読書感想
読んでみて気になった本が紹介できるかなという思いで書いてみます。

2017年

7月17日

コンデショニング(2002年 嵯峨野書院)
新・スポーツ栄養学 新版(2016年 嵯峨野書院)

またやさしいスチューデントトレーナーシリーズから

休養やケガ、テーピング等、からだのメンテナンスに関したもの。
自分に関わる健板損傷や足底健膜炎も載っているので、スポーツをやっている人には身近なケガなんだなあと思う。

栄養学は他にも読んでいるけれど、どちらかというと指導者向けのような感じ。
選手への栄養にたいする教育、試合までの状態を観察しながら今どのくらいの食事にしたら良いかとか。

普段健康の為に運動している我々にも知識として勉強しておいても良いかなと思うのです。

音楽では身体に関する話題が出だしているけれど、これから栄養学も何らかの話題になるかも。
実際にどこかのサイトで栄養学のことが書かれてあったなあ。

でも音楽家に特化していなくて、普通の栄養の話でしたけれど。
これを食べると演奏がよくなる食材があるとか・・・だったら真っ先に私が食べたい。

この新・スポーツ栄養学は、これを食べたら良いというところに留まらず、食べたものがヒトの身体の中ででどのように栄養が取り込まれていくか。
栄養素ひとつひとつにどのように役割があるか説明されています。
いままでのスポーツ栄養の本よりも詳しいので理解が深まりました。


6月20日

新・スポーツ医学 新版(2014年 嵯峨野書院)
新・スポーツ心理学 新版(2016年 嵯峨野書院)
スポーツ生理学(2002年 嵯峨野書院)

やさしいスチューデントトレーナーシリーズから
2002年に出版され、新たにスポーツ医学とスポーツ心理学が出版された。

運動に関する本ですが、日ごろからの健康運動のために読んでおこうと思ったからですが。

スポーツ医学では、怪我をしたときに大事なのは選手のやる気がその後の治療方針にかなり影響するとのこと。
気になるのは、60歳を過ぎたら、複雑な動きの運動よりも単純な動き、有酸素運動を主体にしたものが良いとのこと。
(ジョギングとか筋トレとか)
軟骨も磨り減っているし、骨ももろくなりやすいしで怪我の後の回復にも難しくなるらしい。

昔スポーツをやっていた経験者ほど、再開してから故障しやすいらしい。

そうか、私も無理をしないように考える年頃かあ。

スポーツ心理学では、何かスポーツ以外のところでも同じかなあと思ってしまう。
根性論一辺倒ではなく、いかに指導していくか等、音楽の指導者にも一致するところ多し。

スポーツ整理学は身体のコンディション作りや、筋肉の動きのメカニズム、練習方法の種類等。
心理学の部分も多い。
ただ、2002年と古い出版なので、内容が今と少しかみ合わないところがあるよう。
それだけ、運動に関してかなり発展していっているのでしょう。
スポーツに関しても日進月歩で、次から次へと新しく塗り替えられていくのです。
同じ記載がかぶっているところもあるし。

最近、音楽の世界もスポーツから話題を持ってきている感があります。
何か無理やり持ってきているようで、ちょっと音楽には・・・と。


変に振り回されないためにも、このような本で知識を得ておくと良いかもです。


5月15日

あなたの体は9割が最近-微生物の生態系が崩れ始めた-(アランナ・コリン)河出書房新社
失われてゆく、我々の内なる細菌(マーティン。J.ブレイザー)みすず書房
腸科学-健康な人生を支える細菌の育て方-(ジャスティン・ソネンバーグ)早川書房


立て続けに体にある細菌の話。
人間は体にある細菌のおかげで生きていられるという。

筋肉を動かすミトコンドリアでさえ、そもそも人間に備わっているものではないらしい。
食べたものを消化するのにも細菌が必要で、体に悪いものが入ってきたものを攻撃する役目のある細菌も。

そんな大事な細菌の種類が減ってきているそうだ。
その原因が抗生物質にあるという。

抗生物質の投与が手術や肺炎の治療の時、体に悪い細菌が入り込むのを阻止するために使われる。
その時撲滅する細菌以外にも、体に常駐していた必要な細菌までも死滅させてしまうのだそうだ。

これらの細菌が死滅してしまい、免疫力がなくなり体調不良になってしまう。
大方は腸の中にいる細菌で、細菌を復活させるために他人の糞便を移植する(糞便に細菌がいるから)という治療が効果があるという。

たまたま読んだ本が同じ内容だったので3冊いっぺんに書きました。

この研究は始まったばかりなので、これから話題になっていくか。
でも糞便の話になると、ちょっと敬遠する人がいるだろうなあ。


3月26日

これでいいのか神奈川県川崎市-市内各地では東西激戦勃発中!-(岡島慎二)東京マイクロマガジン社

久しぶりの更新です。
この間本を読んでいなかったのではありません。
書きたくても暇がなかった。
やはり1年はサボれないと思い書きます。

生まれも育ちも川崎っ子(もうおっさんですが)の私。
川崎のことがどれだけ書いてあるのだろうと、当然興味をもちます。

最初に出てくる川コン。
川崎に住んでいると川崎コンビナートと思ってしまうと書いてあるけれど、実際は川崎コンプレックス。

読んでみると県外に対して川崎市民はコンプレックスを持ってると。
う〜ん、私には無いなあ。

少なくとも、昔だったら川崎市内の中で南が西の市民に対してコンプレックスを持っていたと思う。
南は公害、労働者の町、そして学力。

川崎区に生まれた私は、若くして多摩区に引っ越してきたので分かるけれどそのような感覚は間違っていたと実感。
でも川崎区でレッスンをしていると、そういう感覚でいる生徒さんもいた。

だから昔はそういうコンプレックスを持っていた人もいた。
けれど今はちがう。

そもそも県(市)外なんて気にしないのが、川崎市民ではないだろうか。
すみません、根っからの川崎市民の私の独断かもしれません。

焼肉街のセメント通りも今は閑散としてるって?そういえば最近行ってないなあ。
川崎駅に北口ができるって、昔は北口あったのを知っている人は少ないだろうなあ。

と思っていた矢先、TVで川崎駅周辺の特集。
桜本のキムチや焼肉のこと、川崎駅の東口の向かいに北口ができると紹介していた。
昔ほど店は多くない、北口に関しては昔とは全然別のところでした。

随分と変わってきている。
これから数年先、この本とは違う川崎も予想されそうです。
その時にまた似たような本が出版されたらまた読んでみたいだろうなあ。

企画でも面白い本でした。


2016年

6月9日

生物はなぜ誕生したのか-生命の起源と進化の最新科学-(ピーター・ウィード/ジョセフ・カーヴィンク)河出書房新社

歴史の本であるが、地球上に生物がどのようにして生まれたのか。

最近の有力な説は、まだ地球が生物が生きていける環境になかったときの時代、火星は生物が存在することができた環境にあった。
そこから隕石として地球に落下したものに生物が付着していた。
それが地球での生物誕生の始まりだった。

なんとも想像できない説ではあるが、著者はかなり確信に満ちた書き方をしている。

海洋生物から始まり、それが陸に上がるまでの経緯。
植物の発生、大気中の二酸化窒素と酸素の割合。
それに適応したものがその時代を生きてきた。

そしてどうのようにして絶滅していったのか。
恐竜がいい例で、これも巨大な隕石の影響で、地球が大きな動物たちが生きられない環境になってしまったからだと言う。

21世紀になって次々と解明されている地球の歴史。
その前までの説が覆されていくのだから、歴史もこれから塗り替えられていくのだろうなあと思う。

最後の章では、地球の生物はあと何年存在するのかまで踏み込んでいる。
何億年単位なので、想像を絶していますが。

いままで学校でならったことが無になることって、歴史いがいでも沢山あった。
これからも定説と言われたものが覆されていくのだろうなあ。

だからといって、勉強する必要なんかない・・・歴史が大の苦手だった私にはやったね!・・・ではない。

たえず新しく発掘されたものや、更に発展していくもののほうが多いのだから、歳を取っても知識欲は持とうと思う。


6月4日

暴力の解剖学-神経犯罪学への招待-(エイドリアン・レイン)紀伊国屋書店

暴力による犯罪は脳の異常による生物学的な問題により起こる。
もしくは、生物学的な異常から環境が関与して犯罪者となっていくと著者は研究から明らかにしていく。

そうなると、性格とか人間性(これもその内かもしれない。)ではなく、自分ではどうしようもない次元の問題となる。

脳神経関係の本を読んでいると、その理論に近いものを読んでいるので納得する。

そうなると犯罪を引き起こした人間が、生物学的な問題だと決定されたら罪はどうなるのか。
だからといって無罪になったら、被害者はやりきれないだろう。

遺伝子や脳を調べて、犯罪者になる確立が高いからと言って罰することはできない。
ただ、分かっているところから犯罪を犯さない人間に教育すれば、もしくは薬物を使ったりして予防はできる。
だから将来、犯罪のない世界も可能である・・・と架空の未来を紹介する著者。

そんなに上手く世の中が変わっていく訳がないとは思うのだが、だんだんと犯罪事件の見方が変わっていくかもしれない本でした。


5月23日

しばらく書かないでいたら前回から2ヶ月もたってしまった。
本を読んでいなかった訳ではなく・・・いや、コンクールの準備でいつもよりペースダウンしてはいたなあ。

生徒さんから本を数冊かしてくれたりして、早く返さなければと(結果的に時間がかかったけれど)自分の選んだ本の途中で読んでいたり。

ここまでで気になった本を書いてみます。

道程‐オリヴァー・サックス自伝‐(オリヴァー・サックス)早川書房

昨年、癌で亡くなったオリヴァー・サックス。
残された時間で書かれた自伝。
最後の作品をなってしまったけれど、ファンの読者はこれを読まずにいられないでしょう。
バイク狂で、若い時にはウエイトリフティングの訓練もしていた。
表紙のバイクに乗っているお兄さんが、若かりし頃のサックス氏。
体つきも筋肉質で、これが脳神経の医者で物書きかと思うくらいに意外な取り合わせ。

そして男色だったことを告白。
まだ読んでいない本があるので、これからゆっくりと読んでいこうと思います。

ブラックウォーター-世界最強の傭兵企業-(ジェレミー・シエイヒル)作品社
動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか-(ニック・タース)みすず書房
兵士は戦場で何を見たか(デヴィッド・フィンケル)亜紀書房


この3冊、どれもがアメリカの戦争での真実のノンフィクション。
最近、続けざまにジャーナリストから、アメリカの戦争曝露本が出版されているようだ。

自国のそういった問題を調べ上げ、もしくは現場で取材したりと日本だったらどこまでできるのだろうと思ってしまう。
最近暴かれた内容なので、古いデーターしか知らない(勿論興味のある)人は読んでみる価値あり。

今後の日本の行く末に、参考となるかもです。

唱歌・童謡100の真実(竹内貴久雄)ヤマハミュージックメディア

ギタリスト、ギター愛好家には、「ギターと出会った日本人たち」の著者といえばなじみがあるかもしれない。
唱歌・童謡の出所や作詞作曲の過程での話を書いているという本。
間違って伝えられていたり、逸話が大きくなって真実からかけ離れてしまったりした歌もあったりと。
なにげなく手に取った本ですが、音楽に携わる人にはお勧めしたい本です。

公務員はなぜ認知症になりやすいのか-ボケやすい脳、ボケにくい脳-(長谷川嘉哉)幻冬舎新書

べつに全ての公務員が認知症になりやすいと言っている訳ではなかったです。
そのような仕事内容が、ということでそれも1ページくらししか書いてありません。

それよりも、認知症になりやすい傾向の人、なりにくい人の性格や行動が書かれている。

最近このような本を読むようになってきた気がする、というか意識的に読んでいる。

書いてあることで自分のなかで気になったこととして・・・

予防には運動が一番、これはよく分かる。

一人でできる趣味を2つ以上もつこと。
上下に12歳以上離れている友人をもつこと。
人との付き合いが必要。
ネガティブなことをポジティブに考えを変えられる。

これは以外でした。

認知症になりやすい傾向として。
人に依存してばかりしている。(自分で決められない。)
計画を立てて行動できない。
責任ある立場にいない。
生活での金銭面の管理をしない。

なんとなく脳が活発に動いていない人のことかなと思う。

そして、いつもネガティブに話を持っていく人からは離れましょうと書いてある。

読んでみて、自分は認知症になりやすくはなさそうだけれど、だからといって安心はできないくらい物忘れがあるなあ。


3月15日

人体600万年史 科学が明かす進化・健康・疾病 上・下(ダニエル・E・リーバーマン)早川書房

書名からして、堅苦しそう。
なんか長い年月をかけ、人間がどのようにして進化していったか、考古学者の研究論文みたいに感じてしまう。

しかし実際に読んでみると逆で、人間は最初狩猟採集民で、その頃から肉体的には変わっていない。
本来は狩をして肉を食べ、木の実や果物を食べていた。

そして、身体が変わっていないのに農耕民族になって、一箇所に長く留まるようになり、狩猟採集民のときよりも労働が厳しくなる。
(狩猟採集民族より農耕民族のほうが労働は厳しかったのか〜。)

炭水化物の摂取が多くなり、家畜も飼って乳を飲むようになる。
本来乳は乳幼児しか受け付けなかったものが、このあたりから受け付けるように身体に適応力がついた。

人口も爆発的に増えたが、感染症や不衛生な場所が多くなり病気が増える。

そして現在はそれらの感染症や病気、不衛生なものが薬や環境を帰る文化が進み快適な生活環境になった。
食品も安くて安定供給できるものが増える、そのかわり甘いものや添加物が多く、狩猟採集民だった身体にはいたって不健康になっていく。

農薬や科学の力で農業や家畜の飼育も楽になっていく。
まず、自分たちで農業や家畜をしなくても、食物が手に入るようになったことが大きな変化だ。

今の我々の環境は、人類の歴史からしたらごく最近に起こった変化だという。

このような説明から、現代の人類はどんどんと不健康な状況に追い込まれていっている。
いわゆるミスマッチ病と著者は言っているが、どうしたら本来の健康な身体になれるのか。

結論からいえば、ジャンクフードや甘いものはやめ炭水化物を減らし、運動をする。

まあ健康志向の啓発書といったところでしょうか。

一番気になったところ
身体を動かさないで、デスクワークばかりしていると、身体が硬くなりあちこちが痛くなったり病気になったりする。

うんうん身体がおもいっきり硬いのは、ギターを若いときから弾いてばかりいて運動なんてまったくしなかったからというのは分かっている。
前屈なんてまるっきりできない、開脚なんて無理。
自分より身体の硬い人なんているのかと以前から思っていた

それをこの本で確認してしまった。


1月1日

認知症ケア基本テキストBPSDの理解と対応(認知症ケア学会編)株式会社ワ−ルドプランニング

認知症の行動・心理状況(behavional and psychological symptoms of demenitia:BPSD)がどういうものであるか、専門職や介護者の一方的な判断ばかりではなく患者側の心理面から考えていこうという内容。

テキストとなっているから、介護職に関わる人たちの為の本のようだが、いやいや介護すべき認知症の人がいる家族が読んでとても為になる本です。
だいたい自分が分からなくなっていく恐怖におびえながら、そして悟られないように体裁を繕うようになったりとしたらどうなるだろう。

そして認知症だと気が付かない(付いていても)家族から、邪魔者あつかいを受けたり怒られたり。
認知症だと分かっても家族の対応の仕方で進行を遅らせられるかもしれない。

介護する側が分かっていても、認知症の人の気持ちが分からないからいらいらして怒鳴ったりするケースもある。
介護者にも理解するよう知識を取り入れるように指導するとか。

だったらこの本読んでくれないと始まらないのではと感じる。

今は大丈夫とは思わず、もしかしたら自分もこうなるかもしれないと思って読んでおいて損はないです。


2015年

12月24日

脳ってすごい!(ロバート・オースタイン+リチャード・F・トムソン)草思社

1993年出版。
読んでみると当時の脳の定説は、こうだったのねと理解します。

今では脳の細胞は新しく作られることが分かっているけれど、この当時は生まれたときに出来た細胞は増えることがないとされていました。
随分と進歩したものだと分かります。
2000年頃から日進月歩の世界だから、昨日までのことが今日には時代遅れなんてことになる分野となりました。

この本が悪いというのではなくて、(良書だと思う)昔はこうだったのかと知るのも必要だと思う。
それでも今でも通用する事柄が多いし、知らなかったこともあります。

絵が豊富なので、楽しいです。


12月7日

手話の世界へ(オリバー・サックス)晶文社

著者のサックス氏は、この本を書く3年前までろう者の置かれている状況はろくに知らなかった。
そしてろう者の世界、手話に関しては門外漢であると明言している。

それでも少しでも我々の知らない手話の歴史、ろう者の置かれている立場を教えてくれる。
サックス氏はいつも通りに、暖かい目で観察し各所の施設に訪れて理解を深めていく。

聴覚に障害があり話せなくなるのだが、生まれつき聞えない人と言語習得後に聞えなくなった人ではコミニケーションの能力に差が大きいこと。
言語習得後では相手の口の動きから何を言っているのかが理解する手助けになる。

生まれつきの聴覚障害では、まず言葉があるというのが分からない。
おのずとその教育から始めなければならない。
残念なことに教育時期を逃した人の行く末は悲惨な結果になるという。

昔は話が出来るように、手話を禁止していた施設や時代があるというから悲惨だ。
これは健常者側の言葉が交わせないことによるストレスを受けたくないというエゴだと思う。

音楽家の我々は音が聞えなければ仕事仕事にならないし、聞える人だけを相手にしている。
家族や知人に聴覚障害の人がいなければ、サックス氏の言うようにこの障害に理解や興味も起こらないと思う。

この本を読んだ後に、自分の子供の時に近所で言葉が発せない女の子がいたのを思い出す。
お姉さんが私と同い年だから、年下だったはず。

言葉は話せなかったかれど、お姉さんと一緒に路地裏の子供たちと遊んでいた。
私もその中の一人、違和感無く普通に遊んでいた。
ろう者の子供にとって、もしかしてこれは例外的な状況だったのかもしれない。

小学生低学年の子供では、まず彼女がなぜ話せないのかが分からない。
声が出せないだけか、耳が聞えないなんて考えもしなかった。
普通に話しかけていたから。

女の子の家族は私が中学生になる前に引っ越してしまった。
今どうしていることやら。

そして教室のある中野島に多分ろう者であろう夫婦がいた。
最近見かけないけれど、どうしたのだろう。

生活のなかで出会うことの少ない人たちだからこそ、この本を読んで思い出してしまいました。


11月23日

BORN TO RUN 走るために生まれた-ウルトラランナーvs人類最強の“走る民族”(クリストファー・マグドゥーガル)NHK出版

先の「GO WILD」で紹介されていた本。
踵がクッションだらけのランニングシューズではなく、足底の薄いシューズかランニング用5本指シューズ、サンダルでトレイルランをというJ.レイティが薦めている。

オリンピックでも南アフリカ勢が上位入賞する今のランニング界。
それは彼らは子供の頃から学校に、数十キロの舗装されていない道をランニングで通わなければならないのは知っていた。
それもシューズなどはなく、裸足だったりよくてもサンダルでのランニング。
裸足で走ると踵からの着地はせず、足の前側からの着地になる。

最近は日本のランナーでも、足前側からのフォアフット着地が定着してきたみたい。
ネットでランニングシューズを検索すると、ランニング用のサンダルが出回っているのを見たことがあるから随分と変わって来ている。

私も子供の時は下駄を履いていたり、運動会の時には足袋(タビ)を履いて走っていた記憶がある。
きっとこの頃は踵からの着地はしていなかったのでは。
いつからか(小学生の頃から?記憶にない)運動靴になっていた。

BORN TO RUNではナイキがランニングシューズのクッション性を高め、踵着地をしてストライドの幅を広げれば速く走れるだろうと開発したと書いてある。
脚の故障を少なくすべくクッション性が増して行く、ところがより良くなればなるほど脚の故障が増えていく。

著者も足を痛め、医者からも自転車を買うように勧められる。
人間の脚は走るようには出来ていないから、走るのは辞めるようにと警告される。
セカンドオピニオンでもそうだった。

ところが納得いかない著者が考えたこと、超長距離走のトップランナーであろうタラウマラ族は毎日ものすごい距離を走りっているのに怪我一つしないという。
第一、狩猟民族だったころのヒトは、弓矢が出来る前は獲物を追いかけていたはずだ。

そこでタラウマラ族を探し当て、ウルトラマラソンにこぎつけるまでの話です。

読んでいくと、登場人物が呼び名がコロコロ変わって把握できないときもある。
いつの間に出てきたの?という人物も。

途中違う話に飛んでいたり。

それでも読み始めるとグングンと引っ張られていく。
これは海外の書物でロングセラーになっている本に感じることですが、まず著者自身が当事者でああること。
他人の本からの知識ではない、本当に身に起こった嘘偽りのない体験結果だからでしょう。

読んで心に残るのは「人間は年をとるから走れなくなるのではなく、走らなくなるから年をとるのだ。」という言葉。
二足歩行になったのは、トラやヒョウのように速く走れないが、それでも長距離を走れるということ。
いつまでも走れるから、獲物が疲れきって動けなくなったところを捕らえられる。

そこから本来人間は走るようにできているというのだ。
なるほど、ランニングにはまる人が多いのもうなうずける。

登場人物の何人かは“いかれた奴ら”でちょっとお友達にはしたくないのもいますが、ノンフィクションですから現実にいるのです(怖!)。
一人は日本にも来日していたみたいだし。

変に影響されたくないな、と思いつつ爽快感も感じる本でした。

読み終わって、そうだ!ランニング用のサンダルじゃあなくて日本人らしく足袋(タビ)で走るのはどうだろうと思ってamazonで探してみる。
すると、ありました。

ムム!・・・ランニング用足袋というのまである。
同じことを考えるのですね。

BORN TO RUMの影響らしい。
2010年初版の本だから5年以内でこの変わりよう、ちょっと驚きです。


11月15日

フィラデルフィア染色体-以遠氏の謎、死に至るがん、画期的な治療法発見の物語(ジェシカ・ワグナー)柏書房

題名を見て、全てのがんの治療法かと思った。
読んですぐに気がつくが内容は血液のがんである白血病、その中でも慢性骨髄性白血病の話。

どうやら不治の病と思っていた白血病の一部は、現在では治療可能になっている。
私まったく知りませんでした。

その治療薬が出来るまでの研究者たちの苦悩と、歴史がインタビューを通して歴史的に前後しながら書かれていく。

1959年に患者から変異染色体があるのが発見されてから、40年の歳月がかかってようやくたどり着いた薬。
1973年にDNAの染色体の22番目一部と9番目の一部が入れ替わっていることを発見。

少しずつ研究が進んでいく、そしてようやく原因を突き止めその治療方法も経口薬でまかなえると実験結果が出る。
ところが薬を作ろうにも製薬会社が儲からないのを見越してどうにも前に進まない。

臨床実験までこぎつけるまでが緊張感のある内容だった。
後半は臨床実験開始から、そのおどろくべき成果の様子が描かれていく。

その後はお決まりのこの薬で他のがん、病気につかえないかと実験が続けられていく。
慢性骨髄性白血病だけにしか使えないのなら、製薬会社も儲けられないからだが。
これは一般薬でも同じ、他の病気にも効果があったからそれにも効用を入れる。

我々の知らないところでこんなに長い時間をかけて研究者達の努力により、ひとつの治療薬が出来るのかということを知って頭が下がる思いです。


11月9日

GO WILD-野生の体を取り戻せ(ジョンJ.レイティ&リチャード・マニング)NHK出版

著者のレイティは医学博士、主に脳神経を専門にしている。
マニングはジャーナリスト。

20万年前から人間の構造は変わらない。
狩猟民族だったころは狩をして走りまくる、そして捕食者の餌食にもならないように生きる。
二足歩行になったから足が遅くなったのではなくて、持久力があるおかげで食物になる動物をいつまでも追いかけられていた。

それなのに徐々に農耕を覚え一箇所に留まる生活になる。

食べるものも動物の肉と自然に実る果物から、麦や野菜も増えてくる。
そして炭水化物の摂取量が莫大なものになり、そこからいろいろな弊害が起こってくると。

がん、うつ、高血圧、肥満等々。

レイティとマニングは狩猟民族と時の体のようにもっと運動、食事、睡眠、仲間との繋がりを大切にしよう。
これは別にアフリカに行って原住民と生活しようとはいっていない。

今の都会の中で、運動や食事、睡眠を変えて健康な体になれるようにしていこうというもの。
音楽も仲間との繋がりにおいて重要で、人間の持っている本能であると。

動物の骨から作られた笛が遺跡から見つかるのが証明している。
そして繋がりのなくなるipodはやめるべきだと。

でも何で医学博士が(それも脳神経が専門の)こんな本を書くかと言うと、2009年に発売された本を読むと良く分かります。



右が今回の本、そして左が2009年発行で今でもベストセラーでもある
「脳を鍛えるには運動しかない」(ジョンJ.レイティwihエリック・ハイガーマン)NHK出版
これを読んでからだと、GO WILDの言いたいことが更に理解できます。

私がランニングにはまっているとき、ちょっと後ろめたさもあるところにこの書名。
走ってばかりいて・・・ともし言われたら(幸いにいまのところなし。)、自分のやっていることに自信を持って正当化できると思ったから読んでみた。

予想外に今では図書館でも予約が一杯。
巷に出版されている健康本も、脳と健康にかんしてはレイティの本が出たとたんに同じようなことが書かれ始めるみたいな気がする。

はっきり言えば健康本の現在の究極は「脳を鍛えるには運動しかない。」でしょう。
お勧めです。

内容は、シカゴのあまり成績の良くない学校の学生たちに、ランニングをさせはじめたところ地域でトップクラスの優秀な学校に変わったというところから始まる。
有酸素運動が脳を活性化し海馬という記憶をつかさどる部分の細胞が増えることが分かる。

脳神経学者らしく、それがどのようにして変化していくのかが書かれていく。
著者自信も普段から運動をして確認済みなので、説得力がある。

学習だけでなく、ストレス、不安、うつ、注意欠陥障害、依存症にも効果があるのが分かる。
特にうつでは、有酸素運動は薬と同じ効果が得られたという報告。

音楽やっている我々も、暗譜の助け本番での緊張の低減、(そして演奏の後の落ち込みの早期脱却-私だけ必要かも)に効果がある気がする。
レイティの推薦する運動の量は無理が気がする、でもその一部でもやったほうがやらないよりマシ。
もし効果がなくても、別に運動の習慣がつけばそれはそれで良いと思います。

GO WILDはあまり専門用語が出てこないから一般の人でも読みやすいでしょう。
脳を鍛えるには運動しかないは、脳のことを勉強してからがお勧め。

同じくレイティの「脳のはたらきのすべてがわかる本」を読んでみてください。


11月5日

ネアンデルタール人は私たちと交配した(スヴァンテ・ペーボ)文芸春秋

昨年読んだ「そして最後に人が残った-ネアンデルタール人と私たちとの50万年史」があったから、内容の理解もしやすかった。
ネアンデルタール人て何?と思う人はこの本を読んでからがお勧めです。

話は1996年、古い(数万年前)骨のDNAの解析からネアンデールタール人のものだと判明できたところから始まる。

その後は、古い骨からDNAを解析するのがいかに大変であるかが延々と述べられていく。
現代の殺人事件からDNAを採取して真犯人を特定なんてのはまだ最近のDNAだからと気が付く。

調べているのは5万年以前の骨だ。
その間にDNAは破壊され、断裂したり構造も別のものになったりもする。

はたまた現代人が触ったりして、そのDNAが付着したりする。

だから恐竜のDNAが解析されたという話には、そんなことはありえないと反論している。
つまり、科学において適当な発表をするものが少なからずある。

それがまかり通ってしまって、間違いが分かってもその修正が浸透するまでのほうが大変だという。
これは科学の世界だけでなくてもよくある話だと思う。

本の3分の1ほどから、ふとしたことでネアンデルタール人のことを調べようを思い立つのが書かれている。

ベーポ氏の研究の成果で、もう我々人類にネアンデルタール人のDNAが紛れ込んでいるのは確実になっている。
それよりもこの本を読んでいて先のいい加減な研究発表とは正反対の、堅実で慎重に研究し結果が出てもその他の研究所で同じ結果が出るまで発表しないという姿勢に心が打たれる。

ネアンデルタール人のDNAが現代の人類に組み込まれているのを発表する準備の途中、別の人類の発見をしてデニソワ人と命名する。
最後まで飽きさせずに読んでしまった。

ベーポ氏の誠実さを感じることがこの本の醍醐味といえる。


10月31日

「音」と身体(からだ)のふしぎな関係(セス・S.ホロウィッツ)柏書房

「音」と書いてあると、音楽の本かなと思われそうですがそうではありません。
著者は神経科学者。

視覚は目を閉じれば外の世界から遮断できるけれど。聴覚はそままでは遮断できない。
自分の位置や周りの物体の位置を把握するには音も重要なファクターである。
コウモリがその良い例で、随所にコウモリを引き合いにだしている。

コウモリが好きならしく、この生き物と一緒にいるのを喜んでいるようだ。
どのようにしてコウモリは獲物の位置を正確に把握できるのか、その説明もかなり理論的。

周波数が低い音が遠くまで届いて、人間では聴けないくらい低い音はどうだとか、高い音はどうだとか・・・ちょっと難解な文章でもあります。

そこに著者がときどき放つ受けないジョーク。
本人は受け狙いなのだろうなあ、でもなんか笑えない。

音楽の話もあるけれど、一般の人たちが聴く音楽というよりも、微妙に違う周波数の音を組み合わせて吐き気の起きる演奏(ミュージシャンの経験もある)を聴かせてひんしゅくを買う。
気がつかれないように気分を悪くなる音を鳴らし、施設への出入り禁止になったとか。
自分の悪戯をほのかに自慢しているようにも感じる。

音響兵器は作れるか?では読み進めていくと
最後は大音量で不快にさせるか、聴覚にダメージを起こすかくらいで、多分兵器は無理だろうなんて。

冗談ぽくも難解で最後は惰性で読み終わったのですが、いたって真面目な本でした。


10月22日

奇跡の脳(ジル・ボルト・ティラー)新潮社

著者は神経解剖学者。
37歳のときに脳卒中に罹り、10年以上の歳月で克服するまでのことを書いている。

自分の専門分野の病気になったことで、よりこの病気の回復への理解が深まったということか。
12月の朝体調がおかしくなり、これは危ないと思うどころかその状態が心地よく浸っていたかったというのだから、かなり危険なものだと思う。

助けを呼ぶことも思いつかなかったり、我に帰ったときに電話番号を調べたり。
何をしなければいかないか、それさえも記憶からなくなっていたという。

なんとか助けを求め入院手術、その後のリハビリ。

その間説明をされても、何を言われているのか判断もできなかったという。

脳卒中の患者さんってこうなんだと思うと同時に、自分がいつかなったらこんな思いをするのかと少し恐怖。
脳卒中以外でも脳の血管の病気もあるから、すべてがこのような状態ではないと思うけれど、読んでおいて損はないという感想でした。

脳卒中の家族が居る人、またなるかもしれない人に読んで貰いたいと著者は勧めています。

健康には自信がある、なんていっても病気はなるときにはなるのです。
この教室でいえば去年の健康診断でなんとも無かった生徒さんが、心臓の手術で今月からお休みです。

カテーテルどころか、血管の移植らしい。
人間いつどうなるのか、分からないものです。

こんなことがあって読む気になったのかもしれません。

9月21日

ピアニストの筋肉と奏法(マリナ・フェレイラ)音楽の友社

ギターではなくピアノの本なのです。
とはいえ同じ指を使う楽器ですから、関連する部分も多いはず。
2001年に書かれた本がようやく日本版で翻訳出版されたのです。

筆者はピアノで使う筋肉や身体の使い方は、日常の生活とは切り離して別個には出来ない。
日常での身体の使い方が、演奏上に影響されるものという考え方。

日常から運動をすることの必要性を唱えている。

教師は生徒の身体の使い方の間違いを気づき、身体を壊さないよう指導するために身体のことを知っておくべき・・・う〜ん難しい!

知っておくべきといっても整形外科の医者くらいの知識を持つことだろうか?

読んでいくと、筋肉の性質、動きの方向、身体の部位を動かす用語に間違いがあったりするので、言っているわりには知識に疑問点があったりします。
それを気にしなければ(普通の人では気が付かないです。)考え方としては良いのかなと思ったり。

ピアノを始める前の適正検査みたいなのがあって、それに合わない子供は別の楽器を勧めるように・・・子供の時私がやったら全部ダメなような問題だ。
くじけそうになった本でもありました。


8月30日

目の見えない人は世界をどう見ているのか(伊藤亜沙)光文社新書

脳神経の分野では目の見えない人たちが脳の視覚部分が別の器官に使われるとか、脳の可塑性とかで別の神経が発達するらしい。
オリバー・サックスの「心の視力」を読んでいたので読んでみたくなった。
この本は著者が実際にそのような人たちと接した感想なりを書いている。

一応会った人たちはこうでしたという感じで、全ての人がこうであるとはならないけれど、と断りも入れています。
目が見えなくなって周りの友人がよそよそしくなったとか、普通に接して欲しかったとか。
見えなくなった分、少しずつ他の器官が敏感になってきた。

足先の感覚で今どんな場所なのか、音で方向を感じたり。
逆に目の見えている私たちが、いかに適当に物を見ていて勘違いをしているのか。

この本は数人の視覚障害者から得た内容ですが、私たちがいかに身体の感覚を鈍感に扱っているか考えさせられました。

こういう類の本は考えを湾曲したり独善的な意見が書かれていたりするのですが、久しぶりに独りよがりでない文を読んだという満足感が残りました。
(別に今までのが全て独りよがりというのではなく、中にはあるというくらい。)


8月9日

ビーダーマイヤー時代-ドイツ19世紀前半の文化と社会-(マックス・フォン・ベーン)三修社

今月の現代ギター誌の第2特集にシューベルトとギターというのがありまして。
〜19世紀ビーダーマイヤー時代のギター事情〜と副題。

ニューグローブ世界音楽大辞典にもビーダーマイヤーのことは書いてありますが、やはり詳しく知らないとと思い読んで見ました。
1815〜1847年ドイツ語圏で流行った様式で、それまでの絢爛豪華な生活用品や衣類等を実質本位の庶民的なものがもてはやされていた時代というのでしょうか。
ネットで調べてもなにかつかみどころがないので、ここは専門の本が無いかと探して見つけたもの。
ただし、この本はビーダーマイヤー時代の流行ったドイツ語圏のさらにドイツに限定されております。

シューベルトの活躍したオーストリアではありません、でも他に本がない。
600ページを越す内容、読みでがありました。

読んでみると政治とか学校教育、今の日本と同じかな・・・なんて。
官僚が自分の都合のよい方向に持っていく、学校教育も記憶優先。

他にも貴族と庶民の差別、大勢無実の人間の処刑・・・
ビーダーマイヤーの語源からはもっと呑気な時代かと想像してたのですが、かなり厳しい時代だったようです。

これがオーストリアではどのようだったか、分からないけれどビーダーマイヤーの一角であることは確かなこと。
この様に、音楽に関係ない(少しは書かれていた。)本から少しずつ音楽の一部分が見わたせてくるのだから、きっかけとしてはまずまず。


5月29日

肩こり・手足のしびれ(平林洌)講談社

私は肩こりはないし、手足のしびれもありません。
そうはいってもギターの指導で、生徒さんの身体の不調があったとき役に立つかな〜と思って読んでみました。

これから知識を入れる最初なのでまだまだこれからですが。
弦楽器をやっていると手の故障の一つに手根管症候群がどういう症状だか分からなかったのですが、この本にしびれる場所で理解できました。


5月12日

話題の「最新トレーニング法」をブッタ斬り!トレーニングのホントを知りたい!(谷本道哉著)ベースボール・マガジン社

ギターのトレーニング?いえいえ、筋トレのトレーニング本です。

通説になっているもの、思い込みによる指導、それらは本当はこうなんだよと書いている本です。
著者は東京大学大学院博士課程の経歴の持ち主。

理論的に解説しています。

筋トレ種目で目的の場所だけではなく、別の場所のトレーニングにもなっているものがある、それはどこか。
やり方が悪ければ、全然目的に合わないトレーニングにもなってしまう等・・・

これ、けっこう楽器演奏にも通じます。
関節の動きのトルク、モーメントアームとかを読んでみると、演奏のフォームでの問題解決に役に立つと思われます。
思わぬところで良い本に出会いました。


5月1日

「いつものパン」があなたを殺す(ディビット・パールスター、クリスティン・ロバーグ著)三笠書房

脳は食べるものに敏感である。
この視点から書かれた本。

炭水化物はヒトの祖先はごく僅かしか食べていなかった。
どういう訳か、健康のためにはコレステロールを減らして炭水化物をとるように勧められるのが世間一般。

それは間違いであり、脳はコレステロールがないと健康ではいられなくなる。
逆に炭水化物の摂取はやめるべきだ、特に小麦に含まれるグルテンは人間の健康に最悪のものである。
グルテン過敏症の人がいて、原因不明の病気はグルテンの摂取をやめると改善する人がいるらしい。

こういう食事、運動、睡眠が必要と説明しております。

そうは言われてもなあ、ご飯は好きだし、うどん、そば、スパゲッティ等の麺類は日本人好きだから。
運動はこの本に書いてある以上にしているし、睡眠にはまったく不安はありません。

私は今までどおりの食生活していきます。


3月26日

仰げば尊し 幻の原曲発見と『小学唱歌集』全軌跡(櫻井雅人、ヘルマン・ゴチェフスキ、安田寛)東京堂出版

仰げば尊しの原曲が判明。
「小学唱歌集」に掲載された仰げば尊しの原曲は、一番古いものでソング・エコーという曲集にある。
作曲者はH.N.D(本名、経歴不明)

朝日新聞には、このことが掲載されたという。

う〜ん!そういえばそんな記事あったっけ・・・

「仰げば尊し」について書いてあるのは本の3分の1くらいかな。
その後、小学唱歌集について。
この中の原曲を探す作業では、インターネットの普及で探しやすくなり、3人の共同作業で進められたようです。

読んでいくと
唱歌という概念は日本独自のものである、外国にはこれにあたる言葉がない。
賛美歌、民謡、唱歌の3種類が小学唱歌集に選ばれている。
特に第1集は賛美歌が多い、それは1集に関わった編集者のメーソンがキリスト教布教の目的もあったから。
これは以外でした。

それよりも私が興味を持ったのは、日本に今の音楽が入って100年ちょっとしか経っていないこと。
私が子供の時でさえ60年くらいしか経っていないのでは。
それなのに音楽ってドレミが当然で、それを教えてくれた人たちでさえ西洋音楽が入ってごく僅かした経験が無かったはず。

本の趣旨とは関係ないことに興味を持ってしまいました。
思わぬところで、知識を得てしまった。

3月16日

携帯電話と脳腫瘍の関係(マーティンブランク著)飛鳥新社

携帯電話だけでなく電磁波全体を問題に、脳腫瘍だけでなくその他のがん、DNAの損傷、うつ、男性不妊症、鳥の方向感覚の麻痺等、いろいろな問題が起こると書いてある。
今の我々の生活は電磁波だらけで、気が付かない内に身体は電磁波にさらされている。
ここで著者は、電磁波をなくそうというのではなく、(それは無理だということで)すこしでも受ける影響を少なくするようにと書いている。

読んでみて、まず自分はそんなに電磁波の影響をうけるようなことしていない。
と自己弁護したくなる、たぶんこれは私だけでないだろう。

私でいえば携帯電話は持っているけれど個人のものではないし、年に数回しかつかわないから。
しかし、パソコンは教室にいる間電源音楽をつけっぱなし、無線LANではなく有線なのでまだましだが。
パソコンにつないでいるオーディオアンプも電源いれっぱなし。

他にも電子レンジ、エアコンと考えてみれば電磁波出しまくり。

もしかしたらWiFiの環境はないけれど、別のところからWiFiの電波が漂っているかも。

もう気にしすぎるのも嫌だから、ほっとくしかないかと思う。


2月24日

ボケてたまるか!62歳記者認知症早期治療実体験ルポ(山本朋史著)朝日新聞社

朝日新聞の記者である著者が認知症の疑いがあり検査の結果、早期認知症の診断結果。
それを少しでも食い止めようと、いろいろな体験を書いた本です。

興味を持ったのは、美術療法、音楽療法、デュアルクタスク、料理とやっていくなかで著者が一番効果的だと思ったのが、なんと筋トレ。

その理由は、認知症になると脳と身体の神経回路が鈍くなり筋肉の疲れが分からなくなってくる。
だから認知症の老人は疲れを知らないから遠くまで徘徊が出来るらしい。

筋肉の刺激に敏感になるために、筋肉の負荷を意識しながら筋トレをすること。
認知症には有酸素運動が良いとは知っていたけれど、筋トレのような無酸素運動が良いなんて思いもよらなかった。
考えていれば理にかなっていると思う。

私も筋トレで意識しながらやっているつもり(自分でやると、ついつい楽なように手を抜くらしい。)
なので緊張したりすると「あ!ここが」と分かるようになってきた。
大事なのは、ただ筋トレするのではなく負荷のかかっている筋肉を意識しながらということ。

ただ普通の人は、トレーナーの指導の下でやらないと効果が感じられないかも。
著者も先生の指導の時はきついと感じるみたいですから。

各種の療法、各人違いがあると思いますが、きっと専門にやっているものが効果があるのでは。
料理人なら、手際が良くないとお店では使い物にならないし。
音楽家の集中した練習なら、他の療法より脳を使うと思います。

2月19日

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。−コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする-
(カレン・フェラン著)大和書房

今年になって最初の読書感想。

もう題名だけで飛びつきました。
こんな自虐的な題名、どんなことを書いているのだろう。

読んでみると
会社の経営計画を立てるのが面倒くさい会社の管理職。
コンサルタントに頼めば楽だし、もしそれで経営悪化になっても自分たちの責任ではない。

コンサルタントはコンサルタントで、自分たちの理念に自信を持っているのだから大丈夫。
上手くいかなかったら、会社が言われたとおりにしなかったkら。

数字だけで仕事のペースや量を決める。
そこには労働する人の限界なんて考えない。

労働者は不満を持つ。
なぜ出来ないんだと経営側。

在庫過剰だからギリギリのところで押さえる経営側。
そして、緊急の発注があったら他の作業をストップさせる。
その時に備え、在庫が無くなったら困るからと備品を余分に作らせる工場長。

とばっちりは労働者。
双方の不満で能率が下がりっぱなし。

やはり数字ではなく、労働者の仕事場に入って話を聞く。
すべて現場を見て、自分にできるかどうか判断する。
(頭だけて出来ると判断するのもいるから厄介。)

他にもいろいろなケースが書かれている。
他人事と思いつつ、過去を思い出してみる。

なんかどこかと似ているぞ、と思う人多いのでは。


12月12日

自分のつかい方(フェレデリック・M.アレクサンダー)晩成社

アレクサンダー・テクニークの創始者アレクサンダーの書いた本。
読んでみて、「音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク」の著者ペドロ・デ・アルカンタラさんが、アレクサンダーの教えに近いことが分かる。
アルカンタラさんの本の復習としても役にたちます。

ネットの書評では分かりにくいと書いている人もいるけれど、私にはよく分かる。

残されたアレクサンダーの書いた本、翻訳が待ち遠しいと思わせてくれました。

ボディ・マッピングだれでも知っておきたい「からだ」のこと(バーバラ・コナブル、エイミー・ライカー)春秋社

アレクサンダー・テクニークの講師だったコナブル氏、いまは引退しているという。

VDがメインの本。
ボディ・マップという言葉自体普通の人にはなじみがないですよね。

ようするに身体はこういうふうになっていますよ、だからくいう風に動くのですよと解説することかな。

一般に勘違いされているところを指摘して、実はこうなんですだからこうしましょうと言っている。
でもねえ、肺がお腹にあるなんて思っている人なんていないでしょと突っ込みたくもなるけれど。

表現している言葉が分かりにくいです。
翻訳のせいか、どうもコナブル氏の独特な表現のような気がします。

他のコナブル氏の他の本を読んでいないと、初めて触れる人には途中で付いていけないかも。

DVDを見て為になる人もいるでしょう。


12月13日

本当は間違っている心理学の話-50の俗説の正体を暴く-
(O.リリエンフェルド、ジェイ・リン、ジョン・ラッシオ、L.バイアースタイン)科学同人

50の俗説から、と書いてある。

すみません、私その50の半分も俗説を知らなかった。
これはアメリカでの話だからか。

残った俗説のうち、間違いだと知っているのが結構ある。
2009年出版が2014年に邦訳出版されたもので、この手の本にしてはちょっと古い話だからか。

知らなかったのは、映画のスクリーンに僅かにペプシコーラの画像を入れるとペプシが売れるというのは嘘という話。

例に出す本や映画が日本未公開なのが多いので、知らないけれどそうなのねという思いで読みました。


12月6日

見てしまう人々-幻覚の脳科学-(オリヴァー・サックス)早川書房

久々にオリヴァー・サックスの新刊。
現在は、ニューヨーク大学医学部教授。

幻覚があるのは統合失調症の人だけと思われていたのが、普通の人も見るという内容。
不思議なことでもなく、異常でもないらしい。

パーキンソンに罹患している人の中にも、幻覚を見る人がいるという。
ただ、本人たちはそれを言えないだけらしい。
統合失調症と診断されるのが怖いから。

サックス氏自身若い時薬物を使って(マリファナ、ハッシシー、等)幻覚を体験したと暴露しているのには驚いた。
当時はまだそれらの薬物は禁止されていなかったかららしいけれど、医者だったから手に入ったのかもしれない。

それよりもこの本が、80歳を超えたサックス氏最後の執筆になるのではないだろうか。
気になる・・・

出版されている12冊中読んだのは7冊だけれど、脳神経科医のサックス氏の患者達への深い愛情と観察眼で書かれている。
堅苦しいのは「サックス博士の片頭痛大全」のみ、それでも読んで良かった。

以外かもしれないけれど、音楽の分野の人も読んでおくとレッスンで参考になることがあると思う。
少なくとも私にはある。

ピアノ演奏もするサックス氏、書いてきた本の多くに音楽の話も散りばめられている。
サックス氏の本を読んで、奥深い人間の脳の世界を感じてみませんか。


12月2日

上脳下脳-脳と人間の新しいとらえかた-(スティーブンM.コスリン、G.ウェイン・ミラー)河出書房新社

人間の脳の話になると、右脳、左脳という分け方をされる。
右脳は映像や記号音に、左脳は言語に重要な部分であると。

だから右脳人間とか、左脳人間のどちらタイプかなんて分類したがる人もいます。

この本はそれを上脳と下脳に分けるという考え方。
最初に書いてありますが、一応仮説として読んでもらいたいらしい。

読み終わると、上脳は思いつきや行動力、下脳は思慮深く考え注意深くのように分けているように感じます。
4つのモードに分かれていて、(主体者モード、知覚者モード、刺激者モード、順応者モード)更に分類できるとしている。

そうも考えられるよなあと思いつつも、性格も加わるとこれだけじゃあないよな、なんて思ったりもしました。

でも上下で分けるなんて今まで考えもつかなかった。

脳を左右と上下両方で調べるともっと面白そう。
けっこう前後脳なんて本も出てきそう。

この本を読み終わって可能性の段階だけれど、いつかは区分されると思うのです。


9月29日

動きのフィジカルトレーニング-カラダが柔らかくなる「筋トレ」!-(中村考宏)春秋社

いわゆる筋トレにありがちなムキムキの肉体を目指す本ではありません。
2013年12月出版。

動きをよくする姿勢を作るための筋トレ、骨盤の正しい位置、足指の運動をおろそかにしないための運動等々・・・
モデルになっている男性が体育会系の身体なので、一般の人よりも腰が反っているのが気にはなりますが。

立っている姿勢が一般に良いとされていたのが見直されやや前傾姿勢、まだあまり知られていないけれどこれからでしょうね。
指の握る方向が写真で説明されていますが、真っ直ぐ手首に向かってると言い張る人には反発されるかも。
ギター教本でも絵で真っ直ぐ動くように書かれていますから、根底から覆されるのには抵抗があるでしょうね。
菊地ギター教室ではやや親指の根元に向かうと説明していますが。

私にとっては足指の運動が始めてで参考になりました。
もしかして、踵の痛みの軽減に役に立ちそう。


9月24日

原初生命体としての人間(野口三千三)春秋社

野口体操として知られる野口三千三の書いた本。
野口体操のノウハウが書いてある訳ではありません。

野口氏の哲学みたいなというか、考え方や感じ方が書かれています。
本人亡き後、後続の人たちが広めるとなぜか違ったものになってくることもあるので、こういう本が残っている必要性は感じます。

1996年出版だけれど、1984年の増補改訂版ということです。
こんな手の本では最も古いものかもれませんね。
当時ここまで書かれている本はあったのでしょうか。

屁理屈ぽいところもあるけれど、そういうイメージで考えるのねと思えば読んでいけます。
人間の体内は液体であって、皮膚によって包まれているように・・・とか

人体解剖学的なものは排除している。

後半に感覚は錯覚だというのにはなぜか納得。
身体を動かしている時、その部分を開いて見られる訳ではないのだから錯覚だという。

著者の性格までもが垣間見れる本であります。
随分とユニークな人だったみたい。


9月12日

音楽家の身体メンテナンスBOOK(ジャウマ・ルセット・イ・ジョベット&ジョージ・オーダム)春秋社

著者のジョッベットはバルセロナ大学で医学博士号を習得。専門はスポーツ医学および整形外科。
オーダムはギルドホール音楽芸術学校の調査人材教育部門長およびバース・スパ大学名誉教授。

身体の使い方は立つ姿勢と座る姿勢の演奏以外はあまり書いていない。
どちらかというと故障しないように気をつけること。
メンテナンスの本だから当然ですが、脳や筋肉に関しても書かれています。

日々での栄養の取り方。
筋肉の理論と骨の位置、筋肉はそれなりに鍛えなければならない
練習前のウォーミングアップと終了後のストレッチの必要性とその方法
脳のニューロンという単語まで出る
心の問題は切実な人にとって興味ありそう。
ただしどれもさわり程度ですが。

2008年12月初版発行、音楽関係の本でこのあたりをまとめて書いたものは始めてかもしれません。

読み終わって
これからは演奏家にとって身体の使い方だけではなく、脳や運動、栄養等総合的に考えることが必要だと説明したかったのだと思います。
初めて知った人には衝撃的な本かも。
ただ、この本1冊に書いてあることだけでもう大丈夫とはならないでしょうから、これをきっかけにしてこれから知識と実績を豊富にしていけば良いですね。

教える先生にこそ読んで欲しいと書いてあるのですが、
脳、心理学、身体の生物学的なこと、身体の運動トレーニング、ストレッチ、栄養学
これらを別々に専門分野から勉強しないと、教える側レベルの理解はできないと感じます。
特に脳に関しては2000年になる手前から日々新しい情報が入ってきて、1年たったらもう古い!という世界です。
関わりたいのなら、これからず〜と脳(2000年頃の発行から新刊)の本を読み続ける事。

できれば自分が実験台になって身体のトレーニング、食事に気を使い楽器演奏にどう反応するかを体感してみる。
教える先生が人に伝えるとき、トレーニングのフォームもできないようでは教えられませんから。

そんな時代になっていくのでしょうか。


9月9日

脳科学は人格を変えられるか(エレーヌ・フフォックス)文芸春秋

原書の題はRainy Brain Sunny Brain(雨天脳 晴天脳)
副題にThe New Science of Optimism snd Pessimism(楽観主義と悲観主義の新しい科学)

読んでみれば分かりますが、人格を変えられるかなんて答えを出してはいません。
原書の副題を見ればそうか!と納得。

楽観主義の人は問題が起こったらそれを乗り越える行動に移せる人。
ポジティブな考えを持つ人はそれだけ周りの人たちに良いイメージを与える。
気質が違うと経験することも違う。

悲観主義は自分は世界から拒絶されているとか、個人の力ではどうにもならないと思いこんでいる。

最初のところでそのような説明に出会う。
ただし、楽観的でも何もしないのは脳天気なだけ。

そうか!と脳天気な私はうなずいてしまう。

本の中ほどから脳の生物学的なことや、過去に知られた臨床実験等の記述が目立ちます。
著者は心理学者であり神経科学者でもあるのだが、この手の本は脳科学、心理学、遺伝等が切り離せないで同一の観点から読んでいくようになります。
というか、もう別々には分けられない分野になっていくのでしょう。

興味を持ったのは、遺伝以外にも個人で作られた能力は次の世代にDNAレベルで残っていくということ。
11歳くらいから喫煙を始めた人の子供は極端に寿命が短くなる。
後に覆される話かもしれないけれど、これには驚きでした。

どんどん読み進んでまったく飽きさせない本でした。
謝辞で分かったのですが夫がケヴィン・ダットン、その影響もあったかな。


9月3日

西洋の音楽と社会@西洋音楽の曙(ジェームス・マッキノン編)音楽の友社

普段私の音楽生活ではクラシックが専門なので、古くはルネッサンス、バロックから現代までと幅広く・・・
となりますが、それ以前になると極端にというかまったくというほど関わりがなくなってしまします。

古代・中世がそれにあたるのですが、せいぜい楽譜の改良に貢献したグィード・ダレツィオやグレゴリオ聖歌、ネウマ譜くらいしか思い当たらない。
楽器ではアウロス、キタラは名前だけ、実際の音がどのように鳴っていたかなんて分かりません。
定量記譜法のフランコという名前もあったなあ、よく考えてみればまだ思い出しそうだけれど所詮はギターの演奏にあ関わらないので記憶に入らない。
いや、もとい。
ギターの祖先かもしれない棹のついた弦楽器と思われる絵や彫刻があるのだから、無視する訳にもいかない。
いつかは役にたつでしょう。

そんな古代・中世の歴史書として選んでみました。
1996年第1版の本です、できるだけ新しく研究された内容が書かれているであろうという期待のもとに。

読んでいる途中から知らない名前が多すぎる、もう半分くらいからニューグローヴで調べる気力も失せた。
だからといってもう諦めたという気にはなっておりません。
このような歴史書、数冊読めば少しは記憶に定着することを期待して読んでいきます。


8月22日

音楽史を変えた五つの発明(ハワード・グッドール)白水社

前々回に書いた音楽の進化史のハワード・グッドールさんの書いた本。
こちらのほうが先で2011年出版です。

現在の記譜法を発明したグイード・ダレッツォ
オペラの発明
平均律の発明
音量を調節が出来るピアノを発明したバルトオメーオ・クリストフォリ
録音する技術の発明

に関することが書かれています。
実際の楽器演奏には必要はないでしょう。
演奏して楽しむ愛好家が読まなければならないという本ではありません。

でも、長い間定説だと信じ込んでいたものが違うことに気づいたり。
正すべきところは正す、そういうきっかけを作るにはいいです。

音楽の文章術(リチャードJ .ウィンジェル)春秋社

音大生向けの論文の書き方の指導書。
音楽のことを分かっていても、それを伝える文を書くことが出来ない学生が多いというところから書かれた本。

音大生とかいてありますが、音楽を文を書く人には読んでおいて無駄ではないです。

こう書くと、私には参考になることはないけれど・・・と思われそうですがまったくの逆。
定期的にコンサートレビューみたいなことを書かなければならない時があるのに、これまで駄文しか書いていないという思いばかりで。
もっと早く読むべきでした、だからといってすぐに応用できるかというと、まだまだ時間がかかりそうです。

古い本なので、ワープロの話はもう時代遅れの感があります。
情報の探し方では一次資料、二次資料にも触れています。
インターネットの話は皆無、コピペとかネットからの情報の誤り等、新しい問題には触れていませんがそれは現代の我々が調べるべきでしょう。

巻末の必要な文献が書かれているのがありがたい。
事典類は絶版が多いし新しい文献は書かれていないけれど参考にはなります。


8月14日

音楽の進化史(ハワード・グッドール)河出書房

堅苦しい歴史書を想像していたが、著者の得意なものが書かれてあるようにも思える。
歴史の羅列はせず後半になるほど特定の作曲家に焦点をあてています。
軽快に評論家風にもなっていますが、それだけに楽しい読み物になっています。

有名な作曲家よりも知られざる作曲家が、歴史の発展に重要な役割を持ったという。
それらの作曲家の名前が多く登場していると「はじめに」の部分で書かれてあるので気をつけて読んでいきます。
私の知らない作曲家が出ていれば、ニューグローブ音楽事典で調べながら読んでいったので時間がかかってしまった。
調べた作曲家は前半に多く、良いお勉強になりました。

ニコラス・アーノンクールも「古楽とは何か」で書いていますが、(当然アーノンクールはルネッサンス、バロック時代をさしていましたが。)クラシック音楽は作曲された新作は演奏会で取り上げられ、聴衆は当時作られた作品を聴いていたと書いています。
アーノンクールの本を読んだ時に、今のポップスが本来のクラシック音楽の立場と同じだったのではと感じてしまいました。

20世紀になると録音技術が発達し音楽が録音されるようになって、ラジオ放送も始まるといつでも音楽が聴けるようになりました。
この頃から前衛になっていくクラシック音楽よりも古い音楽を聴くようになったとグッドールさんはいいます。

たしかにメンデルスゾーンが100年ぶりにバッハの「マタイ受難曲」の再演をしたのを例外にすればそうかもしれません。
それまでは古い音楽を発掘再演という形はあったにせよ、そう多くはなかったのでしょう。

クラシックの作曲家(ブラームスやリスト等)民族音楽の形式で書いてあっても、本人たちはそれほど詳しくなかった。
実際のその民族の人に聴かせたら、別の国の音楽だと感じるという文には同感!
舞曲とか民族風の作品を演奏するために調べても、書いたあることと違うなあと感じることよくあります。
まあ国も違うし、大陸も離れていれば作曲家も間違っているかもしれないしとは思っていたけれど、ここまで作曲家を特定し一刀両断のごとく決め付けるのは勇気がいります。

最後の2章は主にポピュラーの音楽。
クラシック音楽の将来の予測も書いてあり、想像力豊かな著者の音楽への洞察力に引き込まれます。
450頁くらいの量ですが、1頁の文字数多くかなり読み応えあり。
それでも一気に読んでしまう流れがありました、これは著者の文体か翻訳者の力でしょうか。

これで音楽史が学習者らしく理解できる本、というものではありません。
どちらかというと音楽史に興味があって、ある程度知識のある人が読んで「それもありだね」とか「やっぱりね」「そうだったの?」と楽しみながら読む本でしょうか。
私がそう感じながら読んだというだけで、読んだ人ごとに感想は違うでしょうね。
もしくは音楽史なんて難しいという人にも「結構面白いなあ」と興味をそそられる本だと思います。


8月10日

老いのこころ(佐藤眞一、高山緑、増本康平著)有斐閣

自分もそうだし親や高齢の生徒さんと関わりから、知っておいても良いことが書いてあるかも、歳をとったらどんな考え方を持つのかな、それが書いてあるのかと読んでみる。
読んでみると内容はもっと細かく、統計的なことも生物学的なことも書いてあって想像していた以上に良い本でした。

脳科学の本を読んでいると知っていることも多いのですが、老いという部分に特化してあるから分かりやすい。
特に認知症に関しては気になりますよね。

認知症の予防の生活習慣としてとして
知的刺激を伴うレジャー、豊富な社会的交流、適度な運動、適度な飲酒、ビタミンE、Cの摂取。

逆に認知症のリスクとして
運動不足、喫煙、偏食といった不適切な生活習慣とその結果起こる、高血圧、肥満、心疾患、糖尿病といった生活習慣病は全て認知症の危険因子である。
リスクになる部分がなかったとして、これで大丈夫とはいかないでしょうが。

中年以降の方ならこのような本、読んでおいて無駄ではありません。


8月5日

隠蔽捜査(今野敏)新潮社

「先生、この前言っていた隠蔽捜査のDVDです。」
と生徒さんが貸してくれたのですが、どんな話の流れでこうなったのか私も生徒さんも記憶になくなっていました。

とにかくDVDを貸すということにはなっていたみたです。

ところがそのDVD、ブルーレイでした。
教室のパソコンでは無理、家にはあるが夜遅く帰って観る時間なんて無い。
全11話、11時間近くを家にいて観られません、それでも教室に来るのを遅くして第1話だけ観てみる。

警察の話です。
話は面白い、だけれど観ていてこんなことありうるっけ?と疑問に思うことあり、話のスジがちょっと粗い。
ネットで隠蔽操作を検索すると原作は文芸書として出版されていた。
小説になっているものを映像にするのは大変だと思う、どこかで変更していかないと話が流れなくなると思うのです。

原作者がこう書いたのかな?と思ったのと、DVDを観るほど家にいるのは無理。
だったら原作を読もうと思いたったのです。

私が小説(フィクション)を読むのは珍しい、そういえば前回読んだ小説もDVDを貸してくれた生徒さんからだった。

全6冊、いっぺんに読んだのではなく他の本を読んでいる途中に少しずつという感じです。

人気作家のようで、読み始めたとたんに引き込まれる。
文体に独特のスピードがあって、登場人物のキャラクターも初回からしっかりと描かれている。

DVDの疑問点とは違う描写内容なので安心。
やはり原作を読むほうが人物の心の動き、描写内容も納得がいく。

で、全巻読み終わりました。
主人公のような性格になれたらなあ・・・と思いつつ、あくまで小説ですからね。

これからまた小説から離れて一般書を読んでいくのだなあと、しばし休息のような読書時間でした。


7月28日

そして最後に人が残った-ネアンデルタール人と私たちの50万年史(クライブ・フインレイソン著)白揚社

私たちが今地球上に存在しているのは、偶然であるというショッキングともいえる結論で書かれている。
地球にネアンデルタール人の他、いくつかの現生人類といわれる人類が出現しては滅亡いった。

私たちがとりわけ優れているとか、生き残れるほどの身体能力をもっていのではない。
どちらかというともっと優れている人類は他にもいた。

たまたま最悪の気候や災害に合わなかった、というかまだその場所で生活する能力がなかったからかもしれない。

考えられないことでもないだろう。

現在の人類だけが文明を発展させる能力を持っていたと思い込んでいたのを改めてさせてくれました。

やってはいけないストレッチ(坂詰真二著)青春出版社
身体の硬い私です。
勿論興味がありました。

読んでみて、身体が硬いのはあたりまえか。
これから時間をかけてストレッチしないと思わせてくれました。
だた、忘れずにいつまでやっていけるか保障はないのですが。