演奏における身体的なこと

長い間ギタリストをしていると、演奏で技術上のことや身体の使い方に疑問を感じたり、これってどうなの?と問題を見つけたり。
どうしてかなあと考えたり、解決すべきかと思ったり。
私の経験上で思うこと、そんなことを書いてみようと思います。

まだどのようなことを書くか、行き当たりばったりです。
思い込みではなく、よく観察したり自分で試したことを主体に書くつもりです。
HP上では表現に限界もあります、生徒さんにはレッスンで説明できるのでお気軽に質問してください。

随時書き直していくと思います。

2017年

4月7日

右手小指を使ってみる。

かれこれ1年以上前から、スケールとアルペジョ、トレモロに右手小指を使っています。

人間の手で小指は重要なのです。
物を握る時、小指があるのと無いのでは大違い。
しっかり握りたければ、小指からしっかりと使うこと。

大横綱だった千代の富士(故九重親方)は、まわしに小指がかかれば絶対に離さないと言っていたのを思い出します。

ドミンゴ・プラトも「ギターの新技法」という教則本で、小指を使わせていたのです。
ピアノも最初は真ん中の3本から始まって、5本使うようになったのだから、ギターもいつか5本使うようになるだろうということで。

普段、左の小指は演奏に積極的に参加していますが、右手となるとたまにラスゲアードくらいしか使わない。
全然訓練されていないとは感じていた。

そこでひらめいたのが
思いつきから始めた小指の使用、最初にアランブラの思い出をp-ch-a-m-iの順番で弾いてみたのです。
・・・弾きにくい!

メチャメチャな演奏、あまりの酷さから気を取り戻したくで不通にp-a-m-iで弾いていみる。
あれれ、すこい楽。

それ以来、小指を使ってもアランブラの思い出を弾いて言います。

フォームはこんな感じです。

気を良くしたのか
アルペジョでも、まずヴィラ=ロボスの練習曲第1番。
p-i、i-m、i-a、m-a、m-ch、a-chの2本ずつ。
それからp-i-p-m-i-aーm-ch-a-ch-m-a-i-m
最後に楽譜通りに。

アグアードのホ短調のアルペジョ練習ではp-m-a-chで。

このように

スケールもchを使うようになりました。

今のところアルアイレだけですが。

曲では使っていないけれど、ようやく手の形も落ち着いてきた。
小指も跳ね上がらなくなったし、トレモロは楽になったしで良いことだらけ。

小指が跳ね上がる人には良い練習だと思います。
個人差があると思いますが害にはならないので、やらないよりやってみたらという気で試してみたらいかがでしょう。
ただ時間がかかります。

もう1年以上飽きずにやっているのだから、自分にとっては合っているのでしょうね。

トレモロが上手で、小指も跳ね上がらない人には必要ない練習ですけど。


2016年

6月11日

中心線の意識、私の確認法

自分で練習しているとき、レッスンと同じ場所で練習しているのですが。

フローリングのつなぎ目の線、これを使っています。
座っているとき、身体の中央から見える線が真っ直ぐに伸びたところに頭があるようにしています。

ご参考になれば幸いです。


6月8日

姿勢について

身体の中心線を意識してみる。

昔の話です。
ギターのヘッドは肩の高さくらいにするという教えがありました。
そうすると、左の押さえが遠く感じていたりしていたものです。

ある教則本では身体の重心を左にかけて、身体を少し左によじると書いてあった。
そうすると左手が弦を押えやすくなります。

このまま長年ギターを練習していると、身体は前かがみになり左に傾いたままになってしまいます。
問題は、身体がゆがんで前のめりになっていることに気が付かなくなっていること。
ギターを外してみれば何か変な格好で、これはどこかにストレスを抱えていると思われます。

このように自分では正しい姿勢で弾いているつもりでも、思ったのとは違うことをやっているということは多々あります。
正しい第三者の目(東京都知事問題のジョークではないつもりです。)で確認してもらうと良いのですが。

今はヘッドが高い位置にするので、身体がゆがんでいる人は減りましたが長く弾いていると少しずつ左に寄っていってしまう人が見受けられます。

本人に身体が左に傾いているか自覚がないのでしたら、その気づき方なのですが。
椅子に普通に座ってみる。
そのとき目の前に、床に対して垂直の線になるようなものを見つける。
(窓の珊とか、なければ遠くに置いた譜面台の軸を目印に)

それが身体の中央にあると目視できる位置に移動。

ギターを持って弾いてみる。
頭が珊の中心線から左に大きく外れていると、ゆがんで弾いていると思ってください。

ずっと中心線から外れてはいけない訳ではないです。
また元に戻れるかが重要であって、姿勢はたえず動いています。
ハイポジションでの姿勢がその例です、硬直したままも良くないですから。


2014年

指に関して

自分では動かせない指の稼動範囲(4月29日)

自分の筋肉では動かせなくても、外部からの力が加わると動かせる関節があります。
この関節の稼動範囲を演奏に利用場合があります。
手の指では第1関節(DIP)と第3関節(MCP)が使われます。
第1関節の場合なら一緒に第2関節が伸びても構いません。
(凹むのとはニュアンスが違います。)

こんな指も


手を上から押し付けるようにすると、逆に反らせられます。


第1関節も
コードでいうと3弦と4弦をセーハして2弦を2の指で押さえるAコードでよく使います。


4指も


バッハのシャコンヌの開く箇所。
4指の第1関節が微妙ですが。
写す時のフォームが悪いですが、(右手でシャーッターを押しているので)
本来なら1指の第3関節も、もうちょっと開いています。

私の場合、バリオスの郷愁のショーロの開く箇所は指3本くらい第1関節が逆に反ったりもします。

指の長い人なら使う頻度は少ないと思いますが、短い人の場合は他にもこのような技術をよく考えて選びながら使っています。
レッスンでよく見かけるので、考えられる克服法を教えたり。
それだけ苦労が多くて大変ですが、諦めずに乗り越えている人が多いのも事実です。

親指の稼動範囲(4月8日)

普段我々はなにげなく手でものを握ったり、握ったもので叩いたり放ったり、紐を結んだり解いたりと細かい作業を絶えずしています。
あらゆる脊椎動物の中で、ヒトだけがこんなに起用なことが出来るのです。

それはなぜかというと、親指の動きに注目してください。


手を開くとこんなかんじ


親指はこのくらいまで中に入ります。

実は親指がここまで入り込むのはヒトだけなのです。
このことによってヒトは手先が器用になりました。

これを知らないでいると、親指は人差し指より外にあるのだから

弦を押さえるときの親指は、こうであるべきだと思い込んでいる人もいます。
この位置で押さえる時もありますが

親指の稼動範囲は広いです。
逆に親指の位置は広範囲にわたるので、よく研究しないと押さえられるものも押さえられなくなっていまいます。

左指、押さえる時第2関節(PIP)が凹む。(4月6日)

人間の指は第1関節(DIP)第2関節の握る伸ばす(屈曲、伸展)動きは、筋肉を使ったとき同じ方向に動きます。
ところが、ギターの指板を押さえる時、第1関節は屈曲しているのに第2関節は反対に伸展よりも更に曲がって凹んだようになる人がいます。

これはピアノ、ヴァイオリンを演奏する人にもあるということですが、できるだけ早く改善しなければなりません。

これは同じ押さえを続けていたりとか、まだ指が鍛えられていないのに過剰な力で押弦をする癖がついてしまったからかもしれません。
私の指導した経験だと長く続けていくと演奏中に指板から離しても戻らず、いったん力を抜いてカックン!という関節にショックが入ったようにならないと戻らなくなるようです。

こうなる前に予防として、指に負担がかからないように無理に力づくで押さえるのをやめること。
第2関節が凹んだらいけないと日ごろの練習から注意することが必要です。

私の教室では常に気をつけてレッスンしています。
入会した時点で凹む癖がついている人には、その指で弦を押さえる時、今までよりも関節をよく曲げて(屈曲)押さえてもらいます。
これは長い間の習慣で関節が弱くなり、普通の押さえかたでは簡単に凹むからです。

長い時間がかかりますが、関節に刺激を与えることによって少しずつ強化されていきます。
気持ちが萎えてしまうこともあるでしょうが、生徒さんは根気強く押さえてくれています。

曲を演奏しながら凹むのを気をつけるのは大変ですから、事前に音階等各種エクササイズをすることをお勧めします。

ピアノとヴァイオリンの指導書に矯正方法が紹介されたのを見つけました。
例をとって私の指で・・・見苦しいですが



ギター弾きに多い小指で例にします。
机に指を乗せ、小指を写真のように曲げ、上から右指で第2関節を押します。
凹まないように支える力を強くするのが目的です。

ただこの方法、他の指が緊張しまくる癖が付く問題点もありそうです。
右指で触っただけで凹むこともあります。
上手く使えば意識は向上しそうですが。