている。)

ノイジドラーは持っていないけれど読みたくないくらい難しい。
バロックギターのタブラチュアはまだ和音の記号も覚えていないから演奏不能。

ダウランドは以前にくらべタブラチュアの読みが早くなったみたい。
でもタブラチュアだと、音と音のつなががりが分かりにくい。
強弱記号もないし、表情記号も皆無。

2声、3声のつながりを即座に理解しながら弾けなければタブラチュアを読めることにはならない。
表情記号がないからといって無表情では絶対にダメ。

ということで・・・
前回にタブ譜のことを書きましたが、タブ譜が頭ごなしにダメという気はないです。
タブ譜は不完全だけれど楽譜だってある意味不完全な部分もあるし。
タブ譜を見て音楽的なことを読み取れればいいのですが、楽譜が読めないというのでタブ譜に頼ると楽譜にある表情記号はおろそかになるみたいです。
これは楽譜を見ている人にも言えるので、全ての人に注意して欲しいです。

私の考えでは古楽以外ではタブ譜を使わなくて済むなら使わないほうが良い。
楽譜が最初読めなくてもタブ譜が無い時代の人たちは、それでもやってこれていました。
まず楽譜を読むよう努力すること。
それでもタブ譜が必要な場合、楽譜から読み取って補助的に使うのが理想です。


7月16日

2つのヴァイオリン曲の伴奏の編曲。
ピアノ伴奏での編曲以来ですが、オーケストラ伴奏が楽譜サイトにあったのでここから編曲をしました。
ピアノ伴奏と随分違うように聴こえる。

ピアノ伴奏譜を送っても貰いました。

オケとは別物でした。
和音の位置、表情記号等が随分違う。

楽譜はやはり相手と同じものでないと、とんでもないことになっているところでした。

これを機会に楽譜ソフトで作ってみました。

全体の粗造りを終える手前でハグを起こし、打ち込んだ全てがパーになって再度新規に作るはめに。
手書きなら消えないのに!と思いつつも、慣れればきっと便利な筈と再挑戦。

途中、別の編曲の仕事の伴奏譜もつくったり。
(写真に写っているのは別の仕事の伴奏譜。)

印刷したらなかなか見やすい。
汚い手書き譜(私が書くから)よりも印刷譜のほうが弾きやす。視覚も大事なのだと思う。


6月30日

今休んでいる生徒さんが、指がばね指になったという。
ギターを弾いてではなく、別の作業をやり続けてばね指になったというのです。

今月から復帰する予定だったのに、本人も残念な様子でした。
ばね指、もとのように弾けるのにどのくらいかかるのか、私には見当がつきません。

22日の日曜日にお会いしたのですが、「どうしよう〜、いつになったら弾けるかな。」という本人に、その時私が提案したのは。

ばね指になった(親指第1関節)ところは動かさないように弦を弾けるか。
第1関節を動かさないように気をつけられるか、その為には自分の指をよく観察してみる。
根元の関節で動かせるように訓練できたとして、そのうえで復帰できるか考える。
和音を弾くとき第1関節が動いたとして、どのくらいなら許容範囲か観察する。
みたいな事だったと思います。

この観察するということが、ギター復帰で本人にできる最初のことです。
観察してから分かったことがあったら、その次にどうするか考えてみる。

早く治って欲しいけれど、こういう時こそあせりは禁物です。
弾きたい人は、必ず(完全ではなくとも)克服できると信じて治療しましょう。

別の日、教室の階段を上がろうとしたら「菊地先生!」
昔教えていた生徒さんでした。
私が中野島に来て教え始めた頃の生徒さんです。

膝を痛めて斜向かいの整形外科に通っているとの事。
毎日1時間歩いていたら痛くなったとかで、このままだと歩けなくなるから筋トレしなさいと言われてジムに通っているそうです。

そして手の指はへバーデン結節(指の関節が痛んで腫れて変形していく、原因の分からない病気。)になったとかで、はめていた手袋を取って見せてくれましたが、みごと全て指の第1関節が腫れて変形していました。

「私、もう60(歳)ですよ。」なんて言われて、そうか、もうそんな歳なんだ・・・私より年上だったからあたりまえか。
昔教えていた人は、その時の年齢で止まっているのでした。

女性は50歳過ぎた頃から骨がもろくなる人が多く(前の人も女性でした。)
ばね指、へバーデン結節、軟骨が減る、骨折しやすい、背骨が曲がる等のリスクが高くなります。

ばね指とへバーデン結節は原因が分からないのですが、他の事は普段からの注意と、運動で(特に筋トレ)で予防できると期待されます。
気がつかないくらいの少しずつの変化が、ある時まとめて出てきて発覚するときもあります。
そうならないためにも、普段から身体の観察をしていく必要があるかも。
たとえばギターを弾く時、座り方、頭の位置、腰、指の動き等々・・・


5月5日

コンクールもようやく終わりました。
いろいろと不手際に気づき(後の祭り)もしましたが、来年への反省に生かします。
順位等は日本ギタリスト協会へリンクしてください。

その日に自宅に戻ってから、異様にだるかったです。
骨盤のあたりの筋肉が疲労していました。
まだ疲れが取れていないようなので、無理せず身体を使わないようにしています。

コンクールが終わってひと段落、なんてこともなく事後処理に追われています。
更に追い討ちをかけるように今年の特別イベントの準備にも奔走中。

当日、若いギタリストから今年の第2次予選課題曲、トゥリーナの「ファンダンギーリョ」で

この(+)と(・)って何ですか、と聞かれました。

そういえば今の時代、解説されたものがないから分からない記号です。
かといって私がギターを始めた時、独学でいろいろな教則本や解説本を読み漁っていたから知っているのですが
私より年上の先生たちも知っているようでした。

+は右指の親指(p)・は人差し指(i)・・は中指(m)・・・は薬指(a)

なのです。

カルカッシの作品59の教則本や作品60の練習曲第1番のオリジナル楽譜にこの記号が使われています。

私の持っている音楽之友社「ギター基礎講座」(絶版)ではあまり使われていないとして、更に親指は×です。

ジュリアーニの作品1の教則本(復刻版)では親指はアクセントみたいな形。


カルカッシやジュリアーニ等、19世紀のギタリストによく使われていたようです。
スペイン語圏ではp,i,m,aですが、どちらかというと、イタリア系のギタリストが点の数で表記していたみたいです。

現在では使われなくなった記号です。
なぜファンダンギーリョで使われているのか分かりませんが。
Puigar(親指)とi(人差し指)が書いてあるのだから必要ないと言えばないのですけどね。


2月7日

レッスン用のギターに張っていた中国製の弦を、オーガスティン(黒ラベル)に交換しました。
張り替えると、やはり新しいのはシャープな音がしております。

この1週間にあったこと。

自宅キッチンの水道ワンホール式水栓から水を出すと軸から水が漏れるというのでネットで検索。
自分でも出来そうだが、本来は個人で修理してはいけないらしい。
パッキンが正規では売っていないのと、専用工具がないので暇をみつけて修理してもらおう。

これまた自宅のパソコンの通信モデムのACアダプターが接触不良を起こし交換。
連絡した次の日に届いたのに不在で再配達。
昨日届けてもらいました。

届くまで自宅で待っていると、マンションの理事長から電話があり「菊地さんのところから警報機鳴っていませんか?」
警報機なんかないと思いながら、ベランダがうるさいので出てみたらエアコンの室外機が凄い音をたてていた。
電源を切ると鳴り止みました。

もう20年くらい使っている、その間に引越しを3回くらい。
もう寿命だろう。
ということで買い替えなくては。

自宅での出来事が多い週でした。


1月31日

PMCレコーダーを手に入れました。
ティアック社のTASCAM「DR-07MKU」

簡易三脚も同時購入

今までICレコーダーを使っていたのですが、ステレオ録音のバランスが悪くてもう買い換えなくてはと思っていたのです。
そこにこれ。
ティアックという社名だけで懐かしさを感じてしまい、他のメーカーは一切見向きもせずに購入しました。

ギタリストになったとき、初めて手に入れたオーディオセットのタイマーがティアック社製。
製品のコストパフォーマンスが高いと感じていました。
朝の目覚めの音楽、外出時のFM録音ではお世話になりました。

また、コンクールが開催される武蔵野市民文化会館に三鷹駅から歩いている途中にティアックの本社がありました。
現在は多摩市に移転しているみたいです。

このように、ティアックはしっかりと記憶に入っていたのです。

さてこの製品ですが
ミュージシャンをターゲットにしている製品のようです。
重ね録音ができるらしい。
まだ説明書を読んだだけでは理解しにくいのですが、一人で二重奏とか三重奏が出来るのでしょうか。

チューナー付きと書いてあったので、FMAMラジオが聴けるのかのと思いきや、楽器のチューニング用のチューナーでした。
昨日届いてまず最初に調弦をこのレコーダーでやってみました。
ここまで必要かなと思いつつ、これにメトロノーム機能がついたらと余計な欲が・・・この値段ではありえない!

パソコン上で特別なソフトは必要ないのがありがたい。
そして今日、ギターの音を録音してみました。
録音された音がICレコーダーよりもきれいに取れている。

録音時と再生時に数種類のエフェクター(エコー効果)がかけられるので、まるで演奏会場で弾いているみたいにもなります。
こんな録音機を持つのは初めてです。
人によっては自己満足の世界に浸ってしまうかも。

ここまでくると一般の人には不要と思われる機能ですね。
それでもリーズナブル(現在10900円くらい)でコストパフォーマンスが高いので、これらの機能を使わなくてもPCMレコーダーとして手に入れやすいです。

これからしばらく、使い方の練習しています。


1月21日

昨年買っていたのに読んでいなかった本。

「バイオリン奏法」レオポルド・モーツァルト著
アマデウス・モーツァルトのお父さんの書いた本です。

音楽理論っぽい本を読んでいると、ときおり参考文献とされる書名でした。
エマヌェル・バッハの「クヴィーア奏法」に近い年代に書かれた本。
きっと音楽に重要なことが書かれているのだろう、これは読んでおいたほうがいいのかなと思っていました。

もっと早く読んでおけと言われそうですが、他にも読む本が次から次へと出てきて・・・

読んでみて、まあ、その〜。

ヴァイオリンの指導書でした。

音楽的な事、練習生への注意、指導者への警告みたいなのが書かれているところもあります。
ここが音楽理論書で参考にする部分なのでしょうね。

でも大半はヴァイオリンの実技です。
たま〜に、レオポルドさんが感情的になって書いているところもあったりと。
怒っているのかもしれませんが。
私にはそこが面白いのと、ヴァイオリンのことを少しも知らなかったので実技面を理解できたので一気に読めました。

話は変わって、昨日はピアノのコンサートに行ってきました。
24歳のイケメンのピアニスト。

若いからとは思わないけれど、フォルテの音量が凄い!
ここまで出せるかと思うくらい鳴っていました。

テクニックもしっかりしていました。

でもね、私はここまで出さなくていいじゃん!って思うのですが。
はっきり言ってピアノが悲鳴を上げていた。

スタンウェイに強引とも思える強いタッチをすると、音色がハスキー(私にはそう感じる)というか歪んだ感じになるのをたまに聴きますが、その時間が長かったように思いました。
鳴らないはずの他の弦も鳴っていたような、ミスタッチではないようですが。

スタンウェイってこんな音も出るのだと知った日でした。


1月14日

生徒さんから弦をいただいていたのですが
松岡の弦、中国製です。
購入価格はセットで300円位だそうです。

安すぎ!

何でくれたの?と思うのですが、本人も自分のギターには使っていないそうです。
値段の安さからいって、そりゃあ怖いですよ。
音程が悪い、鳴らない、すぐに切れるとか・・・
くれた本人だって張るのに勇気がいるだろうなあ。

パッケージを開けると、1本ずつビニールの袋に入っています。


昨日、レッスン用ギターに張ってみました。

張った感触はというと、思ったほど悪くはない。
私がギターを始めた頃にあった有名ではない日本のギター弦以下かな?と想像していたのですが、もしかしたらそれより良いのでは。
低音がややボケぎみで全体にシャープさがないけれど、これを好きという人もいるでしょう。
音程も全体からすると不良とはいえない。

あきらかに現在日本のYメーカーのグリーンパッケージのよりも良いと感じました。
でも、弾いてもらって聴こえてくる音で評価しないと。

今日からレッスンで生徒さんに弾いてもらいます。


2013年

10月20日

長い年月疑問に感じていたことが解決というか、やはりという思い。
バロック時代の装飾音の話。
一ヶ月くらい前にこの話題をしましたが、購入した本と図書館で借りた本がちょうど資料としてマッチングしていました。

疑問に思っていたこと
〈バロック時代のトリルは必ず一つ上の音から開始する。〉

私はこれに納得いかなかった、弾いてみればおかしいと感じるものがあるのだから。

解決したのは
パウル・パドゥーラ=スコダ著「バッハ演奏法と解釈-ピアニストのためのバッハ」

どうやらトリルは上の音からというのは、C.P.Eバッハの「正しいクラヴィーア奏法」に書いてあるというので学者さんたちが言い始めたのがきっからしい。
実際読んでみると、一箇所だけ書いてあります。
それでも(翻訳された本で訂正された)譜例を見ていくと、必ずしもそれだけではないのですが。
それを裏付けるように、スコダの本を読むとそれが見当違いだと立証できるバッハの自筆文が写真で掲載されています。

スコダはノイマンという人の書いた文献に、ところどころで好意的に思える内容が見られます。
これは読まなくてはと検索すると、現在は絶版。
図書館の蔵書検索をすると「正しい装飾音奏法」があった。
勿論読んでみました。

読んでみると、装飾音は全体の3分の1程度、後半の部分です。
スコダのほうが分かりやすい内容でした。

それよりもバロック時代のもう一つの流儀とされている
〈付点音符は過重付点のように、後の短い音符は更に短く〉
これの反論が半分以上でした。

これも私が疑問に思っていたことであったので嬉しくなました。

ノイマンの本では、これはクヴァンツの「フルート演奏法試論」で書いてあるからという。
先に読んでいたけれど、そのようなことは書いていなかった。
ある一文の中でもしかしてこれが付点のことを間違えて解釈されたのかな・・・まさか?
と思った箇所があったのですが、そのまさかでした。

同じようにノイマンも、ここを間違って受け取ってしまったのだろうと書いています。

この4冊を読んだ結果、バッハもクヴァンツも普通に読めばトリルも付点の問題は起こらなかったのでは。
それもスコダとノイマン(絶版ですが)があったからこそ解決できました。

急ピッチで読み込んだので目が悪くなったのか、今まで以上に文字が見えにくくなっているよう。
そろそろ老眼鏡かな?


8月27日

近所の書店で注文していた本がようやく入荷しました。

今月の5日に注文して、今日入荷。
アレクサンダー・テクニークの実用的な内容みたい。

そして一昨日、amazonで注文した本も届きました。
バッハの時代の本。
フィードリヒ大王のフルートの先生であったクヴァンツの書いた本。
バッハの息子、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハも仕えていました。

そのエマヌエル・バッハの本も注文したのですが、在庫がないらしく先にクヴァンツの本だけが届きました。
クヴァンツ(フルート)もバッハ(クラヴィーア)両方とも楽器の教本だけれど中身はバロック時代の演奏様式が書かれている重要な本。

昔、ブローウェルが講習会で、「バッハがこう書いてある・・・」と何度も言っていたので気にはなっていたが、どの本だか分からなかった。
最近思い出しインターネットで検索、ちょっと遅すぎたか。
同じように重要な本が絶版になっている。

とにかく、もう書店で注文するよりもamazonのほうが早い!

でも図書館で予約している本が溜まっているので、先にそれらを読まなければ。


8月26日

今朝電話があって、聞いた事もない音楽関係の出版社。

「クラシックギターで著作権のかからない、コードで書かれた曲の楽譜ってありますか。」
のような問合せでした。
なにやら特集に必要だとかで。

著作権のかからない
コードで書かれた・・・

質問の意味が分からないので
タブ譜では?・・・も違うみたいで。

向こうも最初から自信なさそうに話しているから、要領を得ていない。
「あの〜、クラシックギターのことちょっと勉強してください。」
と言って電話切りましたが、ギター関係のところだったらあまりにも勉強不足。

テレビでもクラシックギターの演奏が観られるけれど、もしかしてコードを弾ければできるものだと思っているのか。

話は変わって、花火大会の時は教室から一歩も出ず本を読んでいました。

疲れていたのか字が見えない。
ルーペをだして読んでいたけれど、こりゃ老眼鏡を買わなくてはと本気で思いました。
歳を感じる。



図書館から借りた古い本で、クルト・ザックスの「リズムとテンポ」今は絶版です。
私の持っている音楽理論書も絶版ばかり、これも時代の流れですかね。



図書貸し出しカードが添付されています。
懐かしい。

昔はリズムにもいろいろな名前があったので(中世以前)、それが頭に入っていないとかなり難解になります。
つまり私も難解に感じています。

まだ読み始めなので、ルネッサンス以降になったら読みやすくなりそうな気がします。

次の日の午前中、日の光で明るいと難なく読めた。
そうすると、明るいうちに読めばいいのだからと、老眼鏡を買う気がサー!となくなってしまいました。


8月16日

レッスン用ギターの弦を取り替えました。
今回は普段と違う弦。


オーガスティンの黒ラベル。
いつもなら低音はオーガスティンかセシリアの赤で、高音はオーガスティンインペリアルです。

張力が弱くなっています、高音がちょっとビレやすいかも。
でも弾きやすいですよ。

自分のギターの弦も張替えました。

いつものセシリア。

張り替えるついでに
生徒さんから、指板はどうやって手入れするかという質問。
レモンオイルという案を考えていたみたいです。
レモンオイル・・・ちょっと心配で、その時はとにかく丁寧にシリコンクロスでふき取るのを勧めました。

レモンオイル;塗装がセラックニスの楽器用クリーナー。
木の持っている成分に一番近いオイルということで、たまにニスが変色することがあるので、部分的に試してから使うことになっています。

それから別の生徒さん。
ギターは水拭きしていいのですかという質問。
これはやめたほうがいいよと言いましたが。
レモンオイルというのがあるけれど(彼のは量産ギターなのでセラックではない。)
まめに息を吹きかけてシリコンクロスで拭いてと。

昔は、汚れがかなり目だったら、固く絞った布で拭くなんて指導していた先生もいます。
指板をそうやって拭いたら、後で棹が反る原因にもなるのでNGです。

立て続けにこのような話があったので、勇気を振り絞ってレモンオイルを使ってみました。
大体そのためのオイルなのだから、早く使えばいいのになんて。


だいたい持っているのだし。

横にあるのは医薬用ガーゼです。

使っていなくても、なぜかギターに関するものは一通りあるのが菊地ギター教室。

楽器はバルベロ・イーホ

ボディも磨いて。


指板も綺麗になった。


指板を磨くとガーゼが黒くなりました。
これは垢ではなく、指板の着色の色です。

しばらくしてどうなるか。
まあ指板が反ったりはしないと思うのですが。