先生の独り言

2018年

7月20日

連日各地で猛暑、学校においては熱中症で病院搬送されている児童もいるとか。
先日は小学1年生の男の子が熱射病で死亡しました。

文部科学省は各都道府県教育委員会に熱中症防止の為に適切に対応するようにとのこと。
でも適切に対応、といってもどうしたら良いか分からないのでは。
だからこれだけ救急搬送されているのだと思う。

NHKニュースでも水分と塩分を補給するようにと呼びかけていますが
水分はよいとして、塩分はどのくらい?これでは一般の人には分かりづらい。
置かれた状況によっても違うのですが、普段から塩分取りすぎの人が更に塩分の量も考えずに摂取しすぎないよう気をつけましょう。

スポーツ医学検定を勉強していた時、テキストには水分補給の重要性、少児は熱中症にかかりやすいことが書かれてあります。


その予防と対処法、これらの知識を持っていると良いのですが、現場では難しいでしょうね。

スポーツ医学検定機構のメルマガで、第3回の検定2級の合格率は約60パーセントだということで。
これが高いか低いかは分からないのですが、まじめに勉強しないとケガや障害への知識は身に付かないかもしれません。
私は第2回の受験でしたが、自分にケガや障害が起きないよう注意するにはやっていて良かったと思います。

運動不足だからと、日の照っている時にジョギングしないように。
皆さんもこの夏は気をつけてお過ごしください。


7月18日

昨年話題になったテレビドラマの陸王。
生徒さんから勧められて、途中からだけれど観ていました。
仕事の時間的に録画してからですが。

池井戸潤の小説のドラマ化、本当なら小説を読んでおきたい。
ドラマは結構面白かった、同じ池井戸潤の「下町ロケット」も人気だったけれど、やはり作家のオリジナルに接してみたい。
で、今回小説を読んでみました。

数ページいったところで、登場人物とドラマの配役とが一緒になる。
物語の内容が分かっているから、先を思い出してしまう。
自分の想像力が欠如して読んでいるのが分かる。

これは本を読んでからか、ドラマならドラマで終わりするのが良さそうだ。
ドラマでは分かることのなかったこととして、メキシコのタラウマ族のことが書いてある。
作者は「BORN TO RAN走るために生まれた」を読んで、人間本来の走りとはどうかを勉強したのだと分かる。

読み終えて、ドラマも良く出来た内容だった、より詳細な描写でこれなら人気ドラマになるのも肯ける。
でも私は、やはり本から読んだほうが好きみたい。


7月5日

昨日帰りがけにポストを見たら、工事のお知らせが。

中野島駅に北口改札口が出来るための整備工事です。
7月12日〜10月12日の期間。
どこにできるかと言うと、教室側にある駐輪場部分。

駐輪場が確保されるのかは分かりませんが、とにかく教室の隣のお惣菜屋さんの横。
まずはホームまでの駐輪場内の通路の整備でしょう、改札口の工事はまだ。

改札ができたら、駅から教室までのアクセスが更に近くなります。
教室の玄関から、数十秒でホームかもしれません。
いままで踏み切りを渡って反対側にある改札口を使っていました。
駅に入ったら入ったで、登りの電車に乗るには階段かエレベーターを使ってホームに。
反対側の人たちも階段使わなくてすむ北口使うとしたら、中野島の人の流れもかわるでしょう。

ちょっと楽しみです。


7月3日

生徒さんから希望するレッスン曲のメールがありました。
編曲物ですが、私もあまり詳しくない曲でして。

種類もそんなに持っていなし、もっとないかなあと考えたら、そういえば。
昔LPレコードのジャケットに楽譜付きというものがありました。

このLPレコードのジャケットが開くようになっていて

こんな感じ、そういえばこの楽譜で練習していた曲だ。
独学の学生時代、楽譜が見つからなくてレコードと楽譜が一緒に手に入るという今では考えられない企画。

イエペスの演奏と違うのですが、気にしないで練習していました。

レッスンは明日、ちょっとこれから楽譜の見比べで練習です。


6月25日

ついでにと関節の動きの知識も。
再読ですが、筋肉の名前を覚えからだと理解しやすい。
勿論、骨の名前と動く方向を知っていることが大前提です。

やはりギタリストだと、腕と手の部分に集中します。
知らなくてもいいのですが、知っているに越した事はないでしょう。
思い込みで間違った動きを教えては困るし。
指を握る、伸ばす、開くには沢山の筋肉が複雑に絡み合って動くのです。


6月16日

なぜか人体の筋肉の名前を憶えようとしているのです。

首から上は除いてですが。
なぜかって?まあ顔のあたりは細かい筋肉ばかりで難しそうだから。
骨の名前や動き方を知らないと憶えられないもので、なぜか頭蓋骨は憶えにくい。
(食わず嫌い?)
首の胸鎖乳突筋くらいは憶えていますが、最後に残しておきます。

それでも残り120種類以上の筋肉です。

今まで体幹と下肢は大体憶えていたのですが、上肢には疎かった。
それと足も駄目。

特に手は、ギターを弾くためには知っといたほうが良いのに、全然憶えていなかった。

いちいち名前なんて知らなくても良くて、ギターは普通に弾けますけど。
指の調子が悪いとき(生徒さんにも)考える手助けにはなります。

なんで憶えるの?と考えてみるに。
これは多分、解剖学に興味があるのと何かを記憶したいという欲求からなのではと。
人によるかもしれませんが、人間の知識欲という本能からきたものかも。

今まで曲も暗譜してきたし、音楽のことは知識を吸収したくて覚えていたけれど、そればっかりだとマンネリ化してきそうで。
もっぱら最近は、忘れることのほうが多くなってきたけれど。
脳の別の部分というか、違う種類の知識を得たほうがスポーツでいうクロストレーニングではないけれど活性化、幅が出るかも。

まあ、いわゆる脳トレでしょうか。


6月13日

発表会のビデオ編集、ようやく編集方法を思い出し部分ごとに分けられた。
1年に一回のことなので、忘れてしまうのです。

それでもなんとかたどり着いた。

う〜、疲れた!

後はDVDにコピーするだけ。
もうじきお渡しできます。


6月10日

今日は雨、エチュードの会でした。
湿度が高い中、よく弾きにきてくれました。

来週は神奈川新人オーディションです。
何かアクシデントが無ければ、予選だけでも聴きにいこうと思います。


6月8日

最近履いているジーンズの脚がきつくなってきた。
あきらかに脚が太くなっている、しめつけ感がハンパでない。

今日は久しぶりにスラックス、ゆとりがあるから脚が楽になった・・・と思いきや。
お腹まできつくなっていた!
脂肪が1キロ増えると、腹囲は1センチ増えるそうです。

ジーンズだと伸びるから気が付かなかったのかなあ。
まあいいか、もうちょっと太りたいと思っていたのだから。

太りたいと思っているのに、実際に太るとちょっとショック。
体組成計でもBMIが上がり始めていた、以前の20から今は22、23くらい。
でもこれのほうが健康的なはず。

BMIの計算です
体重÷身長÷身長=BMI
肥満25.0以上
普通18.5以上25.0未満
低体重18.5未満

身体の健康関連ですが、ヘルスリテラシーという言葉が聞かれるようになりました。
リテラシー=読み書き能力から→自分に必要な情報を選び、活用する能力という意味合いに変化。

ここからヘルスリテラシーとは
個人が、健康課題に対して適切に判断を行うために、必要となる基本的な健康情報やサービスを獲得、処理、そして理解する能力。
となります。
正しい情報を選択する能力も必要ですし、そのためには科学的根拠を見極めないといけません。

というわけで、正しい情報によると、BMI22が良いとされているけれど、23か24くらいのほうが長生きするそです。
もうちょっとかなあ。


5月23日

発表会で使ったビデオの編集のやり方を、すっかり忘れています。
取り扱い説明書を読み直さなくては、毎年同じ事を繰り返している。

アナログ人間なのなと思う、デジタルに疲れてきたかも。
そういえば、発表会の前からチューナーが行方不明でした。
探すのが面倒くさくて、発表会でも音叉での調弦。
これがなかなか良い、視覚で動くランプの止まるのを確認するのがストレスだった。

そして今日チューナーを見つける。

なんとホワイトボードのマーカー置き場に。

色が同化しているから見つけられなかったのか、いやいやその横にある耐水ペーパーがあるってことは視覚に入っているはず。
音叉だと電池の入れ替えも必要ないし、しばらく音叉派でいきます。


5月21日

発表会も終わり、出演された生徒さんお疲れ様でした。

これから録音や録画の編集です。
今回はちょっと立て混んでいるので、日にちがかかると思います。

中野島会館の部屋の壁がきれいになり、響きはいつも通りに良いからこれからも使いたくなりました。

天気が良いのに蒸し暑くなかったので、冷房をかけなくて済んだのですが、最後で体調が悪くなる人がでまして。
私の演奏する直前に外に出て、広場のベンチで休んでいたと言います。
演奏が終わって写真撮影の時まで気が付かなかった。
病気がちな人でもあり、いつアクシデントがあってもおかしくはないのですが、毎年の発表会に参加する気持ちを持っているのです。
今日本人からメールが届き無事を確認、大事にならなくて良かったのですが。

日本全体の人口も高齢化になるので、これからはイベントの主催者は救急救命の知識を持った人の配置を考慮しなくてはならなくなるかも。
高齢化はこれからの懸案事項で、家族のありかたも昔とは随分変わってきています。

発表会が終わって自宅に帰り、毎週日曜日に母親の面倒を見に行っているカミさんから今日の様子を聞く。
兄が言うにはヘルパーさんに甘えているという、どうやらカミさんをヘルパーさんの偉い人だと思っているらしく甘えはじめたらしい。

ヘルパーさんと勘違いされていると思ったので
「私を誰だか分かる?」
と聞くと、きょとんとした顔をして。
名前を言っても理解できていない、まあ私の名前も忘れたみたいだからしょうがないか。

「通介さんの奥さんだよ!」と言うと。
       ・
       ・
       ・
「まっ、そういうことにしておこうか。」

母親らしいというか、ここまで笑いを取るな!

急遽明日は病院の付き添いに、私が通院の役目なのです。
身体の痛みが長引いていて、整形で処方してくれた薬がなくなってしまうからですが。

離れて住んでいても、連携プレーが上手く行っているので恵まれているほうだと思っているのです。


5月13日

エチュードの会終了しました。

先生以外、皆暗譜、気合がはいってる〜!

私なんか60歳になって、もう暗譜は諦めました。
そうはいっても完全に止めるのではなく、たまには暗譜しても弾くと思います。

先月はリュート組曲第2番、今日は第1番。
記憶力は無理としても、一度にリュート組曲全曲弾けるだけの集中力と体力は欲しい。

最近あやしくなっている、今日も最後はヘロヘロ。
心配なので発表会が終わったら弾きこんでみようと思ったのでした。


5月11日

前回、ギターに筋トレって必要ですかの質問があったと書きました。

私の答えは
楽器演奏の為に、と考えないこと。

30歳を過ぎると、何もしなければ毎年筋肉は1パーセントずつ減っていくと言われています。
10年で10パーセント、20年で20パーセント、それも下半身を集中的に。
そして50歳を過ぎると減る量が加速して、70歳で20歳代の半分にまで減るらしいです。

こうなると生活能力が、かなり衰えているはず。
持久力もなくなるから有酸素運動(ウォーキングやジョギング)はやったほうが良い。
有酸素運動だけでは筋肉が落ちてしまうので、筋トレも必要ではないかと。

運動習慣だけでなく、食事、睡眠と、トータルに考えるように。
その延長に楽器演奏があって、そこに楽器特有のトレーニングも加えれば。
なんて事を説明していました。

そこで、筋トレやったら指を壊しそうという意見。
たしかに間違ったやりかただと、指だけでなく腰や膝、肩を痛めます。

心配な人は、知識のある人に指導してもらうとよいでしょう。


5月9日

コンクールの当日、久しぶりに背広を着る。
背広なんて昨年の5月の発表会以来、つまり1年ぶりなのです。

前日上着だけを羽織って確認、ちょっと不安なところが。
当日朝ズボンを履く、何かいやな予感。

座ってみる。
脚が太くなって、パツンパツン!
腹囲サイズは大丈夫、78センチでちょうど良い。

会場を動いている間に破れないだろうかと気にはなる。
だからこの日はおとなしく動こうと気をつける。

予感はあった、最近トイレでしゃがむと太ももが近づいている感じがしていた。
肉付きよくなった、ダンベルスクワットのおかげか。
ギターを弾くとき椅子によっては、足台の高さを1段低くするときもあるので楽。

会場に入ると何人か会う人から「まだ走っている?」と聞かれる。
「走ってますよ〜。」と応える。

打ち上げでも同じように、答えは同じついでに
「最近、脚が太くなって。」

それを聞いて「腹が出てて脚が細いの、これだけはなりたくないな。」という声。
年取ると、だんだんと腹回りだけが成長して、脚が退化していく。
内臓脂肪が増えやすい男性なら、誰もが同じ考えだと思います。

「ギターに筋トレって必要ですか。」という質問をされる。
なんか最近、運動に関しての質問が多いなあ。

生活習慣病にならないよう運動を勧める自治体も増えてきました。
メタボかな?と思う人は、検診で引っかかって保険所に呼び出され運動しましょ!と言われる前に手を打っておいたほうが良いですよね。


5月6日

クラシカルギター・コンクールも終了し、今年は参加人数が少ないとはいえレベルが高かったように思う。
結果は日本ギタリスト協会のホームページに掲載されるまでお待ちください。
できるだけ日本ギタリスト協会へのアクセスが増えますように。
とはいえ、SNS等で結果を発信している人もいるそうですが。

今はコンクールの結果なんて、その日のうちに拡散されて知れ渡ってしまうご時世です。
便利な反面、我慢するということを忘れてしまいそう。

私は我慢するタイプ、というかSNSって何ぞや?という、まさに時代の流れに取り残されている人間です。

今日は昨日の疲れがあるので、休養日してます。
といっても積極的休養というもので、体を軽く動かして血流を良くするとか気分転換が期待できるものです。
特に昨日のように座りっぱなしの審査で、精神的な疲れが多い時の疲労回復には有効ですね。
軽くいつもより遅い速度のジョギングです、それだけ。

コンクール終了後の軽い事務作業、その後ギターの練習。

明日からはいつも通りのペースに戻します。


5月4日

明日はコンクール。
昨年まで委員長だったので、終了するまで気が抜けなかった。

この時点でやはり退任して良かったです。
昨日も実家に、いやあいろいろあります。
ケアマネージャーさんに言われたものを探して(歩き回って)買ってきた。

早急に必要なので、ネット注文なんて暇がない、だいいち実家に行けるのが昨日しかない。
重いけれどそれを抱えて実家まで運ぶ、こういうこと今では私が適任になってきた感。
こういった時に、運動習慣をつけている必要性を感じます。

歳をとるとどうなるか、今それを学んでいる時期なのだろうなあ。
数年前より更に健康、栄養、運動に関して気を配るようになりました。
意識しているからか、そういう情報を本やネットで調べるようになっている。

情報も多い分、間違った情報や発信元の個人的な見解で溢れかえっている。
正しい情報や知識を見極められないと、もう全てを鵜呑みにできない時代だと思います。
いや、これは昔からなのかもしれない。

楽器演奏に関してもそうかもしれない。
常に新しい情報が出るけれど、全てが正しいかどうかそれを見極めて活用できるかどうか。

最近のレッスンでは生徒さんに対し、睡眠や栄養に関することまで指導する場合も出て来ました。
解剖学の説明も。
興味ない生徒さんには理解してもらえないけど、と思いつつこれは大事なことでして。

そういえば昨年のコンクールで、気になったことがありました。
私だけがそう思ったのかもしれないけれど。

予選で素晴らしい演奏をして、勿論本選にまで進んだ方の数人ですが。
途中で集中力が途切れたのか、思わぬミスの連発。
たまたまなのか、体力がないのか、プレッシャーの問題なのか。

当日は予選で全力を尽くさないと本選は厳しいのは当然ですが、本選まで持ちこたえる力をつけて欲しいです。

明日はどんな演奏が繰り広げられるか、良い演奏を期待しています。


5月1日

発表会の演奏者も、2日前に決まりました。
急いでプログラム作成、午前中に印刷して出来上がり。

今月20日(日)午後3時開演、入場自由です。
教室からすぐの中野島会館。


4月27日

昨日はいきなり介護で通院介助に。
前日救急搬送、入院だと思ったら返されてしまったらしい。
老人だからどうなることやら、いきなりとんでもない事態になるのです。
付き添った兄はへとへと。

今日は私が主治医のいる病院の整形外科に。
カルテや過去のレントゲンがあるので、新しく撮ったレントゲンと照らし合わせらる。
救急搬送された病院の薬が、本人の数値からは使わないほうが良いらしい。
これが主治医の(病院の)強みかと、ありがたみを感じました。

家に帰ってから体調不良になり、これは薬の副作用ではないかと。
予約したショートステイに連れて行くが、そこでも体調不良の連絡が。
今朝はケロッとしているらしい、副作用は治まったようです。

素人でも薬のこと、体調や健康のことの知識を知っておいたほうが、これから長寿社会では必要です。
介護する立場であり、自分自身介護を受けたくないので正しい情報(変動しますが)を身に付けたいですね。

ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
略してロコモといいますが。

運動機能の障害によって移動能力が低下した状態のことをいいます。
後々要介護や寝たきりになる可能性があります。
女性では40歳代から、男性では50歳代から注意が必要になってきます。

そのロコモのチェックですが

1、片足立ちで靴下が履けない

2、家の中でつまずいたり滑ったりする

3、階段を上るのに手すりが必要である

4、家でのやや重い家事(掃除機かけや布団の上げ下ろしなど)が困難である

5、2kg程度の(1L牛乳パック2本分)の買い物をして持ち帰るのが困難である

6、15分位続けて歩けない

7、横断歩道を青信号で渡りきれない

7つの項目のうち、1つでも当てはまる場合はロコモの可能性があります。

ムム!10年前なら片足立ちで靴下履けなかった気がする。
知り合いのギタリストにもいくつか当てはまる、あの人どうしたかなあ。

ロコモになってもなんとかギターは弾けるだろうけれど。
いやいや、外に出られないと演奏会場にも行けない。


4月25日

レッスン用の椅子、座ると若干ゆれる感じがしておりました。
調節しなけれがならないのですが、ボルトを締める用具はどれなのだろう。

生徒さんからも指摘されたので、用具を探して(すぐ見つかった)ボルトをしっかり締めました。


これが椅子についていた備品。


裏返しにしてボルトを締めなおす。


ぐらぐらが直りました。

たまには調節しないとですね。


4月22日

エチュードの会、終了しました。
新人1人を含めて4人、暑い日でしたが演奏も熱かった。

発表会が来月だから、来月もやります。
5月の13日にエチュードの会、そして20日が発表会です。

そういえば、毎年発表会は何時かを電話で尋ねてくる人がいます。
2月頃から連絡が来るのですが、今年はまだ来ていません。

何かあったのかなあ、ちょっと心配になったり。


4月18日

最近はたまにしか行かなくなったスポーツセンター。
私と日が合わなくて、会わなくなったかと思ったちょっと年上60歳代の人。

たまたま会った時、久しぶりに来たんだという話。
聞くと自宅で転倒して大腿骨骨折、救急車で運ばれ入院していたという。

リハビリを一生懸命やって、ようやくスポーツセンターに復帰できた日でした。
「リハビリとトレーニング室とどちらが大変?」
と聞くと。
「リハビリだよ〜!」

人事ではない、60歳過ぎると転倒から骨折する人が増えるそうです。
それでもトレーニングしていた人だから、体力があって復帰できたのかもしれない。

そのまま引きこもりになることもあるという。
人によって体力の衰えは違うけれど、筋力と持久力、そしてバランストレーニングを必要と感じたら始めたほうが良いです。

私が40歳頃、フェスティバルの裏方で椅子の出し入れでバランスを崩してコケそうになった時。
「菊地さん無理しないで、僕らがやりますから。」
その後に。
「もう、歳なんですから。」

ショックでした。
午前中から準備、本番では疲れきっていたのか。
これが体力の衰えを感じた瞬間でした。

あの時からすれば、今はパワーアップしています。
まだまだ老け込む訳にはいかない。


4月12日

曲をゆっくりと正確に弾くことは、とても大切なことでして。
弾きたいテンポで弾いてミスや弾き直しだらけだと、間違える為の練習になってしまいます。
ゆっくり弾けるということは、自分の演奏をコントロールできるための準備が出来ていると考えられます。

それが出来た生徒さんをほめてあげたら、ことの他喜んでくれました。
ゆっくり弾くことの必要性を説明し、練習をしっかりする為にも、睡眠と食事はきちんとしてね、とアドバイス。
以前ドローイング(お腹をへこます)を教えた生徒さんなのですが。

「先生、私お腹へこますのやってるわよ。食事も脳の為にたっぷり糖分とっているし。」
お米ばかり食べていて、他の栄養分を取っているようには聞えなかったので。
「あの、食事は糖質(炭水化物)以外にもタンパク質、脂質、それにビタミンやミネラルもバランスよくとってね。」

糖質も砂糖の量が多いもの、ジュースのようにすぐに吸収されるものは控えて。
長時間もたないし血糖値が上がるからと説明、インスリン抵抗性ができて糖尿病にもなりやすくなるのです。
ゆっくり消化する糖質食品を教える。

「そうなの!知らなかった。」

話が脱線しつつも、(半分は私にもある。)教室終了時間でレッスン終了。
続きはまたね。


4月10日

「イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち」(角川書店)を読んでみた。
ゴルフでは良く知られた症状で、大事な場面で身体の手や腕の特定の部分が痙攣、思った通りに動かなくなる等の症状が現れる。

この本ではイップスになった野球選手とゴルファーの克服体験記が書かれています。

最後の章で、ジストニアとの関連性も書いてあるけれどどうかなあ。
スポーツ選手以外にも理髪師(ハサミを絶え間なく使う)役者、音楽家、書家(書痙という)もこの症状で苦しんでいる。

そういえば私も高校生の時、金管楽器で唇が痙攣して部活の仲間から「菊地の音変だよ。」と言われていました。
熱いスープを飲む時、唇の痙攣でスプーンが震えていたりと、今は症状はありませんが。
たしかこれもあって(ギターに専念したくて)部活を辞めたのでした、思えばこれイップスでしょう。

本を読み終わる頃、急にある人物が私の頭に浮かんだ!

それはアレクサンダー・テクニークのF.M.アレクサンダーです。
役者でありながら、舞台に立つと声が出なくなるという症状に苦しんで、それを自分で克服したアレクサンダー。

断定は出来ませんが、数々の文を読んでいくとイップスの可能性も否定できない気がする。

今では海外の演劇学校、音楽大学で採用されているアレクサンダー・テクニーク。
イップスになったから、アレクサンダー・テクニークが生まれた?

そう考えてしまう私です。


3月29日

エチュードの会で、歳をとるほどウォーミングアップに時間をかけるようになると話したのですが。
火曜日のレッスンでも別の生徒さんに同じことを言ったのでその話。

毎日ギターを持っていきなりバリバリ弾くなんて、いつ指の調子が悪くなるか怖くなってきます。
もう一度痛めたら克服をするのに時間がかかる、それならまだしも再起不能になることもあるのです。
骨はもろくなっているし、軟骨は磨り減ってくるし、靭帯や腱だって劣化していますから。

なんか高齢者専門のギター教室のように思われたりして。
違いますよ!小学生の生徒さんも習いに来ていますから。

例として、私は最近こんなウォーミングアップしています。
いつも同じではなくて、変わることもしばしば。

あくまで私の場合です、各自個人差がありますから。
それにこんなことをしなくても、指がおかしくならないかもしれないし。

まず、ラスギャード、左手でミュートしておきます。

え!と思われるかもしれませんが、指の稼動域をつけるためと、スペイン物では必須だから。

chからamiといってから

chから戻す。

他にも
ch↓a↓m↓i↓

ch↓a↓m↓i↓i↑

p↑ma↓p↓
ゆっくりから、少しずつ速く。

次に左、右手でミュート

4の指を6弦から

1弦まで下ろす、これを3、2、1の指でも。
ここまで昨年から始めたものです。
ちょっと指が疲れたときにやっても気持ちがいいです。

左手だけで押えの練習
ここでは1、3を2弦に

右手にカメラ持っているから、身体がゆがんで指まで変!

つぎに2、4を3弦に

これ以外にも様々な組み合わせを。

次に開放弦、iを3弦にかけて

弾きます、稼動域を大きくして動く方向の確認。
指の弦への当たり具合もチェック。

m、a、chも、何度もやります。
ここまでは、自分の思った動かし方と実際とが、一致しているかどうかのチェックと考えています。

この後に交互の指使い、スピードを上げたりも。
ここまで15分以上かかります。

そしてここから普通っぽく。
オクターブ重音の半音階、スラーの練習。
スケール、アルペジョ

chも練習するようになったし、ゆっくりから始めるし。
あまりにも時間がかかりすぎるので、以前のメニューを3分割にしています。
それでも45分はかかる。

若いときはテクニックをつける練習としてウォーミングアップという考えではなく、スケールだけで1〜2時間はあたりまえでした。
今ではウォーミングアップとして考え、まともに弦に指があたるところからです。


3月25日

エチュードの会、終了しました。
なんか気合が入っていたなあ。

演奏が良いか悪いかよりも、そこから何を考え学び取るかが大事な会です。
次回も挑戦してください。

同じ建物に引越しの挨拶に来られた方がいました。

今時珍しく律儀な方です。
昔なら普通だったことだけど、良い習慣だと思います。
相手の方の印象が良くなります。

引越しそば(引っ越してきましたよ、と店屋物のお蕎麦の出前が来る。)
という習慣(もう死語)があったなあ、と思い出してしまいました。


3月24日

5月開催の第49回クラシカルギター・コンクール。
本選の課題曲のリゾンの泉(コスト)
まだギターを習う前の高校生の時、何気なく入った書店で見かけた「現代ギター」。

こんな雑誌があるのだと数日後に購入、その巻末の楽譜に掲載されていた曲です。
なんかカッコいい曲だなあと思いつつそのまま、出会いからいって記憶に残っている曲でした。

それが本選の課題曲に、という訳で練習しております。

今月のエチュードの会で弾いてみようと思います。


3月20日

音楽の世界で、ストレッチ、クールダウンという言葉が聞かれるようになりましたが、実のところ流行っているのだろうか。
隙間産業のように体育会系が入り込もうとしている気がするのです。

そして「月間ピアノ」という雑誌に今度はヨガ。
バックナンバーを探して読んで見ました。

まずヨガってやったことがない、詳しいことが分からない。
難しそうなポーズを取ったり、かと思えば瞑想とか、これは一緒のものなのだろうか。

その前にこの雑誌を読む人はどんな人なんだろう、特集1を考えても読者層が若そう。
勿論ピアノを弾いている人でしょうけれど。
楽譜が多くて全部ポピュラー系、星座占いがあったりと軽い感じの雑誌。

書いた人が1年前、ヤマハミュージック・メディアから「ピアニストのためのヨガ入門」とう本を出版したから話題になったのだろうか。
4ページくらいの記事ですが、初めて読むとなんかストレッチの一種なのかなと思うような内容。
余計に分からなくなってしまった。

私はパスです。


3月16日

昨日、多摩川を走ってみる。
普通に走れた、もう膝は問題なさそう。

今日、スポーツセンターに行く。
雨が降るとの予報もあったし、午後には検診の結果を聞くのでクリニックに行くから。

検診の日、血圧が高かったから血圧再確認されるのは間違いない。
念のため、ランニングではなくエアロバイク(自転車こぎ)で有酸素運動をする気でした。

有酸素運動をすると、しばらくは血圧が下がるのです。
だますようだけれど、血圧の薬は飲みたくないし。

良く会う86歳になる男性が、エアロバイクをしていたのでその横に。
「もう上で走ってきたの?」
(ランニングコースが大体育室の上にある。)

膝のことを話して、今日はエアロバイクにしたと説明。
「もう歳なんだから、無理しないほうがいいよ。」と。
なんか言われる立場が反対だなあ。

午後に検診の結果を聞きにクリニックに。
結果はパーフェクト、血圧を測ったら上が118でした。
低すぎ、自分で計ってもこんなに低くはならない。

エアロバイクでインターバルトレーニング(普通の速さ→短い時間全力でこぐを繰り返す。)したからか、ハードに心拍数上げすぎたかな?

有酸素運動は、血圧、コレステロールを下げるほか、循環器系や内臓(肺は含まれない、これ以外。)にも良い影響があります。
ストレスも減るし、記憶力もアップします。
それでも暗譜が出来なくなった、歳には勝てない。

筋トレのような無酸素運動も記憶力アップすると言っている音楽家もいますが、残念ながらその効果はありません。
有酸素運動と無酸素運動をバランス良くやりましょう。


3月15日

「ギターぜ〜んぜん触ってなかったわ。」
と、生徒さん。

すかさず
「先生、腹筋教えて、私やせたいの。」
「へ?何で聞くの。」
「だって先生プロじゃない、詳しいんでしょ。」

???プロじゃねえっし。
すぐにレッスンに入りたくないのかな。

「あのね、痩せるのに腹筋なんて効果ないよ。」
基礎代謝が重要で、それを増やすには大きな筋肉から鍛える。
そのためには下半身の筋肉を鍛えたほうが効果が高いと説明。

でも股関節に問題を持っている人だから、スクワットなんてさせられないし。

ドローイング(お腹を自力でへこます。)を教える。
お腹をへこますのが習慣になれば、姿勢も良くなって今よりも痩せて見える。
腹直筋も鍛えられるし、腹横筋や外腹斜筋、内腹斜筋も鍛えられるし。
と私の横腹を指示して、呼吸にもここの筋が使われると説明。

そうしたら生徒さん、自分の背中を触って「そうか、私歌をやっているからここ使うんだ。」
(あの〜、背中じゃないんだけれど。)

腹式呼吸のことを言い出したので、横隔膜や肋骨がどのように動いて呼吸をするのか説明。
お腹をさすって、「そうか、ここがこう動くのね。」
(あの〜、横隔膜ってお腹の前にあるんじゃないのだけれど。)
横隔膜は実際は膜ではなくて、筋肉です。

この話、10年前までの私と同じ。
お腹の筋肉といったらシックスパックの腹直筋だけだと思っていたし。
学生時代管楽器やっていたくせに、横隔膜の場所やどのように動いて呼吸するかなんて見当違いをしていた。
やたらお腹を膨らませたり、へこませたりできれば腹式呼吸しているものと勘違い。

自分の身体だから何もかも分かっていると勘違いしていて、それで説明が理解してもらえないことってあるのだろうなあ。
ギター初心者のように、真っ白な状態から教えるほうが間違いがないのかもしれない。
こりゃ同じように勘違いしている、管楽器や歌の愛好家がいてもおかしくないよなあ。

私がドローイングと呼吸の見本を見せてあげた、その時のお腹の出具合が見えるようにしたからか。
「わ〜先生、ほっそ〜い。」

右指の親指と人差し指を5センチくらい広げて
「このくらいしかないじゃん。」

そんな細かったら死んでしまうわい!
「さあ、レッスン、レッスン!」

別の話で

教室にストレッチポールというのを置きました。
多くのアスリートからも指示されています、TVで疲労回復ジムの特集でもストレッチポールを使うお店があった。

私の使ったことのあるストレッチ系で、一番効果のあるアイテムです。
これを楽器演奏で使わない手はないと思う。

汚れがつかないようカバーが付いて、芯材もしっかりしたものです。
自宅でも使っているけれど、リラクゼーションにも効果あります。

ギターの練習の後に使うと、身体のバキバキ感がほぐされます。
それだけ硬くなって弾いているのかも。

姿勢改善(勿論演奏時)にも効果が期待されます。
興味ある生徒さんはどうぞ、使い方も指導いたします。


3月12日

昨日は日本ギタリスト協会の委員会でした、場所は菊地ギター教室。
自宅からも折りたたみテーブルを持ってきて、人数分座れるように。

この日は9名、発送作業もあるので荷物は全て教室に。
若い委員が最初に到着、本棚にある本を見て「なんですか、これ?目立ちますよ。」

人体の骨や筋肉系が、本棚の端にわずかに置いてあるだけなのに目ざとい。
もしかして生徒さんも気になっていた?

彼が痛いところがあるというので話は聞きはしましたが、スポーツ医学検定に受かったからこそ診断を下してはいけない。
ドクターの資格はないからです。
でも話の様子では、障害とかではなさそう。

人数が揃う前に、まず発送準備。
5月開催の第49回クラシカルギター・コンクールのチラシや案内を揃える。

皆で作業したら1時間を超えたくらいで終わりました。
あとはクロネコヤマトのDM便として発送します。

クロネコDM便、菊地ギター教室で登録しているので送料がメチャ安い。
他の協会の発送もお願いされそうな話まで出てきました。

その後、コンクールの打ち合わせ。
途中、もぐもぐタイム、残り物ですがクッキーの詰め合わせ。
紅茶や緑茶と一緒に、もぐもぐしていました。

中身、もうカラです。

今日は準備した封筒をクロネコヤマトのDM便で発送。
取りに来た顔なじみのドライバーの人が、新しいモバイル端末で使い方が分からなくて困っていた。
前にも困ってたことがあった、機器の使いかたに追いついていけないという。
通し番号の一括入力ができなくて、一通ずつバーコードを読み込むことに。

大変だよなあ、私も頻繁に変わる新しい機器をあつかえといわれたらまず無理。
数日後に参加者と会員の皆さんのところに届きます。


3月10日

膝の痛みも随分治まってきた。
やはりどこかにぶつけたから痛んだようです。

加齢で起こる変形性膝関節症とか半月版損傷とは思えなかったので、病院には行かなかったです。
変形性膝関節症等は時間をかけてなります、60歳を過ぎると膝の障害には気をつけたいですね。
(半月版損傷は1度の外力で起きることもあります。)

今回のように急に痛くなってきたとか、怪我をして出血したり、骨折したりした場合患部のRICE処置が基本。
Rest(安静)Icing(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の意味です。

教室や自宅では痛くなくて、道を歩くと痛い。
坂道では激痛だったので外出の時はサポーターで圧をかけていました。
ギターを弾くときは左足を高くしているから(挙上)、ちょうど良かったかなと。

走るのはまだ駄目だけれど、踏み台昇降をやってみる、もちろんサポーター付き。

これ左脚です、写した自分でもどこの写真か分からなくなる。
コンプレッションウエアの上からサポーター、生脚を写すとキモイのでウエア着用。
実は夏用の肘カバーに使っているサポーター。

40分やってみて大丈夫でした、エアロバイクよりも性にあっている。
上下運動で着地する時の衝撃で、骨や関節を強くできると知っているからそう思うのかな。
エアロバイクだとその衝撃がないので物足りないし、汗の量が違う。

膝にかかわらずどこか身体に故障を抱えたら、発表会や演奏依頼ができなくなるという不安がある。
会場設営とか荷物運びができなくなるから。
誰かにやってもらったらと言われそうだけれど、これくらい自分でできるようにはしたい。

その為には予防が大事、大腿四頭筋(太もも前側)の筋力強化とストレッチが必要になります。
まずスクワットは必須、正しいフォームでしっかり筋肉にきかせます。
他にもデッドリフト、ランジ、正しくやらないと逆に痛める危険性がありますが。

膝や腰が痛くなる前に、同じようにやってみたいという人がいれば指導可能ですよ。

ギター教室なんですけど、仲間が増えてくれたらという期待があるなあ。


3月8日

アメリカのギターメーカー、ギブソンが経営不審に陥っているという。
6日の新聞の記事を読んで「ええ!」と目が点になる。

理由はアメリカの若者のロック離れ。
エレキギターが売れていないのだそうで。

負債額は400億円とかで、今年の7月23日に返済期限だという。

クラシックではないので詳しくはないのですが、アコースティックではマーチンの次に有名なギターだと思う。

そんなことよりもオーディオ機器にも参入していたらしく、日本のTEACが子会社だという。
ギブソンはオンキョーの筆頭株主であり、フィリップスも買収したらしい。

私の使っているレコーダー(ブランド名TASCAM)とカセットデッキはTEACなのです。
TEACって何?と言う方、私が関わったホールに備え付けてある音響機器、(CDデッキ、カセットデッキ等)
「TASCAM」というロゴが入っているものがあります。

コンクールの一次審査でいつも会場入りしてから、コードを繋げたり使い方を確認したりするので、自然とTASCMブランドは目に入るのです。

業務用の音響機器では(多分)、日本中の公共施設で使われていると思われます。
これだけの会社だから生き残っていけると思うのですが、まだまだ予断は許さないですよね。

同じ記事の中に、ギターの材料のローズウッドがワシントン条約の規制対象になっていると。
伐採禁止とか輸出禁止ではないけれど、輸出入に規制が入るみたい。
これから仕入れ値が上がるかも、もしかしたらもう上がっているのかな?

ローズウッドが駄目ならニューハカランダ(本物のハカランダが禁止になって、新しく探したハカランダと思い込んでいる人も)
やココロボ(ウクレレ、アコースティックでは使われている。)があるから大丈夫と思い込んでいる人に。
実はこれらもローズウッド、つまり沢山の種類のローズウッドがあるのです。

もしかしたらハカランダみたいに、いつか伐採禁止になったらギターの横裏の材料、変わるかもしれません。
フラメンコギターに使われるシープレスのクラシックギターが多くなるかなあ。


3月6日

先週の土曜日あたりから、左の膝が痛みだした。
朝家を出て教室に向かう時、坂道を歩き出したら少し痛むので気になった。

その後、教室ではなんともなく、すっかり痛いのを忘れてしまった。
帰るとき、あれ!って感じでまた痛みはじめる。
帰った自宅では、また忘れてしまう。

次の日、また登り坂であれ!
平地になったら少しだけ楽になったけれど、なんか変。
前の日にジョギングで痛めたという記憶は無いし、加齢でなったとしても関節ではなくて膝の表面やや内側だから該当しないだろう。
どこかでぶつけたか、そういえば先週どこかにぶつけて痛い思いをしたなあ。
で、どこでいつ?となると思い出せない(ヤバイ!)

有酸素運動は無理かなあ、走るのは絶対NGだ。
エアロバイク(自転車こぎ)なら大丈夫か確認したくて、昨日の夜スポーツセンターに行って試してみた。
エアロバイクは大丈夫でした、しばらく有酸素運動はエアロバイクだ。

別の話、昨日の朝のワイドショーで「疲労回復ジム」が流行っているとか。
ジムというと筋トレを想像するけれど、1ストレッチ、2自重トレ、3瞑想、4脱力のメニューのジム。
またストレッチポールのジムもあったり。
トレーニングマシンともいえないストレッチになるのか?と思うようなマシンのあるジム。
座ると身体が温まって疲れが取れるというスペースがあったりと。

効果のほどは分かりませんが、日経トレンディで2018年にヒット予想の第3位ということです。
ちなみに1位はマルチAIスピーカー。
どこまで信用してよいものやら。

どこのジムも疲労回復の方法はまちまち。
トレーナー系の人が考え出したアイデアで構成されているのでしょう。
それだけまだ未開発なのだと思います。

疲労回復でジム行くよりも、寝ていたほうが良いかなと思う私。
ぶっちゃけ仕事で疲れて会社から帰る途中、運動やらストレッチよりも、ただ横になっているだけで疲労回復できることを望んでいる人のほうが多いのでは。

精神的な疲れなら、有酸素運動が自分にはあっている。
特にジョギングが好きなのです。
その為にも左膝の痛みが消えて欲しい。


3月2日

教室のポストにこんなチラシが。

多摩川に行く途中の整骨院のチラシでした。

クイズ形式になっているので(興味持たせるには良い手かな。)考えてみる。
下の文を読むと「ではどうしたら○○○○が良くなるのでしょうか?」
「それはお体の左右バランスが崩れていると○○○○がうまく機能しなくなるので、
崩れてしまっているお体の左右のバランスを整えればよいのです。
だから当院では痛い、辛い所だけを診るのではなく、全体のバランスを診て調整していくので
左右が整い、その結果、お体が根本改善されていくのです!!(以下略)

裏を見ると○○○○にはどうやら「バランス」が入るみたい。

う〜ん、変な日本語だなあ。
第一、原因がこれだけだとは思えないし。

書いてある電話番号も多摩区のものではなく、どうみても川崎区のものだし。
どうやら今は接骨院の飽和状態らしい、まだまだこれから増えていくのかも。

中野島から多摩川までの500メートルに接骨院は3つ、そのどれもが電話番号は他の区。
当然、タウンページには掲載されておりません。

クライントさんがいるから成り立っているのだろうけれど、私には全然縁がなさそう。
中野島駅から徒歩5分圏内に、このような接術場所が知っているだけで11あります。
気が付かない内に、どんどんと変わっていく中野島です。


3月1日

レッスン用のギター、いつものギターが戻っています。
臨時に出していたギター、気に入った生徒さんがいて電話で尋ねられました。

自分の2ndギターに同じギターにしたかったらしいです。
音量があるし重厚な低音、かなりハイレベルなギターでした。
ところが思った以上に値段が高いので断念。
(生徒さんのギターより高額。)
残念でした、それでも普段のレッスン用もなかなかの手工ギターですよ。

教える側からすると、このギターのほうがニュアンスが分かりやすくて指摘しやすいのです。


2月26日

昨日はエチュードの会でした。
最近人数は少ないけれど、内容は充実しております。
これから更に気合が入ってくるだろうけれど、焦らずこれからも自分の音を良く聴いて演奏していってください。

生徒さんから私が弾いていると、なで肩に見えるということで。
実は昔はいかり肩でして、両方の鎖骨がV字型になりすぎていました。
(ちょっとコンプレックス)

気にしていて、もうちょっとなめらかな鎖骨カーブになりたいなあと思っていました。
そこでダンベルを使ったシュラッグというのをやっています。
(両手にダンベルを持って肩を上げ下げする。)

肩と首の間の僧帽筋を鍛えるのですが、下げるときダンベルの重みで更に下がる。
僧帽筋がストレッチされるのですが、これは僧帽筋が硬縮しているからでしょう。

下がりきると肩が前にも後ろにもいかず中央のニュートラルな場所に落ち着きます。
だからギターを弾いていて、右肩が前に出なくなったような気がする。(気だけ。)

肩も下がったのだけれど、僧帽筋も発達してきたから、なで方に見えているのかもしれません。
おかげさまで、肩こりとは無縁の生活です。

それと腹筋は全然していないという話。
なぜか→嫌いだから、ここは根性なし満開。
それもありますが、ギターを弾いていると前かがみになりやすいから。

ここで自分の身体で実験してみようと思い立ったのです。
体幹の前と後ろのどちらか強い側に傾きやすくなるので、後ろ側は鍛えているのですが腹筋はあえてしていません。
もとから6パックのお腹は期待してないし。
ワークアウト時に体幹を支える為にローイング(お腹をへこます。)するくらい。
クランチ(腹筋)をするより、自然にお腹を凹ます効果があります。

その甲斐あって、以前より前かがみにならなくなってきた。
勿論意識していないでです。

普段の生活から姿勢が悪かった私。
いつも猫背で首を縮めテレンコテレンコと歩いていましたからねえ。
ギター弾くフォームもどうだったのだろう。

えらい変わりようだと思う、今日このごろです。


2月24日

自分の練習用の椅子、クッションが効かなくなってきたのと体幹のためにと、バランスボードを乗せてみる。
高さ調節できる椅子なので、低めにしてから。

なかなかいい感じ、少し不安定なところが体に良さそう。
最近使っていないので(風邪だったせいもある。)これから忘れないで使うようにするために、目に入るところに置きたいのもありまして。

座ってみたい生徒さんがいればどうぞ。


2月23日

今週も川崎駅に行ったので、今回は駅の反対側(幸区)のラゾーナ川崎の楽器店へ。
川崎区側の楽器店と同じ会社です。

ラゾーナ川崎、平日だからあまり混んでいなくて歩きやすい、5階まで上がって店の中へ。

エレキギターが多いなあ、アコースティックも、クラシックはほんの少し。
それでもラミレスのエステトゥーディオや純国産のギターも、町の楽器店とすれば上々かな。

管楽器もトランペットはバックが並ぶし、サックス、フルートも多い。
私が子供の頃はこれだけの大きな売り場の楽器店って無かったから、ちょっとうらやましくも思う。

入り口にはウクレレがクラシックギター以上に展示されている。

今はウクレレブームらしい、ヤマハ系列の楽器店ではウクレレ教室が必ずあるし。
先生はギタリストが多いらしいけれど、よく両立して教えられるなあ。
私にはまったくのチンプンカンプンで、実は触ったこともないのです。

子供の時ギターをやる前に、ウクレレで様子を見たほうが良いという話を聞いたことがある。
私は2度手間かけたらその分ギターが弾けなくなると、最初からギター。
その時の思いがウクレレを、今でも敬遠している気がする。

好きなことには理解力があってのめり込むのだけれど、ちょっと敬遠するととたんにチンプンカンプンになる性格。

まあ、これだからギタリストになれたのかもしれないですけど。


2月19日

インフルエンザが流行っています。
少しだけ患者数が減ったとはいえ、まだまだ警報レベル。
予防接種した人でも罹患するのだから、相当強力なインフルが猛威を振るっています。

私も先週、体調が悪くなり、もしやと思い17日の土曜日受診しました。
予防接種していないのだから、インフルエンザに罹ってもしょうがないやと開き直って。
熱は微熱(平熱範囲)、頭痛はなし、喉も痛くない、咳だけが出るという症状。

結果は陰性、インフルエンザではなかった。
咳が出るので、咳止めと普通の感冒薬を処方してもらいました。

良かった〜、もし罹患していたら生徒さんに休んでもらわなければならない。
明日は母親を病院に連れて行く日なのに、インフルに罹っていたら通院介助なんて出来やしない。

そんな心配するなら予防接種しておいたら良いのにと言われそうですが、ちょっと気になる本を読んでしまったので。
「ワクチン副作用の恐怖(近藤誠著)」
こういう本って著者の持論展開も含まれるのですが、それでも納得いくこともあります。
インフルエンザに関しても書いてあった。

まあ、ワクチンを打っても罹るときは罹る、インフルでも毎年接種すると数年後罹患率は変わらなくなってくるらしい。
ワクチンは打たずウイルスに接し、罹らない場合もあるし、もし罹ったら免疫力がアップしたと喜びなさいと。
ここが著者の持論だと思う。

私にもそう思えるところがある、罹らない時は自分の体力と健康状態が良いときなのだろうなあ。

おかげさまで咳も少しずつ治まっているような気がします。
ただ薬のせいで眠い!

しばらく体力温存の為、運動をしていなかった。
今週中にでも運動を再開しよう。


2月14日

11日の日曜日はは実家からの帰りに川崎駅の楽器店に。
しばらく楽器店にご無沙汰しているので、クラシックギターがどれだけ置いてあるのか見てみようなんて。

電気屋も入っている商業ビルのかなり上の階、エレベーターで昇っていく。
あったあった、ギター売り場は奥のほうだな。

エレキがいっぱいあって、アコースティックギターの一角に少しだけクラシックがあった。
ヤマハ、レイモンド(スペイン製)が1台ずつ。
知らないメーカーでフロンテーレ(?)が2台。
一瞬、川崎フロンターレ(サッカーチーム)の間違いじゃあないかと勘違い。
この楽器店のオリジナルブランドでした。

観てみると、ナットが接着されている。
値段が値段だからと思いたいけれど、いまだにこういうギターって作っているんだなあ。

私がギターを始めた頃は、町の楽器店でもそういうギターが売っていたけれど、その後は消えたかと思っていました。
高校生の頃バイトしていた楽器店で、8千円か9千円くらいで売っていたギター。

物価からいって、今だったら3〜4万円くらいの感覚かもしれない。
あるメーカーのはサドルの弦溝がV字の溝で(V形の鉄ヤスリで削っただけ)、弦を巻くときキリキリ!と音がしていました。
板は全て合板、それでも日に10本以上売れていた。
売れまくっていたから、常に品薄状態。
当然作りも荒っぽくなるし、狂いも生じやすい。

今リサイクルショップで、ジャンク品として売られているギターがこの頃のギターです。
糸巻き壊れていたり、ネックが思いっきり反っていたり、サドルが無かったり。
それでもナットだけはくっついている、かけていたりもしますが。

価格を安くするのもいいのだけれど、ナットとサドルは取り外しできるようにしてほしいなあ。
調整するにも失敗ができない、勿論素人ではまず調整はしないほうが良いです。

管楽器の売り場を見ると、トランペットなんて一番安いものでもピッチ調整や親指のフックが付いていたりと、昔では割愛されていたものが付いている。
使い勝手のほどは分かりませんが。

ギターも機能的にはそうあるべきだと思うのだけれど。


2月10日

親子でレッスンに通っているお母さん。
まだ始めたばかりなのですが、腰が痛いという。

これはギターではなくて、替わったばかりの仕事が体力を使うのでそれで痛めたらしい。
どんどん悪化していってレッスンを休むも、とうとう痛みに我慢ができず病院で検査をする。

教室に来て報告してくれました、診断は腰椎椎間板ヘルニア。
前かがみになると痛い?脚とか臀部が痛い?と訊くと
「痛い」

町医者でレントゲンだけでの検査だから、ヘルニアがどのくらいの状態だか分からない。
手術も視野に入れています、その時は大学病院ですが。

MRIで検査しないと、椎間板の状態は見えないのです。
仕事もしているから家では少しでも安静にしていないと。

「無理しないで、良くなるまでレッスンは休んで。」
それでも本人は身体を動かすのが好きらしくて。
「ホットヨガっていいかなあ。」

「ダメ!まずは安静にして、MRIで検査して今どんな状態か見てみないと。」

今日も来て(レッスンではない)報告、少し楽になったようです。
でもまだまだ安心するには程遠い。

スポーツ医学検定を受けて良かったと、このような時思います。
素人判断で勝手に運動をやったりして悪化させることがありますから。

昨年受けた第2回スポーツ医学検定、第1回より難易度が高かったのではと思います。
合格したのは柔道整体士、トレーナー、整骨医の方々が多いみたいです。
普通の人は不合格の方もちらほらと。
(それでもスポーツに関わっている。)

私の場合は音楽だけれど、指導していて生徒さんの体の不調に反応できるようになると良いなあと思っています。


2月7日

音楽家のくせにスポーツの知識も増えていく私。
最近「イップス」という症状を知った。

元はゴルフから始まったらしいけれど、スポーツ全般に起こるというので調べてみる。

たとえばゴルフのパター(私は良く分からないけれど。)で優勝がかかった時に手が震えて打てなくなるとか。
野球でピッチャーが投げようとすると途中で腕が動かなくなる、もしくは地面に叩きつけたり暴投等の意思とは裏腹のパフォーマンスをしてしまう。
どうやら脳の問題でもあるようだ。

ネットで調べると、楽器演奏にも現れると書いてもある。
楽器ならばピアノの鍵盤の上で指が動かなくなる、管楽器で息が出なくなる、震える等。
これは人事ではない、もしかしたら知り合いにいたかも。

まず「イップス」に関連した本を探して2冊ほど読んでみる。
どちらも野球が専門の人が書いたと思われるのだが、2015年と2017年発行の本。
ゴルフではかなり昔から知られているというのに、書物ではつい最近になっての出版です。

読んでみると
なりやすい人→完ぺき主義、外交的、緊張しない人。(これは意外だ!)
なりにくい人→ある程度いい加減、内向的、緊張しやすい人。

私はなりにくい部類に入るかもしれないなあ、いやそうあって欲しい。

ジストニアとはまた違った症状だけれど、やはり脳や精神からきていると思われる。
ギターを教えているならば、知らないより知っているほうが良いに決まっている。

脳神経、運動の生理学、スポーツ医学の知識が必要になるかも。
何か私の今までの経験が生かされてきそう。
これから「イップス」関連で、分かることがあったら調べていこうと思っています。


2月5日

昨日は日本ギタリスト協会の委員会とコンクール1次審査。
会場に行く途中、長年使っていたJRカードのsuicaの取替えをしました。

長年使っていたsuicaが改札口で読み込めなくなり、「みどりの窓口」で取り替えてくださいと。
教室のある中野島には「みどりの窓口」がないので、途中下車する武蔵溝の口の「みどりの窓口」に。

残高を新しいものに移し変えようにも、「みどりの窓口」の機械でもなかなか反応しない。
職員が四苦八苦、ようやく反応してくれて新しいsuicaとお取替え。

新しいsuicaを改札口にかざすと、今までよりも早く反応してくれる。
そして会場のある水天宮前に。

50周年になる日本ギタリスト協会の記念誌を作ろうという話があります。
記録を調べるために、途中からですが私が会員になってから会報誌であるギタリストノートを引き取ってもらいました。

会員になった昭和57年から、ず〜とバックナンバーを溜めていました。
実はこの溜めるのを止めたいと思っていたのですが、続けてしまうと止められないのですよね。

これが良い機会だと思ったので、手放すことに。
少しでも役に立てるのであればと、絶好の機会です。
渡して何かすっきり。


2月1日

雪がいつまでも残っています。
それなのに今夜から、また雪が降るという予報。

教室の暖房、エアコンに電気ストーブとヒューズが飛ぶかもしれないギリギリのところで稼動しています。
そんな折、生徒さんからサーキュレーターを勧められて、言われたものを購入。
部屋の空気をかくはんして暖かくなる、電気代がこれでかなり節約できるとのこと。
昨日届いて使用してみたけれど、割と暖かい日だったので効果のほどは感じられませんでした。

エアコンに向かって斜め下から送風するらしいです。
これから雪になってまた寒くなってから、威力の程を実感できたら嬉しい。


1月23日

昨日関東は大雪でした。
交通機関がマヒするので、早く帰宅するようにと天気予報では言っていましたが
そんな中、武蔵野市民文化会館での「ショーン・シベ・ギターリサイタル」に行ってきました。

完売御礼のコンサートですが、大雪で客足が遠のくかもしれない。
イギリスから来日する演奏者のためにも雪が降ろうがこれでひるむ訳にはいかない。

お昼ころから大量の雪、中野島駅から次の南武線があと20分くらいで到着というアナウンスが聞える。
(駅に連接しているので窓を開けるとアナウンスが良く聞えるのです。)

間引き運転しているからこの電車に乗ってゆとりを持とうと、予定よりも1時間早く教室を出ました。
結果はいつもの時間くらいに会場到着、いつもの2倍くらいの時間がかかった。

予想以上に客席はまばら。
半分どころか4分の1くらいしかいない。

大雪で会社帰りの人は駅の入場規制があったりしたらしい。
私で2倍の時間がかかったのだから、いつも会社終了時刻に会場に向かう人には無理だったと思う。

開演になり奏者が登場。
スコットランド人の父、母親が日本人ということがあって黒髪でイケメンの若者でした。

写真で見るよりも好印象。
体つきがあたかも筋トレしまくっていると思わせる大胸筋は、背広で隠れている。

雑誌で見る体型からパワフルな演奏が聴こえると思いきや、音量は控えめで非常にデリケートな音楽でした。
細かなニュアンスが独自でもありながら、自然に引き込まれていく。

全体に音量が少ないので、そこに不満を持つ人もいたかもしれないけれど
個人的には最近こういう演奏に出会わなくなったなあと思いながら、大雪のなか聴きにきた甲斐があったと満足。

帰りは雪のなか、いろいろアクシデントに見舞われながらなんとか帰宅いたしました。


1月19日

昨日帰宅したら、昨年12月に受験したスポーツ医学検定機構事務局から封筒2通が届いていました。
早速開封してみると合否の結果でした。

3級と2級どちらも合格、A4サイズの合格証が封入されていた。

合格すると思っていたけれど、やはり通知が届いてみないと安心できないですね。

ギターの演奏や自分の健康の為に、身体に関することには興味があって知識は取り入れていたけれど、これがスポーツという形で実力を試せる良い機会でした。

1級のテキストが今年度に発刊されるようです。
受けるかどうかは分かりませんが、テキストだけは手に入れて勉強してみたいです。

多分、テーピングやマッサージのことも内容に入ると思う。
そうなると現場に関わらないとまったくのお手上げかもしれません。

指や手が故障しない為のメンテナンスに参考になるかなあ。
それなら気合が入ってくるのだけれど。


1月18日

風邪をひいている生徒さんが多いです。
教室に入ってくるとマスクをしているのですぐに分かります。

風邪になっても仕事に行って、帰りにレッスンを受けにくる生徒さんには頭が下がります。

会社に行っていると、社内や電車の中にでも風邪をうつされる確立が高くなりますね。
日ごろから手洗いうがいが大事なのでしょうが、かかるときはかかるし。

私も罹患しないように、気をつけます。


1月14日

検診に行った時、インフルエンザの患者で待合室がいっぱいだったので、もしかしてうつされるのではないかと心配しておりました。
おかげさまで3日たっても何でもないから大丈夫でしょう。

病院に行って病気もらってきたら情けないですからね。
この一週間これといったワークアウト(トレーニングのことを本来はこういうらしい)をしていないので、体力温存として効果があったのかも。

過去2回ほど正月人と会っていない時期にインフルエンザ発症したことがある。
考えてみれば時間があるからと多摩川を長距離走っていて、体力を使い切って免疫力が低下していたのかもしれない。

その経験を踏まえ、インフルエンザが流行っているときは逆にワークアウトを控えたら発症しなくなりました。
今回はインフルエンザを考え検診後3日くらいは体力温存です。

昨年予防接種しにいったらワクチンがないと言われ、検診の予定日だけを決めたのですがピーク時とドンピシャ。
体力がない時にあの待合室で待っていたら、もしかしてうつされていたかもしれない。
そうしたらレッスンを休講しなければならない。

まずは一安心、明日からまたワークアウト再開です。


1月11日

午前中、胃がん検診で胃カメラ。

1月の始めは病院は混んでいるのです。
特にインフルエンザがピークらいしので、マスクをして診察室にいる人が多い。

胃液を抑える薬やら、喉の麻酔をやったのになかなか先生が来ない。
麻酔消えてしまうのじゃないかと不安になりながらも診察台の上でのんびりする。

1時間以上たってようやくでした。
モニターを見ながら鼻から入れて、喉、食道、そして胃に。
十二指腸も通過して、もしかしたら小腸にも少し入ったのかな。

結果は異常なし、きれいな胃だということでした。

一ヵ月後に血液検査と大腸がん検診の結果を聴きに行きます。
何も問題ないとはいっても、それに慢心せずに体調管理はこれからもしっかりとやっていきます。


1月10日

昨日は通院介助で実家に
今日はクロネコヤマトの集金日で教室に待機。
明日は午前中、検診で胃カメラです。

3日間ギターは弾けるけれど、運動は休止中です。

検診X線での肺がん検査は問題なかったし、多分胃も問題ないでしょう。
胃がん検診はこれから2年おきになるということで、今年受けたら次回は再来年ということになります。

まあ2年ごとに検診にいっているので、いつもと変わりは無いことになります。

検査結果に問題がなくても、急に病気になることもあるから無条件に安心はしませんが。
検査しなかったために、後で病気が見つかって困らないように行ってきます。


1月3日

新年明けましておめでとうございます。

正月だといっても何も変わっていません。
教室には普段通りに来て練習しているし、多摩川を走ったり。

中野島町内を歩いても、元旦と2日は人通りが少なかったけれど今日から平日のような人の多さ。

レッスンのない分時間があるので、昨年手に入れて読んでいなかった本を読んでいます。

年始めは音楽の教室なので、やはり音楽の本を・
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの「正しいクラヴィーア奏法 第二部」

第一部は数年前に読んだけれど、その時は第二部は見つからなかった。
第一部は2013年発行、この第二部は2014年10月の発行。
出版されないのかなあと、諦めて探すのを辞めた直後に出版されたようです。

読んでみると、全て数字付き通奏低音の解説だけみたい。
クラシックギターには必要ないけれど、バロックの作品演奏には参考になります。

読むだけでは駄目で、使いこなすまでにはかなり時間がかかりそう。
勿論私は通奏低音で伴奏の機会なんて無いから読むだけ。

情報不足というか怠慢なのか、こういう本が出版されていることを知るだけでもかなり歳をとってしまった。
インターネットが発達したおかげで知ることが出来たけれど、学習しなければならないことを探すところから大変で。

まだまだこういう本が出版されるかもしれない。
たまにはネット検索しておかないとです。


2017年

12月31日

今日で今年は終わり。

全然年末らしくも、明日から正月という雰囲気がない私。
母親のショートステイ先に忘れ物を届けたり、川崎駅に出たついでにランニングシューズを物色してみたり。

帰ってきてから正月からの練習を新鮮にしようかなと、ギターの弦を張替える。
本当は単に弦がボロボロだから取り替えるべきで、それにしてもフレットが弦のあたる部分凹んでいるなあ。

年初めのレッスンはいつも適当、来年は5日から予約が入ったのでこの日からです。

では来年もよろしくお願いします。


12月30日

ベアフィットランニングシューズ
まだ50キロも走っていないのに、靴底に穴が。

左右の端のソールが擦れて更に生地にまで穴が開いてしまった。
これを見てここから着地しているのが分かる。
フィアフット着地なら、まあこのあたりからでしょう。

なんて感心しているところではない。
amazonのレヴューでも、耐久性が無くなったと指摘されている。

でも大手メーカーが撤退している中、これは貴重だと思う。
きっとどこでも耐久性に問題があったのかも。

形あるものいつかは無くなると考えれば、再度購入してリピーターになっても良いかと考えています。

いつかは無くなる、ということで。
今年ギター歴史研究家のマターニャ・オフィー氏が亡くなりました。

Orphee出版も運営していて、個人経営みたいだったからもう手に入らなくなるでしょう。
欲しい楽譜は入手済みなので、慌てることはないのですが。
まだ完結していない(入荷されなかった?)シリーズがある。

ロシアン・コレクション(全7巻)の3巻がまだ未入荷だと思う。
他の出版社でも途中で頓挫したシリーズもあるので、もう慣れっこだけれど。

出版社だっていつかは無くなるだろう、特に個人経営は。
まあ前向きに考えて、その分新しい作品が作曲されて出版会社設立の枠ができたと考えたいですね。


12月29日

昼にショートステイ(母親の数日泊まりの施設)から電話があり、ちょっとトラブルがあった。
最近教室に介護施設からの連絡がよく入るようになる。

一番確実に連絡できるところなのと、多分メインの連絡先に教室を指定してあったのかもしれない。
年末には施設に行かないと。
だんだんと介護関係に慣れてきた年であります。

他に今年何があったかと考えてみる。

まず第一に日本ギタリスト協会の委員長を辞められたこと。

他に何があるだろう、う〜ん。

演奏の仕事は別として

そういえば、今年は初めて楽譜を買っていない。
30歳から買いまくっていた時期があるけれど、10年前には必要なもの(必要でないものも)は揃いつくした感がある。
この歳になって、ギタリストとして持っていない(自分の欲しい)楽譜がいくつもあったらまずいよなあ。
これからは新譜で必要なものが出版されたら買いますが。

スポーツ医学検定という試験を受けたこと。
これはもう高校生以来の試験ということで、すごい新鮮だった。
音楽以外で勉強するなんてどういうことか、もう忘れていた。
マークシートなんて試験会場に行って初めて知った。
合否結果は来年1月中旬です。

市民救命士の講習を受けたこと。
スポーツ医学にあたって、AEDの使い方とか緊急の事態のことがあるので受けてみないと、と思ったから。

あまり大したことないなあ。

さて来年はどうなるか。
全然考えていないのですが、あるとき急にひらめいて行動を起こすかもしれません。
それを楽しみに来年を迎えたいと思います。


12月27日

昨日は日本ギタリスト協会の委員会。
委員長を退任して初めての委員会です。

委員長退任。
ギター関係そして協会会員に公表するのに時間がかかるので、いままで書かないでおきました。
今日あたりで公表終了でしょう、これからは委員の一人として会を盛り上げていきます。

このコーナーを読んでくれている方には理解していただけると思います。
やはり親の介護や、身内の体調を考えると委員長はもう無理かなと。

委員長辞めた分、教室のことに集中したかった。

余計なものを増やさず、時間を有効的に使えるようにしないと。
だんだんと物事の処理にのろさが出てきているようなので、テキパキと動きたいですね。


12月23日

生徒さんにはご迷惑おかけします。
レッスン用のギター、しばらく使えないので別のギターを用意しました。

そうはいってもいつもの手工ギターよりもかなりレベルアップ。
1台はレッスンで私がよく弾いているギターです。
当然音も良くなると思っていたのですが。

2台とも個性があって音色がまちまち、人によって音がか細くなったり逆に鳴りすぎたり。
弾いている生徒さんも面食らっているし、教える側も混乱するくらい聴こえ方が人それぞれ。
2台とも弾きやすいギターのはずなのに。

これならいつものギターのほうが安心してレッスンできる。
これといった特徴がある訳ではないけれど、レッスンではその方が良いのかも。

レベルの高いギター→誰にでも良いギターではないという事でした。

いや、本当にご迷惑おかけしております。


12月19日

ベアフィットランニングシューズというものを手に入れました。
素足感覚で走れるというシューズ、つい1週間くらいまえに存在を知ったのです。

靴底0.5ミリという薄さ、こんなものが作られるようになったんだ。
書籍「BORN TO RUN走るために生まれた」の影響があるのだろうか。
TVドラマ「陸王」では似たようなシューズが出てくる。

従来の踵から着地する走り方ではケガをします。
走り方を良くするとかいうけれど逆で、走るフォームが良くないと足腰と膝への負担が強くなるのでは。

つま先から着地するフォアフットの出来る人でないと使えないと思う。
ともあれ私は地面に踵が触れないフォアフット走法なので問題ない。

今朝これを履いて走ってみました。
感想は自分には合っているようだ、地面の感触がよく伝わる。
ふくらはぎの筋肉に少し負荷がかかるけれど、慣れれば気にならなくなる程度。

昔、小学生低学年の時の運動会で、毎回足袋(たび)を買って走っていた記憶のある方もいると思います。
私もそうですがいつから運動靴に変わったのか、小学校側からの指導があったのだろうか。

あの時どのような走りをしていたのか、もう知る由もない。
ただ踵からだけで着地していたら足袋なんて使えない。
その時の記憶がこのベアフィットシューズにたどり着いたような気がするのです。


12月15日

10日に受験した「スポーツ医学検定」3級の問題に、解答番号を間違えましたと主催者のHPに書かれていた。
見たら私が間違えたものの一つ、運よく正解になりました。

これで60問中正解は59問。
正解が1問増えたという喜びもあるけれど、あと1問で全問正解だったのにという悔しさも。

でも3級の出来を考えれば、2級のふがいなさのほうがもっと悔しいなあ。
これではまだ実施されていない1級の試験なんて、合格とは程遠い。

短い時間の勉強でしたが、演奏にも良い意味で知識が増えました。
肩の痛みの考えられる原因。
立ち方、座り方で誘発される腰痛の種類。
演奏会当日の食事、栄養の取り方。(これは知らずに自分でもやっていたので、少し驚く。)

スポーツと同じとは言わないけれど、他にも参考にすべき点が見つかりました。
1級の検定試験が決まったら受けるかどうか、ボケ防止には良さそうだからテキスト等が出版されたら勉強だけはしたいです。


12月13日

第2回スポーツ医学検定受けてきました。


同じ日、相模女子大ではTOECの試験もあったようで門の入り口に看板が出ていた。
・・・で、スポーツ医学検定はというと、何も出ていない。

入り口の守衛さんに聞いて、教えられた通りに学校の奥にあるグランドを超えると建物の入り口に「スポーツ医学検定」の看板があった。

開始20分前に試験の説明があり「皆さんマークシートは慣れていると思いますので」と試験官が言う。
んなこと言われたって、私は生まれて初めてだよと思いつつも、まあ経験してみよう。

まず3級、全てテキストから出題されるというのだがやってみると。
1問だけテキストにはない問題が。
まったく知らない資格のところにチェックを入れる。

終わった後は疲労感でぐったり。
試験自体が久ぶりなのと、テキストからだけという試験の内容だったら、もしかして間違えたかもという不安。

休憩して2級の試験。
3級よりも人数が多いし、体育会系のお兄さんやインストラクターのような女性も多い。

始まってまずオリンピックの種目と競技ルールの問題。
ゲッ!ラグビーワールドカップの試合人数は、なんて分かるわけないじゃん。

3級の試験で集中力が欠けている。
問題を良く読まないとひっかけ問題でミスするぞ。

内容は、ケガの種類をテキスト内容のあちこちから複合して判断するものばかり。
文例のなかの単語一つがあるかないかだけで×となる。

ひっかけ問題のオンパレード。
テキスト内容とは関係ないものも。

更に「4者択一」とホームページに書いてあるのに、実際は4者から複数選ぶものも。
集中力が完全に途切れた後半に5問あった。
問題中「適切なもの」の後に「全て」という文字を見落としてしまった、おかしいぞと思ったのだが。
帰ってから問題を確認してから気が付いた、もうメチャクチャだった。

集中力が途切れて出題の文章もよく吟味できなく、時間ギリギリで不本意な出来だったというのが正直な感想です。

そして今日、解答が発表されて確認してみる。

3級は余裕で大丈夫。
テキストにも書いていない資格にチェックは○

2級も合格解答率からすれば合格かも、主催者がわざと合格回答率を上げなければですが。

ひさしぶりに頭の体操みたいなものを経験しました。
ボケ防止にはものすごく良いです。

3級と2級問題のいくつかは、健康志向のシニアが知っておいて損はない内容です。
楽器演奏にも応用できるものも。

そう思えば不合格だったら再度挑戦する気にはなります。


12月9日

明日はスポーツ医学検定の試験日だ。
受験する人は、スポーツ施設に関係する人や、インストラクター、トレーナーの人たちばかりでしょう。
部活の顧問の先生もいるだろうけれど、そんな中私みたいなのは部外者かも。

久しぶりの試験です、ワクワクドキドキでちょっと楽しい。
高校生以来の筆記試験。
ギターしかやって来なかった人間にとって、マラソン大会と同じで新鮮な気持ちになれる。

ギター愛好家でコンクールに出場する人も、同じような気持ちを持っているのかも。
結果だけではなく、普通一人ではできない経験を自分から挑戦する。

マラソンもそうだけれど、出場するにはそれなりの準備と最後まで完走(完奏)できる能力が必要。
これをクリアしようと、毎日の練習も楽くなってくる。

上達しようとレッスンに来る生徒さんたちの気持ちが分かる機会です。
明日は楽しんで受けてきます。


12月5日

今年5月中旬、TVのニュースでスポーツの医学に関する検定試験が終了したと放送された。
なになに?ってちょっと興味がわいてしまったのです。
12月にも試験があるというので教室に着いてからネットで調べてみる。

一般社団法人日本スポーツ医学検定機構という団体があって、ホームページを見てみる。
5月が第1回目で3級と2級が行われ、12月に第2回目の検定が行われるらしい。

3級(ベーシック)スポーツ選手自身、成長期の選手の保護者、部活のマネージャー
2級(アドバンス)スポーツ指導者、部活の顧問、スポーツ系/体育会系の学生
がおすすめとのこと。

1級は来年らしい。

この検定機構のコンセプトに「スポーツのケガを減らし、笑顔を増やす」とある。
指の調子の悪い生徒さんの為にも、スポーツを楽器演奏に置き換えて「楽器演奏のケガを減らし、笑顔を増やす」でも良いなと思った。
楽器演奏者もある意味、身体を使うアスリートともいえるのですから。

練習問題をやってみて、3級は全問正解、2級はスポーツ専門の障害なので全問正解とはいかなかった。
でもやってみる価値ありそう、だって音楽医学検定なるものがないから。

公式テキストがあるので取り寄せる。

一読する、何か合格しそうな気持ちになってきた。
逆に取り寄せ早すぎたかな?
いやいや、こいうのに限って失敗してしまうので気を引き締めないと。

とは言いつつも、自分の過去の演奏による肩や腰の障害、ランニングでの足底健膜炎のことが説明されていて、もっと早く教えてよ言いたくなってしまった。
つまり楽器演奏による障害にも参考になる部分あり。

12月10日(日)が検定ということで申し込んでみる、まずは3級と2級併願で。
11月中旬に受験票が届きました。

東京、神奈川の3会場の中から、自宅に近い相模原会場(相模女子大)に決めました。

勉強途中、他のスポーツの生理学や栄養学等の書物に飛んでしまい、今になってテキストに戻ってあせっております。


12月3日

エチュードの会も無事に終わり、今回は新しいアンサンブルの曲の練習でした。
パートを決め少し練習、合わせてみれば初回でリズムもバッチリ。
これから回を重ねるごとに音楽の打ち合わせをすれば大丈夫。

独奏を披露した後に、楽しくアンサンブルでしめくくる会って菊地ギター教室ならでは。
時間が合わなくて参加できない生徒さんも多いのですが、
次回はもっと参加人数が増えればいいなと思っております。


12月1日

小学生の生徒さん用に、レッスン用としてブリッジ側のサドルを低めにしたギターを用意しておいたのですが。
高学年になり手もしっかりする時期なので、これからは普通の高さのギターに。

また元の高さのサドルと入れ替えようと思ったのですが。

元のサドルがみあたらない。
どこにやったのだろう。

サドルを入れている袋に入っていない。


これはもう作り直すしかないなあ。
ということで幅の合うサドルを選んで作り始めました。

全てをヤスリで削っていくのは面倒なので、糸鋸で大方の高さに切っていったら・・・

途中で骨折、医者だったら治療ミスだよなあ。
元は動物(牛か豚)の骨ですからね、もしかしたら骨粗鬆症だったりして。

もう一本同じサイズのがあったので、今度は最初からヤスリがけ。
万力で挟んで鉄やすりをかけていく。


今度は事故らず、上手く出来ました。

治療終了。

終わった後の掃除がてら、教室全体も掃除機をかけました。


11月30日

自宅に置いてあったバランスディスクを教室に持ってきた。
家だと全然やらないから。

床に置いて

もっぱら片足立ちしかしない。

何の効用があるかというと。
普通の人なら運動でバランス能力を高めるのでしょうが

私の場合、道を歩いていてこけないようにするくらいかな。
やって分かったのは左足より右足のバランスが悪い。
あと、ギターを弾くとき足裏の床面の意識が少し増したかな。(気のせいかも)

ちょっとした気分転換には良いかも。


11月28日

最近、健康に関した事ばかり書いている。
というか体育会系のことばかり、音楽のHPなのに。

今回は最近(?)なぜ身体、健康ばかり書くのかということを説明したいと思います。

長年ギターの先生をやっていると、指に故障を抱えてしまう生徒さんがいたりします。
(実はアマチュアよりもプロのギタリストのほうが圧倒的に多い。)

プロの場合はやはり仕事に支障が出るので、原因を解明しようとしたり指の治療を始めます。
中には原因が分からない、良くならないので演奏を断念したり。

プロの場合は個人に任せるしかないのですが、自分の生徒さんが抱え込んでしまった場合どうするか。

自分の場合肩が痛くて、医者に行っても痛み止めとか注射しか勧められなかった。
原因を解明したくてもきちんと見てくれる医者ばかりとはいえない。

30年くらい前にも、右指が弾き始めたとたんに跳ね上がってしまう生徒さんがいました。
今ならもしかしてフォーカルジストニアだったのかもしれません。

でも当時はジストニアなんて言葉もなかった。
治らない生徒さんを見て、平気でいられる先生っているだろうか。

自分自身も20年くらい前、右の親指が調子悪くなってきたときがあり、あのときは真剣にどうしたら治るかと自分の身体を観察した。
そうしたら指ではなくて腕の部分(今では親指の筋肉部分と分かった)ではないかと、マッサージを始めて音階をゆっくり練習すること数ヶ月。
アレクサンダーやフェルデンクライスも医者に見離されて自分で自分を観察して克服したのと似ている。
当たり前だけれど、医者で問題解決出来ない時ほど自分自身を見つめなおすしか方法はないと思った時期でもあります。
そして音階練習の大切さを痛感。
今では何の問題もないのは運が良かったのかも。

指が悪くなるとその部分しか見ない人が多いけれど、身体全体を見ないと治るものも治らないこともあるのではないかと思うようになりました。
ギター弾きの故障に関する知識が欲しいと思ったのがこの時期。

そして今年、指の故障でリタイヤした生徒さん生徒さんがいます。
病院をいくつも渡り歩いて、ようやくMRIで小指の支えている膜の断裂が判明。
手術しかないらしいけれど、もとのようには動かなくなると。

MRIがない病院では見てもらえないし、あってもMRIを使用してくれない。
(彼はそうだった、激痛でようやくMRI検査をしてもらえた。)

またギターを再開して欲しいと願いつつも、医者ではないから治療はできない。
これだけ楽器の指導している立場なのだから、少しでも分からないでは済ましたくない。

コツコツとですが、人間の生理学、解剖学の知識を得ようと勉強中です。
以前の教訓で、指が調子悪いからといって指だけを、腰が痛いからと腰だけを見るのではなく、身体全体を見るという考え方で。

自分自身にも必要だし。
知識だけでは使い物にならないので、自分の身体で理解しようと筋意識を高めるように運動したりと・・・なんてね。
「ち〜が〜う〜だ〜ろ〜」という声が聞えてきそう。
これは自分を正当化しようとしていますね、はい100パーセント趣味です。


11月27日

昨日は母親のショートステイの施設に。
ちょっと問題が起きまして、というかまあ私どもの不手際があったからですが。

その為だけに出かけるのも何ですから、ついでに川崎区にある「かわさき健康づくりセンター」トレーニング室初回講習会に行ってきました。
実家に近いからもしかしたら使うかもしれないので。
決められた日に1回講習を受ければ、この後平日でも使えるし。

集合時刻になって書類に必要事項を書く、説明を受けるのはこの日6人。
氏名、住所、電話番号・・・そこから登録証を発行。
同じ川崎区の「カルッツかわさき」もそうだけれど、個人情報をしっかりと書く公共施設もあるのだなあ。


この後トレーナーの説明を聴く。
こういうのはマシンの使い方ではなく、入室前の注意事項、マシンを独り占めしない、有酸素運動の順番待ちの方法だとかの説明。
正味45分くらいで終わりました。

説明が終わったら自由に使ってください、分からなければ説明しますとのこと。
とはいってもマシンの数が少ない!
トレーニングしている人たち、年齢高めの人が多い。

使い方もフォームとか分かっていなさそう。
まあ「健康づくり」という施設だから楽しくやれればいいか。

私が最初にやったのはチンニング(懸垂)スタンドでのチンニング。
ここにはラットプルアダウン(バーを上からひき降ろして背中を鍛える)がないから。

次のマシンに行ったら、トレーナーが来て「あれだけのチンニングが出来るなら、もう説明する必要ない方ですね。」と言われる。
似たようなこと、カルッツかわさきでも言われた。

チンニングってフォーム維持がすごく難しいのだけれど、専門家からするとそれだけ実力を見分けるものなのか?

マシンの使い方を教えてくれたけれど、全体に古いらしく(トレーナーは化石ですよと言っていた。)
若いトレーナーにはもっと新しい設備の中で仕事したいだろうなあ、なんて勝手に想像してしまいました。

ランニングマシンで有酸素運動を終えてストレッチ。
ストレッチコーナーにある道具、私が持っているのと同じものばかり。
ストレッチボード、ストレッチポール、それに

マッサージボール

バランスディスク

カミさんに話したら「そこ行く必要ないじゃん。」と言われた。

そうかもね。


11月20日

アレクサンダー・テクニークとフェルデンクライスは、身体の使い方のメソッドとして海外の音楽大学でも取り入れられているそうですが。
最近、ディスポキネシスという楽器に特化したメソッドを発見。
書籍としては出版物がない、HPを見ると東京芸術大学の博士学位論文にもあったり。
人体の筋肉や骨の名前に詳しくないと意味不明になるかも。

楽器演奏で名が知られているのがこれで3種類、これからも増えてくるのかな。
増えれば増えるほど、どれが(その人にとって)良いものなのかで迷ったりして。

いっそのこと何も知らないほうが気が楽だなんて考えもある。
身体に痛みや緊張が無く、練習時間が思うように取れないアマチュアの方だったら、まず堅苦しく考えず楽しむこと。

かといって私個人では、練習量からくる筋肉の緊張や痛みに無縁だった訳ではありません。
現在は(楽器とは関係なく)運動トレーニングで痛みから解放されてはいます。
その間に得たトレーニング知識が楽器演奏に役立っている、勿論生活の中での身体の使い方にも役立ってはいますが。
体力もついて、健康になって、更に楽器演奏も楽になるなんて一石三鳥なのだから良いでしょう。

ディスポキネシスか、言い辛いなあ。
いつまで名前を憶えていられるか、記憶力が良くなるメソッドのほうが欲しい。
そうそう、ランニングのような有酸素運動と筋トレの無酸素運動、どちらも記憶力がよくなるそうですよ。
もしかしたら一石4鳥かもしれない。


11月13日

実家の兄からのいただきもの。
子供の時(小学校に行く前)たまに食べていた、追分まんじゅう。

川崎区に追分という場所があるのですが、そこに古くからある「追分まんじゅう」(店名)のまんじゅう。
食べてみたら、昔とちょっと違っているみたい。
簡単に言うと美味くなっている。

以前は和風の餡子の入ったまんじゅう、蒸篭(せいろ)で蒸していたものをお客さんの注文ごとに黄な粉をまぶして販売していた。
暖かいうちに食べる、さめたら蒸かしなおしなんて黄な粉が溶けるのでできない。

当時は電子レンジなんてものは無かったから、近所の人しか食べられない。
黄な粉が溶けないように、今時めずらしく木の「きょうぎ」で包んでいる。

カミさんが一つのまんじゅうの大きさにびっくり。
私が「追分まんじゅうの食べ方はね。」と懐かしみながら説明しました。

で、今は電子レンジがあるので暖めてたべました。
食べたら皮が薄くなって餡子がたっぷり、55年前の記憶よりも美味しくなっておりました。

お茶がないとむせやすい、食べた後黄な粉がテーブルに飛び散っている。
お世辞にも品よく食べられるまんじゅうではありません。
でもそこが懐かしかった。

人知れずひっそり営業している、地域限定のお店です。


11月11日

今年は夏くらいから走るのが激減していた。
雨の日が多く、時間もなく走っても短い距離(5キロ)。

知らぬ間に体重が増えてきた、これはまずいなと感じ始める。
天候も良くなってきたので、距離を増やし始めなのですが。

8キロそして次の日10キロ、そうしたら自転車転倒したときの右膝が痛み出してきた。
膝蓋骨(ひざのお皿)の靭帯かな?

今日は休んでまた距離を短くしよう。
こういう時は無理をせず、かといって止めたりせず、段階的に復帰していこう。
こんな時の為にスポーツの医学、生理学、栄養学の本を読んでいて良かったと思う。

まあ、演奏自体には何も支障が出ていないのだから、良しとしましょう。
普段の生活での外傷がきっかけで、楽器が演奏できなくなることってあるのだろうなあ。
気が付かないうちに、身体の使い方が悪くて演奏に支障がでることもあるだろうし。

最近、楽器の練習で身体を痛めるよりも、それ以外のことで演奏に支障が出るようなことが多いのかもしれないと思っているのです。


11月10日

消防署で「市民救命士」の普通救命講習を受けてみた。
どういうことかというと、心肺蘇生の胸骨圧迫やAEDの使い方の講習です。

最近の自分にとって必要性を感じてきたからですが。
人形を使って胸骨圧迫(胸を押して)気道を確保して人口呼吸、難しいのはそれ以外の安全の確認や助けを呼ぶこと。
実際どのくらいの強さで胸骨圧迫したら良いのか(生体では決して行ってはいけない。)体験もしておかないと。

講習を終わってみて、いやあこれは実際にあったら出来るだろうかが実感。

それでも終わったら終了証を渡されました。

テキストも頂いたのですが、これはまだ通読していません。

できれば使うことがないように・・・・


11月2日

10月の後半で多摩川を走り始めて10年経ちました。
この間、身体のこといろいろと知識を増やしてきたようです。

50歳くらいから身体の筋肉が、それ以前の2倍の量で減っていくとか。
なるほどどうりで、メタボで運動していなかった身体が悲鳴を上げていたわけだ。
若い時にぜ〜んぜん運動していなかったから、基礎体力さえなかったのだから。

おかげで張りの強いギターがまた弾けるようになったのはありがたい。

そして最近は練習のウォームアップに時間をかけるようになってきた。
毎日1時間以上かけている。

どうやら歳をとるほどウォームアップに時間をかけるようになるらしい。
これは楽器演奏に限らず、運動でも。

気の使い方も変わってきた。
毎日の練習の初めは座るところから意識して、左足を足台に乗せるときに身体をゆがませない。
知らないうちに骨盤をゆがませて左右の位置がずれてしまうことがある。

前かがみにならず、首が前に飛び出ない(ストレートネック)ように。

左指を指板に置く簡単なエクササイズ。
右手各指のタッチの確認。

そこからお決まりの技術練習。
この間、背中や肩に力(りき)みが入らないか確認しながら。

以前だったら意識しないでスピード練習だったけれど、指が故障しないように骨や筋肉に意識を集中する。
そう、すぐにスピード練習すると背中がガビガビに硬くなってしまうのだ。
フォームに自由さがなくなって、重心が片側に行ったきりになってしまわないように気をつけている。

それでも40分過ぎたあたりから集中力が途切れるので小休止する、これも歳かな。
個人差もあって人それぞれですが、私にとっては身体のレーニングは必須かも。


10月29日

本日予定のエチュードの会、来月に延期いたします。
夕方台風が近づいていて、楽器を持っていると帰りが大変になりますから。

まさかこの時期まで台風シーズンが延びるとは思わなかった。

昨日も対岸の調布市花火大会が中止になったようです。
台風シーズンを避けて10月に開催することに決めたのに、この前の台風で多摩川が増水し準備していた椅子が川に埋もれてしまったらしい。
その片付けで、日程が押し寄せているところに準備を再開して今回の雨。

その準備をしていた人たちに比べれば、エチュードの会は教室の中なので被害は無いからまだマシ。
また来月にふるって参加しましょう。


10月15日

約2ヶ月半ぶりに日曜日に何も無い日です。
「先生の独り言」を久しぶりに書けます。

毎週実家に行っていた買い物やら料理、介護関係の仕度などの雑用から開放されたような。
カミさんがバトンタッチしてくれたからですが。
そうはいってもまだ役所関係で、平日に出かける日もあります。

ここまでの間、わが家では台所天井からの水もれ。
当初管理会社から派遣された水道工事の人が真上の階の部屋を調べても分からなかった。

5日間くらい、料理するガス代の上からポタポタと水漏れ。
原因は別の部屋からと分かって水漏れ治まりました。

こういうドタバタ騒ぎの間
先週の日曜日も実家の帰り、「カルッツかわさき」のトレーニング室に寄ってみる。
いい身体した若者が、すっげえ!市の施設でこんなの見たこと無いくらい、いい身体。

逆三角形の体型に肩の僧帽筋が盛り上がっている。
しばらくしたら3人のグループになってスミスマシンやベンチプレスに。

その中の一人が相撲取りと分かる若者が。
髷はしていない、まだ伸ばしかけだろう。
近づくと相撲取り特有のビン付け油のにおい。
更衣室から帰るところが見えて、浴衣着ていたから完全に力士でした。

川崎区には相撲部屋があるから、そこの力士かな。
とにかくパワーがあるわ、とってもまね出来ません。

私がトレーニング中、天井ハッチ部分から水漏れ。
半端じゃない落ちかたでした。

トレーナーの人たちが雑巾やらで拭き掃除。
しばらくして水道工事らしき人がきて、脚立で天井のハッチを開けて何かやっていた。

止まったようだったけれど、この週は水難の相があるのかな。
水もしたたる・・・なんて言葉があったな。
私にゃ関係ありませんが。


10月3日

昨日は母親の新しいショートスティ施設の契約をしに行く。
ついでに、2日から本格始動する川崎市のスポーツ文化総合施設「カルッツかわさき」にも寄ってみる。
とういか、カルッツかわさきに行くついでに、介護施設の契約をしに行ったほうが正解ですが。

契約の説明、正味1時間30分だったのが、2時間近くかかってしまった。
その分丁寧な対応でした。

そしてカルッツかわさきに、ホールは見られないけれどトレーニング室を使ってみよう。
いかんせん、実家からだと施設からの移動手段が歩きしかない。

川崎駅からのバスが駅方向ばかりで、横方向とかがあまりにも少ない。
歩いて20分少々、まあ筋トレの前の心拍数を上げるのにちょうど良いでしょう。

最初に説明を受ける、用紙に名前やら住所やら書いてから定刻に集合。
こんなの初めて、というか市の施設ではこれが普通らしい。

トレーニング室に入り、トレーニングしている人たちの中で説明を受ける。
そうしたらどこかで見かけた顔が。

甥っ子でした。
いやあびっくり。


9月27日

これからジョギングが出来ると思いきや、そんな甘くはなかった。
やはり9月は総会の準備で半端なく忙しい。

家では、大荷物になる買い物もしなければならないし。
そんな買い物での帰り、自転車で坂道を下っていたとき。

後ろのカゴにいれた荷物が重量級だったのか、不安定になりハンドルがゆれ始めた。
ブレーキをかけるともっとゆれる。
これは危ないと思ってもどうしようもない、あえなく転げてしまいました。

さいわい荷物は大きなバックに入れていたので散乱することはなかったけれど、擦り傷や打ち身がところどころに。
今日で約一週間、まだ皮に穴があいたようになっている。。


それよりも右膝が痛くて、最初は普通に歩けなかった。
下り階段が苦しい、それでも徐々に痛みが治まってきている。

日本ギタリスト協会の総会は、この転倒から2日後。
時間通り行けるのか心配でしたが、平地では普通に歩けたので定刻通りに会場入りできました。

いつも慎重に物をあつかう自分が、こんなことで怪我をするとは思わなかったです。

カミさんからも、「めずらしいね」と言われるし。

いやあ、もう若くはないのだなと、これからは更に無茶をしないよう心がけていかないと・・・


8月17日

今年の3月、自宅マンション全体で玄関ドアーの総取替えをしたのでした。
その時、個人ごとの窓のメンテナンスに必要なものは自費で修理してくれるということで、窓の滑車を取り替えてもらいました。

レッスン室窓用のエアコンを外してあったので、レッスン室整理の前に昨夜はエアコン取り付け。

取り外したままの窓


取り付けたエアコン

これからが部屋の整理です。

とにかく荷物が多い、なんとかしてレッスン室を広くしていきます。

そして今日もカミさんの病院へ
リハビリで筋トレをしているけれど、ベッドの上でもよく筋トレしているらしい。

午前中も車椅子でフロアーを一周しているという。

筋トレの説明をしてあげているときに、看護士さんが体温、血圧を計りに来た。
私を見て「介護関係の方ですか?」と聞かれる。

そんな風にみえるの?
理学療法士か作業療法士とかに。

答えに詰まってたらカミさんが「ただの筋トレマニアですよ。」
そうしたら看護士さんが「それじゃあ、お腹へこます筋トレ教えてください。」
と言うので教えてあげました。

まさか医療関係の人にお腹のへこませかたを教えるとは思ってもみなかった。

同室の人からも、下腹をへこます方法教えてというので、これも教えてあげました。

次にカミさんの仕事の同僚が面会に。
話が多くなってきたので談話室に移動。

時間になったので「仕事いかなくちゃ。」と言ったら。

「トレーナーがお仕事ですか?」と聞かれる。
平日の午後に、オッサンが病院に来ているのは珍しいからか。

答えに詰まって「自営業ですから。」
トレーニングウエアぽい格好をしていたらそう見えるのかな?

どうやら私、体育会系の雰囲気になってきたようです。


8月15日

生田教室ご希望の問い合わせがあったのですが。
実は自宅なのですが、カミさんの入院で自分のペース配分を考え、中野島にある荷物を自宅に持ってきてしまいました。

そうしたら、レッスン室が荷物だらけ。
レッスンできる状態ではなくなってしまいました。
まだ生徒さんがいなかったので、油断していました。

申し訳ありませんが、生田教室希望の方がいらっしゃいましたら中野島教室をお考え下さい。

早めに再開できるように整理いたします。


8月8日

徐々にカミさんの居ない生活に慣れてきた。

食生活はしっかりしている。
外食はせず、中食もわずか。

自分で料理もする。
普通こういう時だったら外食が多くなるのかもしれないけれど、私の場合実家の母親の面倒で料理(というほどでもないが)もしなければならないから。
鍋やフライパンで茹でたり炒めたりから遠ざかっていたので、練習の意味もある。

自分用の料理に関しては、適当に焼いたり炒めたり。

もうしばらくしたら
今はクックパットとかがあって、調理方法もすぐに探せるし。
煮物とかの材料がパックになって売っていたりと、手間のかからないようになっている。
これらを上手く利用しようと思っています。

カミさんの話を聞くと、病院食は不味いらしい。
かといって身体を動かしていないから、好きなものを食べると絶対に太るだろうし。
絶対に入院なんてしたくないと思うのです。


8月5日

入院中のカミさん、リハビリを始めたみたいで。
「セラバンド有る?」とメールが届いたのですが。

現在は使っていないから「無い」と返事。
以前使っていたとき、汗で濡れるとゴムどうしがくっつきあって、劣化が早まる。
気が付かないところでクラックが入ったりすれば、そこからいきなりバチンと切れる。
そういうストレスがいやで使用中止となっていた。

もともとはリハビリ用に開発されたものなのだから、筋トレで使うよりも医療関係で使うほうが正しいのかもしれない。
カミさんはリハビリの時間以外でも使ってみたいというのでした。
入院が長くてベッドの上ばかりだと、筋力が衰えるので脚以外の上肢を主にトレーニングするらしい。

でも、あればあったで自分も使うかもしれないので、手に入れてみる。

今回は三種類、強度が違うのです。
丸いシールでバンドの色が分かるのですが、ブルー、ブラック、シルバーと段々強くなっていきます。
私が使っていた頃、シルバーなんて無かったなあ。
今はその上にゴールドがある。
逆に軽いのはレッド、イエロー、タン(これも昔は無かった)

カミさんは最初ブルーで今はブラックらしい。
最初からそんなにきついのから?と思ったけれどストレートで使っていたからでした、

私の場合、二重にして使っていたのです。

こういうトレーニング、なかなか続けるのって意思の力が必要。
使わなくなったらそのままにしているだけで劣化してボロボロになります。
カミさんが使わなくなったら、私が控えているから無駄にはならないでしょう。


8月1日

先週からカミさん入院となりました。
足の踵骨(かかと)骨折、6週間の予定。

しばらく家のことは私一人でやります。

まあ、自分のことは自分でできます。
料理、洗濯、掃除
スポーツ用だけど栄養学もやっているので、食事のバランスは取れてはいます。

まずは家にある食材が腐る前に食べきること。
毎日冷蔵庫の奥や、棚に食材のストックを調べている途中です。

入院先にもちょくちょく顔を出し、頼まれごとや買い物も。
車いすも母親で慣れているので、扱いは楽。
「よかったねえ、お母さんで慣れてて。」
とカミさん。

それより実家の母親の面倒が問題だ。
これからは私が行って、買い物、洗濯、ショートステイやデイの用意をするのです。

しばらくは日曜日はレッスンの振替や、新しい行事は控えます。

今回のことで思うことは、
家族や周りの人に何かあった時、体力が重要だということ。

できたら必要以上にあったほうがいい。
自分一人が駄目になると、自分の家だけでなく実家もどうなるかわからない。

フットワーク軽くするために、何年かぶりに自転車に乗り始めたけれど少しハンドルさばきが危なっかしい。
「あんたが怪我したら、もうどうしようもなくなるからね。」
とカミさんから無茶しないように言われた。

まあ、なるようになるさと気楽な人間で良かったと思う。


7月22日

今日はマンションの総会、実はこの1年間理事でした。
とはいっても月1程度の理事会に出席するだけだった。

生徒さんにはレッスンの振り替えてもらったり
今日も午前中の生徒さんには明日に振り替えてもらったし。
ようやく理事もお役御免になり、これからまた普通にレッスンが出来ます。

総会も終わり午後教室に着く途中、中野島駅前で女性グループがマイクを使って歌っている。
そうだ、今日は中野島音楽祭でした。
中野島駅前は普段よりも人が溢れかえっている。

私はとにかくレッスンがあるので、教室に直行。
今年は見る時間も無く、どんな音楽祭だったか分からなかったなあ。


7月15日

自宅の照明のパネルスイッチが壊れる。
夜電気をつけようとしたら、一瞬明るくなったけれどすぐにスイッチの感触がなくなり消灯。

ギター練習部屋なので暗かったら楽譜も取り出せない。
何より夜帰ってきて、荷物を置くのに真っ暗では困ってしまう。

自分でパネルスイッチを取り替えようかなと思ったのだけれど、たしか法令で個人では取り替えられない筈。

ネットで調べたら、個人で取り替えている人もいるけれど自己責任で何かあった時は罰金か禁固数ヶ月。

ここは電気屋に行って予約をして取り替えてもらった。
教室に行く途中にある電気屋さん。

壊れたパネルスイッチ、かなり古いタイプです。


新しいパネルスイッチに交換。

照明もついたし、これで普段通りに戻れる。
町の電気屋さんって、こういうときに便利だと思う。


7月14日

ダウランドのファンタジアについて尋ねられたのですが。
ネットでギター用編曲楽譜があるので、これはどうですかという事で。

多分、3弦をファシャープという指定がないので、ソのままで弾きたいのかなと。
私が見てみると、明らかにファシャープでないと弾けない楽譜でした。

弦の調律が指定されない楽譜というのもあるのです。
演奏者が気が付かなければいけないのですが、3弦をファシャープにするのが壁になってしまうのですね。

6弦=レとか5弦=ソの調律は楽に弾けるのですが、真ん中の弦を変えられると難しさが一気に上がるのです。
でも、時間はかかっても慣れれば気にならなくなりますよ。

ルネッサンスのリュートやビウエラの作品が7弦以上の弦がなければそのままタブラチュアから弾けますし。
古い時代のレパートリーが一気に増やせます。

ダウランドのファンタジア、最初は息子のロバート・ダウランドが編集した「リュートレッスンさまざま」という6分冊の4巻目「ファンタジア集」の第7曲にあたります。
7曲目だから、ファンタジア第7番と呼ばれていたみたいです。

ギター用には、ベルベン社からダイアナ・ポールトンとジョン・デュアートの編曲で出版されています。

リュート調弦のものや移調されているものやら、ダウランド以外の作品も入っています。
とはいえ、リュート調弦に慣れるには沢山作品を弾くしかありません。

私もリュート調弦の最初の曲は、このファンタジアでした。
いい曲だなあ、なんて感じながら弾いていました。
今では何の抵抗もなくリュート調弦弾けています。

リュート調弦、まだ苦手な人はぜひトライしてみて下さい。


6月26日

昨日のエチュードの会、アンサンブル練習が無かったから早めに終わりました。
久しぶりの生徒さん、これからも出席したいと意欲を見せていました。
やはり刺激になりますからねえ。

私の演奏曲の一つ、カーノのワルツ・レント
Op.25の三つのワルツの第3曲目。
レントと指定されているからレントに弾いたのですが、普通のワルツのように早く弾いたら音楽にならない。

この曲、どう考えてもワルツではない。
2曲目もそう考えています。
ワルツだからワルツに聴こえるように弾け!と言われても絶対にワルツにならない。
2曲ともワルツ特有のリズムが一回も出てこない。

他の本で解説が書いてあるのを読んでみても、ワルツはいろいろな種類があったとか。
8分の6拍子で2拍子のワルツもあったとか、苦しい弁明的な解説でした。

実は19世紀の時代背景を考えてみれば、これもありかな?的なことです。

当時はワルツが大流行で、メヌエットやレントラーがワルツに陰を潜めてしましました。
ワルツにしないと楽譜が売れない、聴いてくれない。
モーツァルトでさえ、レントラーを後にワルツと題名を変えて出版された時期があったりとか。
(ニューグローブ世界大音楽事典より)

作曲家の意思とは裏腹に、出版社が勝手に題名をつけたりもしますし。

なんでこんなことを書くかというと、これから生徒さんが作品に接する時の心がまえとして。
舞曲や形式やら題名がそうでも意味をなさない曲があるということ。

疑問に思ったら、その舞曲や形式が時代に則した意味を含んで書いたかどうかを吟味すること。

書いてあることを真に受けるだけではなく
歴史的は背景、その国特有の民族性、作曲家の性格等、考慮するところが沢山あるのです。


6月21日

昨日レッスンが終わってから母親の面倒を見に行く。
誰もいない日なので、一人にさせるのが心配ですから。
とは行っても、夜中に着いたのでもう寝ていた。

起こすわけにもいかないので、私も寝たのだがなにせ普段より早いので寝られない。
何が起こるか予測が付かないので、起きておいてちょうど良いか・・・

朝になって、朝食を食べさせてから教室に戻ってきました。
そして今日も実家に。
「夜また来るよ。」
と言ったら安心していたような、でもそれも忘れてしまいますがね。

明日、午前中にデイサービスに送った後戻ってきます。
レッスンに支障がないように、今日は寝られたら良いのですが。
そういえば、酒を久しぶりに飲まなかったから寝られなかったのかな?


6月2日

新しい外付けHDが届いて、パソコンから移動する。
随分軽くなったので、一人ひとりにDVDとCD-Rに記録していく。

小さくなったのに容量が大きくなったHD、もうこれ以上新しくは買いたくないなあ。


一昨日から生徒さんに配り始め、今日で全ての編集作業終わりです。


5月27日

来月、エチュードの会は6月25日(日)菊地ギター教室内です。

編集ができないので、動画を自宅のパソコンに取り入れて演奏者ごとに分割してみた。
そうしたら無理なく動作してくれた。

これを外付けハードデスクにダビングして、教室用のパソコンに取り込もうとしたら。

手前が自宅用

外付けHD


もうHDはパンパン!使用領域が赤くなっていた。

ついでに外付けHDもパンパンになっていました。

そんなわけで、急遽amazonで外付けHDを注文。
パソコンから移動して軽くなってから次の作業に入ります。

しかしなあ、windows7のサポート期間まではHDがなくなるとは思わなかった。


4月16日

ホワイトボードの続き

A4のマグネットシートを見た生徒さんから「先生これなんですか?」と聞かれたので、コンクール用のと説明。
封を開けて教室の五線紙のホワイトボードに貼り付けてみる。

当たり前だけどついた。
amazonのレビューではつきが悪いという書き込みもあったけれど、これなら大丈夫そうだ。
なぜか二人とも感動の声、たいしたことないんですけど。

封を開けたのをきっかけに、参加者の名前を印刷してカットした。
アナウンス用にだけはヨミガナもふって。

こんな感じ、38名分のマグネットシートをプログラム順にならべてみる。
この人たちが(小さくて見えないかな)、5月3日、日本橋公会堂にて演奏をいたします。

当日券(2,500円)もあります、時間と興味がある方はどうぞご来場ください。


4月11日

今日は午後からコンクールに必要な備品作り。

当日の抽選後、演奏順を張り出す備品。
昨年から、ホワイトボードに名前を書いたマグネットシールを貼り付けるもの。

ホワイトボードに罫線を引く作業。
昨年作ったのはホワイトボードマーカーで書かれていたらしい。

それだと触ると消えてしまったらしい。

今回は私が作ることになったので、触っても消えないように罫線テープを用意した。。

A2サイズのホワイトボード


2ミリ幅の罫線テープ
これで表の枠を作ります。


こんな感じ
小さい枠に演奏順、大きい枠に演奏者の氏名とよみがなを書いたマグネットシートを貼り付けます。


全部で3セット用意しました。

マグネットシートに名前を印刷して、必要な大きさにカットする。

これは後日です。


3月19日

明日は日本ギタリスト協会の委員会です、それも菊地ギター教室で。
でもって教室の掃除、でも相変わらず変わらない。

なぜか見えるところよりも見えないところばかり。
今日はクローゼットに溜まっている、ゴミとおぼしきダンボールや紙袋の整理。

それよりもテープルを自宅から持ってきたり組み立てたり。
人数分足りているけれどこの部屋が狭く感じるか。
昨年も同じようにやったのだから大丈夫だろう。

エチュードの会やら委員会が教室であるからこそ、苦手でも掃除をやるのだろうなあ。
いやいや教室を運営しているのだから、普段からやっているのが当然。

発送作業前に必要な事務的なことは終わらしたと思う。
それでもどこかでポカをやる私、明日は大丈夫か。


2月6日

ギターのネックの反りがどのくらいか確認してみる。
写真ではあまり分からないですが。

まず教室でのレッスン用のギター

ポジションマークが少し剥がれていますが、反りは許容範囲でしょう。

レッスンの時いつも私が弾いているギター

現在真っ直ぐ、申し分なし

余り弾いていないけれど弾きやすく音量があるギター

実は5フレットでわざと逆反りのように角度をつけています。
だからローポジションでは弦高が低くなり張力が弱くなるのです。
考えたなあ。

そしてオールドギター

フレットの隙間からむこうが見える。

このギターを弾くのに、力の弱い人には無理でしょう。
指板を取り替えるのは怖いので、私はこのままにしておきます。

一応へこたれていないので、まだまだ弾きこんでみます。


1月20日

2月19日(日)の私が出演する演奏会のチラシが届きました。


1月11日

インターネットで楽譜をダウンロード購入できるのは知っていたけれど。
生徒さんが海外の出版社からダウンロード購入した楽譜を見て、カルチャーショックでした。

自分は遅れている、と思うと同時にこのシステムにはついていけなさそうだ。

でも出来たら便利、品切れ入荷待ちなんて気にしなくてよくなる。
うらやましい!

そこで今日は海外の楽譜出版社のサイトをのぞいてみる。

手短にあった楽譜からChanterelleのアドレスを打ち込んでサイトへ。
そうしたらZimmermannのサイトになっていた。

吸収されてしまったのかな、近年よくあることです。
ダウンロード出来そうな感じだけれど、深入りせず別のサイトも。

今日見た限りでは、海外大手ではどこがダウンロード販売しているか分からなかった。
そうはいっても数年のうちにどこの出版社もダウンロード販売するはず。
日本でも始まってますから。

電子書籍と同じように楽譜も入手方法が変われば、書棚なんていらなくなるかも。
部屋の中もすっきりする、引越しも楽そう。

最近断捨離というものがが流行っているらしいけれど、私のような人間は無理だと思っている。
楽譜や専門書、楽器の備品が多くて捨てる訳にはいかない。
アナログ時代からの積み重ねで生きてきた人間ですから。

これからの若い人たちはパソコンのハードディスクに入れておけば、タブレットを見ながら演奏(実際に演奏会でもう始まっている。)だろうなあ。
譜面台にタブレット置いてレッスン、という時代がやってくるかもしれない。


1月9日

最近姿勢が良くなってきたような。
というのも50歳を過ぎてから、演奏会での写真に写る自分のを見ていて

前かがみになってきた
肩が上がっている
唇がゆがんでいる
顔がブサイク(これは元からか)

若いときはもっと上半身は真っ直ぐになっていたのに、気が付いたら身体が歪みっぱなし。
姿勢を正そうと思っていても、思ったくらいではだめ。

身体は筋肉が強いほうに引っ張られるという法則がある。
これはあきらかに身体の背面が弱まっていることを意味する。

1年くらい前から背面を重視してトレーニングをしてきた。
背中の広背筋、お尻の大臀筋、腿の後ろのハムストリングあたりを中心に。

腰が曲がっているからといって、腰をめがけて鍛えたってあまり効果はないです。
というより怪我をしないように保護するべき部分だと思う。
それより大臀筋、ハムストリングが重要、ここのストレッチも。

ようやく気にしなくても姿勢の維持ができたようだ。
その気になっているだけかもしれないけれど、なんとなく力みが減っているようだ。


2016年

12月21日

カポタストで音が変わる。

生徒さんがクリスマスに演奏するというので、クリスマスの曲をレッスンしていました。
楽譜にはカポタスト使用の指示。

別になくても良いのでしょうが、本人はカポタストを購入してレッスン。
最期のレッスンで、カポタストの力が弱いのか開放弦にビレるところが。
クリップ式だからかなあ。

そこで私の持っているカポタストを装着して弾いたもらいました。


弾き始めたとたん、あれ?音が違う。

明らかに鳴りが良くなった。
弾いている生徒さんも、はっきり感じたという。

まさかカポタストで音が変わるなんて思いもしていなかった。

クラシックギタリストがカポタストを使うときって、ビウエラやリュートの編曲物か、たまに歌の伴奏をする時くらい。
それに幾つも持っている訳ないから、カポタスト比べなんて考えたこともない。

長い間ギタリストやっていて、ようやく気が付いたのです。
日数がないので、生徒さんには私のカポタストを貸してあげました。

いやいや、たかがカポタストとあなどってはいけない。
これから買おうと思っている人は、よく調べてから(使いやすさ、ギターを傷つけないか等も)にしましょう。


12月7日

マイナンバー証明カードを発行してもらう。

来年の所得税申告時に必要なので、それまでにはと思っていたが思ったより早く発行してくれました。
証明写真は自撮りして、パソコンで必要なサイズに。
裏に生年月日と名前を書いて、必要書類に添付したのが11月の最初だったかな。

11月後半には引き換えのハガキが届いて、区役所に来館予約する。
パスワードと暗証番号を決めて、呼ばれたら端末の前に座らされて自分で打ち込んでいく。

詳しい説明もしてくれないので、パソコンに慣れていないと先に進めなくなると感じた。
要はパスワード「決定」を押しても確認で再打ち込みにカーソルが移動するだけ。
これが暗証番号でも。

普通「決定」ならそれで終わりでしょ。
少なくとも画面にそれなりの表示をして欲しい。

これ、パソコンが苦手な人や高齢者には不親切だと思う。
皆が出来ると思っているのかなあ。

まあ相手を見て大丈夫だと思われたのかもしれない。

パソコン導入で手間がかからなくなって便利にはなっている。
でも分からない人に分かりやすく案内をする、という配慮がどんどんなくなっているような気がします。

関連した話です。
教室の電気ポット、実家に一時的にもって行きました。
手で押して出すエアーポンプ式。

母親が今あるボタンを押せば自動でお湯が出るポットが使えないから。
ためしです。

最近流行の、少量の水からすぐにお湯になるテファールのポットなんて論外。
どうしてこうなるのという機械は駄目なのです。

押した分だけお湯が出るという、見た目でも理解できるものでならもしかして使えるのではという期待を持って。
使ってくれるとありがたい。

LPレコードとカセットテープの復活も、もしかしたらこんな所があるかもしれない。


11月25日

脳が衰えないために、新しいことを記憶するものが良いそうで。

音楽やっていたら弾いている曲が昔から覚えているものばかりではなく、新曲を常に暗譜して弾くのが良いのかなと勝手に判断していまして。
エチュードの会ではできるだけ新曲を披露しております。

明後日のエチュードの会でも2曲ほど。


生徒さんが受けるかもしれない、オーディション予選自由曲になにか良いのはないかなと探している途中で見つけた曲。
別にこれを弾いてというつもりはありません、たまたま練習してしまっただけ。

余り弾かれていない曲だと思う。
ストップウォッチで時間を計り、3分以内か確認済み。
まだ暗譜が危なっかしいけれど、なんとか明後日の朝までには安定するかな。

こうやって自分自身の為、脳に刺激を与えるためにエチュードの会を活用しております。


11月4日

10弦ギターのケースハンドルが破損する。


10弦ギターを弾こうと思って持ち上げたら、ハンドル(取っ手)がブチンと切れてしまいました。
取り替えたいのだけれど、最近この手のハンドル売っていないんだよなあ。

1970年製作のギターだから、ケースだっても46年頑張ってきたのでした。

あまり落ち運びしないので、良いものが見つかるまで探してみます。


9月26日

22日に日本ギタリスト協会の総会があり、いつものように会計報告、事業報告、次期事業案、役員改選等・・・
いつものように無事に終えました。

昨日は実家に、だんだんと介護に慣れてきたか・・・いやいや、そんなことはないです。

今日はamazonにICレコーダーを注文する。
自分のではなくカミさん用に。

カミさん専用に使っていたものが、マイクが壊れて私のを譲ったのですが。
USBがパソコンに反応しなくなってしまい、これまた壊れ別のものが必要になりました。

TASCAMのPCMレコーダーを見せたら、でかいのと操作が難しそうと思ったのでしょうか。
小さくて軽量、そしてなにより簡単で使いやすいICレコーダーを探すことになりました。

ネットでしらべると、デスプレイにパソコンで打ち込んだ曲名が表示されるものがなくなっていた。
そういえばTASCAMのPCMレコーダーも曲目表示ができなかったんだ。

それをカミさんに説明して、機種を決める。

一般のギター愛好家でも大きくて重たいレコーダー(それでも昔のようなカセットデッキに比べればものすごく軽い)よりも軽くて小さいレコーダーで充分だと思う。
マイクさえ良ければ、そこそこの音質で録音できる。
(マイクが悪いと悲惨)

コンクールの録音なんてICレコーダーなら、安物のテープレコーダーより音質はよいし、回転ムラがないから音程も正確。

さて、注文したレコーダーのマイクの質はどうだろう。

明日が明後日に届く予定です。


8月10日

本日ホームページの移転完了。
古いniftyのホームページサービスが終了とのことで、9月26日までに新しくniftyの「ホームページミニ」に移動しなければなりませんでした。

しかし移転作業の説明が不親切だった。
無料FTPソフトをダウンロードするようにと書いてあるけれど、市販のホームページソフトに入っているのに必要ないでしょ。
移転完了の後、そのままでとアップロードできなくて、FTPの再設定をしなければならなかった。

それに気が付き不明な点を探し出す作業、何度も設定やりなおし。

そこの説明はniftyのホームページからは皆無。
これがきっかけで、混乱する人が出ているのではないでしょうか。

今、身の回りにいろいろな出来事があり、その処理最中でございます。
実家のある川崎区に行ったり来たり。

忙しい中なのにたまたま今日、昼間に時間があってホームページの移転作業をやる気になってしまった。
今日やらないと、9月に持ち込んでいつのまにか移転期限を過ぎてしまいそうだったから。

今週中に母親を多摩区に移動、今後の問題はこれから考えるとして。
今回の問題、もしかしたら私ども兄弟は血管系の病気になりやすいのかと自分自身に警戒心が出来てしまった。

いろいろと調べたら、予防に運動は必須みたい。
私が走り出したとき、「やりすぎだ。」(今はそれほどでもない)「皮膚がんになるぞ」と言うのもいたが、人は勝手なものだ。
9年前の自分がそのままだったら、不健康そのものでギターが弾けていたかどうか。

60歳を過ぎて身体に不調が来る前に習慣付けしておくべきことは。

タバコはやめる(私は吸ったことがない)
食生活はバランスよく健康的に
質のよい睡眠
定期的に適度な運動をする
健康診断で自分の健康状態を把握する

それでも病気になるときはなるけれど、これらを無視していたら罹患する確率は高くなるでしょう。

今度時間があるときは、ギタリスト協会総会案内の発送作業を進めなければ。


6月18日

現代ギター臨時増刊「クラシックギター音楽ガイド」
約40年ぶりの改訂版、前回のアップデート版。



あれから新しい出版社、作品数も増えました。
残念ながら消えていった出版社もあるけれど。

その中で掲載する作品を選ぶのも大変だったと思う。
アンサンブル系の作品が多くなったような気がする。

ポピュラー系の編曲物は載っていないようです。
アンサンブル・レパートリーのように、まとまって巻数があるものとかも。

今どんな作品があるのか、手元に持っておくべき作品を調べるにも必須の本だと思うのです。
譜例、録音物の紹介は無くなり、楽譜蒐集家のエッセイもありません。
作品カタログに徹しているのが前回との違いでしょうか。

一曲ごとに簡単な解説があるのが重宝します。
作曲者と題名だけだとどんな曲だか分からないけれど、選ぶときに参考になるでしょう。

ざっと眺めたくらいですが、私が必要だと思うものは持っているみたいで、それの確認の為にも必要な本でした。

これに載っているのが全てでもないのですが、楽譜を探すときにあると便利な本です。


5月23日

昨日のエチュードの会、天気が良すぎて教室の室温が高くなりました。
暑い中での熱演、発表会前ですが皆さん昨年よりもレベルが上がった気がします。

今度の日曜日は発表会、中野島会館洋室で午後3時開演です。


ちょっと古い話ですが、レッスンで座っている私の椅子。
気がついている方もいると思いますが、すこし修理をしてみました。

以前は生徒さんが座っていたピアノ椅子です。
座面のラバーがボロボロで、上に黒い皮をひいていたのですがちょっとみっともなかった。
捨てるにも椅子はやはり欲しいので、自分で直して使えるのなら使っていこうと決断したのです。

タッカーというホチキスで止める工具を見つけました。

さてさて、上手く修理できるかな?

座面と脚の部分を離します。


これ、座面を高くしたとき、片側の木ネジ部分の木に亀裂が入ってしまいました。
ここはもう使えないでしょう、高さ調節は諦めるしかあいません。


座面の裏からラバーを固定しているホチキスを全部外しました。


表を見るとこんな感じ、痛々しい。


そして今までかぶせていた黒い皮(ラバーです。)をホチキスで止めていく。


表はちょっと年代物の皮らしくなっている。


脚を取り付けて完成。

今のところ至って快調、すわり心地も満点。


4月25日

生田で教室開講と発表しました。
一時やっていた自宅教室の再開ということですが。
むか〜しのこと、半年もやっていなかった。

毎日中野島に来るのがなれると自宅でレッスンのスケジュールが面倒になってきたのです。
あれからもう15年は経っているのですが。

生田も随分変わったと思う、住んでいる人たちも。
駅前の店はいくつか変わっているし、ちょっと坂の上のいくつかの店は閉店してシャッターが閉まっている。

小田急線の線路沿いに貸し教室ができたりと。
それを思い出し、ネットで調べるとピアノ、フルート、ヴァイオリン等の先生たちが借りていたり。
ここでやろうかな?と思ったりもしたのですが、グランドピアノの部屋は4畳半、アップライトは3畳。
うむむ、狭い!

自宅のレッスン室も4畳半で狭いかなあと思ったのですが、ピアノがない分まだいいかな?
中野島教室の9畳に慣れてしまうと、狭く感じてしまうのです。
現在教室らしくするために荷物の整理をしています。

思ったより大変。
45年以上の現代ギターのバックナンバー、ギタードリーム創刊号から。
LPレコード、これにCDも置こうかと思っているのです。
勿論、教室として必要になるオーソドックスな曲集も揃っています。

開講は多分6月以降になると思います。


4月16日

日本ギタリスト協会主催の第47回クラシカルギター・コンクールも来月の3日。

今年は私のやっていたかなりの仕事を、各委員に振り分け受け持ってもらいました。
今のところ順調。

委員会で教室に来た委員の一人が「自宅では教室やっていないの?」と言われていた。
「やっていない。」と返事。

その後、そういえば自宅だって教室としてやるつもりで中野島から離れたところに決めたのを思い出した。
一時期はやっていたけれど、すぐに中野島だけになってしまったのです。
まあ、面道くさがり屋だからでした。

そろそろ再開しようかと思い始めています。
生田駅から6分、大通りに面したマンションです。

向ヶ丘遊園から小田急線沿いは山になっていて、中野島へは一山超えなければならいのでした。
バスは通っていない、自転車では迂回しないといけないし、ギターを持って歩く距離ではないです。
毎日私はここを越えて通っているのですが、普通はそんな人いません。
準備には数ヶ月かかると思うけれど、生田周辺と小田急線沿線の方には通いやすいところです。


3月22日

日本ギタリスト協会の委員会も無事に終了。

茨城県から来た人は、片道2時間かかったそうで申し訳なかったです。
それでも他の人は思ったより早く着いたし、駅から近いので驚いたとの声が多いのには少し安心。

東京方面への電車の便が、川崎市多摩区だと非常に良いと思うのです。
都心の演奏会にも行きやすい、それなのに神奈川県。

駅の横にある建物ですが、電車の音も気にならない。
録音審査も問題なし。
広くてきれいだし、これから委員会はここでもいいじゃんなんて言ってくれる人も。

でも年に2回は(録音審査と発送作業)やむ終えないとしても、遠くなってしまう人もいるからやはりメインは東京でしょう。

それに委員会用の準備が必要だし。

ホワイトボードに書いてあるものを消して、会議用に議題を書いておいた。
裏は無地、会議にはホワイトボードがあると便利。
逆にホワイトボードがあるから会議が出来るという考えもありか。


普通だったら本棚の本の前に置いてあるカポタストや筆記用具、ポジションマークのシール等を片付ける。
まあ、これは普段から整理しておくものだと言われればその通りですが。

コンクール課題曲選定では、曲を調べるには楽譜があると安心か・・・

昨日は発送作業もあっという間に終わり、今日クロネコヤマトで発送しました。
メインの発送物はこれ。

第47回クラシカルギター・コンクールのチラシ。

5月3日12時開演、今年は日本橋公会堂(水天宮前)です。
チケットぴあでも昨日から発売開始、教室でも販売しています。


3月20日

エチュードの会の後、テーブルやら椅子やらを出しまくる。
明日、ここで会議をすることになっているので、その準備です。

部屋を台所の間の戸を外し、これで縦一列にテーブル3、椅子が13。
実際は11人の予定。
大丈夫かな?

狭いのですが、教室からクロネコヤマトのDM便を発送しなければなりません。
2年くらい前から、私の事務作業がかなり時間がかかるようになってしまった。

ここはもう一人でやるよりも、皆に任せようと教室に来てもらうようにしました。
その作業をやってもらおうと、むりやり詰め込みです。

ですから明日はレッスンもそうですが、メールや電話での連絡等はできないと思います。


3月4日

遅くなりましたが、2月28日のエチュードの会無事終了。
生徒さん2人だけでしたが、よく弾いてくれました。

アンサンブルは一人人パートで、私が1st。
速く弾きすぎたかな?ご迷惑おかけしました。

コンクールの準備で忙しくなってきたのですが、いかんせん仕事がのろくなってきたので時間がかかる。
エチュードの会の後も原稿の校正をしようとしたのだけれど、集中できない。

ただでさえ物忘れも多くなってきた(前から?)ので、コンクールでの仕事のポカがないだろうか心配。
少しでも記憶力を落とさないようにと、エチュードの会では新曲のいくつかを暗譜するですが、効果のほどはいかがなものか。


2月13日

クラシカルギター・コンクールの第一次予選終了。
会場であるミューザ川崎の音響設備を使っているのですが、今年からMD デッキが撤去されてしまった。

私の持っているポータブルMDプレーやを、外部入力に繋いで聴くために持っていったのですが。

バックから取り出したら、ACアダプターの根元が剥けてしまった。
コードが接触すると、雑音を出し消えてしまう。

予備のプレーヤーを持ってきてくれた委員もいたのですが、コードの接触を気をつけながらなんとかやりきりました。

次の日にアダプターの根元をビニールテープで保護し、一応使おうと思えば使える。
しかし1年に一回しか使わなかったので、よほどのことがない限りもう使わないだろう。

別の話
教室に新しい高低椅子を用意しました。

小学生の生徒さんが入会したので、三段に調節できる椅子。
白いのが新しい椅子、黒いのは普通の高低椅子。
一番低くすると、この部屋での一番低い椅子になります。

新しい備品が入ったと思ったら、使えなくなる備品が出る。
物を増やさないようにしているから、これで良いのかも。


2月2日

今年の発表会の日程と会場が決まりました。
5月29日(日)中野島会館

次回エチュードの会
2月28日(日)菊地ギター教室

1月31日締め切りの、第47回クラシカルギター・コンクールの第一次審査用の録音物が届いています。
昨日から必要な封入物の確認、そして今日は朝から住所録作成。

ようやく終わったけれど、不明な点で本人に確認はこれから。

発表会用のアンサンブルパート譜の確認が終わっていない。
まあ、こういうのは打ち込んだ本人よりも他の人が見たほうが間違いを探しやすいものです。

訂正するところを見つけた生徒さん、連絡お願いいたします。


1月28日

ようやくアンサンブル2曲のスコアー、パート譜、そのパートを抜いた練習用の楽譜を作り上げる。
結構時間はかかったけれど、嫌いな作業ではないので苦にはならなかった。

追う少し確認作業をしてから生徒さんに配ります。

それよりも一昨日の母親の介護認定、思った以上に重症のもよう。
まあよく息子どもはいままで普通に会話(本当はしょうがないと思いつつ)していたものだ。

認定はあと1ヵ月後に結果が決まるのですが、認定調査員の人からすぐに介護入れてとかデイサービスをするようにと言い出した。
という訳で今日はデイサービスの初日、デイサービスデビューです。

朝早く満員電車にゆられで、毎日通勤の人たちって大変だと思いつつ実家に。

時間通りに送り出しに行ってきました。
うまくいくと良いのですが。

こんな訳で最近寝不足・・・それに運動もやっていない。
明日は久しぶりにスポセン行けるか、それとも休んでいるかのどちらにしようかです。


1月25日

アンサンブル曲のパート譜を製作しようと思い立ち、楽譜浄書ソフトで打ち込んでいます。
スコアーで音の確認ができる、それからパート譜に分けてから印刷しようかと。
元の楽譜は6ページ、1台の譜面台には広げられない。

fやpを書き込むとその通りに音量が調節されて、余計に聴きにくくなるので書きこまないつもりです。
パート譜にしてから書きこむかもしれませんが。

パソコンが使える生徒さんなら、これを使って自分のパート練習が自宅でできます。
なんて便利な世の中になったんんだろう。

明日、実家に持って行く電子レンジが届く。

母親はまるっきり使えない、なにせ電気ポットだって使えないのだから。
もっぱら介護する人間が使うため。
もしかして本人も使えるかもしれないという望みがあって単機能、タッチパネルは混乱するだけだしデスプレイが見えないかダイヤル式。
それもつまみが丸くなく動かしやすいレバー状のもの。

amazonでこの機種だけが目的にあった商品でした。
でもねえ、届く1時間前にamazonでタイムサービス商品になるなんて、なんかアンラッキーな気分。

朝の通勤時間帯、電車の混雑は大丈夫かな?


1月4日

どういう訳か、今朝から教室の大掃除をしています。
大掃除というと年末にやるものですがね。

別にやる気ではなかったのです。
昨日、少し楽譜の収納を変える為に100円均一でラックを数個買って整理。

中途半端なまま終わって、今朝からまた少し別の部分をやり始めたら止まらなくなってしまった。
小さな本棚をクローゼットに入れて部分的にCDと楽譜を入れる。


楽譜は横向き。
どちらかというと普段レッスン時に頻繁に出さないアンサンブル系の楽譜。

出してある楽譜もラックに入れて横向きにして入れたり、なにせ本棚の全てが縦置きにできる高さには調節できないものですから。
おかげで台所側の本棚の楽譜は全て移動。

すると台所がよく見えてしまうので、思い切って掃除をする。

おお〜!やれば出来るものだ。
もうキッチンの乱雑さは変わらないと思っていました。

でも1週間たったらもとに戻るかも。

お昼に休憩してまたガサガサと掃除を始める。

収納物が多く、なんとかならんかいと思いまた100円均一に。
寸法を測ってから収納できるサイズのラックを探すけれど、気に入ったものが中々見つからない。

小物入れにはいいかな、と思えるものを見つけた。
紙でできた収納箱、カラーボックスに入るらしい。


組み立てるとこんな感じ。

この以外にもA3用紙がはいる収納袋とか、とにかく今日は3回くらい100円均一に出かけた。
そうはいっても徒歩2分くらいのところだから大したことはないのですが、でも回数があるとくたびれた。

1日にレッスンは4日からと書いてしまいましたが、よく考えたら5日からでした。
明日来た生徒さん何て言うかなあ。

「どこが変わったんですか。」
かもしれない。
「いつもと同じく乱雑にもの置いていますね。」
だろうなあ。


21月19日

ギターの歴史が書いてある本って何かあります?
という生徒さんの質問に、いくつか本を取り上げてみる。
現在は全て絶版になっている。

インターネットはあんまり信用できないよと私。
ギターの発祥はまだ本当のことは解明されていないと説明する。

「じゃあ、リュートが祖先なんてのは嘘ですか?」
「嘘、そんなことはない。」

今クラシック以外では歴史本が2種類くらい出ているらしいので、それを買ってみると言っていた。

彼のように好奇心が旺盛なら、これからでも資料が手に入ると思う。
諦めないで欲しい。

ギターの歴史の本はいくつか読んできたけれど、書いている人の国にもようるだろうけれど疑問点がある。
それはどれもスペイン、ドイツ、イギリス、フランス、そしてアメリカが主で、ロシアのギターに関しては皆無だ。
ネックが2本の10弦ギター、ロシアのギター作曲家の名前なんて見たことがない。

ロシアの貴族、マカロフが主催した作曲(多弦ギターのみ)とギター製作のコンクールくらいどこかの本で書いていても良さそうなものなのに。
その時の一位メルツ、二位がコストは有名な話。

下はそのマカロフの演奏写真。
10弦ギターです、メルツも10弦だから同じギターです。


だからこれらも含めて、まだまだギターの歴史話は探せば出てきますよ。
20年(長い?)くらい探していれば、それらしい本が出版されたりするのではないかと思います。

私も40年以上かかっていますから。

ちなみに私が読んだその手の本はというと・・・
勿論これだけではなく、他の書物からも影響を受け続けてきましたが。


ギターを始めて1年くらい、中学生の時の本。
ギターが誕生するまでと、リュートに関して書いてあります。
複数の著者が書いている。
ここから演奏以外のことにも興味が沸いてしまったのです。


多分その1年後、高校生くらいに買ったのかな?
ギター音楽の歴史、これも複数の著者。


これも高校生の時、セゴビア・テクニックの中に簡単な概要が書いてあります。
ただし、読んですぐに信憑性はどうかと思ってしまった。
著者のボブリをギター歴史家なんて書いてあるサイトがあったけれど、この本で著者の経歴に歴史家とは書いてありません。


現代ギター1976年1月号の付録。
今までの復習みたい、ここでギターの歴史上名前や形態が似ていても別物の場合がある、憶測で決め付けないようにと注意している。

確かに、インターネットでは推測で書かれていることが定説となって書かれています。
私も初期の頃はそう信じていたときもありましたからこの手の本、よくよく吟味しながら読むようになりました。


現代ギター1978年の臨時増刊
16世紀からのギターが写真や解説でいっぱい。
ルネッサンスのギターのことも書いてあるので、興味深く読めました。


1985年の出版。
ルネッサンスのビウエラあたりから書いてあります。
ここいら辺から、もう知っていることばかりでちょっと気力が失せ始める。


1997年12月出版。
一番新しい歴史本、この段階でもやはりギター発祥は不明。


現代ギター2000年1月号の付録。
19世紀ギターの写真や表面版内部の写真も参考になりました。


ニューグローヴ音楽大事典、買ったのは2007年くらいだったか。
ギターのところでも10ページ、ほかにもリュートは15ページ、ビウエラやタブラチュア等を読めば膨大な量の資料です。

他にも民族楽器など、ギターに関係する楽器を調べるにはこれがベストだった。
まだんでいないものは何か・・・これを探すこと自体が必要。


付録っぽく、スペインにいた時に買った小冊子。
右のグラナダのギターは現代ギター1987年臨時増刊にて翻訳されています。

まだまだこれからも新刊本が出版されるでしょう。
興味ある人は読んでください。

先の彼が言った言葉「買える時に買っておかないと。」
頼もしい言葉です。


12月10日

今度の日曜日はエチュードの会。
いつもの中野島会館がふさがっているので、久しぶりに教室が会場になります。

少しでも広くしたいので、ギターケースをクローゼットに入れました。
クローゼットの中に置いてあったものも数日かけて処分したり、整理しなおしたり。

いつも置いてあるところがスッキリ。

椅子以外には、本棚、テーブル、それとホワイトボード、ラック2つがあるだけになりました。
部屋は9畳なので、あと扉を外せば広々とするだろうなあ。


12月7日

現代ギターのバックナンバー。
年に数度、バックナンバーの楽譜が必要になることに。


今回は1980年の12月号。
先月も2010年の1月号が必要になりました。

もう必要はないと思って自宅に移動したのに、なにかと必要になることに気が付く。
バックナンバー索引で、目当ての楽譜を調べてから教室に持ってくるのです。


12月2日

昨日の夕方、amazonでオーディオアンプを注文する。
なんと今日届いたのです。

LepyのLP-2024、LepayのLP-2020の後続機らしい。
(メーカー名が一字違う)

下はオーディオチューナー、上の小さい箱がアンプです。
今チューナーに繋いで聴いております。
インターネットでもラジオが聴けるのですが、ちょっとパソコンの音に疲れてきたようです。

教室に来ると一日中パソコンの電源を入れっぱなし。
毎朝メール、ナクソスの新着アルバムの確認するだけで結構な時間使ってしまいます。

音楽を聴くのもいつの間にかナクソスのミュージックライブラリーばかり、自分の気に入ったものだけを聴くようになってしまった。
昔ならチューナーで自分が選ばない音楽を聴いていたのに。

新聞もそうだけれど、自分が望まないものも目に入ってくることの必要性。
思わぬところで情報が入って視野が広がります。
ラジオだと合間にニュースもあるし、音楽以外の番組もあったり。

なぜかアナログチューナーの音は優しく感じます。

最近パソコンですぐに検索できる便利さに慣れてしまって、時間を無駄に使っている気がしてきています。
音楽生活スタイルを、昔に戻せたらと思う今日この頃です。


11月24日

1977年に発刊された現代ギター臨時増刊「ギター音楽ガイド」

内容はクラシックギターのレパートリー555曲、録音物(この時代はLPレコード)のカタログ。
文献、楽譜収集家の苦労話。(中野二郎氏の文は読み応えあり。)
等々・・・

クラシックギターのレパートリーを知るには必須の本でした。
若かりし頃ギターの作品を知らないとき、どれから仕入れてよいのやら。
とりあえずこの本を参考に少しずつ増やしていきました。

独奏作品は400曲くらい掲載されているだろうか、先ほど持っていないのを調べたら70曲弱。
8割方は持っていることになる。

そうはいっても、もう内容が古すぎて絶版もあるし、新しい作品が大量にあるのでもう使えないです。

現代ギター誌の12月号編集後記に「新ギター音楽ガイド(仮称)」が出版されると書いてあります。
現在入手可能な楽譜の総合カタログになるとのこと。
ギター作品555曲から一気に900曲に増えるということで、今から楽しみ。

一時私の所有楽譜を掲載しようと思ったけれど、こちらのほうが絶対に安心充実しているから取りやめます。
これからクラシックギターのレパートリーを増やしたい人全てに持って欲しい一冊です。

私もレッスンで「その曲何?」なんてならないように、出版されたら手元に置いておきます。


11月16日

雑誌の移動も終わり、これからは教室の不要品を捨てるものを物色中。
今日はダンボール。

部屋だけでなく、クローゼットの中にもあった。
毎日少しずつなにかしらを捨てるようにすれば、すっきりするかも。

話はかわって昔弾いておきたかった曲の一つ。

ラウロの「ベネズエラ組曲」
南米の曲だからノリがいい、それでいて飽きることがない。
この楽譜を見たときに、なんで頻繁に弾かれないのだろうと思っていた。
(自分が聴く機会がなかっただけだと思うけれど。)

いまこの版はないけれど、新版を探しても見当たらなくなっている。
時代の流れでしょうか。

ここいらへんで区切りをつけないと際限がなくなるので、一旦ここで打ち止め。
ある程度練習したら別の曲を選んでみよう。


11月14日

自宅への現代ギター移動も終わり、現在ギタードリームの移動中。

現代ギターは45年以上購読中、ギタードリームは創刊号から最終号まで。

ラックに二重に入れています、なんか教室みたい。
一応私の練習室です。

バックナンバーを見たい生徒さんには申し訳ありませんが、巻数が分かれば持ってきます。

その後は不要になったものの廃棄。
PC関係の本、古いソフト、使えない周辺機器の備品、読むこともない本、等々・・・


11月13日

急ですが、エチュードの会を12月13日(日)に決めました、場所は菊地ギター教室内です。
中野島会館がふさがっているので教室です。

とうとう100回、まあよく続いたものだ。

アンサンブルの練習もしっかりとやりたいと思います。


11月8日

昔から弾きたかった曲を弾いているという話の続き。
その一曲、バークリーの「主題と変奏」


一般には「ソナチネ」が知られています。
その上ブリームの新版が出て、コンクールでもまた復活の兆しが。

ところが「主題と変奏」はまるっきり弾かれていない。
個人的には好きな部類で、ブリームを演奏を聴いてその内向的ながら緊張感のある作品だと思っていた。

私の年代だと若い時には「ノクターナル」(ブリテン)「黄金のポリフェーモ」(ブリンドル)が演奏会で良く弾かれていました。
自分も演奏会で弾いたし、それに「エレジー」(ローソン)も好きで弾いていた。

これで大体私の好みの曲が分かってしまいますね。
「四つの小品」(マルタン)も人気で少し練習したけれど弾かずじまい。

その中でこの「主題と変奏」は陰に隠れてしまいました。
楽譜は持っている限り逃げないけれど、紙質によってはだんだん両端から日焼けしていくみたい。

朽ちてしまう前に弾かないと。


11月7日

最近自分の所有する楽譜を弾いている。
何を言っているのと思われそうですが、仕事でやっていると自分が弾きたい曲ばかりという訳にはいきません。

どうしても演奏会ではプログラムのバランスを考えるので。
自分の弾きたい曲=聴衆が聴きたい曲なら良いのですが。
私の場合そうでもなさそうです。

その中でも普通に受け入れられる曲、F.モンポウのコンポステラ組曲
この曲なら弾けば?となるのですが、手を出せなかったというのが本音。
たまには弾いてはいたけれど。

ピアノのアリシア・デ・ラローチャのモンポウを聴いてから、そのあまりにデリケートな演奏に接しギターでこのような演奏できるのかと思ってしまっていた。
モンポウもラローチャの演奏を特に認めていたらしい。
敷居が高すぎと尻込みしていました。

でも最近、今弾かなければこれからも弾かないだろうと思ってきたのです。

右がセゴビア編のコンポステラ組曲、この版で練習している。
ギタリストになりたてのころ買ったからもうボロボロ、もうこんな古い装丁では出版されてはいません。

左は原典版からのもの、今日はこちらも弾いてみる。
昨日のように自筆譜からのよりも良いかも、なにせ自筆譜のファクシミリ付きというのが安心できる。

良い作品にはできるだけチャレンジして、その感性を取り入れられるようにしたいものです。


11月6日

ポンセ、トゥリーナの自筆譜からによるという作品集、それと同じく自筆譜によるカステルヌォーヴォ=テデスコのソナタを久しぶりに弾いてみる。
多分久しぶりだ、譜読みした記憶がおぼろげながらあるから。

自分のレパートリーではセゴビア編。
そのセゴビア編でも音の確認をしたいところもあって手に入れたのだが、違いが多すぎる特にポンセはどのソナタも1楽章が。
確認したくてもその旋律がなかったりして。

でも持っているのだからたまには弾かなくてはと、日ごろの怠慢から心を入れ替えるつもりで。
う〜ん、でも違い過ぎる。

セゴビア編を長く弾いているからか、どうしてもセゴビア編のほうが良いと思ってしまう。
テデスコのソナタなんてこんなに難しくなる必要ないじゃん・・・なんて。
きっと弾いたことがない人が練習すれば違和感はないかも。

トゥリーナのセビリアーナだけはまともに弾いていなかったのでパス。
冒頭のラスゲアードの刻みが書かれていなくて和音のみ。
セゴビア編では細かく書かれているので、セゴビアのアイデアなのかなあ。
でももうこのセゴビア編のセビリアーナ、出版社がつぶれたのかどこにも見当たらない。

いまではインターネットで著作権の切れた作品もダウンロードできるものもある。
よく知られた作品を新たに自筆譜からの楽譜というのは、これからの新しい出版方法の一つかもしれません。


11月1日

自宅に移動中の現代ギター。
今日持っていけばあとこれだけ。


45年以上購読しているから半端な量ではありません。
とにかく楽譜と本で教室の本棚はパンク状態。
自宅もそうだけれど、もう別の棚にも(現代ギターも)置いてある。

自宅と教室それぞれ本棚4つずつあるけれど、もう限界はとっくに超えている。
もう駄目これから捨てる本を決めよう、まずPC関係か。

先日、出版社と作家らが図書館に新刊本は1年間貸し出しに猶予を求める文書を送付したという。
図書館で貸し出しした新刊の数パーセントでも買ってくれたら、再販できるくらい売上が伸びる本もあるということで。

けれど、実際にそうなったとしてどうなるでしょう。
今の時代シンプルライフとかいって、物を持たないように生活するのが流行だとか。

読書を勧めても、読んだ後の本はどうするか。
物を置きたくなかったら誰かにあげるか捨てるしかない。

いっそのこと本を読むのを止める?
読むものはパソコンからにする、実際そういう人が多くなっていますから。

新刊でないと旬を過ぎれば話題ないならない本なら、1年後には読みたいなんて思わないだろうし。
図書館で買い取ってくれるから数千部は見込める出版社もあるかもしれない。
そうなると、ベストセラーのない零細出版社は余計に倒産しやすくなる。

新聞も取らなくなっているくらいだから、余計に活字離れするかも。
やってみないと分かりませんが。

私としては文芸書は読まないので、新刊とかは関係ないのですがもう音楽以外の本は増やせない。
ですので、保管もしてくれている図書館のお世話になっております。


10月28日

先日26日、武蔵野市民文化会館にてツラディミール・ゴルバッチのギターリサイタルを聴いてきました。
武蔵野からの要請で、プログラムの4分の1はバッハ。

その後、ピアソラのブエノスアイレスの四季(アサド編)全曲。
リョベートのソルの主題による変奏曲。

バッハのデリケートな音から一転、凄いパワーで弾きまくっている。
アサド編のブエノスアイレスの四季・・・難曲だ。

アンコールの一曲に、テルツィのカリヨン。
プロフィールにMELBAYからテルツィの作品集を出版していると書いてあった。

テルツィも得意なんだな、と思いどんな曲が収録されているのか検索してみる。
あれれ、なんかリュート奏者って書いてある。

よくみるとMELBAYのはジョヴァンニ・アントニオ・テルツィ。
アンコールで弾いたのは、「雪のパストレーレ」でも知られているB.テルツィ。

カリヨンの入っているテルツィの作品集、ちょっと練習してみた。
アンコールの曲と同一でした。

ニューグローヴ音楽大事典にはJ.A.テルツィが掲載されている、一般音楽界ではこちらのほうが知られているのか。
しかしユニークなフェイントでした。


10月14日

注文していた楽譜が届く、の中からデビッド・ラッセルコレクション。

アルベニスの編曲3冊とグラナドスの編曲1冊。
生徒さんがいつかはやりたい、もう購入したというので私も購入。

アルベニスは各種の編曲を持っているなあ。
タレガ、リョベート、セゴビア、バルエコ、イエーツ、その他日本の出版社が数種類。

私自身のアルベニス、グラナドスはリョベートとセゴビアの編曲を使っているし、これから編曲を変える気はないのですが。
それでもレッスンで使うものは手に入れておかないと。

そしてここにラッセル。
これからラッセル編も、若い人たちに弾かれそうな予感がする。

さてグラナドスはというと、洋譜がないのに気が付いた。
(リョベート編はギタルラ社のを使っているから。)

始めて洋譜の棚にグラナドスが加わった。
これは以外でした。


10月12日

昨日はエチュードの会。
久しぶりに参加人数が多くて、アンサンブルの練習も急いで終わったような。

お茶会の後、レッスンもあったので急いで昨日写真をアップロードしました。
曲名、作曲者間違いなかったかな?

お茶会で、ギターを続けるモチベーションが話題に。
弾きたい曲がなかなか見つからない。
最初の頃の簡単な曲に戻ろうか・・・等

そういえばソルも自分の曲が難しいからといって、弾いてくれないのをボヤいている文も作品に書いているし。
現代は技術的にはソルのレベル以上の作品も多い、そりゃあ弾ける範囲の作品も限られてくる。

私などは買ったのに弾いていない曲がいっぱい。
弾きたい曲が見つからないどころか、多すぎて溺れそうです。
エチュードの会で弾くのを目的に練習するか。

そうか、楽譜がいやというほどあれば気に入った曲も見つかるかもしれない。

という訳で、そろそろ私の所有楽譜のカタログの掲載を再開しようかと思い始めています。
生徒さん専用です。

そこから興味がありそうだったら閲覧してみてください。
気に入って弾けそうだと判断してから手に入れれば、なんて思うのです。


9月13日

生徒さんのギターの調整をする。

入会してから1年経つ女の子。
身体が小さいので子供用のギターでした。

そろそろ普通サイズのギターにということで、親戚の人から譲ってもらった大人用のギター。
使えるかどうか分からないので一度見せてもうらうことに。

弦も切れているというので、これから新しいものに取り替えます。
その前に、壊れていないかどうかをチェック。

切れている低音弦だけはとりあえず使い古したものを張りました。
チェックしていくと、どうも弦高がかなり高い。

ネックが反っているわけではないので、これはもとからナットとサドルの調整が悪い。

いつものように手を加える。

サドルを外すと、平行の棒のようでいて真ん中が低くなっていた。
こんなの初めて、誰かが先に手を入れていた?

一応、普通の形にラウンドをかけてみたけれどまだ高い。


見た目は下のほうが高そうですが、最初より3ミリから2ミリ低くしました。


そしてもうこれ以上低くはできないところまで調整。

弾いてみると、まだナットが高いと感じる。

ナット側の溝も少し削って低くする。
曲を弾いてみると、格段に弾きやすくなった。
これで調整終わり。

しかしこのメーカー、昔から弦の高さ調整が高め。
これから使う生徒さんは小柄で力も弱いからことを考えると、普通よりももっと弾きやすくしないと練習できるかどうか。

数日したら弦の交換です。


8月30日

ティッシュとアロンアルファで固めていた爪。
レッスンで経験済みの生徒さんから
「やはりティッシュでもだめですよ。」
と言われた。

案の定その後、伸びてきてどんなにヤスリで磨いても傷ができる。

あと1、2ミリで正常な爪がうらやましく思う。
もう覚悟を決めて思い切ってそこまで削ってしまった。



小指も似たようなものなので削る。
少しでも爪があたると雑音が出るので、完全な指頭奏法になるまで削った。

弾いてみると、傷だらけの爪で弾くよりも良い音がする。
その代わりに深めにしっかりと弾かないとですが。

まともな爪が伸びてきた、らしばらくは雑音がでるけれどもう二枚爪を気にしなくて良い分ストレスがなくなった。

まともな音になるまでに、2週間くらいは必要かもです。


8月24日

ギターの弦を押さえる指の力の話。
実際は指だけではなく、腕や背中も押さえに関わっているのですが。

よく押さえる力は少なくて良いのだから、力まず楽に押さえらるという文章を目にすることがあります。
確かに弦に左指を軽く押し込んで、右手で弾くと音は出ます。

でも最初はどうだったっけ?
一生懸命に押さえても鳴らない!

それは押さえ方が悪くて力んでいるから、指の形が悪いからとか・・・と。

そうだろうか、本当は長く練習して押さえる力が付いたからではないだろうか。
それでもキツイ!指に弦の痕もつくし指先は硬くなってくる。

弦を押えるのに力は要りませんなんてホントか?
そうでなければ、力の弱い人は張りの弱いギターを選ぶなんてしないはず。

こんな素朴な疑問がありまして、今回こんな実験をしてみました。
一本の弦をフレットにどのくらいの圧力をかけたら、音が出る状態になるのか。

ちょうど学生だったら今は夏休み。
夏の自由研究と思って、ひんしゅくを買う覚悟でやってみました。

これは私のギターの場合ですのであしからず。
(弦はサバレスカンティーガノーマルテンションとプロアルテハードテンションを張った2台で実験)

ギターを横に寝かせます。


実験に必要なもの

ハカリ、水を入れたペットボトル、小型三脚


三脚の足先が滑らずに弦を押し込めそうだ。


まず三脚の重量を測る(130グラム)


まず130グラムの三脚で弦に乗せる。


1弦も同様に。
どちらもフレットまで下りない。
最初はこれで鳴ると思っていたのに、思惑が外れた。


ペットボトルに水を入れて計る。
まずは300グラム。


三脚の上にペットボトルを乗せて弾いてみる。
どちらかというと押え気味にして乗せる。

三脚(130グラム)とペットボトル(300グラム)で計430グラム。
ビリつきがひどい、音になっていない。


12フレットでもダメ。

水の重量を増やしてみる。
350グラムで1弦は弱く弾けばまあまあ、でも6弦はビリつく。

400グラムでようやく鳴るようになった。
つまり三脚(130グラム)+ペットボトル(400グラム)=530グラムないと音は鳴らない。
実際はこのように単純ではないでしょうけれど。

530グラムを軽いと思うか重いと思うかは、人それぞれでしょうね。
でも6本セーハして押さえるときは、3キロを超える力で押さえていることになる。

実験の結果、思った以上に弦に対する圧力が高いのに驚きました。
弦6本の張力の合計は40キロ近くになるのだから、これは当然でしょうけれど。

それよりも人間の身体って、その重さに耐えながら指を動かし続ける事が出来るのだと感心しました。


8月19日

今度の日曜日、このような会が。



一曲だけ伴奏者として出演します。

ところがアクシデント、右中指の爪が最悪状態。

横に亀裂、というか横に段ができるようなスジ。
根元から生えてきて、それがようやく指先まで伸びてきた。

で、先端に近くなってきたら二枚爪のように。
ペランペランになって、いつ割れるか。

付け爪も考えたけれど、二枚爪の上が剥がれたら一緒に剥がれるだろうし。
アロンアルファで早めに固めるのも、二枚爪が余計に剥がれやすくなった経験があるからNG。

決めたのはある程度指頭奏法で、いよいよという昨日にアロンアルファを塗ってその上からティッシュペーパーを重ねる。
そして更に上からアロンアルファの上塗り。
これはフラメンコの人がやる方法だとか。

ここから伸ばし始める、けれどあと4日。
間に合うだろうか。

(指先の爪の先端、色違いの部分は二枚爪で剥がれている。)

処置後、ギターを弾くと今までより楽に弾けた。
爪がしっかりしたから、弦の圧力を支えられるようになったからだと思う。

このような時は悪いことは考えない、というか間にあうとしか思わない。

初めてティッシュペーパーを使ってみましたが、なかなか補強としては良さそうです。


6月29日

昨日、第27回日本ギター重奏フェスタというものがありまして。
前半にコンクール、後半がフェスティバルという構成でした。

そのコンクールの日本ギタリスト協会委員長として、特別審査員という名目で出席しました。
独奏のコンクールなら経験があるのだけれど、重奏なんて初めて。

だいいち作品にうとい、自分が重奏を頻繁にやっていない。
「アンサンブル分からないから。」と言ったのですが「そこが良いのです。」
と説得され出席することに。

更に、審査発表の時に講評も役目としてある。
ギターアンサンブルを主にやっている先生たちとの音楽的なズレがあるのは当然、アンサンブルはズレちゃ駄目だけれど。
そんなことに気後れすることはないと思って審査いたしました。

救いは参加団体が5組と少ないので、集中して審査できたこと。
これが30組くらいの参加だったら、もうお手上げだったと思います。

打ち合わせ時、コンクールが終わったらゲストはフェスティバルも聴いてコメントを残すように言われた。
私のコメントを参考にして、担当者(出演者でもあるので聴けない部分もあるから)が総評するという。
困ったなあ、作品を全然研究しておかなかった。

でも何とか書きました。

これからギター誌に載せるコンクールの講評も書かなければならないのです。
自分のメモと他の審査員のメモも参考にしつつ、提出日までに書かなければ。


6月12日

レッスンで生徒さんが、足台に足を乗せたらバキンと音がして。

高さ調節のストッパーが剥がれてしまった。
こういう壊れ方もあるか〜。


6月10日

入会することになった年配の女性のギター。

昨日、電話があって教室まで説明を受けに来ました。
家族で海外赴任の時期があり、そのときよったスペインで買ったギターがあるという。

状態を診てもらいたいというので興味がでてくる。

古いギターで全然弾いていないという。
どのくらい壊れているか、心配でもありました。

で、見せてもらいました。
弦も切れているし、裏がひび割れがあったけれど使えるでしょう。

弦を取り替えるので預からさせてもらいました。
その場で取り替えてすぐに渡せるでしょうけれど、調弦の問題で弦が安定してから渡したほうが良いと思ったので。

昨日すぐに取り替えられたのですが、あれれ・・

糸巻きが硬い!
それになんか指版の弦の位置がずれている。


写真だと分かりにくいですが、1弦がナット側より19フレットのほうが距離が短い。
棹がゆがんでいるみたい。
駒も少しゆがんでいる。

残っていた弦が張ってあった状態では棹は反っていなかったけれど、新しい弦6本張ると順反りになった。
これは許容範囲、でも弦高が高くなってしまったのでサドルを低く調整、
1弦の開放弦も変な音だったので、ナットの溝を少し角度をつける。


糸巻きもグリスを塗ってすべりもよくなり、しばらくしたら音出しして確認してみよう。
やはり預かっておいて良かった。


6月6日

セゴビア編によるソルの20の練習曲に入る生徒さん。
教室にもあるのですが、最近はamazonのほうが安く手に入るものがるのかもしれないので、自分で買ってもらうことにしました。

言った手前amazonにあるかどうか検索してみました、
そうしたら新品ではない、もしかして・・・

出版社のオクトが倒産していました。

この曲集、版権を引き継いでくれるからか3回くらい出版社が代わっています。

さて、今回はどうだろう。
どこか引き継いでくれる出版社があるだろうか。

教室にはあと2冊。
今回の生徒さんに渡したら、あと一冊。

それまでに再販して欲しい。


5月13日

ピアノ椅子が届きました。
届くの早!予定では明日以降だったのに。


ダンボールから取り出すと組み立てるようにと説明書き。


座面を裏返してコーナーに脚を取り付ける。


完成です。
今日から使います。


5月12日

ピアノ椅子が壊れてしまったので、新しいピアノ椅子を注文しました。

壊れた椅子です。

座面の前が落ち込んでしまった。


金具とそれを支えている木が落ちている。


目ねじがいつの間にか外れていました。
高低調節が必要な人もいるので、これは私が使おう。

明日か明後日に届くと思います。
新しい椅子でのレッスン、すわり心地はどうなるか。


5月1日

発表会のプログラムが出来たのですが、追加印刷しようとしたら大失敗。
両面とも同じものを印刷してしまいボツ。

別の色の上質紙に印刷したのですが、これでは全然たりない。



amazonで注文しました。
オレンジも注文したら、届くのが12日以降になると分かったのでキャンセル。
注文したのはブルーとグリーン、明日か明後日に届く予定です。

それにしても以前なら新宿の世界堂に行って買ってきていたのですが、いまではネットで購入するもの多い。
交通費と時間はバカになりません。


4月15日

今張っているのは3弦が巻弦。
金属を巻いているのではないのですが、素材がなんだかよく分からない。
ハイテンションなので体力がもつかとちょっと心配でしたが、なんとか普通に弾けています。


問題は音色、慣れるまで時間がかかりそう。

今までは3弦のナイロンの柔らかい音だったのが、巻弦のはっきりした音。
しばらく使ってみます。


4月11日

発表会の参加申込書を渡し忘れていた生徒さんがいて、用紙を印刷しようとしたらプリンターに不具合。
紙が送れない。

何度やっても紙が吸紙されない、壊れた!
明日のエチュードの会で渡すことにして、あとでもう1台のプリンターで印刷しようと・・・

でも何で壊れたのか。
説明書を見て紙が送れない時の対処法をいて、裏のところをいじっていたら。
吸紙するところの奥に消しゴムが。

これが詰まっていて紙が送れなかったんだ。

消しゴムを取ったら正常に作動しました。
よかった、また壊したのかと思った。

インクもストックを買ったばかりで、使う前に壊れたら買い損だと思ったのでちょっと嬉しくなった。


4月7日

教室の東側網戸が破れていたのを、付け替えました。
気になっていた生徒さん、もう大丈夫です。

網は自宅用にあったもの。



サッシに網と装着ゴムを専用ローラーで埋め込んでいきます。

自宅の装着ゴムがサイズ違いで、今日生田のホームセンターで買ってきました。
以前なら中野島にも金物屋があったのですが、なくなってしまったので不便でもあります。

白いのが自宅サイズ、黒いのが教室サイズです。

午前中に張替え終わり、取り付け完了。


3月13日

明日は王子ホールでのコンサート。
ヴァイオリンとの合わせもやるだけやった。

リハーサルコンサートもまずまずの結果。

午前中からゲネプロです。

2時開演。
楽屋は1人に1つ、大きい部屋とのこと。

これから忘れ物がないかチェックです。


2月15日

アンプが壊れて、しばらくはPC用の富士通テンスピーカーで聴いていました。
コンクールの1次審査でパソコンでないと聴けないCD−Rがあるので、スピーカーごと会場に持っていき皆に聴いてもらいました。
そうしたら会場の音響器具のほうが絶対に良いと言われた。

そりゃそうだ、音楽専用の会場の機材と比較なんて無理だ。

それでも少しは悔しい。
物色してネット検索していたら、アマゾンで格安のアンプを見つけた。
その評価がものすごく高い、そのかわり偽物が届くときもあるという。

木曜日に注文して、土曜日に到着。
すぐに偽物か確認、どうやら本物でした。

横幅が20センチくらいの超小型のアンプ。
中国製のLepaiという会社、もう倒産しているのを在庫があるだけ販売しているもの。
ピンジャックが一組だけ、いたってシンプル。
パソコンとアンプに繋いで音楽を聴いてみる。



もう笑っちゃうくらいの素晴らしい音です。
今まで教室にこんなに良いアンプがあっただろうか。

演奏者の表情が細かく聴こえます。
更に、CDの録音技術の違いのようなところまで。

何万円もするアンプより良い音。
これでなんと3,190円でした。

レコードプレーヤーで聴くには、別にイコライザーが必要。
けれどもパソコンに繋ぐのが主だから、とにかく大きなスピーカーがまた使えるようになったのは嬉しい。


1月22日

教室のラックに設置していたプレーヤー、アンプ、カセットテープデッキ、それにレコードを全て自宅に持ち帰れました。
毎日重い荷物を持っての移動は大変だった。

そうしたら今度はクローゼットにしまっていた雑誌「現代ギター」をラックの上に。
もうクレーゼットもいっぱいで、隙間に挟み込むように並べておりました。

ストックにするのはもう限界だと思う。

クローゼットに保管していた分。
2000年から15年間分、全体の3分の1くらい。

これ以前の号は本棚に入っています。
最初に購入したのは1972年。
高校1年生の時、横浜の書店で存在を知ってからずっと購入し続けています。
もう43年分の現代ギターです。

さてこれからどうしよう。


1月15日

教室に持ってきたアンプに、レコードプレーヤーを繋いでみる。

レコードをかけてみたら音が鳴らない、というか調子が悪い。
ボリュームを上げ下げすると、雑音がするのです。

これはPHONOだけみたい。
他に切り替えると雑音はしない。

きっとPHONOのイコライザーに不具合が起こったのだと思います。

ネットで調べると、外付けのフォノイコライザーが売っている。
昔は無かったのですが、今のアンプはPNONO端子のないものが多いらしいです。

そこに、にわかにレコード復活の話があるようで、新たにレコードプレーヤーが発売されているのですね。
フォノイコライザー搭載のレコードプレーヤーも。
だから古いプレーヤーの為にも、フォノイコライザーなるものが出現したと思われます。

でも教室では聴けなくなっても、自宅のアンプは健在。

現在はオンラインで音楽が聴き放題なので、しばらく自宅に移動しておきます。
毎日少しずつ、レコードを移動しています。


レコードを入れていた棚

CDもオンラインで聴けるものと、かなりかぶってきました。

これからハイレゾという音源が増えるので、CDの需要が減るかもしれません。
私はハイレゾ対応の機器を一つも持ってないので、使わないとは思いますが。

新機種のウォークマンやヘッドフォンは、ハイレゾ対応に変更されてきています。
一曲ごとネットで買うのに慣れている人は、ハイレゾに移行しやすいでしょうね。


1月7日

荷物が届きました。
クロネコの人が、菊地さんの荷物でいいですか?凄い量ですよ。
と、確認してみたらギター関係の発送用封筒。

2階の教室まで持ってきてもらいました。

うわ、重たい!

一つのダンボールに封筒500枚が4箱。
1箱約10キロ。

単純に計算しても40キロ。

もう一つは30キロくらいだと思う。

いや〜、腰悪くするなあ。
クロネコの配達員の人、大変な仕事です。


開けてみたらこんな感じで入っていました。


1月4日

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

トップページに来年の演奏会のチラシを貼りました。

さて、新年早々教室にあるオーディオタイマーが壊れる。
タイマー機能が壊れていたから、実際は時計代わりに使っていました。


アンプの上にあるのがオーデォタイマー。
このアンプと一緒に粗大ゴミです。

以前のレコードプレーヤー廃棄の時みたいに、粗大ゴミ回収の前に誰かに持っていかれないように気をつけないと。


2014年

12月31日

自宅から小型の(とはいえ今でなら普通の大きさ)アンプを持ってきた。
調子が悪かったはず(左右の音量のバランス)なので手入れをしてから。
蓋を開けてみる。



どうしようもない位ほこりが溜まっていた。
ハケとめん棒、そして掃除機でゴミを取り払う。


それからケイグ社の接点復活剤で、接触部分にスプレーしてレバーを動かす。
付けすぎると逆に故障の原因になるから注意して。


バランスが直ったかどうか、スピーカーからは怖いのでヘッドフォンで。
ミニプラグでは穴が太いので、中継用に接続プラグ。

なんとか直ったのでした。

余っているスピーカーに繋ぐ。
音がしっかり出てきた、やった甲斐がありました。

前のPC用スピーカーよりも良い音のような気がする。
接続が多い分、こもった音のようだけれど満足。

ついでに教室にあるアンプも、これのほうがもっと調子悪い。
開けるとそんなに汚れていなかった。

接点復活剤で手入れ。


更に悪くなったようで、もうボリューム部分の劣化が激しいのです。
接点復活剤を過信してはいけない例でした。
もうこのアンプは廃棄処分かも。

とにかくNAXOS音楽ライブラリー等、パソコンからの音楽を聴く事が多い毎日。
来年からはこの組み合わせで聴いていきます。

それでは皆さん、来年もよい年をお迎えください。


12月29日

パソコンのスピーカーを壊してしまった。
年末の忙しいときに何てことだ!

テーブルから床に落としてしまい、ヘッドと首の部分でポッキリと。

すぐにアロンアルファを頭をよぎる、しかしこの重量ではすぐに取れること必至。
なんとかならないかと分解してみる。

どうもらちが明かない。

土台からコードを外し。
ヘッドの首部分が邪魔。

コードがしっかりと首に付いているので、なんとか外して下に。



まず邪魔な部分が無くなっただけでも置きやすくなった。
でもなあ、これなんとかしないと。


11月21日

楽譜の話になって、楽譜は資料として持っていたいという生徒さん。
三善晃の「エピターズ」って売っているんですか、と聞かれ。

「ここにあるよ。」
と、昔全音ギターピースで出ていたもの。


1977年出版だから、私が二十歳くらいに買ったはず。
邦人大御所が書き、話題になったので買ったのかな?もう憶えていません。
当時は楽譜を見ただけで、どうやって弾くの?でした。

それから全音ギターピースはなくなり、手に入らなくなる。
コンクールの課題曲になった時、主催元から発売されたようですが。

邦人作曲家の全音ギターピースまだあったよなあと思い、引っ張り出したけれどあと2曲持っていた。
楽譜はいつなくなるか分からないから、手に入れられる時に購入しておきたいと思うのです。

年取ったらもうこれから何十年後・・・なんて無いから、若い人たちに今出版されている楽譜を確保しておいて欲しいなと願うのです。


11月5日

「日本ギタリスト協会会員による秋のコンサート」終わりました。
全体には好評だったようです。
出演した方たちからも、御礼の言葉を頂いたり。

聴きに来た頂いた皆さん、ありがとうございます。

主催側としてなにか手違いがないか、始まってみないと分かりません。
日本ギタリスト協会として始めての会なので、頭の中でシミレーションを何度もして気が付いたら用意するものが増えていく。
受付用具、張り紙、金銭の準備等、忘れ物があったら大変なので緊張していました。

予定と違うことがあったりもしましたが、なんとか本番の流れには影響されませんでした。

最後まで用意不足なものは無く、本番中に後片付け。
楽屋の椅子の倉庫への収納、ゴミの収集。
いつもコンクールで手伝ってくれる人は、こんなことをやっているのだなと思いながら。

次の日から荷物の整理、収支計算、楽器店へのチケット清算、著作権の連絡・・・
2日たった今も身体が疲れていますが、あと1〜2週間で落ち着くと思います。


11月2日

いよいよ明日、「日本ギタリスト協会会員による秋のコンサート」です。

準備はしたつもり。
出演者への連絡は逐一してきたし
会場での打ち合わせで借りる物のもれは無い筈。

チケット、物品販売のつり銭
ポスター、案内板、受付用品等々・・・
朝9:00からスタッフに指図して会場の準備

これで演奏もするのか・・・気が重くなる。
でもグズグズ言っている訳にはいかない。

私の出演は12組中8番目、16:00過ぎの演奏の予定です。

私の演奏するポンセ作曲イ短調組曲について。
(プログラムには解説かないのです。)

A.セゴビアとM.M.ポンセの関係ですが
セゴビアからのどんな作曲以来でも引き受けていたらしいです。

この長さでこんな曲・・・するとその通りにポンセは作曲していたらしい。
凄いですよね。

そこで「バッハのような組曲を作って欲しい。聴衆が飽きないようにこのぐらいの長さで。」
出来上がったのが明日演奏するイ短調組曲。

セゴビアはここでいたずらをします。
1日の演奏会がポンセの曲ばかりで埋まるのはまずい!

だれか別の作曲家の作品ということにして・・・

バッハは作品が知れ渡っているからすぐにバレてしまう。
ここで当時あまり作品が全て解明されていないヴァイスの曲にする事を思いつきます。

そこでヴァイス作曲「イ短調組曲」として演奏されていました。

ところがだんだんとヴァイスも作品も知れ渡り、イ短調組曲なるものはないぞ???となるのです。

とうとうセゴビアも、実はあの曲はポンセの作曲だと白状したのです。

バロックの巨匠の作品ではないと分かると一気に弾かれなくなりました。
これはきちんとした楽譜が最後まで出版されるこがなかったからか。

バロックの曲だから弾きたかったのに、というのもあったかもしれません。
私は良い曲ならそんなことは構わず、いつかは弾きたかった。

アブロニスというギタリストが耳コピの楽譜を出版して(勿論ヴァイス作曲として)いたので、セゴビアもいまさら出版する気が無くなったと言われていますが本当はどうだったか。
日本でも楽譜が出版されていますが、セゴビアの演奏から本当はこうだろうと音の修正をしている楽譜ばかりです。

私もその楽譜で弾いていました。
けれどJ.R.ゴンザレスがセゴビアから直にもらった楽譜というのが出版されまして、どちらかというとセゴビアのSPレコード時代のコピーとしかいいようのない楽譜です。
ミスプリも多い。

でも、この楽譜が一番信用性がある(と認めざるを得ない)ので、私の頭の中で楽譜の入れ替えをしました。
相当な時間がかかりましたが、明日初披露です。

なんとか会全体も成功させたいのですが、こればっかりは始まってみないと分からない。
お楽しみです。


10月27日

11月3日のコンサートの案内板とポスターを作りました。
コンクールと同じサイズ。
いつもながらポスターはA3用紙を8枚、案内板は5枚張り合わせる。

打ち上げ会場の案内地図も作ったし。
原稿を一から作ったから3時間以上かかってしまった。

この1週間コンサートに向けてやることがいっぱい。
練習時間を作るのが大変です。


8月22日

読書感想に書いたグッドール氏の本を読むと、音楽のあらゆるものを学習しなおさないとと思うようになる。
これは私個人の感想です。

以前から各種音楽書、辞典類で書いてあることがまちまちなのを読むたびに、正しいのはどちらだと調べていたりしていました。
それも結構楽しく、たまたま行った図書館にある事典でも調べたりするのも一興です。

これからは楽しみではなく、頭の中にある不用品は捨てて新しいものにチェンジしないととんでもないところで間違った説明をするかもしれません。
何年かかるかな、というよりこれからも新しい情報が公開されてくるでしょう。
つまり、これは一生続くのだろうと実感する次第です。

また「音楽の文章術」を読んで思うこと。
音楽家なら参考文献になる一次資料(原典譜、初版譜等)二次資料(辞典《事典》類、学術書、専門雑誌、録音物)は必要なのですね。

私なりにもまあまあ持ってはいますが、最近ではネットで閲覧できるところも利用したいところ。
インターネットの普及で参考文献の情報が昔にくらべたら格段に手に入れやすくなりました。

録音物もオンラインで聴けるサービスも加入しているから、CDを聴く機会が減った気がします。
(LPレコードはたまにしか聴かない、これからも聴くだろうか)

専門雑誌のバックナンバーは思った以上に使用頻度が上がっています。
ネットで生徒さんが調べてきて、何年の何月号にある記事・・・から即座に抜き出して閲覧すること多し。

保管場所が大変ですが、「音楽の文章術」を読むとこれからも購入していくべきなのだなと実感します。


8月5日

耐水ペーパーが底をつき、しばらくかけらのような部分を使っていました。
教室の近くの金物屋さんが昨年閉店し、現在その場所はデンタルクリニック。
その横に小さな合鍵屋さん、これが以前の金物屋なのです。

他にはどこに金物屋があったっけ?
そうだ!自宅のある駅の反対側に大型の園芸、建材、大工道具を置いている店があったのを思い出した。
開店時間が10時なので、教室に行く時間を遅めてから耐水ペーパーを買いに行きました。

余り通らない場所なのでちょっと多めに買う、1500番の耐水ペーパーを5枚。
以前は1200番を使っていたのですが、最近見なくなっています。


適当な大きさに切るのですが、私はペーパーカッターを使っています。
もう30年くらい使っている、事務仕事で結構使っているので便利なアイテムの一つ。


耐水ペーパーをヤスリの部分を下にしてカット


1枚のペーパーから16等分にしたもの。
私にとって使いやすい大きさです。


今、爪の調子は万全ではないけれど、調整グッズが揃っているだけで手入れをすればなんとかなる気になります。


7月30日

右指の親指の爪が折れてしまいました。
5月頃に横に一本段ができるように伸びてきていた。
よく見るとi、m、aの指にも軽く筋が入るように伸びている。

pとiは先端にアロンアルファを塗って補強していたのですが、先週の土曜日にpのアロンアルファが剥がれ落ちてしまった。
そろそろ先端に溝が移動してきたから折れるかなと思っていたのですが、爪の表面も一緒に取れてしまったみたいです。

昨日はi指のアロンアルファを爪も一緒にはがさないようにこそげ落としました。
p指のようにはなって欲しくない。

で、今はp指は爪なし、弾きづらい。
弦に爪があたらないというのでpだけ爪なしという生徒さんもいるけれど、こんなにも違うのか。

普段の曲が沢山練習できないので、今日はタブラチュア読みの練習も兼ねてダウランドとビウエラの曲を練習。
ダウランド、ミラン、ナルバエスが簡単という訳ではありません。
タブラチュアに慣れていないから、たどたどしく弾くので弾きづらさが感じにくいという理由からです。

タブラチュアの読み方が沢山あって、私には反応しにくい部分が幾つもあります。

ダウランドはフレット番号がアルファベット
ミランはタブ譜に近い6本線の上から1弦でフレットが数字
ナルバエスやムダラ等は6本線の下から1弦でフレットが数字
(ここまでならなんとかやっている。)

ノイジドラーは持っていないけれど読みたくないくらい難しい。
バロックギターのタブラチュアはまだ和音の記号も覚えていないから演奏不能。

ダウランドは以前にくらべタブラチュアの読みが早くなったみたい。
でもタブラチュアだと、音と音のつなががりが分かりにくい。
強弱記号もないし、表情記号も皆無。

2声、3声のつながりを即座に理解しながら弾けなければタブラチュアを読めることにはならない。
表情記号がないからといって無表情では絶対にダメ。

ということで・・・
前回にタブ譜のことを書きましたが、タブ譜が頭ごなしにダメという気はないです。
タブ譜は不完全だけれど楽譜だってある意味不完全な部分もあるし。
タブ譜を見て音楽的なことを読み取れればいいのですが、楽譜が読めないというのでタブ譜に頼ると楽譜にある表情記号はおろそかになるみたいです。
これは楽譜を見ている人にも言えるので、全ての人に注意して欲しいです。

私の考えでは古楽以外ではタブ譜を使わなくて済むなら使わないほうが良い。
楽譜が最初読めなくてもタブ譜が無い時代の人たちは、それでもやってこれていました。
まず楽譜を読むよう努力すること。
それでもタブ譜が必要な場合、楽譜から読み取って補助的に使うのが理想です。


7月16日

2つのヴァイオリン曲の伴奏の編曲。
ピアノ伴奏での編曲以来ですが、オーケストラ伴奏が楽譜サイトにあったのでここから編曲をしました。
ピアノ伴奏と随分違うように聴こえる。

ピアノ伴奏譜を送っても貰いました。

オケとは別物でした。
和音の位置、表情記号等が随分違う。

楽譜はやはり相手と同じものでないと、とんでもないことになっているところでした。

これを機会に楽譜ソフトで作ってみました。

全体の粗造りを終える手前でハグを起こし、打ち込んだ全てがパーになって再度新規に作るはめに。
手書きなら消えないのに!と思いつつも、慣れればきっと便利な筈と再挑戦。

途中、別の編曲の仕事の伴奏譜もつくったり。
(写真に写っているのは別の仕事の伴奏譜。)

印刷したらなかなか見やすい。
汚い手書き譜(私が書くから)よりも印刷譜のほうが弾きやす。視覚も大事なのだと思う。


6月30日

今休んでいる生徒さんが、指がばね指になったという。
ギターを弾いてではなく、別の作業をやり続けてばね指になったというのです。

今月から復帰する予定だったのに、本人も残念な様子でした。
ばね指、もとのように弾けるのにどのくらいかかるのか、私には見当がつきません。

22日の日曜日にお会いしたのですが、「どうしよう〜、いつになったら弾けるかな。」という本人に、その時私が提案したのは。

ばね指になった(親指第1関節)ところは動かさないように弦を弾けるか。
第1関節を動かさないように気をつけられるか、その為には自分の指をよく観察してみる。
根元の関節で動かせるように訓練できたとして、そのうえで復帰できるか考える。
和音を弾くとき第1関節が動いたとして、どのくらいなら許容範囲か観察する。
みたいな事だったと思います。

この観察するということが、ギター復帰で本人にできる最初のことです。
観察してから分かったことがあったら、その次にどうするか考えてみる。

早く治って欲しいけれど、こういう時こそあせりは禁物です。
弾きたい人は、必ず(完全ではなくとも)克服できると信じて治療しましょう。

別の日、教室の階段を上がろうとしたら「菊地先生!」
昔教えていた生徒さんでした。
私が中野島に来て教え始めた頃の生徒さんです。

膝を痛めて斜向かいの整形外科に通っているとの事。
毎日1時間歩いていたら痛くなったとかで、このままだと歩けなくなるから筋トレしなさいと言われてジムに通っているそうです。

そして手の指はへバーデン結節(指の関節が痛んで腫れて変形していく、原因の分からない病気。)になったとかで、はめていた手袋を取って見せてくれましたが、みごと全て指の第1関節が腫れて変形していました。

「私、もう60(歳)ですよ。」なんて言われて、そうか、もうそんな歳なんだ・・・私より年上だったからあたりまえか。
昔教えていた人は、その時の年齢で止まっているのでした。

女性は50歳過ぎた頃から骨がもろくなる人が多く(前の人も女性でした。)
ばね指、へバーデン結節、軟骨が減る、骨折しやすい、背骨が曲がる等のリスクが高くなります。

ばね指とへバーデン結節は原因が分からないのですが、他の事は普段からの注意と、運動で(特に筋トレ)で予防できると期待されます。
気がつかないくらいの少しずつの変化が、ある時まとめて出てきて発覚するときもあります。
そうならないためにも、普段から身体の観察をしていく必要があるかも。
たとえばギターを弾く時、座り方、頭の位置、腰、指の動き等々・・・


5月5日

コンクールもようやく終わりました。
いろいろと不手際に気づき(後の祭り)もしましたが、来年への反省に生かします。
順位等は日本ギタリスト協会へリンクしてください。

その日に自宅に戻ってから、異様にだるかったです。
骨盤のあたりの筋肉が疲労していました。
まだ疲れが取れていないようなので、無理せず身体を使わないようにしています。

コンクールが終わってひと段落、なんてこともなく事後処理に追われています。
更に追い討ちをかけるように今年の特別イベントの準備にも奔走中。

当日、若いギタリストから今年の第2次予選課題曲、トゥリーナの「ファンダンギーリョ」で

この(+)と(・)って何ですか、と聞かれました。

そういえば今の時代、解説されたものがないから分からない記号です。
かといって私がギターを始めた時、独学でいろいろな教則本や解説本を読み漁っていたから知っているのですが
私より年上の先生たちも知っているようでした。

+は右指の親指(p)・は人差し指(i)・・は中指(m)・・・は薬指(a)

なのです。

カルカッシの作品59の教則本や作品60の練習曲第1番のオリジナル楽譜にこの記号が使われています。

私の持っている音楽之友社「ギター基礎講座」(絶版)ではあまり使われていないとして、更に親指は×です。

ジュリアーニの作品1の教則本(復刻版)では親指はアクセントみたいな形。


カルカッシやジュリアーニ等、19世紀のギタリストによく使われていたようです。
スペイン語圏ではp,i,m,aですが、どちらかというと、イタリア系のギタリストが点の数で表記していたみたいです。

現在では使われなくなった記号です。
なぜファンダンギーリョで使われているのか分かりませんが。
Puigar(親指)とi(人差し指)が書いてあるのだから必要ないと言えばないのですけどね。


2月7日

レッスン用のギターに張っていた中国製の弦を、オーガスティン(黒ラベル)に交換しました。
張り替えると、やはり新しいのはシャープな音がしております。

この1週間にあったこと。

自宅キッチンの水道ワンホール式水栓から水を出すと軸から水が漏れるというのでネットで検索。
自分でも出来そうだが、本来は個人で修理してはいけないらしい。
パッキンが正規では売っていないのと、専用工具がないので暇をみつけて修理してもらおう。

これまた自宅のパソコンの通信モデムのACアダプターが接触不良を起こし交換。
連絡した次の日に届いたのに不在で再配達。
昨日届けてもらいました。

届くまで自宅で待っていると、マンションの理事長から電話があり「菊地さんのところから警報機鳴っていませんか?」
警報機なんかないと思いながら、ベランダがうるさいので出てみたらエアコンの室外機が凄い音をたてていた。
電源を切ると鳴り止みました。

もう20年くらい使っている、その間に引越しを3回くらい。
もう寿命だろう。
ということで買い替えなくては。

自宅での出来事が多い週でした。


1月31日

PMCレコーダーを手に入れました。
ティアック社のTASCAM「DR-07MKU」

簡易三脚も同時購入

今までICレコーダーを使っていたのですが、ステレオ録音のバランスが悪くてもう買い換えなくてはと思っていたのです。
そこにこれ。
ティアックという社名だけで懐かしさを感じてしまい、他のメーカーは一切見向きもせずに購入しました。

ギタリストになったとき、初めて手に入れたオーディオセットのタイマーがティアック社製。
製品のコストパフォーマンスが高いと感じていました。
朝の目覚めの音楽、外出時のFM録音ではお世話になりました。

また、コンクールが開催される武蔵野市民文化会館に三鷹駅から歩いている途中にティアックの本社がありました。
現在は多摩市に移転しているみたいです。

このように、ティアックはしっかりと記憶に入っていたのです。

さてこの製品ですが
ミュージシャンをターゲットにしている製品のようです。
重ね録音ができるらしい。
まだ説明書を読んだだけでは理解しにくいのですが、一人で二重奏とか三重奏が出来るのでしょうか。

チューナー付きと書いてあったので、FMAMラジオが聴けるのかのと思いきや、楽器のチューニング用のチューナーでした。
昨日届いてまず最初に調弦をこのレコーダーでやってみました。
ここまで必要かなと思いつつ、これにメトロノーム機能がついたらと余計な欲が・・・この値段ではありえない!

パソコン上で特別なソフトは必要ないのがありがたい。
そして今日、ギターの音を録音してみました。
録音された音がICレコーダーよりもきれいに取れている。

録音時と再生時に数種類のエフェクター(エコー効果)がかけられるので、まるで演奏会場で弾いているみたいにもなります。
こんな録音機を持つのは初めてです。
人によっては自己満足の世界に浸ってしまうかも。

ここまでくると一般の人には不要と思われる機能ですね。
それでもリーズナブル(現在10900円くらい)でコストパフォーマンスが高いので、これらの機能を使わなくてもPCMレコーダーとして手に入れやすいです。

これからしばらく、使い方の練習しています。


1月21日

昨年買っていたのに読んでいなかった本。

「バイオリン奏法」レオポルド・モーツァルト著
アマデウス・モーツァルトのお父さんの書いた本です。

音楽理論っぽい本を読んでいると、ときおり参考文献とされる書名でした。
エマヌェル・バッハの「クヴィーア奏法」に近い年代に書かれた本。
きっと音楽に重要なことが書かれているのだろう、これは読んでおいたほうがいいのかなと思っていました。

もっと早く読んでおけと言われそうですが、他にも読む本が次から次へと出てきて・・・

読んでみて、まあ、その〜。

ヴァイオリンの指導書でした。

音楽的な事、練習生への注意、指導者への警告みたいなのが書かれているところもあります。
ここが音楽理論書で参考にする部分なのでしょうね。

でも大半はヴァイオリンの実技です。
たま〜に、レオポルドさんが感情的になって書いているところもあったりと。
怒っているのかもしれませんが。
私にはそこが面白いのと、ヴァイオリンのことを少しも知らなかったので実技面を理解できたので一気に読めました。

話は変わって、昨日はピアノのコンサートに行ってきました。
24歳のイケメンのピアニスト。

若いからとは思わないけれど、フォルテの音量が凄い!
ここまで出せるかと思うくらい鳴っていました。

テクニックもしっかりしていました。

でもね、私はここまで出さなくていいじゃん!って思うのですが。
はっきり言ってピアノが悲鳴を上げていた。

スタンウェイに強引とも思える強いタッチをすると、音色がハスキー(私にはそう感じる)というか歪んだ感じになるのをたまに聴きますが、その時間が長かったように思いました。
鳴らないはずの他の弦も鳴っていたような、ミスタッチではないようですが。

スタンウェイってこんな音も出るのだと知った日でした。


1月14日

生徒さんから弦をいただいていたのですが
松岡の弦、中国製です。
購入価格はセットで300円位だそうです。

安すぎ!

何でくれたの?と思うのですが、本人も自分のギターには使っていないそうです。
値段の安さからいって、そりゃあ怖いですよ。
音程が悪い、鳴らない、すぐに切れるとか・・・
くれた本人だって張るのに勇気がいるだろうなあ。

パッケージを開けると、1本ずつビニールの袋に入っています。


昨日、レッスン用ギターに張ってみました。

張った感触はというと、思ったほど悪くはない。
私がギターを始めた頃にあった有名ではない日本のギター弦以下かな?と想像していたのですが、もしかしたらそれより良いのでは。
低音がややボケぎみで全体にシャープさがないけれど、これを好きという人もいるでしょう。
音程も全体からすると不良とはいえない。

あきらかに現在日本のYメーカーのグリーンパッケージのよりも良いと感じました。
でも、弾いてもらって聴こえてくる音で評価しないと。

今日からレッスンで生徒さんに弾いてもらいます。


2013年

10月20日

長い年月疑問に感じていたことが解決というか、やはりという思い。
バロック時代の装飾音の話。
一ヶ月くらい前にこの話題をしましたが、購入した本と図書館で借りた本がちょうど資料としてマッチングしていました。

疑問に思っていたこと
〈バロック時代のトリルは必ず一つ上の音から開始する。〉

私はこれに納得いかなかった、弾いてみればおかしいと感じるものがあるのだから。

解決したのは
パウル・パドゥーラ=スコダ著「バッハ演奏法と解釈-ピアニストのためのバッハ」

どうやらトリルは上の音からというのは、C.P.Eバッハの「正しいクラヴィーア奏法」に書いてあるというので学者さんたちが言い始めたのがきっからしい。
実際読んでみると、一箇所だけ書いてあります。
それでも(翻訳された本で訂正された)譜例を見ていくと、必ずしもそれだけではないのですが。
それを裏付けるように、スコダの本を読むとそれが見当違いだと立証できるバッハの自筆文が写真で掲載されています。

スコダはノイマンという人の書いた文献に、ところどころで好意的に思える内容が見られます。
これは読まなくてはと検索すると、現在は絶版。
図書館の蔵書検索をすると「正しい装飾音奏法」があった。
勿論読んでみました。

読んでみると、装飾音は全体の3分の1程度、後半の部分です。
スコダのほうが分かりやすい内容でした。

それよりもバロック時代のもう一つの流儀とされている
〈付点音符は過重付点のように、後の短い音符は更に短く〉
これの反論が半分以上でした。

これも私が疑問に思っていたことであったので嬉しくなました。

ノイマンの本では、これはクヴァンツの「フルート演奏法試論」で書いてあるからという。
先に読んでいたけれど、そのようなことは書いていなかった。
ある一文の中でもしかしてこれが付点のことを間違えて解釈されたのかな・・・まさか?
と思った箇所があったのですが、そのまさかでした。

同じようにノイマンも、ここを間違って受け取ってしまったのだろうと書いています。

この4冊を読んだ結果、バッハもクヴァンツも普通に読めばトリルも付点の問題は起こらなかったのでは。
それもスコダとノイマン(絶版ですが)があったからこそ解決できました。

急ピッチで読み込んだので目が悪くなったのか、今まで以上に文字が見えにくくなっているよう。
そろそろ老眼鏡かな?


8月27日

近所の書店で注文していた本がようやく入荷しました。

今月の5日に注文して、今日入荷。
アレクサンダー・テクニークの実用的な内容みたい。

そして一昨日、amazonで注文した本も届きました。
バッハの時代の本。
フィードリヒ大王のフルートの先生であったクヴァンツの書いた本。
バッハの息子、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハも仕えていました。

そのエマヌエル・バッハの本も注文したのですが、在庫がないらしく先にクヴァンツの本だけが届きました。
クヴァンツ(フルート)もバッハ(クラヴィーア)両方とも楽器の教本だけれど中身はバロック時代の演奏様式が書かれている重要な本。

昔、ブローウェルが講習会で、「バッハがこう書いてある・・・」と何度も言っていたので気にはなっていたが、どの本だか分からなかった。
最近思い出しインターネットで検索、ちょっと遅すぎたか。
同じように重要な本が絶版になっている。

とにかく、もう書店で注文するよりもamazonのほうが早い!

でも図書館で予約している本が溜まっているので、先にそれらを読まなければ。


8月26日

今朝電話があって、聞いた事もない音楽関係の出版社。

「クラシックギターで著作権のかからない、コードで書かれた曲の楽譜ってありますか。」
のような問合せでした。
なにやら特集に必要だとかで。

著作権のかからない
コードで書かれた・・・

質問の意味が分からないので
タブ譜では?・・・も違うみたいで。

向こうも最初から自信なさそうに話しているから、要領を得ていない。
「あの〜、クラシックギターのことちょっと勉強してください。」
と言って電話切りましたが、ギター関係のところだったらあまりにも勉強不足。

テレビでもクラシックギターの演奏が観られるけれど、もしかしてコードを弾ければできるものだと思っているのか。

話は変わって、花火大会の時は教室から一歩も出ず本を読んでいました。

疲れていたのか字が見えない。
ルーペをだして読んでいたけれど、こりゃ老眼鏡を買わなくてはと本気で思いました。
歳を感じる。



図書館から借りた古い本で、クルト・ザックスの「リズムとテンポ」今は絶版です。
私の持っている音楽理論書も絶版ばかり、これも時代の流れですかね。



図書貸し出しカードが添付されています。
懐かしい。

昔はリズムにもいろいろな名前があったので(中世以前)、それが頭に入っていないとかなり難解になります。
つまり私も難解に感じています。

まだ読み始めなので、ルネッサンス以降になったら読みやすくなりそうな気がします。

次の日の午前中、日の光で明るいと難なく読めた。
そうすると、明るいうちに読めばいいのだからと、老眼鏡を買う気がサー!となくなってしまいました。


8月16日

レッスン用ギターの弦を取り替えました。
今回は普段と違う弦。


オーガスティンの黒ラベル。
いつもなら低音はオーガスティンかセシリアの赤で、高音はオーガスティンインペリアルです。

張力が弱くなっています、高音がちょっとビレやすいかも。
でも弾きやすいですよ。

自分のギターの弦も張替えました。

いつものセシリア。

張り替えるついでに
生徒さんから、指板はどうやって手入れするかという質問。
レモンオイルという案を考えていたみたいです。
レモンオイル・・・ちょっと心配で、その時はとにかく丁寧にシリコンクロスでふき取るのを勧めました。

レモンオイル;塗装がセラックニスの楽器用クリーナー。
木の持っている成分に一番近いオイルということで、たまにニスが変色することがあるので、部分的に試してから使うことになっています。

それから別の生徒さん。
ギターは水拭きしていいのですかという質問。
これはやめたほうがいいよと言いましたが。
レモンオイルというのがあるけれど(彼のは量産ギターなのでセラックではない。)
まめに息を吹きかけてシリコンクロスで拭いてと。

昔は、汚れがかなり目だったら、固く絞った布で拭くなんて指導していた先生もいます。
指板をそうやって拭いたら、後で棹が反る原因にもなるのでNGです。

立て続けにこのような話があったので、勇気を振り絞ってレモンオイルを使ってみました。
大体そのためのオイルなのだから、早く使えばいいのになんて。


だいたい持っているのだし。

横にあるのは医薬用ガーゼです。

使っていなくても、なぜかギターに関するものは一通りあるのが菊地ギター教室。

楽器はバルベロ・イーホ

ボディも磨いて。


指板も綺麗になった。


指板を磨くとガーゼが黒くなりました。
これは垢ではなく、指板の着色の色です。

しばらくしてどうなるか。
まあ指板が反ったりはしないと思うのですが。